2012年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2012.12.31 (Mon)

2012年、今年の思い出の1曲

今年は、ほぼ虎武道館にはじまり、
春にはなんと言っても横須賀のジュリエット。
6月にジュリーのツアーが始まってからは
ひたすら通った日々でした、
8月にはカズさんの還暦のお誕生日もありました。

カズ活に充実した1年でございました。

(べーつーのところ〜に、そのパーワーアー使え、とか♪←テーマソング)


慌ただしい大晦日ですが、
老後の楽しみに、今年の思い出ベスト5を
記しておこうと思います。

第五位 マンジャーレカンターレアモーレ(小平公演)

実はこの「ルネこだいら」は、忘れもしない4年前
カズさん墜ちした、思い出の会場なのです。

カズさん前の、よいお席でした。
爆音コーラスがよく聞こえました。
挑発的なカズさんのプレイにどきどきしてました。
そしたら・・・
プリンスが・・・

泰輝さんの後も通り越し、
ぐるっと上手を回って、こっそりカズさんの背後に・・・

でも、カズさんは気付かず、前を向いて会場に光線を飛ばしてる。。。

キャーカズさん、うしろ、うしろ、背後なんとかが・・・

ハタ、と気がついたカズさんは、驚くでもなく、くるりと振り向き、
ギターのボディをプリンスに向かい合わせてじゃかじゃかじゃ〜〜ン!
キャ〜〜〜カッコイイィ〜〜〜

こういうプレイって、小さいハコならともかく、ホールライブじゃ
珍しいと思うんですけど、そんなことはないのかな?
お互いのギターのネックがバッテンにクロスして
私は「あっ、超人バロムワンの変身シーンみたい!」と
思ったのでした。
kazzjun2s.jpg



第四位 Route66(横須賀 LIVE FOR MUSIC MASTER)

司会の人は言いました。
「みなさん、柴山さんですよ。眺めてください。」
カズさんが曲のためのチューニングをしてる時でした。
その言葉から、カズさんが、ここ横須賀で
どんなにアイドルだったか、推して知るべし、です。

カズさんは、キーボードの人たちに「Aで」と、にこやかに
キーを指定して歌い出しました。

何で爆音じゃないの(笑)

天使のような、柔らかな歌声でした。
もうこんなことに免疫のない私は、本当に倒れそうでした。
生きててよかった、神様ありがとう。

後半、JULIET(カズさんのバンド)のボーカルの大和田さんが出て来て
せっかくのリードをゆずっちゃうところも、カズさんらしかったです。
route66S.jpg



第三位 ストリッパー(町田公演)

うしろの壁から数列目だったにもかかわらず、とても舞台がよく見えて
楽しかった町田公演。
あのこぢんまりした、音がよく響く空間が好き。
ストリッパーのカズさんは、自信たっぷり。
オラオラオラって、迫ってくるの、きゃっ。

私はこの日初めて見ました。
「朝でも〜夜でも〜真昼でも〜」
ジュリーや客席が腕を左右に袈裟懸けするとき、
「俺は両手ふさがってるから〜」と、
左右に足を前に蹴り出すのを!
ギタープレイだけじゃなく、身体の随まで
ジュリー魂がしみ込んでるカズさんなのです。
stripperkazzS2.jpg


第二位 3月8日の雲〜カガヤケイノチ(前橋公演)

悲しいヤジがあったことで記憶に残ってるこの公演ですが
私は、そのヤジにおびえるような思いもしないで
この曲を聴けたことに感謝しています。
(席がヤジ主からずいぶん離れていたから)
中にはそのヤジの主の罵声に着席をよぎなくされ、
おびえながら、ジュリーの歌を邪魔した主に怒りをこらえて
時を過ごした方々がいます。
二度とこんなことがあってはいけません。
曲中の怒声は、十分退場に値する迷惑行為。
会場の係員の方の、迅速な対処を望みます。

ただ、これを二位にランクインさせたのは、
この事件とは、正直、別次元のことです。

私は、新曲に対してちょうどこの頃心が添い始めて来ていて
ここでピークをむかえたんです。
ジュリーが、何の思想も、目的もなく、
ただあの震災のことを悲しんで、自分の言葉で歌ってるのが
本当にまっすぐ、心に入ってきたんです。

 心ない言葉に、折れちゃいけない
 君を想うと
 折れないよと、折れないで

涙が止まらなくて、からだが震えました。
心が舞台とひとつになれた日、
この日、私ははじめてまっすぐに
ジュリーにエールを送ることが出来ました。

回数と時間が必要でしたが・・・
私はこの新曲が大好きになりました。
nanahushigi_6.jpg



第一位 星条旗(横須賀 LIVE FOR MUSIC MASTER)

その方は、地域のミュージシャンたちの頼れる相談役?いや違うな、
ボス、でもないし、マネージャー、いやいや、もっと違う、
古い言い方だと恩人?それも違うような、
つまり、上を目指すミュージシャン達にはいなくてはならない存在だったそうです。
コバヤシ楽器の遠藤さん、まあ、わたしみたいなシロートから見れば、
もう、文化そのものみたいな方ですよ。
その方が亡くなられて・・・追悼ライブとなりました。
ライブを企画した頃は、まだ闘病中だったそうなんですが。
ご冥福をお祈りします。
その方のところで買った、黒いストラトタイプのギターで
カズさんは、遠藤さんのために、ソロを1曲やりました。

The Star Spangled Banner、星条旗。アメリカ国家。
ジミヘンが、ウッドストックで演じた反戦パフォーマンス。
あえて丁寧に話すと、当時泥沼化したベトナム戦争への批判として
誇り高きアメリカ国家に交え、爆撃機が空襲を行いすべてを破壊する様子を
ギターの音で表現した、ジミヘンの伝説のパフォーマンスです。

技術的にも、感性的にも、そうそう人前でやることなどないこの演目を
私は、大好きなカズさんが、目の前で演じるのを見ました。
それは、奇跡以外のなにものでもありませんでした。
yokosukakazzS.jpg

カズさんが、ジュリーのことをどれほど大切にしていて
また、ジュリーの演奏をすることにどれだけのプライドを持ってるのかも
よくわかったうえで、あえて、思うのは、
もっと、ジュリー以外の自分の活動をして欲しい。
あなたの音を待ってる人がいます。
自分の活動が、ジュリーの音にも糧になる、
私はそう信じています。
生意気言って本当にすみません。

来年も、想像もできない新しいカズさんが、いっぱい見れますように。

今年もお世話になりました。
みなさま、よいお年をお迎えください。

しょあ拝
スポンサーサイト
15:18  |  ---  |  コメント(4)

2012.12.29 (Sat)

カズさんかるたついにゴール!【も〜ん】

ついに、たどり着きました。
前人未到、ギタリストのいろはかるた。
いや〜、描きも描いたり。

自分で全部プリントして、100均で3枚パックの色紙に貼って
実際にかるたにしてみたんですけど、
・・・・すっごい大変でした。



広げてみました。

all_karuta.jpg


おおーーちょっと、壮観じゃない??
なんか、やりきった感ある!

お正月に、コレで一緒に遊んでくれる人はいませんか〜


では、最後の4札いきます。




caruta_MO

先日の動画公開で、予告しましたモンキーダンスです。
・・・見てないんですけどね。

私のカズラー人生の中で(ファンになる前のものは別で)
見逃して悔しいものトップ3に入ります。
昨年のほぼ虎静岡公演での、カズさんのダンス。

後二つは、きめコン神戸公演(伝説のイッちゃったカズさん)
それと、ドームの直後の大澤さん沼津公演、かな。


ところで、
カズさんのおいっちに体操もちょっとみてみたいな〜




caruta_SE

コレね、間違ってるかもしれないです。
カズさんとプリンスが、ジュリーの隣だったかも。
確かめたくても、お正月ライブの千秋楽は
チケットでなく、小為替がきてしまったので。。。

あっ!!為替換金してなかった、今思い出したわ〜



caruta_SU

「ねえねえねえ、ストリッパー、最後に足を前に蹴ってくれたの、
あれ、私に、私によ〜〜!!」
と、千秋楽のアフターで叫んだら、
「みなさーん、ここにバカがいま〜す」
と、ジュリ友さん達になだめられましたとさ、ちゃんちゃん。



では、最後の「ん」を、あなたに。

caruta_nn.jpg

ああっ、エロい、エロすぎる。
何で、そんなお顔でギターを弾くの。
ちゅーしちゃうぞおおっ!!



・・・てなわけで、最後まで見ていただいて
どうもありがとうございました。

ご本人には失礼な部分もあったかもしれませんが
(おまえの存在自体が失礼なんだよ!というのはナシで・・・)
すべてが愛ゆえ、のことと、生暖かく見守って
流してくださったら幸いです。


並べてみた。

karuta_all.jpg


どれか、気に入ってくださった札がありますか?


ブログは、年内にあと一回更新の予定。・・・出来れば!!



16:53  |  ---  |  コメント(12)

2012.12.26 (Wed)

カズさんかるた、いよいよテンパイ【み〜ひ】

本当に、今年いっぱい、ぎりぎりでした〜
11月からお届けした、勝手にカズさんかるた、
いよいよゴールが見えて来ました。

ここで、ちょっと、
表紙なんか作ってみました。
どう?

カズさんかるた表紙

ちょっと、本気出し過ぎ?

あくまでも、いちファンのおたわむれですので
商品化の予定はありません〜(笑)アタリマエだって。


では、今日は「み」から。


caruta_MI_20121226212048.jpg

いたたたた・・・
だって、本当にみつけてくれるみたいに
みえるんだもん・・・






caruta_SHI_20121226215500.jpg

ジャズマスター最近また大活躍。
アームのついてるギターと言えば、コレ使ってますね。

・・・これもちょっと、巨大系かも。くふふ←萌え



caruta_wye

ストリッパーの最後、絶対、やってくれますよね。
乱暴に切り捨てるのも素敵だけど、
私の方に向かってエイヤって、振り下ろしてくれたら
し・あ・わ・せ・・・





caruta_HI

やっと登場してもらえました、泰輝さん。
泰輝さんと言えば、コレですよね〜
泰輝さんは、かわいいスカーフしてきたり
ピンクのシャツとか、ストライプのベストとか、
とってもオサレで描きがいがあるのです。
あるとき、ジュリ友さんが
「泰輝さんが、しょあさんのイラストと同じ格好してた!」
ってびっくりしてたけど、
だって、見て描いてるんだもん♪

実は、ツアーの初日は、4人の衣装を覚えるのに
必死な私なのでした。



あああ、たどりついた!!
次で、完成です、カズさんかるた!!!!!

20:21  |  ---  |  コメント(2)

2012.12.24 (Mon)

モンキーが街にやって来る、Merry Christmas!

突然ですが・・・

以前、ほぼ虎ツアー中に、
カズさんが見事なモンキーダンスを披露して
その様子を想像でGIFアニメにしたんですけど

こちらでした ↓

neokazzdamce.gif

そうしたら、としぽんさんから、腕を上下のパターンも
描いて欲しいとリクエストがあり
描いては見たものの

こちら ↓

monkeykazztate.gif



自分でもどうも、盆踊り風だとは思いながら描いてたんですが、
「肘が曲がっているから,モンキーダンスっぽくないのでは?」と
指摘を受け・・・

がびーん、そうだ!
直さなくてはと思いつつ、
そのまま放置でほぼ1年。


このたび、かるた収録にあわせて
書き直しました、どう?

こちら ↓




neo_monky_kazzS.gif

そうだよねえ。
肘が曲がっていたら、モンキーダンスじゃなくて
おいっちに体操だ。

・・・って、おいっちに体操って,もとは
ミック・ジャガーのパフォーマンスかなんかで
カッコイイもの、なんだよね?????


※タイトルは本文と関係ありません。
みなさまよいクリスマスを〜
00:21  |  ---  |  コメント(2)

2012.12.22 (Sat)

差し替えです

「き」の絵札、

もっとギターが巨大に見えるような絵に
微妙に変更してみました。

caruta_KI_2.jpg

あっちゃ、足,短すぎましたか?


あと、8枚。
23:10  |  ---  |  コメント(0)

2012.12.22 (Sat)

ファンの主張と、かるたは【さ〜め】

前の記事の、レコードコレクターズの
『特集 ニッポンのギタリスト名鑑』のことで、
コメント欄に書き込みがあったこと(+α)を
一応記事にもあげておきます。

私たちの尊敬する柴山和彦さんを
<我が国のロック・ポップスの世界に大きな影響を
与えた112名のギタリスト>
の、中に選んでくださって、とても嬉しいのだけど、

柴山さんが在籍したジュリーのバンドは
エキゾチックスではなくて、
エキゾティクス(EXOTICS)です。
しかも、オールウェイズが改名したものではなくて、別バンドです。

後に残るような編集をされているので、なおさら・・・
明らかな間違いの記載は、ちょっと残念に思います。

あと、これはあくまでも個人的な意見ですけど、
ひとりの人の紹介文の中に、他の人の名前を出す時は,
慎重にしてほしかったな、と思うのは私だけでしょうか。
他の人と比較したりしなくても、柴山さんのことは語れると思います。
ああ〜、失礼なことを書いてすみません。


「若い頃から人気もあったが、還暦を超えたいまでも
熱烈粘着質なファンが多い」
とか、書かれてしまったりして。


さて、今年もあと一週間とちょっとですよ。
昨日も忘年会で遅く帰ったら,淑子さんに
「あんた,いい加減にはやくかるた仕上げなさいよ」
と,小言を言われました(笑)。
いや、怒られるようなことじゃないと思うんですけどね,母上。

まあ、ニッポンのギタリスト多かれど
「ファンがいろはかるたを作った」ギタリストは
カズさんだけでしょう。・・・ん??





caruta_SA.jpg

ツアーマスコット、ゆるキャラ、白クマくん。



caruta_KI.jpg

このギター,確かに大きいんですけどね。
カズさんが持つと,余計巨大に見える、という
話です。




caruta_YU.jpg

説明不要、六番目のユ・ウ・ウ・ツの
サビですね。



caruta_ME.jpg

これは説明が必要ですね。

昔むかし、「Young」というナベプロの会報誌では
掲載された写真はお金を払うと、パネルにしてくれたそうで、
カズさんファンの大先輩、ちゃちゃさんが
リハ中のカズさんのショットをパネルにしてもらいましたとさ。

時は流れて平成23年。

しょあの誕生日に小包が送られて来ました。
「大切にしてください」
ちゃちゃさんからでした。

それが,この図柄です。

ちなみに、カズさんが着てるのは、
ツアーグッズの「ジュリーカーディガン」。
アイビー調のエンブレム「J」が胸についてます。

15:30  |  ---  |  コメント(5)

2012.12.18 (Tue)

愛おしげに髪を・・・かるたは【こ〜あ】

カズ友さんに教えてもらって
こんな本を買いました。
MEIKANHYOUSHI_20121217234040.jpg

御祝儀袋みたいな、表紙のデザインは、
ニッポンのギタリスト名鑑。



カズさん・・・載ってました、ウレシイ。

MEIKANKAZZ.jpg


初っ端、「沢田研二が「お前がパラダイス」を歌うとき、
 愛おしげに髪をかき乱すギタリスト」
という紹介文が。

きゃー!!!それ、ギターとちょっと関係ないけど、
それはそれで、やっぱちょっと嬉しいような。

もちろん、カズさんのプレイスタイルついても書いてあります。
歌に寄り添いつつ、歌より雄弁なプレイが印象的、とあります。

横須賀でジュリエットを見たときにも私、
カズさんのギターは、ボーカルよりボーカルだ、と感じたの。

泣きのギター、音を歪ませて
その音に魂を込めて語りかけてくるようなギター。
洗練というより、むしろ泥臭い感じは
ルーツとなる、南部の音に由来するのでしょうか。
オールマンブラザース、Free、リトルフィート。。。

小さな身体をいっぱい使った、熱いプレイスタイルで
若い頃から今でも、たくさんの女性ファンを惑わせている
年齢不詳のパワフル&セクシーなギタリスト・・・

ってことを、私なら書きたいけど、そこまでは書いてありません(笑)。




あ、この人ももちろん、載ってましたよ。

MEIKANJUN_20121217234039.jpg />




かるたは「こ」から。

caruta_KO.jpg

今年のツアー、ラジカルヒストリー以降、コーラスが続くので
爆音コーラスが毎回楽しみでした。




caruta_e2.jpg

エレキの構造でガットが張ってあるからエレガット。
ホントだってば。




caruta_Te

いい札だなあ。

一番好きな読み札です。




caruta_A.jpg

やけどだらけの私でございます。

さあ。あといよいよ、残り3回!!!
・・・って、あと12枚か・・・まだあるなあ。。。
00:28  |  ---  |  コメント(9)

2012.12.14 (Fri)

カズさんかるた【や〜ふ】

今日のドクターXの最終回、
サリーかっこよかったですね〜
なんたって、白いスーツで、米倉涼子と
クラブで踊りまくるシーンが最高!
サリーもドクターXと呼ばれた、ギリギリの名医だったのね。

しかし、サリーなら、悪役の毒島院長役をやっても
似合ったろうなあ。
それにしても、「どくじま」と書いて「ぶすじま」とはすごい名前。
名字は変えられないし、生まれて来てその名字だったら
誰を恨めばいいのやら。


************

では、今日は「や」から。

そうそう、このかるたを作っているところを
淑子さんにみつかったんですが
「こんなの、いつから作ってたの!!」と、覗き込まれて
もー、えらく興味津々ですよ(笑)・・・なんで???

その淑子さんが「面白いわねえ〜」と言ってくれたのが、これ。


caruta_YA.jpg

ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。
みなさん納得しないですよね〜〜〜
でも、私の印象はこうなの。。。

どうせわたしは、ティアラを見ていませんよ、ええ。
最高級の菩薩顔だった、ティアラこうとう公演。(←いじけモード)





caruta_MA.jpg

ほぼ虎武道館。Do You Love Meのコーラスで
アップになったカズさん。
ローアングルで映ったから
えらく盛られて見えました〜

♪あ〜れから10年も〜
待ちわびてた、ビックウェイブ〜♪♪♪




caruta_ke.jpg

地味なところで書き下ろし。
ドームの時の「気になるお前」
あの時は、カズさんのソロが最初でした。
ダックウォークで花道に出るカズさん。
エアーダックで、後を追うジュリー。
そして、泰輝さんのソロに、引き返すふたり・・・
おっと、後にプリンスも来てた!

泰輝さんを一通り盛り上げたあとは、プリンスのソロです!!
ジュリーとカズさんを従えて、先頭で花道の先へ駆けだすプリンス。
ああ、霊界の爺も、お喜びでしょうな1カットでした。

ところで、カズさんのダックウォークは
右足でケンケン、左足をあげてますよね?
つまり、効き足は右、ザーフィンで言うと、レギュラースタンスですね。
スボンを履く時も、左足からですか?カズさん?
あ、いやいや、何を聞いてるんだ私は。。。



caruta_FU.jpg

カズさん自らがおっしゃった、昨年の夏のマイブーム!
毎食後食べてるって、言ってた。
今年はどうだったのかな。
そう言えば、お腹がややぽっ・・・いえ、なんでも。

つづく。
01:18  |  ---  |  コメント(4)

2012.12.08 (Sat)

連日更新【ゐ〜く】

いや〜「ゐ」が出なくて困りました。

このブログでも「い」と打っても出なくて
結局、他のアプリケーションで、別の書体で出たので
コピペしてきたんですけど、見えてるでしょうか、・・・って、

ここまで必死になって、なんでかるた作ってるのか
よくわからなくなってきたんですけど。


ところで、
お正月ライブのチケットが届きましたねー。
澤會さんは,律儀に松竹梅、金銀銅、ABC、優良可と
ランク付けした3枚を送って来てくださいました。

梅は、チケットじゃなくて郵便小為替でしたけどね(号泣)。

そのかわり、松にあたるお席は
お正月から目出たいトチリ席!
ああ,この日を楽しみに頑張ろう、いろいろと。


そういえば、松竹梅の意味って,知ってます?


松:寒さの中にあっても1年中青く緑を茂らせる、不老長寿の代名詞

竹:強風に煽られても決して倒れずまっすぐに生えている、強さ、生命力

梅:寒いうちから蕾をつけ、他の何よりも早く花を咲かせる、華やかさ

別に本来は松が一番で梅が三番目、ということはなく、
三つとも,縁起がいいものの象徴なのだそうです。

還暦を迎えてますます年齢不詳、
円熟のギターと子リスの微笑みが同居する、
ハードなスケジュールにも動じないタフガイで、
そして回を重ねるほどにエロさ満開の舞台を魅せる、

カズさんこそ、歩く松竹梅ギタリストと言えるでしょう!!!

(きれいにまとまった・・・)



ということで,問題の「ゐ」から。

caruta_yi.jpg

これは、2000年「耒タルベキ素敵」ツアーの時の
「世紀の片恋」のカズさん。
この曲の時は,なぜか関節が柔らかいの,カズさん。(首とかね)

♪ベーつーのところに,そのパーワーアー使え、とか、(じゃーんじゃーん)

の時に、一歩踏み出してる可愛いカズさん。
その踏み出した姿がなんだか「ゐ」の字の形に似てるのです(笑)。



caruta_NO.jpg

「そのキスが欲しい」でね。やってたの。
横浜公演。ダメじゃん小出のとき。
カズさん遠かったけど、見逃さなかったわよ!!




caruta_O.jpg

説明不要の可愛さ!!
特にあの、夜ヒットのDVDノDisc4の最後に入ってるのは
悶死しそうにキュートです。





caruta_ku.jpg

じゅりわんの年、加瀬さんとおソロで買ったスニーカー。
私も真似して今年の春買いましたが、
これがまた,履きやすいんだ。
淑子さんにも買ってあげたくらい。
私の周りのジュリ友さん,カズ友さんも、履いてる人多いです。
そんな人たちを「ポカラー」といいます。
オニツカタイガーの「モンテポカラ」という名前の
スニーカーだから。

ポカンとしてるからじゃないわよ!

え?こんなブログは、こっちのほうがポカーンだ,とか,言わないで・・・

10:48  |  ---  |  コメント(6)

2012.12.06 (Thu)

そろそろスパート【な〜う】

カズさんかるた、まだ半分にもちょっと足りないところです。
ちょっと焦って来ました。
12月になって、なにかと飲み会や雑用も多いし
そろそろスパートしないとね。

毎日、あーじゃないこーじゃないと
いろはの文字と格闘して、変な人になってます。

さて、前回の最後に
プリンスに登場してもらいましたが
他のメンバーやジュリーにも、そろそろ登場してもらいますよん。



caruta_NA.jpg

バンドメンバーばかり見ていると
ジュリーの「俺を見ろ」光線が飛んでくる、というのは
昔からまことしやかに言われていたことらしいですが、
それはむしろ「俺のカズを見るな」光線じゃないか、という
腐女子的見解が,近年は定番のようです。

「気になるお前」なんかではよく
カズさんを隠して(?)熱唱してくれました。
勝手な思い込みですが,そんなことも楽しいので御座います。




caruta_RA.jpg

グレースの絵を,もっと描きたいと思うのですが
ドラムセットは描くのが大変で・・・
やたらでかいスネアだし、
妙に低いハイハットだし、
・・・ですみません。



caruta_mu.jpg

何であんな腰つきで出てくるんだろう。
え?リズムをとってるからだろうって?
はい、ごもっとも。



caruta_u.jpg

ッキャ〜〜〜,恥ずかしい!
わたし的には、痛い絵 NO.1です。

ジュリーには,あと何回か登場していただく予定です。

22:47  |  ---  |  コメント(0)

2012.12.03 (Mon)

風邪っぴきの週末 カズさんかるたは【れ〜ね】追記あり

木曜日に帰宅したら、淑子さんが暗い部屋の中、寝込んでいました。

この春のこともあるし、あわてて近くの大学病院の
夜間急患へつれて行きましたが、
幸いに、単なる風邪だったようで
無事にお薬だけもらって帰宅、
なんか、いつのまにか元気になってて
『ドクターX』に間に合わないとか
家族で大騒ぎしながら帰ってきました。

晶さん(サリーの役名)も、昔お医者だったんだね〜

「私、失敗しないので」
米倉涼子のこのキメ台詞、結構好きです。

そして翌日,絵に描いたように、やっさんが同じ症状で寝込み、
土曜の朝には、私に巡って参りました。orz
私、最近まで一人暮らしを10年くらいしてたから
こういうのも新鮮ですけど・・・

風邪の季節、体調管理には気をつけたいですね。
カズさんも、風邪なんかひいてないかしら。
きっともうすぐ、お正月のリハが始まるのよね。

そういえば、カズさんは紅茶がお好きって言ってましたっけ。
紅茶って、抗菌作用があるとか、風邪予防になるとか
そーいうの聞きません?あれホントなのかな?



かるたの合間に、ゆるい日常日記のようになっててすみません。


本日は「れ」から。



caruta_RE.jpg

このギターは、プレプレツアーの途中、大宮公演から使ってる
カズさんの一番新しいギター,・・・だと思います。
(絵はイイカゲンですが)

レスポールといえば、サンバースト、のイメージが
強いかもしれないけど
実は最初に(1952年)レス・ポール氏の意見で作られたのは
このゴールドトップなんですよね。

ゴールドトップは58年まで生産されて、
58年から60年までサンバースト、
そして60年にあの、「と」の札にも出て来た
いつものカズさんの赤いギター、レスポールSGが発売されます。

カズさんのレスポールは、スタンダード'57モデルだと
書かれたある方のブログを見たことがあります。
57年は、初めてハムパッカーが搭載された年だそうで、
ハムパッカーって何?それ、おいしいの?と
思う私にとって,これ以上この話は無理です。
知ったかぶりですみません。。。

  ※追記
・・・とか書いてたら、知り合いのカズ友さんに
  「ハムパッカーじゃなくて、ハムバッカーですよ,ハムバッキングのことね」
  と,突っ込まれてしまいました。
  だからその,ハムっておいしいの・・・???
  本当に知らないんです。
  どうせ私はテザリングをずっとデザリングだと思ってたし、
  両親はいまだに地デジのことを「ジデジ」と言うし、
  カタカナ弱くて,ホント、ズビッバゼン!!




caruta_SO.jpg

パーカッショニストの小野さんが率いる
即興フリージャズバンド、トリヴァンドラム。
いや、インプロヴィゼーションというのかな?
何の決まりもない、楽譜も、コード進行もない。

その場の空気と間合いで、自分の中のものを
きっちり、瞬時で、表現しないといけないのです。
それは、技術と精神力が要求される、かなりハードな演目。
カズさんの真骨頂が間近で体験出来る,貴重なライブです。

・・・って,難しいことはおいといて、
ともかく、カズさんが色っぽいのよ〜〜〜ん。

ナーヴァスな、即興。
音に集中するカズさん。
あああ、集中している時の男の人って、本当に綺麗だと思う。

そして、カズさんが奏でる音に
私も全神経を集中する。至福の時間なのです。



caruta_TSU.jpg

あの複雑なツンツンもりもりヘアースタイルは
このつむじからきてるのでしょうか?

武道館では、バックスタイル見放題でしたわ〜



caruta_NE

最近ちょくちょくドームの映像を見直しているんですが
随所でプリンスが可愛くて仕方ありません。


00:15  |  ---  |  コメント(6)
 | HOME |