2013年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.07.30 (Tue)

静岡市民文化会館・神奈川県民ホールレポ

さあっ!!レポを書きますよ!!

時間はないけど、老後の楽しみに、
今日の思い出を残す手間を恐れてはいけない(笑)


praytour_grace.jpg
ドラム、グレース!!
襟元が「レインボーグレース」してました。かわゆい。


レポは、静岡、横浜合体でいきます

以下ネタバレなので伏せます




スポンサーサイト
18:24  |  ---  |  コメント(13)

2013.07.29 (Mon)

カズさんはステキです

週末に、静岡公演と、横浜公演に行ってきました。

静岡は、友だちの好意で、急にチケットを譲っていただけたのですが、
カズさんがとても良く見えるお席で、
心おきなくカズさんの全てを堪能してきました。

tokiostep.gif


あの曲のとき、こんな風に、左右にぴょんぴょんしてくれました。

一緒にぴょんぴょんしようと思うのですが、
ずっとやってると、ふくらはぎがつりそうになります。
どんだけ運動不足。。。

カズさんの演奏は、感情豊かです。

自信に満ちた微笑、思い詰めたような切ない顔、激しい慟哭、子リスの笑顔、
そして、ジュリーの歌声に寄り添って一緒に歌うようなその音。
カズさんの演奏を見ていると、
カズさんでしかない、その「魂」を感じて、胸がいっぱいになります。
それは、ジュリーを支えるという強い意思。
ジュリーのために、ジュリーの曲を弾くギタリストに徹した姿勢。
それが、ファンとして、複雑な思いをいだいたことがあるのも、事実です。
でも、それがカズさんなんだ、と改めて思いました。
そんなカズさんを、丸ごと、好きです。

カズさんは、ステキです。
12:00  |  ---  |  コメント(2)

2013.07.23 (Tue)

横須賀のゆるキャラたち

全国5000万のカズラーのみなさま。

ついに、私たちの愛して止まない「リス」が、
横須賀の顔になり・・・そうなんです。
非公認だけど。

いえね、ブームと呼ばれて久しい「ゆるキャラ」のお話しなんですが。

他でもない、横須賀の街のキャラクターに
「リス」が登場したというから、カズラーびっくり!!

リスリス騒いでいたの、聞こえましたか?


ニュースソースは、こちら。

横須賀タウンニュース
http://www.townnews.co.jp/0501/2013/06/07/191012.html


その名も「すかりすか」


sukarisuka.jpg

「すか すか すか」って描かれたスカーフをしてます。
ちょっとナマイキそうですね。

・・・いやっ、カズさんも時々、こんな顔する!
ね、するよね〜。
あの曲のイントロとか、自信たっぷりにずずい、とせり出て来て
カズラーたちに、オラオラ、ついてこよ〜と、
Sな視線をくださるのです{ハート}。

この「すかりすか」くん、
検索の女王、カズラーのぴょんたさんが発見してくれました。
「カズさんのニホヒがした」、そうな。

設定は、リスの妖精なんだそうです。

ん?妖精・・・?



ええまあ、私も妖精の国出身ですけど
(あっ,ものを投げないでください)
既に公認されてる妖精キャラがいるんですよね、
横須賀には。
free_image1_2.jpeg
その名もスカリン
波のイメージなのかなあ〜ヨットが浮いてるし。
正体がイマイチわからないのがいいような、不安なような・・・


あと、こんなのもいます。
またもや、ダジャレ〜〜
横須賀海軍カレーのスカレーくん
sukare1.jpg
カモメの水兵さんですね。
まあいろいろと、ねじ伏せるような説得力のあるキャラです。



まだまだありますよ〜

以前も紹介したかもしれないけど(してなかったかな?)
横須賀上下水道局のイメージゆるキャラ、アクアン

aquan.jpg

横須賀にはこんなカワイイマンホールがあるのですよ。
aquan_manholl.jpg
え?ビミョー???

確かに、全国ゆるキャラグランプリの結果は
このとおり


あと、私が個人的に好きなのは、
「どぶいた通りフラッグデザインコンテスト」
2010年グランプリ作品、チェリーちゃん。
横須賀チェリーチーズケーキのイメージですね。
cherry.jpg
このTシャツを持ってます、私。


しかし、何と、キャラクターがいっぱいいる街なんだ、横須賀!!
そこに、新たにりすキャラ登場ですよ。
ちょっと応援したくなります。

すかりすかくん、この上からなお顔もいいけど、他にも、
いろんな表情があったら可愛いのにな〜
まっ、カズさんの、「母性本能をくすぐる」(←by白井良明さん談)笑顔には
叶わないと思いますけどね。

以上、版権丸無視で画像ばんばん載せちゃいましたが
ソースもリンクしてるし、応援の気持ちだからってことで、
許してくださいませ〜。


<追加>
またまたぴょんたさんから、
こんなキャラもいるよ、とご紹介いただきました
その名もペリリンとオグリン。

p_chara.gif

開国キャラです。作者はなんと、オグリンの子孫の方らしいです!!







こっそりと・・・
横須賀にはこんなりすもいますぜ、奥さん?
illkazz1-3.jpg

これが、初めて描いたイラストでした。
2年半前です。
23:30  |  ---  |  コメント(5)

2013.07.19 (Fri)

カズカズ(複数形)

カズカズの弟達から、お便りが届きました。

kazkasmonky.jpg

「カズカズおにいちゃん、おげんきですきゃ?
ぼくたちは、てながざるくんといっしょにくらしています。

ぼくたちのお母さんは「プリンス似のおさるさん」というけど
ぼくたちはじぇんじぇん似てないとおもっています。





kazkasonthekeyboad.jpg

カズカズおにいちゃんが、ぶろぐにでていたので
みんなで見ました。おにいちゃんはやっぱり、きゃっこいいきゃ。

ぼくたちはなかよくくらしていますので、おにいちゃんもおげんきで。
きゃしこ。

某カズカズ三兄弟(キャオス)」

21:10  |  ---  |  コメント(4)

2013.07.17 (Wed)

思ったより、小さいのね。

みなさん、こんにちきゃ。
このブログのアイドル、カズカズですきゃ。

kazkazhouse02.jpg

カズカズのおうちです。

しっぽは、しっぽ型の中に入っています(うそ)


カズカズを数点買い集めた方の話によると
微妙に一体一体、お顔が違うそうです。

やっぱりわたしにとってカズカズはおまえだけさ。

kazkazinbag_20130717183412.jpg

お出かけスタイル。
国際フォーラムにも連れて行きました。

カズカズに会ったジュリ友さんはみんな声を揃えて

「思ったより、小さいのね!」

と、驚きます。
小粒で実力派のお兄ちゃんと一緒ね。

18:38  |  ---  |  コメント(4)

2013.07.13 (Sat)

牡鹿半島の牡蠣のこと。

ちょっと今日は、カズさんから離れた話題でごめんなさい。


「”r”のつかない月に牡蠣は喰うな」という話、
あれは必ずしも日本の牡蠣事情には当てはまらないって、ご存知ですか?

実は春〜夏の牡蠣は産卵期を控え、栄養をたくわえるからとっても美味なんです


* * * * * *

宮城県 牡鹿半島 牧浜(まきのはま)。2011年3月11日。
牡蠣漁場は津波で全てを失いました。

そこへひとりの男性が、東京の大企業を辞め、帰って来たそうです。

故郷に、希望と牡蠣をとりもどすために。

そして2年。半数の漁師が廃業を選択して行った中、
残った漁師たちと一緒に頑張った新米漁師の彼のもと、
牡鹿半島に牡蠣はよみがえりました。

しかしまだ出荷施設の復興もままならない中です。

彼は、自分の足で、再び東京に向かうことにしました。
この、牡鹿の、いま旬の牡蠣を、大勢の人に味わってもらいたい!
そのためには、「営業活動」だ!と・・・

しかし・・・
某・大手飲食チェーンのバイヤーに会ったときに、
こう言われたそうです。

「牡蠣を春、夏に食べるなんて、常識としてありえない」

でも彼はあきらめていません。
なぜって、このままでは、せっかく採れた何万個の牡蠣を、
自分の頑張りに応えてくれた牡蠣を、
捨てなくてはならなくなってしまうから。


私は、そんな彼をサポートする仲間に出会いました。
そして、チラシを作るお手伝いをさせていただきました。
いろいろなことが、目から鱗でした。

みなさんも是非、牡蠣への偏見のフィルターを外して
いちど、食べてみていただけませんか?
7月いっぱいは、牡鹿半島で採れる牡蠣は、十分に旬です。

局地的な話題で恐縮ですが、
東京・下北沢では、毎月第二日曜、
被災地へ向けてイベントが開催されています。
明日14日には、上記の脱サラ新米牡蠣漁師・阿部さんが登場。
『阿部商店』の名前で、美味しい夏牡蠣を販売します。
良かったら、食べにきてください。

http://www.mmjp.or.jp/CURE/heart-pjt/

蒸し牡蠣で食べるのがおいしいんですよ。
作り方は意外と簡単。
お鍋で7〜8分蒸すだけ。電子レンジ1分半なんていう技もあり、
いろいろゾースを工夫したら、料亭風。
kakitrio.jpg
photo by Masayoshi Okumura

ジュリーの黄色いブレスレットを付けながら、
被災された方達に、何も出来ていなかった自分ですが、
デザインという自分のできることで、ちょっとですが
お手伝いのチャンスを頂けて、感謝しています。

ま、忙しくてジュリーの初日レポが書けなかったのは、そんなワケなのでした。


牡蠣は、こちらでも取り扱っています。
http://www.kiwa-group.co.jp/kiwa_news/1373334826


チラシです。
kanjuku_B03S.jpg
11:18  |  ---  |  コメント(8)

2013.07.06 (Sat)

参考資料

忙しくて、全くレポを書いている時間がありませーん(T^T)

ということで、動画でお茶にごし。

これは、ネタバレと言えばネタバレなんですが、
再生ボタンを押さないとわからないし、
いや、再生してみても、何の事やら全くわからない人もいると思います。


==============

と・・・
ここに動画を貼ろうとしたら
FC2ブログ、埋め込みタグが効かない仕様に変更されていました!!
なんじゃこりゃあ!!!!!!

つべも、出回り初めの頃は問題視されてて
でも最近はそういう概念もなくなったなあ、と思っていたのに
最近はまた、厳しい立場に追い込まれつつあるんでしょうかねえ。

なんとか解決方法を探る手段もありそうなんだけど
それやってると「時間がないのでブログが書けない」の本末転倒になるので
リンクでお茶をお濁します。

どんだけ濁ったお茶なんだ。(笑)

果たして、わざわざリンクで飛んでまで
どのくらい見に行ってくださる方がいるかわからないし、
わざわざ見に行った割に、それこそ
「なんじゃこりゃあ!!!」
と、お怒りの方には、本当にごめんなさいです。

ヒントを書いておくとイエスのスティーブ・ハウの動画です。

リンク
Yes Live 2011 Roundabout STEVE HOWE PAR EXCELLANCE!




解説 ↓ ↓ ↓

10:26  |  ---  |  コメント(13)

2013.07.01 (Mon)

かぶら文化ホールは遠かった

※この記事はネタバレ無しですが、【MORE・・・】の先にはネタバレあります。
コメント欄もネタバレありです、ご注意ください。


いえね、行く気はなかったんですよ。
最初、11月の渋谷の第二希望にいれておいて
行く気満々だったんですけど、渋谷が取れちゃって・・・

あ,いえ、渋谷のチケットを希望通りいただきまして、ありとうございます。

で,もうかぶらのことは,忘れたつもりでいたんですけど、
フォーラムで、久しぶりに生きてるカズさんの笑顔を見たら
やっぱりもう,すぐに会いたくなってしまい・・・

調べたら、なんと会場で「当日券が出る」とのこと。

気がついたら私、黄色い腕輪をはめて,家を出ていました。

・・・で、かぶらって、どこ?


いやまあ,それからが大変でした。
思い立って簡単に行けるようなところじゃない。
電車の本数は少ないわ、駅からとおいは、
急遽,お友だちのお友だちに、タクシー分乗させてもらうことが出来ましたが、
まあ山深いところへどんどん入って行くので,
帰りがちゃんと神奈川まで帰って来れるのか、不安になりました。


kabura.jpg

こんな庭園風の中庭もあって、併設の恐竜博物館が
地元の親子連れに人気な観光スポットです。

でね,1000人くらいのこじんまりしたその会場は
通路で、前半分と、私がいただいたお席のある後ブロックに
分れていましたが(あと,少しの二階席もあり)

後ブロック完全着席でございました!!

ど、ど、どうしよう、えー、この曲は立ちたい…立っちゃうか、えい!
あー、でもこれはだめだろう・・・
えー、これも座り!?

てな,葛藤の繰り返しで、さぞ悪目立ちしていたと思います、すみません。
出来るだけ周りに配慮したつもりでしたが,譲れない曲は立ちました。
新曲は座って聴きました。

何しろ,ジュリーの言うところの「ビビッドな反応」の方が多く、
「私も65歳になりまして」
「えええーーっ!!??」
こんな感じです。
MCでは,ジュリーの言うことに返事してしまう方や、
おなじみ「がんばってー」コールに、
ジュリーもやんわりと「頑張って言うな」と釘を刺していました。

前日がタイガースの月一ミーティングだったそうなんですが、
お話の内容は「言うたらあかんで」での連発で
「もしこの話が外に流れたら,犯人はここのひとやからね、わかってるからね」
とまで言われたので、ここに書くわけにはいきません。
いっぱいお喋りしてくれて、爆笑トークでした。
へっへっへ〜〜〜♪

で、まあ、そんなふうに客席がビビッドだったものですから、
あのですね…ある意味、初日とは全く違う公演でした。

つまり、あの、なんと言いますが、
初日のあと、ジュリスト、ジュリーマニア、カズラーはじめ、
いわゆるジュリーを良く知る「レピーターさん」の間には
ある不満が、確かに “ちょっとだけ” あったわけです。
いつも一生懸命のジュリーとバンドの皆様には本当に申し訳ないですけど。
・・・ね?ですよね?
それがですね、地方に来ると、その要素が真逆に効果を発揮するわけです。

うーん、ネタバレ考慮してると、まどろっこしい。
以下,伏せます。




11:27  |  ---  |  コメント(6)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。