2012年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.10.28 (Sun)

第二の楽器の名演奏

町田のジュリーは、ほんとうにロングトーンでした。
すごく、気持ち良さそうに、伸ばして、喘いで、
とっても情熱的でした。

それも、なんだかいい感じで、音が響いてた気がするんですよね。


実は『SPLEEN』の第一声 ♪君を見つけたのは〜
から、こんな音楽の造詣たるものに無縁な私でも、
「うっひゃっ、今日すごいエコーかかってる〜!?」と
感じてたんですよ。
あとで、音楽をやってるじゅり友さんもそう言ってたから
気のせいじゃないと思う・・・。

私は、音響システムの設定くらいに考えていたんですが
昨日,ハタと思い当たりました。
いや、ミキシングなんかじゃない・・・

あれは、機械で造ったものじゃない、
ホールが生む『残響音』だ、と・・・。

ジュリーも、気持ち良かったのかもしれません。
後半はもう、半分トリップ状態のようにのばす、のばす。。



ホールの残響音について、ちょっと調べてみました。

音は、(1)音源から何にもぶつからず届く「直接音」、

(2)壁やら天井やら床に一回ぶつかって、直接音から短い時間差で到達する
「初期反射音」(アーリーリフレクション)、

そして(3)いろいろなところにぶつかりまくって、大分時間差があって届く
「後部残響音」(リバーブ)、

の三つに大きくわけられるそうです。
リバーブ、って、ギターのエフェクターでもありますよね。

反射音や残響音が多すぎると、音が混じり合って汚くなる。
けど、何も混じってないのも味気ない。
そう、使い古したいい感じの油絵の具のパレットのような
音が理想なわけです。

チューブの絵の具のままじゃ、きれいすぎて堅いし、
かといって、混じりすぎたら彩度がどんどん落ちて、濁っちゃう。

ホールの設計で、理想的残響音と言われているのが
大阪の「ザ・シンフォニーホール」というところだそうです。
難しい計算式が存在するのですが、結論だけ言ってしまえば

『残響2秒』

なんだとか。
この条件が、パイプオルガンで奏でるバッハのトッカータとフーガニ短調と
沢田研二の六番目のユウウツと
一緒くたにして「理想的」と言っていいのか?という疑問はありますが。

でも、残響時間の違いにどんな効果があるのか、という話は
ジュリーの公演を複数聞いていれば
イメージくらいは出来るんじゃないでしょうかね?


この残響時間を決める大きな要素は

1.壁や天井に使う材料の吸音率

2.空間の大きさ、形

だそうです。

1については、一般に素材が固いほど、また2については空間が大きいほど
残響時間が長くなるとか。

何人収容規模なのか、何階まであるのか、天井は高いの低いの?
横長?縦長?三角形?四角?壁はまっすぐorギザギザしてる?



町田市民ホールのスペックを見てみました。
862席という小さな1階のみのホール、残響時間は・・・・

うーん、正式な記述がみつからない。
近くの、グリーンホール相模大野が、
やっぱり似たようなこじんまりしたホールですが
80%客席収容時で1.6秒とありました。
ジュリーがよく行くホールは、このくらいが平均ぽいですね。
そうそう、客席の埋まり具合でも、残響時間って変わるんです。
がらんとしてると、よく響きますよね、音って。

いろいろ調べてみました。
渋谷公会堂は、1.0秒。あら〜案外短い。
グランキューブ大阪、1.6秒。会議場と銘打ってる割に、長いですね。
神奈川県民ホール空席時1.8秒、満席時1.6秒、そんなに違うのね。

愛知県芸術劇場大ホール、1.6秒。
ここは複数ホールを造り分けてて、
「コンサートホール」は、クラシックコンサートを主にしてるので2.1秒に、
逆に小ホールは1.0秒となってます。

国際フォーラムA、2.04秒、おお、さすが〜。
千秋楽が楽しみですね〜。

大宮ソニックシティ、なんと、
残響可変装置なるものがあるそうです、すごい!
そりゃあやっぱり、バッハとユウウツじゃ、
違う方がいいよね、きっと。
ジュリーのときは、どのくらいに設定してたのかしら?

他にも可変装置があったのは、
ティアラこうとう、ルネこだいらなど。


そして、日本最長の残響時間を誇るのは
ジュリーの公演ではまだないと思うのですが、
福島県白石市の、ホワイトキューブというホールです。
私、昔RAG FAIRを見に行ったことがあるんですが、
ガラスばりのとっても美しいホールです。
ここでは、通常営業に加え、「吸音カーテン」なる設備を駆使すると
なんと、3.9秒の残響時間を実現!
もちろん・・・演奏内容は選ぶと思うけど、
ただむやみにお風呂場みたいに長くしたわけではなく、
絵の具が汚く混じらないよう、
建築素材、空間の大きさ、形、すべてに気を配って
作り上げた残響なんでしょうね。

ということで、最後に、
非公式ですが、町田市民ホールの残響時間を
ネットで拾いました。
公式な記載ではないので、あくまで、参考程度に聞いてください。

2.6秒だそうです。


・・・あの、小さなホールで、2.6秒!!??

ジュリーが、なぜ毎年町田に来るのか、
もしかして、この音が好きなんじゃないかな〜
なんて思ったりしたのです。

あ、でも、演奏するほうは、どうなんだろうね?
私、正直カズさんのギターはそんなに違いを感じなかったんですが
(普段から深いリバーブのエフェクトかけてるから?)
プリンスの『3月8日の雲』のアコギが、
印象が違う感じがしたのよね〜
ぐあんぐあん歪んだ感じがしたっていうか。
あと、グレースのバスドラが、ものすごいお腹に響いてきたのも
もしかしたら関係あるのかも?

泰輝さんの音は、違いをあまり感じれず。
『我が窮状』が、本当のグランドピアノだったらまた、違ったかも。
あと、窮状のコーラスがよかったな・・・
カズさんの眉間のシワがカッコよか・・・あ、これは関係ないっす。

いやいやいや、やっぱりなんといっても
ジュリーの伸びる声、に尽きます。もう、何度でも書いちゃう。

♪許し合い、

で、息をのみ、一瞬消える音、でも響いてる「い」の歯切れ音。
そして優しく強く包み込むように、

♪信じよう〜

泣くよ、泣きますよこれは。

『明日は晴れる』の吠え方は、うぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ぉおおおぉおおおおっぁふ〜〜〜〜ん。。。

と、ちぎれそうだったし。

ユウウツも、

♪ユ〜〜ウ〜〜ウツ〜〜〜だ〜〜よ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜んはぅうぅっ・・・・

って、本当にどこまでユウウツなの〜〜!?って感じで
びっくりしました。

短いハッ!ハッ!ハッ!も、がんがん響いて
フォッッ!フォッッ!フォッッ!みたいな

どこかの爺の笑い声みたいになってた。

ちなみに、オーディエンスの声も、とっても響いてた。
暖かい声援が、ますます暖かく大きく広がって
気分が高揚しました。

カガヤケイノチの合唱は今までの中で一番大きく
響いてました。

一応補足しておきますが
残響 時間の長さだけで、ホールの良し悪しは言えないです。
ただ、ジュリーの町田公演はとても気持ち良くて、
ジュリー自身も気迫にあふれたロングトーンの熱唱を誘ったのは、
ホールの残響、という、
隠れた第二の楽器の名演奏もあったのかもしれません。

そして、私たち観客も、服が音を吸い込み、
一人一人が残響に影響を与える存在だった、つまり
残響という楽器の奏者でもあった、
ということを
思い出に加えてもいいかな、なんて
都合良く思っています。


スポンサーサイト
22:07  |  ---  |  コメント(12)

2012.10.25 (Thu)

春でも秋でも真冬でも〜

stripperkazzS2.jpg

ストリッパーのときのカズさん。

「♪朝でも〜夜でも真昼でも〜」

で、みんながジュリーに合わせて手を振る時、
カズさんも・・・「俺は両手ふさがってるから」と、

片足ずつ、えいえいやっ、と蹴り上げてた。

あっ、これ描く〜〜!!!
と、思って嬉しかったです。

時々、自分が描いた絵とおんなじことしてて
どきっとするのよね。
文字通りの自画自賛でごめんなさい〜
昨日もこんな風に、みんなに手を振ってくれました。
これはもう、随分前に描いた絵だけど。

byekazz1s.gif
22:23  |  ---  |  コメント(2)

2012.10.25 (Thu)

熱血町田公演大感動

ジュリー町田公演行ってきました!!!!!

むっちゃよかったよ〜
ジュリーの声がのびる、のびる。

私の両隣、初めての人らしかったんです。
片方はお一人の女性、もう片方はご夫婦でいらしてるだんなさま。
(奥様のほうも、初めてのようでした)
そうなると、なんだか勝手に身内意識になってしまって、
ジュリーの声、バンドの音、どう思うかしら?
楽しんでくれるかしら?
なんて、母親みたいな心境でなぜかはらはらしてみたり。

そういう気持ちで聞くと、すべてが新鮮に感じて。
やーん、SPLEENって、こんなに声が若々しかったのね、
これなら、つかみはOKだわ!!・・・とか。

今日のお席は後方から数列目だけど、久しぶりのセンター。
舞台全体がよく見えて、後だけど、とってもいいお席でした。
あらためて、舞台の5人の存在感に感動。
遠くても気持ちは近い、っていうの?
『1989』のときなんか、
はるかなるカズさんと私の間に、まっすぐ白い橋が架かって見えました。
あ、この件について苦情は受け付けていません。

そして私、今回のツアー初めて、自主的に座ってみました。
『涙色の空』のとき。
後を見たら、大方座っていたから。
この曲は別に座って聞いていいと思っていました。
ジュリーもカズさんも見えなくなったけど、
響く声とちゅくぎゅんギターは、かえって鮮やかでした。

でも、新曲は、譲れません。
立ってる人はまばらだったけど、私はスタンダッ。
『3月8日の雲』、いつにもましてジュリーは気合いが入ってて
「ああ、もう、」のところが、きゅ〜んっ。
グレースのどんどん、どんとん、っていう音、
こんなにかっこよかったっけ!?
『恨まないよ』、声を振るわせて歌うジュリー。
間奏のカズさんの音も泣いてるようです。
そして、『F.A.P.P.』で、なんと、隣の初めてのダンナさまが、立った!!

立った立った、クララが立った!!
ジュリー、カズさん、よかったね!
初めてのお父さんが、聞いて、楽しんでくれてるよ。

『カガヤケイノチ』は、小さい会場のせいか、会場大コーラスに。

感動のまま、休憩タイム。
お隣のお一人の女性が座ったままなのが、気になる。

「隣で騒いでしまってごめんなさい、楽しめてますか?」
「大丈夫ですよ、新曲いいですね。CD買って帰ろうかしら」

やったあ!
と、ここでまた母心で嬉しくなる私。

「私ね、朝日新聞に載ってた記事を読んだんですよ」

その方はそんな風に言ってました。

後半、最初は座ったままだから、彼女にもジュリーの姿が
よく見えるといいな。
果たして『約束の地』の「とても正しい合鍵のよう〜」
のところで、こちらを見てくれたジュリー!

私がジャストフィットで墜ちたように、
この『約束の地』で墜ちる初めてさんもいるんじゃないかなー?

ところがどっこい、今日の4バラードのジュリーはすごかった!!

『君をのせて』ものすごい、ブレスとロングトーンが色っぽい!!
こ、こ、こんな曲だったっけ?(いまさら〜)
ああかっこいい、ああ、何ていい歌。
以前、栃木でこの曲の時、一瞬うとっとしたことを
猛省します、ごめんなさい。

ん?ふと見ると、隣のお父さんが小さく手を振って
リズムを取っているジャマイカ。
やるな〜

『我が窮状』この曲が、今のジュリーのキーにあってることは
差し引いても、この日のこの曲はすごかった。
心が震えた〜
思わず、両隣の反応が気になる。
すると、
お隣の女性が手を前に延ばして大きく拍手してる。
そうよね、朝日の記事を読んでるのだものね。
よかった、よかっった〜
ね、すごいでしょ、ジュリーって。えっへん。と、
なぜか私が誇らしくなる。

この日は鉄人さん達のコーラスも、いつもにも増してばっちりキマってた!
間奏に邪魔な拍手もなく、みんなコーラスにも聴き入ってました。

正直ね、「許し合い、信じよう」のところで、
私、泣いてしまいました。
ジュリー、とってもよかったです。

次はもちろん自信の時過ぎだったけど
それより隣のお父さんが、次の『ラジカル・ヒストリー』で
「ちくちくちく」のフリを、見よう見まねでやっているのを見て
「よし!もう心配ない」と、思ったわけで。

『気になるお前』っで、両エプロンに進出したジュリー。
そのとき悲鳴ったら、なかったわ〜
米つきバッタは、スローモーションで、何回もついてました。

『マンジャーレ』では、しっかり「バロムワン」をやってくれたふたり。

↑このへんの2行、はしょりすぎて、何書いてるか
意味わからなかったら、ごめんなさい。


『いま君を抱かせてくれ』
今まで気がつかなかったんですけど、この曲のとき
ピンクのライトが当たって、ジュリーの髪がピンクに・・・

あああっ、あんじょうジュリーだ、
あんじょうジュリーがいる、いまここに!!!!!!!

もうあまりのことに、感動して、倒れそうになったよ〜

それで、これは聞き間違いかもしいれないけど
ジュリーが歌詞を間違えたら、字ハモしてたカズさんも
とっさに間違えた歌詞に合わせた・・・ような気がしたんですけど?

『明日は晴れる』
この曲の声の伸びがすごかった〜〜
歌うほど潤うジュリーの喉の不思議。

『6番目のユウウツ』も、どこまで伸びる、ロングトーン。
なんだか、気迫みたいなものを感じました。

そういや、バンドメンバー紹介のとき、
グレースに、男声の声援が結構すごかったです。
それから、ジュリーはカズさんのことを
やけに抑揚つけて呼んでました。

はいはい、お待たせしましたねー。
みなさんの人気者、カズさんですよ〜

みたいにね?

ああ、ちょっと書こうと思ったのに
フンコーしていて、一気にとりとめなく書いてしまいました。

ああ〜〜〜
あと一回だよ〜〜〜〜〜
終わらなきゃ、次が始まらないのはわかってるけど、さびしいよ〜
フォーラムの『ストリッパー』では、泣いてしまうかもしれない。。。

01:08  |  ---  |  コメント(7)

2012.10.22 (Mon)

ピンクのプリンス

先日、CSテレ朝、泉谷さんの番組『翼なき野郎ども』に
ROCK'N'ROLL GYPSIESがゲスト出演した回を
再放送してたので、録画して見てみました。

いまさらの感想で、すみません。
2011年の3月頃に放送したものらしいです。


prince_20121022223312.jpg

プリンス・・・

・・・ピンクだ。

落ち着きない(笑)。

猫背だとか、泉谷さんにも言われてるし。

私こんなに長いこと、プリンスの姿をよく見たことなかったかも。
だいたい考えてみると、「喋るプリンス」って
見るの初めてかもしれない。
こんな声してんだ〜いや〜なんか新鮮。

そして、ギターはむっちゃかっこいい。
カズさんも、ジュリーの時とそうでない時は雰囲気違うけど、
プリンスも全然違うのね。
めちゃシブなフェンダー?が、お似合いですわ。
妙に色っぽいし。
ジプシーズのことは、なんにも知らない私ですが、
このメンバーに入ると、下山さん、
プリンスというより「姫」だね!!!

しかしそのはだけたシャツはなんですか!!
どきどきするから、閉じなさい!
Gパンに穴があいてます、風邪ひきますよ。

まだ全部見てないけど
『国旗はためく下に』のギター、
頭フリフリで、きゅいんきゅわんと、
鳴らしマクリマクリスティでした〜

通りかかった淑子さんが
「あらこれ、霊界の人?あらやだ、お化粧してるじゃないの。
 こうやってみると若いわね〜
 でも、このバンドの人たちは、何でみんな髪の毛が長いの〜」
と、つぶやいて去って行きました。

残りも楽しみです。



11月27日に、またまた再放送があるようです〜
見たことない人はぜひぜひ〜

http://www.tv-asahi.co.jp/channel/contents/music/0022/

22:38  |  ---  |  コメント(4)

2012.10.16 (Tue)

二度目の・・・

yozakuraQ_s.jpg
今夜は吉田Qさんの復帰二度目のLIVEがありました。
・・・大阪で。

シンサイバシ?新橋なら行けるけど菜箸は無理。
だって平日でしょ?
私小市民な会社員だもん。
と、涙をのんでいたら、

あの!!!検索の女王ぴょんたさんが
ユーストにあがった動画をみつけて来てくれました!!!

コチラ
http://www.ustream.tv/user/clubjungle_tv

ここで、なんと、今夜大阪でやったライブが見れちゃうんです〜
ビバ!インターネット!!

上から二番目(今のところ)の『LEE LEE NIGHT vol.8』
(同じタイトルが二つあったら下の方です)の動画の1:15:00からが、Qさんの出番です。

下のタイムスライダーをぎゅうぅっと動かして
読み込むまで待ってね。


一曲目は、あの、みんなでゴム紐買ったときの曲、
『雨とサンシャイン』

Qさんのお声、つやっつやです。

つづいて『ゆきずりの女』。
胸騒ぎの腰つき〜。

エロMCをはさんで『夜桜デート』。
上のイラストは、このときのでーす。
ホントにこんなふうに足蹴り上げながら歌ってた。

このあとが、涙なしでは聴けない
『夕陽のエレジー』
サックスの良ちゃんが聴かせます〜

最後はやっぱりコレ!『涙がこぼれちゃう』
01:41:00くらいからです。
ためらわず、見てみてね!!

00:19  |  ---  |  コメント(4)

2012.10.13 (Sat)

二人の友情パワーで合体だ!

kazzjun2s.jpg

プリンスが、上手からまわりこんできたのは、初めてだよね?
ルネこだいらでの、マンジャーレ。

いたずらっ子みたいな顔をして、カズさんに忍び寄って来たプリンスが
可愛かったですぅ〜

ふたり向かい合ってじゃかじゃかじゃ〜ん


そんだけのことなのに、なんだかとっても嬉しいの。

私の見た位置からは、ふたりのギターのネックがクロスして

「バロムワン」

みたいになってて、カッコ良かった。


知ってる?超人バロムワン。

頭脳担当の白鳥少年と、運動能力担当の木戸少年のふたりが
二人の友情パワーによって合体して、バロムクロスで変身するの。

いうなら、
アコギじゃかじゃか担当の下山中年と
サスティンびんびん担当の柴山中年の
鉄人バロムクロスって感じかしら。

ああまた、くだらないことを考えてしまった。
みんなドン引きしてるに違いない。
20:32  |  ---  |  コメント(10)

2012.10.12 (Fri)

今夜は若カズさん

お知らせが遅くなってしまいました。

http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/o1099/

CS TBSチャンネル2にて
80’s ライブコレクション キラリ・熱熱CLUB「大沢誉志幸」前編

この春も放送があったのですが、
大澤さんの昔のライブ映像が、放送されます。
ギターは、もっちろん、我らが柴山和彦!!

大澤さんのカズさんを見たことがない人は
ぜひぜひ、見てみてね。カッコ良くて倒れそうになりますよ〜〜〜

25:30から、明日お休みの人は
ちょっと夜更かししてみませんか?

フライングでチラ見せしちゃう。

oosawa-k.jpg


20:51  |  ---  |  コメント(0)

2012.10.11 (Thu)

米つきバッタモーションの謎解き?@ルネこだいら

アプリコ、ソニック、森のホール、と
3カ所もお預けで、やっとルネでカズさんに会えました。

取り急ぎ、米つきバッタモーションの謎なんですが・・・

あれは、泰輝さんのソロのとき、
2段になってるキーボードの間から
カズさんが顔を覗かせて、泰輝さんを笑かそうとしてる・・・

っていう説は、ダメ?

で、今日は、その覗き込んでる向こう側から
(つまり、泰輝さんの後から)
ジュリーが反対に覗き込み返して、大笑いしてました。

でもクレイジーカズも、プリティーカズも、ありませんでした、残念。


「違うよ!」というご意見もお待ちしております。


あと、マンジャーレの背後霊あらため、浮遊霊なんですが
泰輝さんの背後を通り越して、一番上手へ回り込み
カズさんにいきなり密着!
キャー!!カズさーーん!!
霊が来てるわ霊が!!!
しかし、カズさんは慌てる様子もなく振り返ると、
お互い向き合ってじゃかじゃかやってくれて、
もう私、大フンコー!!

そして、「ビータ!」のコーラスに間に合うべく
あわてて、でもふわりふわりと
浮遊しながら戻って行くプリンスなのでした。

ごめんなさいプリンス、霊・霊って、ふざけてネタにして。
(「プリンス」自体がネタだろう?という話は置いておいて、と)
でも本当にふわふわと、軽々しく柔らかく移動するものだから・・・
ふんわりと、微笑みをたたえて、素敵でした。

もちろん、カズさんも素敵だったのよ!

私、ラジカル・ヒストリーの最後の滝登りが、好き!
弦をだんだんと駆け上がっていって、
1本ずづまた細い弦にずれていって、
最後は一番高い所で、じゃかじゃかじゃかじゃか〜
もう、一緒に高まっちゃいますぅ。

時過ぎの最後のじゃららら〜ん、を、
すごく丁寧に弾いてた。
とってもせつなそうな、ぬお顔してた。

窮状の時の、眉間のしわがたまらない。

あっっ、窮状のとき、お休みスタイルのグレースが
すっごい、美しかったので、見ほれてしまいました。
今の髪型とカラー、とってもステキ。


今日の新曲は、いつにも増して熱がこもってた。
「恨まないよ」と「カガヤケイノチ」では、いつも泣きそうになってしまう。
いろんなこと考えて。
この組曲が聴けるのも、あと一ヶ月なんだなあ。

ジュリーが歌いたかったこと、
鉄人さんたちが気持ちをひとつにしてつくったこと、
それがいま、聞ける事がなにより嬉しい。


思い出したらまた書きます。


あ。サーモの「ヤメテ!」は、泰輝さんでした、今日はね。

00:53  |  ---  |  コメント(8)

2012.10.07 (Sun)

クレイジー、それとも?

公開検討会のお時間です。


いえ、私は昨日の大宮公演、行ってないのですが、

終演後,こんな情報が伝わって来ました。


『気になるお前』でジュリーが
「クレイジーカズっ!!」と,シャウトしていた。

や〜〜〜〜ん!!!カッコ良すぎ!!!!

と、思ったら、別のジュリ友さんが


「え?プリティーカズじゃないの?」



・・・プリティーって、あなた。
男のジュリーが、男のカズさんにプリティーって。
一人部屋でパソコン見て爆笑。
そうしたら,さらに追い打ちが。



「私はネクストって、聞こえたんですけど」



次は〜〜柴山〜〜シバヤマ〜〜
カズラーにお乗り換えの方はこちらでございます~~・・・

て、電車か!!!!!!


鉄人バンドって、そういう意味だったの?
(違います)


そんな話をしていたら、神席で見ていた人が
こんな証言を!


「○○カズ!」の直前に、泰輝さんのキーボードの前で
カックンカックンしているカズさんを見たジュリーが
プッと吹き出しているのを見ました。
ですから、「プリティ」の線も考えられるかも。



深読みにも程がある、と言いたいところですが、
なんだか、自信なくなって来ました。


だって!

そういえば、昨年のほぼ虎ツアー、
松山でしたっけ、「シーシーシー」の出だしを
間違えて(シールドが抜けていた)
「ごめんなさい」と、謝るカズさんに
ジュリーは「かわいいっ!」と、言ったのでした。


さて、クレイジーか、プリティか、
真実は、どちら?


あ、ネクスト含め、別案も募集します。





11:11  |  ---  |  コメント(6)

2012.10.06 (Sat)

謎の米つきバッタモーション

コメント欄で話題沸騰中の?
『気になるお前』のときの
カズさんの仕草なんですけど、

泰輝さんのソロのとき、
泰輝さんの方に向いたカズさんが
泰輝さんのマイクにお顔を近づけて
前屈?屈伸運動?みたいな動きをしています。
あれは,何をしているの?

ジュリ友さんが
「謎の米つきバッタモーション」
と,名付けました。
ちょっと注目してみてくださいね。

でも、何か,この動き、見たことある・・・

うーん、うーーん。

・・・。





☆ミ(@▽@)b





渚シャラダンスの
♪傷〜つけ合う〜より、ほほ〜えみ選んで〜
の、アレだ!!!

静岡、横浜、太田で、連続目撃ちう。
今日は、どうかな〜?

そのあと,自分のソロは
ボールが突かれて跳ねるように
舞台のへりまで、一気にせり出て行くカズさん。

華麗なカズさんのドリブル突破、そして
カズラーのハートにロングシュート!きゃーー!!!

ゴールを決められた人は,是非ご報告お待ちしています。


バッタからバスケまで、幅広くお送りしております。

15:56  |  ---  |  コメント(5)

2012.10.05 (Fri)

先日のライブやった時の吉田Qさんを描いてみた

2ndline_Qchan.jpg

最初にこれを描いたら,どうやら,ギターの形とか
シャツの色とか,違ったらしい。

それで書き直したんだけど


2ndline_Q2.jpg

こんどは,可愛くしすぎて、
誰だかわからなくなった。

やっぱり写真じゃなくて
ちゃんとライブを見た印象で描かなきゃだめね。
Qさん、はやく,東京にもきてー。

この間のライブ、東京から見に行った人は
ピックをもらったらしい。
いいなあ。
わたしもいつか、カズさんのピックを
湯船一杯ためて,お風呂に入るんだ。。。

Qさんが関東見参決まったら,告知しますよ。
それまで、スタンバってて,いつでも出て行けるように
心を決めておいてくださいね〜
00:49  |  ---  |  コメント(3)
 | HOME |