2011年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2011.12.30 (Fri)

カズさんがパラダイス

chachakazz1S.jpg
このキュートなイラストは
私の作品ではありましぇ~ん。

カズさんファンの大先輩、ちゃちゃ画伯の作品で御座居ます。


ちゃちゃさん、逆、逆!
ジュリーが真ん中だから(爆笑)!

ご説明の必要もないと思いますが『おまえがバラダイス』の、ワンシーンです。
ジュリーの指の間から、カズさんの毛ぇがピョコピョコ
飛び出ているのが、ツボったらないわ。
後ろの建さんが極悪すぎるし。

これは、何を隠そう(隠してもないけど)
先月、ちゃちゃさんが私に贈ってくれた
バースデーカードなのだー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

さいっこうに、嬉しいお祝いでした、ありがとう!ちゃちゃさん。
ほら、こんなふうに、飛び出すのです。

chachacard.jpg

カズさんファンは、カズさんに似て
みんな凝り性で職人だわ(私もね、笑)。

実はこの時、カードに加えて、
30年前の若ちゃちゃ画伯の原画各種、そして、
私がのけぞって大ウケした、あるプレゼントをいただいたんです。
若ちゃちゃさんが大切にしていたもの・・・
えー、要らないんですか?
じ、じゃあ私が大切にしますから、いただきますぅ。
それが何かは、・・・年明けに掲載予定。(と、引っ張ってみる)

あ、変なものではないですよ。
ファンが普通に買えるものです。

でも、これを頼むか?という(笑)・・・←ヒント。

私が死んだ時は、棺に一緒に入れて燃してください。
ちゃちゃさん、惜しくなっても、もう返さないからね~~~


しかし、ホントDISK4のカズさんは可愛すぎるわ。
あ、また、夜ヒットのDVDの話ですけどね。
おまパラの4回目のラストの「カズのカメラ目線」は
ちゃちゃさんじゃないけど、もうカズさんが主役~!!
カメラさんもカズさんの可愛さにくらっと来て、
思わずジュリーじゃなくてカズさんに寄っちゃった!?


そして、某じゅり友さんが爆笑命名した「カズの自分抱き」。
いや~ん、二の腕が案外たくましいの。

holdkazz.jpg

それからダバダのときの、オールウェイズの並び方。
「カズのワントップ三角フォーメーション」から
「守護神・建の逆三角形フォーメーション」に
変化するのよ、という話をじゅり友さんにしたら
そんなの知らんがな、と、スルーされました(涙)

いいんです、そういうマニアックなのが好きなんです。

* * * * * *


・・・てなことで、少し早いですが、
今年はこれで年末のご挨拶とします。
毎年年末恒例の、気になる流行語大賞がやれなかったのが心残り~(>_<)
年始にやりますので、鼻で笑ってくださいね。
今年はあまり斬新な言葉が生まれなかったけど。
最後に来て、ちょっとインパクト強かったアレが一位かな?

それに致しましても、

今年は中断時期もあり、
何かとご心配をおかけした、当・気になるブログでございましたが、
みなさまから、暖かいお言葉をたくさんかけていただき
かえって、順調で何事もないよりも、よほど幸せな経験となり、
このように元気いっぱい年を越せそうです。

日本も悲しく大きく罪深い災害や事故があり
友達や肉親、自分自身にも悲しい出来事がたくさんありました。

ジュリーの横浜公演での言葉を借りれば
「こんな事をしていていいのか」と、
思うような1年でしたが、
だからこそ人は、楽しむために生きているのだとも、
実感することが出来ました。

私は・・・私にとっては、
カズさんがいてくれて、本当によかった。
カズさんがそこで笑っていてくれたから、
前に進む勇気が出ました。

ありがとう!柴山和彦さん。
月並みな言葉ですが、あなたが私のパラダイスです。
omaparakazz2.gif

皆様、よいお年をお迎えください。

スポンサーサイト
00:18  |  ---  |  コメント(4)

2011.12.26 (Mon)

White Christmas

      WhiteChristmasKazzS.jpg

リアルタイミングで記事をあげられないで、ごめんなさい。

メリーでブライトなクリスマスを過ごしていました。

天皇誕生日、またの名をクリスマスイヴイヴ、
パシフィコ横浜へ行ってきました。

ダブルアンコールで挨拶に出て来たジュリーは、
いつものように、腕時計を気にして、早く一杯飲みたいというゼスチャーをして、
でもお顔はとっても優しく笑っていて、ちっとも帰りたそうでも何でもなくて。

そして、ジュリーが1本指を上げます。
え?あと一曲?歌ってくれるの?
ぱあっと、配置につくメンバー。
でも、誰も楽器を持ちません。再度マイクを握ったジュリーは、
「今日は・・・天皇誕生日」
と、お約束を一回はさんでから、
「今日はクリスマスイヴイヴだから、ホワイトクリスマスを歌います」
と、嬉しそうに言いました。

流れて来るのは、泰輝さんのピアノの音、そして、

♪ I'm dreaming of a white Christmas

この、I'm・・・が、すごかった、トリハダたった!!
高音から低音まで、完璧な厚みのある
男声合唱団(プラス1)なんですもの。
わぉ~ん、という感じで唸る、寸分の音の狂いもないハモリ。

Where the treetops glistenとか
And may all your Christmases be whiteとか
赤文部分だけを、ジュリーの単独ソロの声で歌い、
後は上下をがっちりサンドするコーラス隊。

あまりの美しい歌声に、うるうるきてしまいました。

最後の拍手が早いっ!と、感じたのは私だけ?
完璧な和音の消える最後の一瞬の空気まで聞いてから
拍手したかったわ~



厚いコーラスのなかに、カズさんの声を探す私。

このライブに来る直前に届いた、夜ヒットのDVDで
カズさんは、30年前、爆音でコーラスしていた。
今と変わらない、よく通る高い声で。

ああ、いま、私が、聞いているこの声こそ
まぎれもない、カズさんの声なんだわ。

今年、カズさんと過ごした時間。
インストのないお正月コンサートからはじまり、
カズさんのライブを熱心に見て歩いた時間。
思い出して、もう本当に涙がこぼれそうになりました。
悲しいことも、うれしいことも、いっぱいあった。
でも今はこうして笑顔で年末のひとときを、また共有出来てる。

今年一年、ありがとう、カズさん。
あなたの音に癒されて、いまとっても、私は、幸せです。


そういえば、この日の本編のさいご、『誓いの明日』、
ジュリーは、 「♪ただ、前だけ向いて行くよ、
ただ、朝焼けを目指し、僕らは進む・・・」
のところで、いつもメンバー紹介をする時のような、
身体を半分後ろにひねって、
楽器隊を差すような、讃えるような、そんな仕草をしてた気がします。

それって
「このツアーが終わっても、僕らの友情は永遠だし
鉄人バンドとも、今後ずっと一緒に活動していきますよ」
と、そして私に
「だから安心して、いっぱい観にいらっしゃい」
と、言われてるような気がしました。


00:59  |  ---  |  コメント(7)

2011.12.21 (Wed)

はじめての・・・

すみません、Disc.4の真ん中へんから、見始めています。

カズさぁあ~ん、あなたのファーストカットは、どこ?


あ、『夜のヒットスタジオ』DVDの件です。
今日、会社から帰ったら、届いていました!!

いや~、聖書のような装丁ですね。
もちろん、中身も紛れもないバイブル。
まだ、さわりしか見ていませんが、
買ってよかったよ~(号泣)。。。


以下、ネタバレを含む記事となります。
未見の方は、ご注意ください。
00:44  |  ---  |  コメント(10)

2011.12.20 (Tue)

明日はサンタがやって来る♪

maritro&kazz-s


明日は我が家に、サンタさんがやって来る。

プレゼントを二つもって。

ジュリーの夜ヒットのDVDと、
武道館のチケット。


ミスターポストマン&サガワマン、
良い知らせを待ってます☆


* * * * * *
先週おなじみマリトロにゲスト出演された
カズさんの“エレガットな”演奏を
聴きに行ってきました!!

コートの衿を立てて急いだ師走の川崎。
オープニンングに、
サンタが街にやって来る、を演ってくれました。
マリンバのトナカイの音に乗って
カズサンタが、私の心の窓辺で
プレゼントを抱えて待ってました☆


00:31  |  ---  |  コメント(2)

2011.12.15 (Thu)

生涯一◯◯

会社を休んでいるので、朝のワイドショーを久しぶりに見た。
由紀さおりさんのアメリカ公演での様子を特集で伝えていた。

その歌声は、きれいだなとはおもったけど、
べつに取立てて抜きん出ているとも思わなかった。
このくらいの歌手は、アメリカにもいっぱいいるだろう。
メディアに注目されて話題になるなんて、運を味方につけた偶然だ。
しかし、“取り立てたことじゃない”、これこそが
本当にすごいことなのを、私は知っている。
ジュリーのおかげで。

普通でなかったのは、テクニックではなく、スピリッツ。
本当にすごい精神の持ち主だからこそ、運をひきよせ、
それに恥じない技術を披露出来る。

彼女の若い頃の歌声は、記憶にこびりついている。
いつまで、♪るるる・・・が続くのかと
子供心に面白がった夜明けのスキャット。
それが、40年近く経った今でも、
何の抵抗もなく聴けることの偉大さよ。

懐かしのメロディー、的な番組で、
懐かしさより切なくさせられてしまうひと、
なんだかアレンジを今風に変えてしまうひと、
そんな人をたくさん見る。
責めはしない、時の流れって残酷だなあ、と
責任転嫁しながら見ている。

そんな中、由紀さおりさんには、
意地でもキーを変えずに、アレンジも変えずに
歌い続けて来たジュリーと同じ香りがする。
同じ、自分を信じる強い心が。

日本のスタジオからO氏が由紀さんにインタビューする。

凄くおきれいですね。アメリカの人は
お年を聞いたらびっくりするんじゃないですか?
もっとお若い方と思われているんじゃないですか?

くだらないことを言うなあ、と思った。
63歳じゃいけませんか。
若い方が、いいんですか。
それが褒め言葉なんですか。

由紀さんは、ずうっと、歌い続けてきた。
お姉様と、童謡を歌って紅白に出ていたのも覚えている。
自分の曲が売れなくなっても、
自分の信じる道をずっと続けてきた
「生涯一歌手」なんだと思う。

別に、今回の成功も、特別なことではないのだ。

アメリカ公演は、全て日本語の歌詞で歌ったという。
彼女の意志が感じられる。
移動中のオフショットがちらりと映ったけど、
ジュリーの雰囲気によく似ていた、
と、感じるのは、私がジュリーファンだからだろうけど(笑)。

* * *

こんな、偉大な方々の後に、自分のことを語るのは恥ずかしいけど、
私は親に美大を出してもらってから、
ずっとデザインの世界で生きて来た。
数年前から、自分の趣味を生かしたカフェをやりたいと思い、
ずっと勉強して来た。でも、
あと一歩が踏み出せなかった。
真剣にやればやるほど、私はこの道の人に
かなわないという劣等感ばかりが強くなった。

いや、そういう挑戦を否定しているわけじゃない。
現に、料理学校の友達(公務員だった)が、
この秋カフェをオープンした。
羨ましいし、応援してあげたい。
なので、お店のロゴマークのアドバイスや
メニューに載せる商品の写真を撮ってあげたりした。

やりながら、あー、こういうのが、
私はやっぱり好き!!と、思ったのだ。
だから、カズさんの絵ばかり描いてても飽きないし。
生涯一のお絵かき好きなのだ。

この秋から勤めている会社では、名刺を作る部署にいる。
フリーのデザイナーは食べていくのがキツくて
廃業してしまったけれど、
自分の顔となる名刺というツールを、
きっちりキレイに仕上げることも
やりがいのあるデザインだと思う。

なんでもいい、生涯一◯◯と、
胸を張って生きるひとは、美しいと思う。

もちろん、生涯一ジュリーファン、っていうのもね!


16:22  |  ---  |  コメント(4)

2011.12.12 (Mon)

行かないでって言われたい

コーラスの時のカズさんは、なぜあんなに、
せつないお顔をするのでしょう。

choruskazz3.jpg

こんなお顔で
「いーかなーいーでーーー・・・」
と、歌われたら、
わたし、もうどこにも行きません、カズさん。。。

でも、ジュリ友さんの報告メールによると、
長野では、
「いーか、なーーいーーでーーー!!!(#`o´) ムキーーーー!
と、気合いが入り過ぎてて
こわいよカズさん(笑)、とあって
思わず吹いてしまいました。

こわくてもいい、行かないでと言われたいファン心ナリ。


そういえば、
群馬の、カズさんの♪テルミー、が
かすれ声だったという話を聞いたのですが、
翌日の長野では、大丈夫だったと聞いて、一安心。

舞台の上の人は、休めないですものね。
どうぞ、風邪などひかずに、
皆さん無事に1月24日をむかえられますように。


え?プリンス、マイコプラズマなの?大丈夫???
12:47  |  ---  |  コメント(3)

2011.12.10 (Sat)

カズの滝登り

KAZZ_NO_TAKINOBORI


いえね、私の発語じゃなく、
箱主さんこと、あいらさんがブログに書かれていたんですけど。

『誓いの明日』のエンディングで
カズさんがギターソロで音階を登っていくところのことを
そう表現したんです。

ウマイ!!!!!
おい、グレース、箱蔵さんにどらやき一枚やっとくれ。
(懐かしい大喜利ネタ)

プリンスがしゃらんら、しゃらんら、と軽快に
アコギをかき鳴らすところに入って来る
カズさんの音が、とても高揚を誘います。

♪紅葉見にいこう~よ~
(これは、50TA)

ちゃらんら、ちゃらんら
ちゃらんらちゃららら
ちゃららら、らららら・・・(ずっと登って行く)
じゃ~~~~ん、じゃかじゃかじゃ~ん、、、

(と、ここで拍手したら負けよ~)

再び、ちゅーちゅちゅるちゅーちゅちゅちゅるぅ・・・・




・・・え?何ハイテンションで騒いでいるんだって?

ちょっと、病に倒れ、
明後日の長野公演に行けなくなってしまったのさ。

ううう、長野のお友達にも会いたかったし、
往復の車中でお座敷列車宴会もしたかったのに。
善光寺にお参りして、唐辛子買って、
野沢菜入りのおやきを買い食いしたかったのに。

カズさん、離れていても心はそばにいます。

しかし、本当に、ジュリーのいうとおり、
健康じゃなきゃ、愛しいひとに会いにも行けないね。
みなさまもどうぞ健康にはご留意くださいましね。
00:48  |  ---  |  コメント(6)

2011.12.04 (Sun)

柴家カズ平師匠<追記あり>

sanpei-kazzS.jpg
いっこまえの記事に、松山で「ごめんなさい」をした
カズさんの様子を、レポくださった方によると

「左手をグーにして左の額に押し当てて、
林家三平師匠風?ごめんねポーズをしていました」

とのこと。
こんな感じだったのでしょうか。

あれ?右手だ、これ。


<追記>
これはグーが頬じゃないか、押当てたのは額でしょ、
というご指摘のもと、修正してみました。
なるほど、確かにこうだわ。


sanpei-kazzS2.jpg
10:26  |  ---  |  コメント(2)

2011.12.03 (Sat)

やっぱり“可愛い”YOKOSUKA BLUE BOY

julie-kazz-matsuyama.jpg

もうね、懸命なブログチェッカーのみなさまは
お聞き及びとはおもいますが。

こんな発言が松山公演であったそうです。

もう、その噂を聞いたとき、悶死するかと思いました。


まあ、いわゆる、カズさんの珍しいミスなわけで
でもドンマイでございます、カズさん。
だって、ジュリーの愛のあるフォローで
ファンはむしろ、得した気分なのですから。
ジュリーに可愛いと言わせたのは、
カズさんの長いお仕事の蓄積の証であり、
だいたい、ファンを喜ばせてこその舞台人でしょ。

ま、私は見た訳ではないので、聞いたお話で恐縮ですが、
アンコールのトークあけの、シーシーシーで
ちょっとしたトラブルがあったそうです。

べんべんべんべん、と響き渡るサリーのベース。
そこにかぶさってくるはずの、
ちゃららら、らっらっら~
という、カズさんの軽やかなギターが、聞こえてこない。
いつまでも、サリーの、べんべんべんべん、べんべんべんべん、
という音だけが無情に響く・・・あれれ、と、メンバーも。

ちょっと待って、と、曲を止めるジュリー。
「どうしたの?」と振り向いて聞けば、
カズさんが「ごめんなさい」と。

これらのことが、オンマイクだったことが、奇跡というか
もう、すばらしいです。
その、カズさんの言葉を聞いたジュリーがひとこと、

「カズ、かわいいっ!」

と、おっしゃったそうです。
(書きながら、わたくし呼吸不全で危篤状態です)

解説しよう!
ここで、みっつのことが読み取る事が出来ます。

1、ジュリーはやはり普段は柴山さんのことを
「カズ」と、呼び捨てにしている。

昨年のライブ、荒川公演で「足を踏んでるのは誰や?カズさんか?」
と、MCのネタにしたときは、さん付けでした。
おととしのジュリー三昧で、話題にした時も
「僕は和さんって、呼んでるんですけどね」と、さん付け。
・・・いやん、やっぱり普段は呼び捨てだったのね。
こんな事が嬉しい私は変でしょうか。

2、ジュリーは、柴山さんのことを、可愛いと思っている。

でしょう?じゃなきゃ、とっさに出ませんて。

ジュリーは、もちろん場を取り繕ったのでしょうが、
こんなに、どこを切っても金太郎飴状態に
愛があふれてる発言は、そうそうないと思います。
カズさん、愛されてるなあ~
ちなみに、ほかのメンバーのトラブルだった時も
ジュリーはいつも、カズさんとアイコンタクトしてます。
「どないする?カズ?」
「大丈夫です、そのまま譜割りどおり歌ってください」
なんて通じ合っているのかしら。

3.どんだけ可愛い「ごめんなさい」だったんだああああああああ!!!!

あ、落ち着いて、落ち着いて、自分。
この件に関して、直接目撃された方の情報、
どんな小さな気付きでもかまいません、
気になるYOKOSUKA私書箱まで、お寄せください。
無期限でお待ちしております。

カズさんは、なぜか本篇が終わるとき、335を持ってハケます。
(プリンスは、ストラトを置いていきます)
もちろん、カズさんもいつも持っていくわけではないのでしょうが、
このツアーでは、アンコールとの間で、
何か調整をしているのかな、と気になっていました。
いつもほどギターをかえませんからね。
チューニングの暇もないのかもしれない。

で、コードがちゃんとつながってなかったんですね。

翌日の高松のシーシーシーでは、「今日は大丈夫っ!」と
どや顔だったとか?
シーシーシーは、一度曲が止まるところで
カズさんのギターの音がきゅいん、きゅわんと残るのですが、
その感じが毎公演違うので、それがとっても楽しみなんです。

今度はどんな音をのこしてくれるの?カズさん。
どやぬお顔で。
14:19  |  ---  |  コメント(10)
 | HOME |