FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2018.08.18 (Sat)

北とぴあレポ(2)

レポ久しぶりなんできんちょうしております。
なんか、勝手なこと書いてるけと、ゆるしてね、なんていまさら!


02. 彼女はデリケート

このハイテンションな曲を歌いこなせる70歳というのも、考えたらすごいことです。
それについていく客席も。
これはひとえに、ジュリーの教育の賜物なんでしょうね。

しかしこの曲も1人でやっても何の遜色もないカズさんって、本当に凄い。

曲前にはちょっと微妙な間、ジュリーは謎の微笑み。
カズさんはといえば、音を出すタイミング見計らって緊張してるようにも見え、
そんなカズさんもかわいいっ!
じゃかじゃかじゃん!と、思い切ったようにギターを掻き鳴らすと
いつもの腿上げ走りで飛び出してきました。

こういうリズムの曲は、客席の手拍子が演奏の一部を担っているのかもしれません。
VANITY FACTORYとかも聴いてみたくなりますね。
I'LL BE ON MY WAYとか、NOISE、ああ、G.S.I love youの曲は
みんな聴きたいなー。

▼この曲のおススメDVD:祝・2000年正月大運動会
若かりし鉄人バンドメンバー+依知川さんの5人が奏でるギンギンな音。厚い。
シマウマジュリーが、汗グショグショ・ワッショイで駆けずり回って、
白いシャツがスケスケ・ワッショイです。
みんな若くて、若すぎて、もうギラギラ。カズさんも眉毛細くて上がってるし。
私、もうちょっと枯れてる方が好みかも。
あ、プリンス下山の華麗なる霊界ステップも見られます。若いわ〜

MC
ご挨拶、台風の中ようこそ、に、会場大拍手。
そういえば空席ひとつない。みんな心待ちにして駆けつけたのね。
「私の50年のキャリアの中で37年間、誰よりも長く一緒に
舞台に上がってきた方、柴山和彦さん」
と、カズさんを敬語で紹介しました。

そういや、カズさんのキャリアって、何年なんだろう。
レコードデビューは1976年(YOKOSUKA BAY)だけど、
あれはもうジュリエット後期だし、
1974年のワンステップフェスティバルに出てるわけだし、
四人囃子のレコ発記念ライブで日比谷野音に登場したのは、さらにその前年くらいだったし、だいたいドブ板の部族に出入りして、米兵相手にFREEとか演ってた頃は高校生だったんだから1970・・・あ、おーい、みなさんどこ行っちゃったんですかー?


03. お前なら

と言うことで、当ブログでは、カズさんのキャリアは45年と仮にしておきます。
45年中の37年か。
言うのは簡単だけど、そうそうできることじゃない。
決して従順だけじゃやってられないはず。
で、ここでこの曲ですよ、お前なら。
お前の信じたようにやれよ、そばにはいつも俺がいる、怖れていないでやってみろ
歌詞の内容が意味深。
今回そういう選曲多いような気がする‥って、やや腐った発言ですみません。

作った当時は当時の意味があったのだろうけど、
今ジュリーが歌っても魅力ある選曲、今ジュリーの声が活きる演奏で、
骨太ロックキターって感じですね。


04. F・A・P・P

聞いた瞬間、いいんじゃない?とおもいました。
前情報では無理があるって声を多く聞いていたんですけど
私はすんなりいいと思えました。

ただ、前を思い出すと、
元々バンド曲として作られたものだったから
比べちゃうとね、確かにグルーヴ感みたいなものは
もの足りない部分はあるんだよね。
あと、カズさんだけ体制になって、カズさんのソロが逆に聞けなくなるという
ジレンマも、ある(笑)。
イントロと間奏だけ急にソロをなぞるのも、唐突な感じもしたし
私の好きな
♪繰り返すのか過ち、トウデン のところの高音の♪チャラララララも無かった(;_;)

でも、曲全体のこのちょっとスローな雰囲気は別の魅力もあって、
ジュリーの静かな歌声とカズさんのギターはとても合っていたし、
この際ギターバラードに編曲し直しちゃうっていうのは、どうかな?なんて。
あんまり過激に訴える曲というより、静かに燃える応援歌、というリメイクですよ。

だいたい、バンドの音と、このOLD GUYS スタイルを、比べることが変なのだろうと。

いっそ振り切って、新しい曲にしちゃえばいい、
この曲にはその可能性がある、
そんなことをいま、レポを書きながら考えています。

手拍子したけど、みんなしてなくてしにくかった(笑)。

いつもの癖で、曲終わりに思わず「カズさーん!」と大声でコール。
ジュリーもカズさんに手を差し伸べて、カズさんも深々と一礼。



05. あなただけでいい

私の中で間違いなく今回のベストワンです。
なんてドラマチックなアレンジ。
今ジュリーの大人のあなただけでいいにぴったり!
もうこのアレンジだけでいい♪ 何もなくていい♪
AメロからBメロへそしてサビへ
目まぐるしく変わる三連のドラマティックなストローク
こういうカッティングが、カズさんはほんとうにカッコイイ。
最後まで息を止めて聞いていました。

原曲からここまで華麗にアレンジした曲はない!
ライブではそう思った私ですが、レポを書くために原曲を聴いてみて
この曲ほど、ある意味原曲に忠実なアレンジはない!
と言うことに気が付きました。

それは、ドラムワークです。
原曲の、派手なホーンセクションの背後で、小さく遠慮気に刻むドラムのリズム。
それをそのままギターストロークに落とし込んだのが、
今回のカズさんの演奏だったんです!!
ソロでメロディを辿らず、敢えてリズムワークのみに徹してるんですね。

▼この曲のおススメDVD:爛漫甲申演唱会
この映像に、今回の発見のヒントが隠されていました!!
この時もかなりロックな感じの演奏ですが、
特にグレースの情熱的なドラムワークをフィーチャーしてて、
そこで、鈍感な私でも、ああっ、これだ!と気づいたわけです。
この時は、キーボードレスの時代、カズさんはSGでメロディラインのソロを弾いています。
2004年ですね。

まだまだ果てし無く独り言は続く。。
スポンサーサイト
01:04  |  ---  |  コメント(2)

2018.08.15 (Wed)

北とぴあレポ(1)

では、OLD GUYS ROCK TOUR 全曲レポ(独断感想文)に、
取り組みたいと思います。
暴走してても笑って許して、勘違いにはツッコンで、
うまいこと言ったら座布団1枚よろしく。

00. everyday Joe

オープニングのスライドショー
これを本当に何の前情報もなく武道館初日に見ていたら、マジやばかったですね。
窒息死してたかも。

スクリーンには、顔のchu chu トレインのようなふざけた合成画の合間に
シマシマのオールウェイズから始まり、
(エキゾティクス時代はあんまりなかった気がする)
あんじょう、愛待て、1999正月、來タルベキ、明日は晴れる、などなどの
名シーンがフラッシュバックのように。もう感激!!
どの曲のなんのシーン? いやー、カズラーなら余裕でわかるでしょ。
これ、みんなで知恵を合わせれば、全シーン解明できるかなあ!?

そして音です、音!!
これは、ジュリーの声はちょっと若い気がするので
CDのトラックの抜き出しかなと思うけど、
ギターは、もしかして、今カズさんの再録音?
最初のジャッ、ジャッ、ジャッ、ジャッというところを聞いた瞬間、
横須賀のジュリエットライブを思い出しましたよ!
カズさんがパープル・ヘイズを弾いた、横須賀アンジェロ。
あの時のような、ごりごりの音です。

このeveryday Joeは、イントロがジミヘンのパロディ仕立てになってます。
ジミヘンって何、それ可愛いの?と言う人は
こちらご参考にどうぞ
https://youtu.be/_PVjcIO4MT4

ギタリストならみんな憧れる、でもジュリーファンにはちょっと縁遠い音。
(平均的に見てね、あくまでも)
でもね、還暦以降、ジミヘンも好きな人がジュリーのファンに
大量に参入したんですよ。

もーむちゃくちゃカッコいい!
限度なしで♪好きにしてる♪感じです。

カズさんの音は、骨太で田舎臭いサザンロックをルーツにした音。
見た目よりもハードな男なのです。
サザン?と言っても茅ヶ崎じゃないよー(^。^)あとは自習。

▼この曲のおススメDVD:來タルベキ素敵
下山さんがリード担当で、カズさんはバッキングで支えます。
若き下山プリンスの繊細で洗練された音がキラリン☆
一曲前の「キューバな女」はサンタナのパロディ仕立て。
こちらはカズさん担当という割り振り。ぬおっぷり見事。
お時間ある人は2曲続けてどうぞ。



01. カサブランカ・ダンディ

スクリーンが上がって、二人がしずしずと入場してきました。
北とぴあは舞台全体にスクリーンがあって、セッティングが見えず、
この時初めてマイク1本と、カズさんだけのお家が見えました。
カズ友さんが表現した「お家」と言うのがぴったり。
アンプやらお弁当箱やら、細々した機材が小さな島のように
チカチカと赤い光を点滅させながら、ぐるりカズさんを取り囲んでいます。

初日の後、病床でセトリを見たときに、
えっ、この曲ギター1本でできるの!?、と、思いましたが、
やっと今日、余裕で弾いているカズさんを見る事が出来て、
そうだよなーと納得しました。
印象的なイントロで、ギタリスト柴山和彦のテクニックを見せつけて、
沢田研二ジュリーにとってはもちろん黄金の大ヒット曲、
二人のオープニングにこれ以上の選曲はなかったとわかりました。
ちょっとスローな大人のボギーで、
いよいよOLD GUYSのショーの幕開けです。

カズ友さん達の報告によると、今回は客席そんなに見てくれないわよ、
とのことだったんですが、なんのなんの
ちらっちらっと、お顔を上げてキョロキョロしてくれる
あいかわらずの王子様っぷりに胸キュン

ジュリーのピエロの衣装は豪華絢爛で、こんな着こなしする人ジュリーしかいない、
誰も着れない、誰もやらない、これがジュリー!
中がどうなってるのか、わかんないとこがまたドキドキ。いろんな意味でドキドキ。

カズさんのネクタイには、すでに各地のカズラーが開けた大きな穴が
いっぱい空いていました。

▼この曲のおススメDVD:夜のヒットスタジオデラックスvol.3(4回目)
私、リアルタイムでは、実はこの曲が一番好きでした。
花を耳にをつけてGパンのファスナー半下げでお酒を吹く妖しいお兄さん。
やっぱり当時の映像に惹かれます。
その中でもこの4回目の放送は音がギター寄りで、ハードで、好み。
井上さんがそう意識したんでしょうか、間奏終わりにはギュイーン、って、
ジミヘンちっくな音を入れちゃったりして、
ちょっとひと味違ってかっこいいんです。

こ、こんなペースで 最後まで行くんでしょうか。
07:01  |  ---  |  コメント(4)

2018.08.10 (Fri)

私の初日!北とぴあ

先月末に無事退院してまいりました。

そして、私の初日として、ジュリーの北とぴあ公演に行ってきました。
いろいろな評判を聞いてましたが、私はジュリーとカズさんを信じていたし
カズさんがかっこいいことは、もうとっくに前から知っていたし(笑)
心配なのは接近中の台風13号だけでした。

それでもなお想定外のドラマチックなライブがそこにありました。
まさに、ありきたりじゃないね〜、でした。
エゴイストは〜〜ストイック〜〜、でした。

ジュリーの声と、カズさんのギター1本、正真正銘あるのはそれだけ。
なのにこの劇的な音楽空間はなに?
ひとつの、音楽的催しとして、コレに不満な人は
もったいないから私よりいい席で文句つけながら見ないでね。

言っておきますが、カズさん大好きの甘め採点は抜きですよ。
私は今でもベースレスの「鉄人バンド」のファンですし、
柴山和彦、下山淳の両端の個性を尊重しあったツインギター、
大山泰輝のピアニスト気質のキーボード、
女性である魅力を余すことなくうちだしたGRACEのドラム、
これこそがジュリーワールドを構築する最強のメンバーだったと思っています。
だから、本当のことを言うと、
ジュリーがあまりカズさんのこと“だけ”を、歴代バンドマンのなかでも
特別に持ち上げるようなMCは、期待していませんでした。
いつの時代のどのメンバーも、ジュリーの音楽と共にあった
忘れられない大切な人だから。

・・・なーんて思ってたら、その件についてはジュリー、
北とぴあでは、その辺にあまり触れなかった(笑)

あれ?カズさんのどんなとこが好きで、どうして2人でやりたいと思ったか、とか
いわゆる「馴れ初めノロケ話」はしてくれないの。。
(ヤ ラ レ タ)

さっき、確かに心配してなかったと書きましたが、
正直ここまで凄いとも思っていませんでした、失礼しました。
バンド演奏とこの形を比べること自体がおかしいですよね。
その2人ぼっちの演目を考えたジュリーも凄いし、受けたカズさんも強い人です。
そして2人ともそれなりに自信があったんだと思います。
意外なアレンジ、テクニック、ドラマチックな展開。
あなただけでいい、なんか、もう〜〜〜すっごい良くて倒れそうになった、マジ。
もう一度早く聴きたい。

ああいうアレンジは、曲目の理解と、音楽の知識と
歌い手への愛情がないとできないんだと思う。
カズさん以外の誰にもできないことかもしれません。
(だからこそ今後ずっと一人ぼっちではなく、誰かパートナーとか助っ人が
いたらいいのになぁとは、思いますが)

演目は短いとは思いませんでした。
すごく集中して見ていたから、いつもより疲れた位です。
退院したばかりで、体力ないと言うのを抜きにしても、
あのくらいを座ったり立ったりしながら、
見たいところをしっかり見るほうがいいですね。

そう考えると大きな会場より、やっぱりいつも通りの3000人規模が
良いのかもなあ。。

カズさんは、二階の端っこにいた私にも、
会場の隅々まで研ぎ澄ました音を届けてくれました。
蜘蛛の糸のような薄く儚い橋でしたが、確かに私の元に。
ドシドシと渡ったら、切れてしまいそうな橋。
私の橋だから、渡らないでよっ、なんて言った日には
プツリと切れてしまいそうな(笑)

ジュリーはお顔がシュッとしてかっこよかったです。
ご機嫌で、声もよく出ていました。
翌日から夏休みだからかな。
私も、療養を兼ねて、
久しぶりに全力で、このあと
全曲レポを書きたいと思います。

何が療養なんでしょうか。
11:58  |  ---  |  コメント(7)

2018.07.17 (Tue)

暇なので推測してみました

まだ病院に住んでいるしょあです。こんばんは。
昨日の結城公演のチケットを持っていましたが、
まだ私の初日は迎えることができませんでした。

貴重な良席は友人が代わりに座ってくれて
(いや、立ってたと思いますが)
みっちりもっちり、私の代わりに
カズさんのことを見つめてきてくれたそうです。

カズさんに穴が空いてたら彼女のせいです。

いろんなところで漏れ聞いているんですが、
その、ジュリーがカズさんと2人で演りたい、と
最初にコクった岡山のインビなバーはともかく、
社長専務同席で正式に話ししたのは、2-3年前の福岡、だとか。

どうせ毎日やることないので、
私、ちょっと調べてみました。

2年前のツアーで、珍しくカズさんの誕生日を舞台で祝った事があったのを
覚えておいででしょうか、全国4000万のカズラーの皆さま。
8月27日大阪フェスティバルホール公演。
ジュリーがカズさん自身に挨拶させて、グレースがケーキをアーンしてくれた・・・。

あの時は何でまた急にこんなことを!と
ビックリしたんですが。

その翌日、2016年8月28日が福岡公演でした。
・・・この日か〜〜

ジュリーは「ご家族にも相談してゆっくり考えて、と言ったのに
一週間もしないうちに、カズさんからOKをもらった」と
嬉しそうに(しょあ妄想)言ったそうですが、
福岡公演から一週間もしない9月3日がNHKホール。
きっとカズさんはここでお返事したんじゃないでしょうか。

この週には君津公演があって
私は目の前で、ジュリーとカズさんがポラロイドガールで
向かい合って絡んでるのをみて、ジェラジェラした記憶があります。

カズさんのギターをジュリーが大好きなことくらい
とっくに知っていたけど、
でも、カズさんの負担を思うと心配で。
暇なんで不必要な心配をしてしまいます。

早く2人のラブラブなライブが見たい!
見てる方が恥ずかしくなるような、早いうちに
行きたいよおおおお


参考資料
HAPPY BIRTHDAY カズさん♪
19:16  |  ---  |  コメント(2)

2018.07.06 (Fri)

2018年7月6日の初日

ジュリーの古希ライブツアーの初日がやってまいりました。
私は、病院にいます。
生き死にの病状ではないので、心配しないでください。

でも、この10年で
ジュリーのツアーの初日に行かないのは初めてです。
違う!「行けない」だ。わーん。

カズさんが私を探していたら
もう少ししたら行くので待っていてと伝えてください。
妄想だけは元気いっぱい!

今夜、カズさんのギターの音は私まで届くでしょう。

ネタバレOKです。
カズさんのあんなことこんなこと教えてくださいね。
08:21  |  ---  |  コメント(13)

2018.04.20 (Fri)

カズソーくん

20180420000824d0d.jpeg

カズカズ!
久しぶりだねー、なんか感じ変わった?



「違うきゃ!
それカズカズじゃないきゃ!!」

あ、あれっ?カズカズが2匹?
てことは……

20180420000823d41.jpeg






「はじめまして、ボク、100均のダイソーの棚にいた200円のカズソーといいまっソー。
中国から来たっソー。」

20180420000822e9a.jpeg

あら、結構可愛いじゃない?

「横顔はソーなんですが……」


201804200008195e9.jpeg

「正面から見ると、ちょっと残念な感じなんだソー」

あら、ホント。





20180420000820936.jpeg

「下からあおってくれると、少し可愛くなるんだソー」



「やっぱりボクのキャワイさにはキャなわないきゃ!」

20180420000826b2b.jpeg

「ソーたん、カメラこっちきゃ。」

というわけで、今年はカズカズとカズソー(ソーたん)をよろしくです。

00:41  |  ---  |  コメント(2)

2018.03.10 (Sat)

放置も甚だしい・・・春はすぐそこ

こんばんは、カズさんだいすきしょあです。
NHKホールの衝撃的な千秋楽で脱力しきってしまい
ログインするのも忘れてました。

春はすぐそこにいている、らしい?

私はまだ手にしていないのですが、
ジュリーの新譜がたいへんなことになってるそうですね。
まだ発売日前だから,詳しい事は避けますが

あの日の涙が100倍の喜び、っちゅーか、なんちゅーか、
まあ鼻血ブー状態(古い)な形とでも言いますか
そんな感じでブーメラン、ブーメラン、戻ってきたわけですわ。

テンションおかしくてすみません。

てか、カズラーならテンション切れるでしょう、嬉しくって。

はやく音がききたいっす。

23:16  |  ---  |  コメント(3)
 | HOME |  NEXT