FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2018.12.11 (Tue)

関西三連チャン小事件

高槻・明石・三田、関西三連チャン公演。

ここでは細かい事は書きませんが、
それぞれでやり直しや沈黙などがあったそうで、

客席から見ると、カズさんがジュリーに指導されておこられてるみたいだったとか、いやいや、ジュリーが歌詞間違えた自分自身の照れ隠しだったんだろうとか、リズムを修正してたとか、いやストロークの音量だとか、カズさんが曲をとめた、いや止めたのはジュリーでカズさんは困ってたとか、なんでもいいけどリハでやれとか、間違えたくらいでやり直すのはおトキさんくらいじゃなかったのか(2008年の発言)とか云々、、、そりゃもう、いろんな捉え方があるのようなのですが、結局のところ、

私は見ていないし聞いていないので、真実はわかりません。

でもね、でもひとつだけ言いたいのは
何が起ってるのか知らないけど、

柴山和彦ギタリストはでっかい、超でっかい人間です!!!

こんなときも自分の立場とかは一切主張しないで、
全てジュリーのため、ジュリーの舞台をよくするために力を注いでる。
あんなにテクニックも人柄も兼ね備えた人は世の中探そうったっていないから!
当たり前だって言われるかもしれないけど
簡単そうで、意外とね。カズさんだって超がつくベテランギタリストなのに、
そういうふうにはなかなかできないものだとおもうのよ。
カズさんは可哀想なんかじゃないです。意志を持ってあのポジションで使命を全うしてるんです。

わたしみたいな凡人は、なにがあったか心配してしまったりするけど
ファンにはわからないくらいの深く強い繋がりが、二人の間にはあるのでしょう。
カズさんは、しっかりジュリーの事を全身で受け止めている。
私にできることは、そんなカズさんを応援するだけです。
スポンサーサイト
00:01  |  ---  |  コメント(0)

2018.11.19 (Mon)

一線

「カズさんとは37年間舞台を一緒にしているけど、
一線は越えていません」

という自爆ギャグを、京都公演で放ったというジュリー。

あなたなら、目の前の人に、
「この人とは一線を越えていません」と言われたら?

1)ああ、一線越えたんだな、と思う。

2)そうなりたい気持ちがあるんだな、と思う。

3)むかーし、そんな事があったのの照れ隠しだな、と思う。


サア、今回はどのパターン?


ジュリー、墓穴掘りましたね。


20:55  |  ---  |  コメント(2)

2018.11.03 (Sat)

お嫁入り探しています

下記の件、無事決まったそうです(11/6)。
結構いいお席だもんね、よかったよかった、ありがとうございました。

知り合いから、府中公演のチケットが2枚あるので
行き手がいないかどうか聞かれました。

私は行くんですよね、府中。

なので、お力になれなくて。

16〜18列の上手だそうです。
ざっくりした感じでごめんなさい。
でもまあ、通路より前ですね。バラでも大丈夫です。
11月13日、公演日が近いので、
もしかしたら現地手渡しになるかもしれませんが
(送れるようなら送ります)

どなたかお嫁にもらってもいいと言ってくださる方は、
メールフォームからご連絡ください。
よろしくお願い致します。





goodmorning.jpeg

おまけ。
昨日の朝、テレ朝グッドモーニングに出てたイラスト。
ガイシホールにわざわざイラストレーターを侵入させたんですね、テレ朝さん。
それにしても愛がないなあ。似て非なるものという感じ。
カズさんだって座ってなんかいないし。

・・・はっ、す、座ってっているように見えたのか!?
11:22  |  ---  |  コメント(0)

2018.11.01 (Thu)

清水マリナートだぜい

台風何号だか忘れてしまいましたが
東日本JR初の計画運休にぶつかってしまって
中止となってしまった静岡公演(以上ジュリーのMCより)
の代替公演、清水マリナートへ行って参りました。

ジュリー、正確にはJR東海ね、ここいらへんは。

ジュリーは、静岡が中止になった事をとても残念に思いながら
嵐の夜を過ごしたと言ってました。
できたんじゃね?とも言いたげな勢い、いや言ってたかな?
・・・できないできない。
なんかやっぱ、普通の人と判断基準が違うわジュリーは(笑)。
私は静岡のホテルで停電もくらって、翌日自宅に戻ったら
駐車場に車ではないものが停まっていました。
どこかから突風で吹っ飛んできた物置きともいうそうです。

物置


そして、静岡ではなく清水に替わったわけですが
「ホールも新しいし、いいとこじゃあ〜りませんか。
清水マリナートだぜい!」とジュリーは言いました。

・・・絶対夜は刺身三昧の飲み会だな。
清水は港町なので、おいしい寿司や魚介どんぶりのお店等が
いっぱいありました。
いえ、私は抜歯後で食べていませんけどね。

そーなんですよ川崎さん。
私、数日前から突然襲ってきた歯の激痛、
正確には歯の根っこの先が化膿してハレルヤ〜〜
だったんです。
しかし意を決して、清水前日に抜歯。
口の中に膿みためてるより、すっきりしました。
抜歯痛なんてロキソニンで抑えて、意地でもやって来たわけです。

というのも、私ったら三回連続でおあずけくらってたんです。
静岡、たまアリ、そしてその間には、これはあくまでも私用なんですが
時間がなくて、どうしても横浜アリーナに行けなくなるという不幸もあり、
3公演も流していたんです。

カズさん・・・
あんまり長い事会わないと、あなたの髪の毛が真っ白になっていそうで・・・

もうとっくに真っ白ですけど何か。

真っ白なブラックジョークは置いといて、
新幹線が止まらない清水まで在来線で、
夕暮れの赤富士をゆっくり堪能しながら、向かう。

まあ、いろいろありましたが、
万障繰り合わせて愛する人に会いに行くって
とっても幸せな事です。

そんな気持ちをわかってくれた澤會さまは
元々の静岡のチケットが4列目だったのに、一列前進の3列!
カズさんの蛇のように動く指先までしっかり見えるじゃあ〜りませんか。

わりといつもカズさんの左手(コードを抑える手)を見ていた私ですが、
昨日は逆でした。右手のマジック(弦を鳴らす手)に悩殺。

実は私、ウクレレを始めたんです。
まだまだへたくそですが、結構ハマってて、
そしたら永遠のギター小僧、別名うんちくのおじさんD氏が
ジュリー曲のウクレレ楽譜をくださったんです。
で、早速練習してみたのが
「風は知らない」と「雨だれの挽歌」。
よたよたですが、あのイントロのアルペジオもどきが
カズさん風に弾けるんです。もー、楽しくて楽しくて。

そして改めて先生(カズさん)の演奏を聞いて、どっひゃーーー!!!

メリとハリ、流れ、リズム、強弱に情感。
この世のものとは思えない表現力。
えっ、本当にそこにあるのは6本の弦だけなの??

アルペジオ←→ストロークの切り替え、ミックス、
弦の鳴り、響き、共鳴、いやいや、そんな陳腐な言葉では言い表せない深い音、
指の使い方、腕の振り方、前から知っていたはず見ていたはずなのに
えっ、そのドラえもんの手はなに?とか
もうホントシロートでごめんなさい。

カダラ斜めにして魔法使いの技に魅入られていたら、
ジュリーに「俺のカズを嫌らしい目でみるな!」と
カズさんとの間に仁王立ちされてしまいました。

ごめんなさい〜〜ジュリー。
正確には「カズさんの右手」を見ていたんだけど。

そう、もちろんジュリーもよく見えた3列目。

気付いたんですが、もしかしてジュリーの衣装、
ピエロ(クラウン)は後半 “お坊さんの袈裟” に変身してるのではないですかねえ?
肩を脱いでいるのが左右逆ですが
(本物の袈裟は右肩を脱いでいる:ジュリーは左肩)
クラウンのボタンの丸いポンポンが、袈裟の梵天みたいに・・・
後ろ姿を見ると、完璧に袈裟です。
これも前方席だから気付いた事。
反対サイドに行く時、意外と後ろ姿が良く見えるんです。
というか、私がそう感じただけですが。
もしそうだとしたら、
ジュリー僧侶は誰を弔っているのでしょう。

あと、3列目だから見えた情報をひとつ。
見ていた私自身、解せないんですけどね。
ジュリー、マンジャーレの途中から泣いてた・・・?かも?

近くに来た時に、右の瞳にキラッと光るものが見えたので
「うわっ。少女漫画みたい」
と、思ってよく見たら、両目に涙がたまっているように見えて。
え?なんで?泣く理由はなに?
と思っても見当つかず、見間違いかなと思っていたら
そのうち目鼻が赤くなって、明らかな泣き顔になってきました。
涙こそこぼさなかったけど。。。

アンコールのMCのときに、
「鬼籍に入られた方々がお見えになってるかも」
と言いまた「私にははっきり誰だか見えてるんですけどね」
言い切っていました。

ジュリーの歌声。カズさんのギター。本当に気持ちよかった。
以下思い出す事ランダムに。

FAPP>
なんだかもうすっかりバラードポジションですよね。
手拍子する人はなく、身体を揺らす人さえいました。

あなただけでいい>
この曲に入る瞬間に声が変わってる事にいつも驚きます。
ちょいちょい歌詞抜け追っかけ歌いがありましたけど
それもしのぐ、あぁ〜〜〜ん、の大迫力!!
ところで、カズさんの演奏がスローだと言う話をよく聞くのだけど
全然そんな事はないと思うけど、この曲に限っては
前より遅くなっているような気がする、さすがに。

核なき世界>
ジュリーが最初に手拍子を煽るんですけど、
4拍子で・・・えーと、
すみません、それは表ですか?
ちょっとなんか間が抜けたような感じがして気持ち悪かったのですが
あの曲はやっぱり裏ですよね。
というか私は8拍子で叩きたいくらい、裏とか表とか考える間もなく。

ACB>
2018年クタばってなかった〜って普通に歌ってましたが、これがいいと思いました。
ちなみに、私、この曲で自分の身体が熱くなって舞い上がるのを感じました。
この辺の曲が好きなんだなあ。2000年以降の曲。

マンジャーレカンターレアモーレ>
「ダダダダダダ・・・歌ってくれや!」と言われました。
あの、これ、私からのささやかなご相談なんですけど
♪そうさ、マンジャーレ、カンンターレ、アモーレ、のあと
「ベラヴィータ!」って客席で掛け声入れません?
あそこなんもないと、何か足りない気がしちゃって。
一人で頑張ってみましたが、かき消されてました。
そして、この曲のカズさんの歌声が大きくて幸せだった〜〜〜

Rock'n roll march>
最初の頃正直ちょっとクエスチョンで聞いていた
アレンジだったんですが、もはや違和感なくなりました。
でね、友達が言ったんですけどカズさんのソロを聞いてる
ジュリーが、すっちー&吉田の「終わんのかと思たら、こっち終わらへんのかい!」
みたいだっだと。。。何だそりゃ(爆笑)
耳まで真っ赤にして弾いてたカズさん、ギターは最高にキレッキレだったけど、
どんなお顔してたかは、ジュリーのみぞ知る。。。
優しいお顔で笑ってました。
あ、この曲もカズさんの歌声が大きくて幸せだった〜〜〜
その他>
・アンコール前に引っ込む時に、ジュリーは「着替えて来まーす」と言って引っ込みました。
・投げキッスはありませんでした。
・「♪愛してるとひとこと言えなくて・・・って、言えよ!お前。ダメもとじゃん!」と、
昔の歌詞にツッコミ入れていました。
・たまアリの事を「内々の問題で何の混乱もなく収集していたのに・・・」とおっしゃいました(笑)。
・「こんな服も持っている、というのを見せたくて、私は出て行きました」会場和みマクリマ大爆笑。
・ジュリーが、こんな自分を「厄介」だと思いますと言ったら、前の席のお姉様が「はい」と大きな声で御返事していられました。
・これからの僕らには「引退」はない。倒れるまでカズさんとふたりだけで。
・根っからのギターマン、柴山和彦さん。

この挨拶のときのカズさんがすごくカッコよくて素敵で
たてがみ王子でした。
逆立て王子




帰りの電車の中で、暇に任せて今日の思い出、
まぶたの裏のカズさんを書きました。
岩爺-01
出て来た瞬間友達と「高っ!」と声を出してしまいました。
ギターチェンジの邪魔にならないように少し右に倒した毛先は
内側にチューブを巻いていました。

どこかで見た事あると思った後頭部は、他ならないカズカズでした。

後ろ姿のカズカズ02
02:22  |  ---  |  コメント(0)

2018.10.19 (Fri)

ひとつ前の記事

ひとつ前の記事について、非公開にしました。
削除したわけではないので、いつでも見れますので、どうしてもご覧になりたい方は私にメールください。
テキストで公開致します。

ジュリーのたまアリドタキャンは、私は納得がいかなかったので
私の意見を書いたのですが、そう言う事を人の目につくところに書くのは
見解の異なる方へ、不快感をまき散らすだけのものでした。
私は思想活動をしたいわけではないので、そういう[ジブンノキモチ]は、
友達の間で話していればよかったんです、ごめんなさい。

ただひとつ昨日と心境が変わったのは、私はまたジュリーを見に行くだろうなあという事です。
カズさんがいるかぎり、なにがあっても。カズさんが信じた人なら私も信じる。
私の最後の砦はそこです。

ひとそれぞれでしょっ!
22:22  |  ---  |  コメント(4)

2018.10.18 (Thu)

理由

理由と書いて「わけ」と読む。

本気と書いて「マジ」と読む、みたいなツッパリ用語の親戚でしょうか。
いやちょっと違うな。

そういう話ではなくて。

10月17日のさいたまスーパ—アリーナ公演が
開場時間を過ぎてから中止の発表となりました。
その理由(わけ)が「契約上の問題が発生した為」
だそうです。

tamaari03.jpg

カズ友さんが撮影した現場の張り紙。
写真お借りしました、ありがとうございます。

何を隠そうこの私も、さいたま新都心駅へ向かっておりました。
改札を出たのが16時15分過ぎ。
この頃、改札あたりはまだ何も変わった様子はなく、
スピーカーを持ったお姉さんが「立ち止まらずに〜」と、
たまアリへの移動を促していました。


tamaari01.jpg

私もルンルンと歩いて行くものの
(実はルンルンでもなかったのですが、それについては後述)
建物が見えてくるにつれ、なんだか空気が、変。


tamaari02.jpg

入口あたりに黒山の人だかり、しかも動かない。
あらゆるチケット窓口が閉まってる。
人をかき分け進むうち聞こえて来たのは
・・・スピーカーから「中止」の言葉・・・

大丈夫、大丈夫、大した事じゃない。
冷静さを保つため、自分に無理矢理そう言い聞かせながら、
その場を離れました。
何処をどう歩いたのか、
やがてアフターで会う約束をしていた友人と合流。
前倒しアフターへなだれ込み。

みんな怒るとか、悲しいとかじゃなくて、呆然としていました。
発表がギリギリ過ぎた事についても、怒りではなく
「なにがあったの!?」
興味はこの一点に尽きます。

みんなでいろんな事情を想像してみました。
中にはほほぅ、それはアリかも!なんて名意見もありました。
でも結局想像の域です(なので、ここには書きません)。
私達ファンには本当の「理由」はわからない。
そして、ジュリーは「理由」を語るような人じゃない。
ファンは、それを知っています。

だから、想像を、公共の場で語るのは止めようと思いました。
知らない人が見たら誤解するかもしれません。
マスコミからジュリーファンの人に、
取材依頼があったらしいという話も聞きました。

前倒しアフターの席でかわした声が
一部のマスコミが書いているように「金返せ!」でも、「ふざけんな!」でも、
ましてや「勝手にしやがれ!」(←キモイ)でもなかったのは当然です。
私達は、ジュリーがマスコミの格好の餌食になるのが憂鬱でした。
また、たくさんの何も知らない一般ピーポーが、したり顔で
ジュリーの事を批判するのがいやです。
このことがジュリーの歴史の中でも大きな傷となるのではないかと
怯えて、みな意気消沈でした。

はっきりしてることが、ひとつあります。
それは、あれほどギリギリの時間に決断しなくてはいけないほど
大変な出来事があったということ。
自分のライブを喜んで中止する人なんかいない。
ジュリーも苦渋の決断だったわけです。
その心中を思うと、胸が痛くなります。

遠くから遠征で足を運ばれた方は本当にお気の毒ですけど、
ファンとして出来ることは、変わらず声援を送る事だけなんじゃないかと
ぼんやり考えながら、私も一都二県またいで帰宅しました。

個人的には静岡に続き、二度目の中止をくらいました。
心境は全然違いますけどね、
いつになったら、カズさんに会えるのだろう。
愛が熟成しきってしまったよ。
あ、清水参加の皆さん,返信ハガキは投函しましたか?


追記/
翌朝18日、めざましテレビの7時台のトップニュースとして
取り上げられていました。こんな時だけテレビ・・・
いや、違うかも,本当はライブ自体に取材が入る予定だったのかも?
・・・軽部さんがコメントしてました。
案の定といいうか、14年前の水戸の事件を中途半端な情報で取り上げていました。
事情もよく調べないで簡単に一緒にするな!

また、別の方の情報ですが、ジュリーとカズさんは、
リハはやっていたという話もあります。
カズさん、どんな気持ちでいま、いるんだろう。

02:31  |  ---  |  コメント(3)

2018.09.29 (Sat)

前記事の訂正

夜中にラブレター書いちゃいけないのと一緒で
夜中にブログ書くもんじゃない、と言ってた友人がいたけど、名言。

前の記事のMEG-CDについての内容はすべて
妄想
でございました。

ああ恥ずかしい。
ワタシ、LIBRARYが店頭やタワレコでも販売していると聞いて
てっきり在庫があるのかと思っていたのですが
そうではありませんでした。
注文を受けて、その都度つくっているみたいです。

そ、つまりジュリーは許可はだしたけど
お金を出してるのは私達ってこと。
「ユーザー」は私達だったわけですわ、ちゃんちゃん。

なぜそれがわかったと言うと、某店頭売りのものを購入に行き、
30分待たされた挙げ句「機械が壊れまして、ちょっと遅くなります」
と言われ、時間がなくなりキャンセルした、という
悲しいお話が・・・

壊れるって。ミュージックグリッドさん。
しっかり頼みますよ。

でも
どんな経緯で今回MEG許可されたものだろうと、
1位の実績は誇らしいことには違いないのだ。
21:00  |  ---  |  コメント(6)
 | HOME |  NEXT