FC2ブログ
2019年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2019.06.20 (Thu)

NHKホール19日_その壱

昨日無事NHKホールで、「勝手にジュリーライブ100回参加記念公演」を迎えてきました、しょあです。
コメント欄にも書きましたが、心境は勝ち星を増やし続ける武豊の気分で

「100もひとつの通過点」

大切なのは楽しく続けることでありましょう。

そういえばかつてのカズさんの盟友プリンス・シモヤマが
闘病から復帰されたとききました。
下山さん、ご無事で本当によかったです。おかえりなさい。
どうかどうか、お身体を大切に、音楽を続けてください。

カズさんは私の100回の中では病気は聞いた事ないですね。
その前も、ないかな。健康でいてくれるってファンはそれだけで感謝。

健康で笑ってくれるカズさんが好きっ。

おおっと、ワイドショーがストーカーの話題で盛り上がってるみたいだから
発言には気をつけなくちゃね.


さてさて。昨日は久しぶりの東京公演で、
開演5分前のベルから拍手、とっても盛り上がりました。
個人的には初っ端の「気になるお前」で
最後のリフのとこ、
ギターがミュートして(というか、ブラッシング奏法というのかな?)
コーラスが力強く加わって「♪きっと、いつかは・・・」って
拳を上げて歌うとこ、ジュリーが間奏とまちがえて
カズさんの声だけが「きっ!」「とっ!」と
響いてしまったのが、私には開始早々美味しいプレゼントで御座いました。
ふふっ。

こまけーな。

ブラッシングって、パルスでもやってるけど
なんか,ロック!!って感じで、チョーかっこいいです。
元曲ではどうなっているのか聞き直してみたら、
ポンタさんの乾いたドラムでした。
弦をクリアに鳴らさずに、きゃっきゃっきゃっきゃっ、みたいな
こすれた音を出すテクニックです。
「きゃ」と言ってもカズカズの鳴き声ではないきゃ。

弐に続く
スポンサーサイト
16:44  |  ---  |  コメント(0)

2019.06.13 (Thu)

もうすぐ100?

突然ですが、私が初めてジュリーのライブを観に行ったのは
2008年のお正月のことでした。
渋谷CCレモンホール、『前夜祭』です。
それ以来、全ての演目を観ている訳ですが

果たして何回くらい行ったのかな〜と、ふと気になりました。

2008年の初年度は、前夜祭1回、還暦ツアー3回、ドーム2回の計6回から始まり、
翌年は、奇跡元年、決めコン、そして本格的にカズラー活動を始めたツアーと。
毎年通いつづけて、今年でもう12年目に突入しました。

初年度でさえ6回、多い年は多分10回くらいは行ったかと思うと、
そろそろ100公演は突破するのではないかいな、と、
我ながら思うのであります。

1が全ての始まりであるなら、
10進法で考えるところでは、100の桁は
1000や10000とも違う、なんとも言えない達成感があります。

1年生になったら作りたい友達は100人だし、
生活になくてはならないのは100均だし、
和歌のかるたと言えば百人一首、
夜中に徘徊するのは百鬼夜行で
死にまシェンのは101回目のプロポーズ。
そもそも、完全なことを100%というのであって、
1000を基準にしてるのはカルロストシキとオメガトライブくらいなものです。

残念ながら毎年の記録をマメにつけているような人間ではないので
正確には数え様がないのですが、
自分の事なので、勝手に次のNHKホールを100回目公演として
心の中で祝うことにします。

その他にも音楽劇とか、CDやDVD買ったり、
たま〜〜にはグッズも買ってるし、
ジュリーの懐には入らないけど、遠征の交通費,宿泊費、
考えると自分がどのくらい使っているかおおよそ見当がつきますね。

恐ろしい気もするけど、
案外安い気もする。
この情熱を傾けた年月に対してこの対価は
後悔ないなあ。
それに、自分の病気が思ったよりこの10年進行してないのも
ひとえにジュリーに行きまくってた効能かもしれないと
最近思っております。

めでたくて幸せなやつだわ、ホント。
15:52  |  ---  |  コメント(2)

2019.06.06 (Thu)

お前は魔法使い

カズさん,カズさん。
『お前は魔法使い』の演奏の中に、もしかして
このFreeしのばせていませんか?




いや多分絶対意識してると思う。

初日でなんかひっかかって、厚木で確信。
カズさんの大好きなFreeの『All Right Now』の
リズムで弾いてるジャマイカ共和国。
気付いちゃいました、ふふふ。
02:04  |  ---  |  コメント(2)

2019.06.02 (Sun)

厚木のカズにゃん

カズさんの萌え萌えニャンポーズ。
頭にのせているのは、ニャジラではありません。←sabaさんが予言されてました?

KAZZNYAN_S.jpg

nyajira.jpg

↑ニャジラ,別名カトリーヌ(@What's マイケル)
(※三毛猫はほとんどがメス)

ミケちゃんのお腹にカズさんのリーゼントが、すっぽり。
一応カズさん的に、ギターチェンジの邪魔にならないように
なかなかよく考えられていると思いました。
(一生懸命抑えてたけどね!)

もうホント、私は萌え死ぬかと思いました。
ジュリーは「私は強制してませんよ!」と言い訳してましたが・・・
毎回毎回「自主的に・・・」とか言われて
しかもファンは挙ってネットに期待してる、とか書くし

ってお前の事だよ!・・・はい、スミマセン。

でもね、いやならやらない人だと思うの。
てか、むしろ好きだと思うの。
知ってます?昔の大澤さんの、ゴーゴーヘヴンのPV。
カズさん率先して顔を緑に塗って、変な星人になってるし、
だいたいあの「にゃんポーズ」は、自分が可愛いって、わかってやってるわよね。
あー悔しい、悔しいけどそんなカズさまに全面降伏。

さてさて。今回のカズさんのギターの配線は
見ればわかると思うのですが大変複雑になっておりまして、
一曲ずつセッティングが違うようです。
ケーブルを差したり抜いたり変えたり回したりひっくり返したり(は、してないか・・・)
カズさんとローディーさんは大忙し。
そしてあのレインボーミラクルトーンが生まれてくる訳です。
(一部音がおかしなところはありましたが・・ミニマルな体制でやっている
皆さんのご苦労お察しします、頑張ってください!)

そんな色々あって間違えないだけでも大変なのに、
カズさんはショーアップの方にも気を使う訳です。
ミケちゃんもそうですが、私がさらに萌え転がったのはそれは

・・・・帰って来たぬお顔!!

気がつかれたでしょうか。ここのところカズさんは
下山さんの脱退によりギター構成が変わった事やら、
昨年からのOLD GYUS体制で、重責を背負われたためか(か、どうかはわかりませんが)
ほとんどあの「ぬお顔」を封印されていらっしゃいました。

念のため、ぬお顔はふざけてるわけでも遊んでいるわけでもなく、
音に入りこんだギタリスト特有の
「恍惚の表情」であります。
   
それが!!
今年は随所に復活しているじゃないですか。
ぬお〜〜(ぱくぱく)、ぬおおおおお〜〜〜〜(ぱかーーーっっ)
見ている方が恥ずかしくなったら負けです。

前にせり出てくるのはもちろん、
下手遠征なども行いまして、
エネルギッシュにパフォーマンス1!
会場を見回し、「俺の女」にラブ・ビーーーム!!!
ボトルネック奏法でびよんびよん弾いたあとは、素早くスライドバーを外す
美しい所作・・・!!!
憂鬱なパルスの手拍子煽りは、くるみ割り人形みたい、肩の下まで手が開くし。
もうね、生きててよかった。

『君をのせて』の始めのトライアングル音の「チン♪」で笑ったのは、謝ります。
律儀に再現するカズさんが好きです。
君をのせてにはミラクルなテクニックが詰まっていて、
原曲へのリスペクトか感じられて、胸に込み上げるものがあります。

あと『限界臨界』のソロがむっちゃかっこいーです。

また思い出したらちょこちょこ追加します。
ともかく充実した薄着でも厚木公演でした。
21:17  |  ---  |  コメント(2)

2019.06.02 (Sun)

厚木のツボ

薄着でも厚木公演は、たいへん充実したものでありました。
実は厚木は私の地元エリアであります。
なんにもない田舎街です。
まさか、三毛猫が出るとは、知らんかったわ。

ツボ(1)
カズさんがギター上を弾きながら下手に来た!!

これ,DVDではよく見るシーンですが、私がジュリコン来るようになった
2008年以降は生で見るのは初めてです。
ウッヒャ〜〜〜〜、ジュリーとクロスして、カズさんがこっちに来る!!!!
そうか,このために澤會様は、地元の私に下手の席を!
とは、思わなかったけど。
下手に橋をいっぱい架けてくれたカズさんでした。


ツボ(2)
ジュリーも思わず「か,可愛いなあ」

アンコールで、猫を被って出て来たカズさんを見たジュリーの言葉。
かつて、松山での名言「カズ,可愛い」に追従する本音発言キマシタ!
カズさんのあまりのキュートな出で立ちに、
ジュリーは、「メスですよ、あれは。いやらしい、メスなんかのっけて」
と、露骨に嫉妬しておいででした。
そこで、にゃん、と、かわいい猫手ポーズで返されたカズさんを見て
わたくし本当、マジ倒れそうになりましたが、
その昔,黒柳徹子さんに「まあ、細いおみあし」と言われて
「♪ピーターパン♪」と、片足を上げた事を思い出し、

本当はこの人はこういう事が大好きなんだ

と確信致しました。


ツボ(3)
「会場一杯のお客様,これが当たり前だとは思ってにゃあ」

ジュリーがアンコール、アメショちゃんになって登場してにゃあにゃあ言うのが、
いささか長いんじゃないかと思わなくもなくもなくもない私なんですが、
このセリフのための前振りなら、全て許せるほどのツボです。

あと、変な歌を歌うやつがいて本当にずびばぜんでした。
地元民として深く謝ります。
ライブ中も色々叫んでウザかったですね。あー腹立たしい。
いつも思うのは,会場の係員なにやってんだという事です。
明らかに迷惑行為なんだから、3回やったらもう、
とっととつまみ出して欲しい。
でもジュリーは上手でしたね、「誕生日」の前に
「さっきうたってたひとも、これはうたっていいんすよ」って。

「あなたに今夜はワインをふりかけ」
来年はセトリ入りしますかね?

つづく
07:07  |  ---  |  コメント(4)

2019.05.29 (Wed)

期待して平気?

カズさんがりす耳と、りすしっぽ装着で出てきた図(イメージ)。
sippokazzS.jpg

突然ですが、
先日、まだ今年のツアーに参加していない友達から、
真剣に訊かれました。

「パルスなんだけどサ・・・リアリのパルスと比べてどう?
 期待して行って平気?」

私は「遜色無し!」と答えたんだけど、よく考えたら
フォーラム二階19列調べだからな。
気になって、リアリのデーブーデーを見直してみたら
・・・一本まるまる見てしまった。。。

いやー、久々に見て思い出した、サスペンダーの破壊力。
そして、なまめかしい、腕を上げたMRIポーズ(白い巨塔の見過ぎ)。
玉のようにぴょんぴょん跳ねるキュートなカズさん!
動かざる事山のごとしなベーシストのおかげで、まるで二人の舞台みたい。
AFTERMARTHでカズさんのソロを聴くときのジュリーの気持ち良さそうなお顔。
そういや私,リアリのDVDでジュリーに墜ちたんだった。
これよ、この舞台が見たかったのよ。

・・・見れてるんじゃね?今、もしかして。

いや、音に限って言えば、このドラムとキーボードがメインのこの頃より、
今の方がかっちょいいし(※注:個人の感想です)
気がつかないうちに、私が間に合わなかった、憧れだった舞台に
いや、その舞台をも超えようとしてるんじゃない?今のジュリーって。

と悶絶しながら、本当に何年ぶりかのDVDを見ていたら、
ジャストフィットで女がタップダンスを踊るとこ。

あらやだ、すっかり忘れてた、アメショちゃんの横跳びはこれじゃん、
すっかり忘却の天才。

そしてああー『光線』の間奏のカメラワーク、格好良過ぎ!!
カズ!ジュリー!カズ!!ジュリー!!カズカズ!!!じゅりじゅりジュリー!!って
もう、倒れるわよ!ほんと、この破壊力と比べてくる友達って・・・

・・・アンタは正しい!

今年のライブではこれが生で見れるのよ!!

こんな上物が見れて私は幸せ。

いろんな事情で、ジュリーからちょっと離れてた人も,
騙されたと思って、一回見に来てみ。
今年のジュリーはホント見ないと,マジで。
今週末はいよいよ厚木公演,薄着でも厚木よ。
ちょっと浮かれてるわね、私。

01:34  |  ---  |  コメント(2)

2019.05.10 (Fri)

SHOUT!ツアー初日2 カズさんのネクタイの柄

カズラーのM子特派員(一階30列付近)からの報告であります。
カズさんのネクタイの柄が判明しました。

な、な、なんとオサレな
モノクロのユニオンジャック柄!!
だそうです。

いや〜〜ん、かっこよすぎる。。

そして各カズラーは、いろんなところで、じゅりすとのお友達から
「アンコールではカズさんも耳くらいつけたらいいんじゃないの?」と
言われたそうです。


出来れば猫耳じゃなくて、りす耳がいいなあ!!!(しっぽ付も強く望む)


ネタバレは、大坂2DAYSが終わるまで、とりあえずたたみますね。
23:11  |  ---  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT