2013年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2013.11.28 (Thu)

The long and winding road

ビートルズ後期のヒット曲
『The long and winding road』。

先日のドーム公演でも、ポールは弾き語ってくれました。

  長くくねった道が
  君のドアに通じてる
  いつもそこにあって
  ぼくが通るたびに
  君へと導いてくれる
  いつもそうしておくれ

  荒々しい夜に
  雨が降り続いて
  涙もたまってしまった
  泣き続けたおかげで
  ひとりぽっちはつらい
  きみのところにいきたい

  ひとりぽっちのたびに
  いつも泣いてたんだ
  いつも君を求めてた
  わかって欲しいんだ

  ぼくは戻りたいんだ
  長くてくねった道に
  ひとりぽっちはつらい
  いつまでもたえられない
  ぼくを捨てないでおくれ
  ぼくを迎えておくれ


私はビートルズには疎くて、
後期の、ポールとジョンの確執については詳しく知りませんでしたが
フリークの某DYさまに、この機会にいろいろ教えてもらいました。

ヨーコへヨーコへと傾倒していくジョンを
何とか自分の元へ振り向かせたい、
二人で音楽を作っていた幸せな時期を
何物にも代え難い宝ものとして胸に抱き続けるポール。

そんな昔の思いも今は遠く、ジョンもとうにいない。
今は、気持ちの合った10年来の仲間に囲まれて、
71歳のポールは、歌ってくれました。

  ひとりぽっちはつらい、ぼくを迎えておくれ。



タローさんのサイトのBBSによると、
ジュリー以外のメンバーは、揃って千秋楽のポールを見に行ったそうです。

そして、この曲で、かつみさんが泣いていた、と書かれてありました。

  ひとりぽっちはつらい、ぼくを迎えておくれ。

5人にとって、長く曲がりくねった道の
今、何度目のカーブを曲がろうとしているのでしょうか。
そして、そこにあるドアを開く姿を
私たちは、見届ける証人となるのです。

ザ・タイガースの復活コンサートツアー初日まで、
あと、6日。


正直、鉄人バンドファン、鉄人バンドで歌うジュリーのファンとしては
それほど思いが深くなかったタイガース復活ではありましたが、
ポールがいろいろなことを教えてくれました。
今は、5人の揃った演奏を、とても楽しみにしています。
カズさんと一緒に客席から、精一杯の声援を送りたいと思っています。




スポンサーサイト
11:32  |  ---  |  コメント(2)

2013.11.24 (Sun)

ポールに会って来ました。

3312866_2022769468_221large.jpg

東京ドームに、ポール・マッカートニーを
見に行って来ました。

私はそんなに、ビートルズファンというわけでもなかったけど、
私が好きなミュージシャンの方々のルーツでもあり、
この機会を逃しちゃもったいない!と言う気持ちでもありました。

果たして。

今もまだ、ポールの海から離れられないでいます。

リアルタイムからのビートルズフリークのように、
当時の事を思い出して涙ぐむような事はなかったですが、
(リアルタイム・・・と言う意味では、ウイングスの曲を意外に知ってました。
自分では逆だと思っていたので、びっくり)
・・・と、いうよりですね、
71歳のポールはバリバリ現役で、決して懐メロ歌手ではなかったわけで。

極端な話、Yesterdayを知らない人が行っても、
楽しめたライブだったと思います。
いちばん古い曲は1964年のAll My Loving、そして
それと同じステージで2013年のNEW ALUBUM、NEWから演奏された曲が
何の違和感もなく、同じように、輝いていたんです。

貫禄あれどキュートで可愛らしい。
かつ、この曲を今、生で聞いてるの?という奇跡感もあり。

私の行った21日は、タイガースメンバーやプリンスも来ていたみたいだけど、
みんな、ポールの前では、ただの音楽好きないち少年。
一緒に赤いサイリウムを振りました。
(ポールにはサプライズで、5万の観衆が全員で一斉にYesterdayで、
配られたサイリウムを振ったんです)

sairium.jpg


で、カズラーのみなさんには、ご報告。
ワタクシ、こんなステキな方との出会いもありました。
rusty_1jumpS.jpg
この方は、ポールのバンドメンバーのギタリスト、
ラスティ・アンダーソン氏です!!

下手のほうにいた、黒髪のその方に、私はEight Days A Week から
既に釘付けになってしまいました。
だってね、動きがね、カズさんと一緒なんですよ。
ぴょんぴょん跳ねたりぶんぶん腕を振り回したりしながら、本当に楽しそうにギターを弾く。
rustypaulS.jpg
こんな風に、ポールと向き合ってじゃかじゃかやったり。
(ポールとだと、バロムクロスが出来ませんね・・・)

可愛さに悲鳴をあげてしまったのが、007の時に
アンプの前で、自分のフィードバック音に撃たれてバッタリ倒れるところ。
で、その後、コーラスのために
ダッシュで起き上がってマイクに駆けつけてました。
(お約束なんですって、コレ・・・)

rustybackS.jpg

このバンドメンバーとポールは、2002年からツアーではずっと一緒だとのこと。

おや、どこかの誰かさんみたいな。

ビートルズメンバーではないけれど、ビートルズの曲を、ビートルズメンバー以上にこだわって
音源に忠実に、熱い演奏をしてくれました。
そんなとこも、誰かさんのバンドメンバーに似ていて。

ポールは途中、ジョンのために、アコギ1本でHere Todayを、
ジョージのためにウクレレでSomethingをやりました。

後一ヶ月後、同じ場所で誰かさんは
かつての仲間と全員揃って、ライブをするんですね。
それはもう、奇跡なのだと思う。
それが出来る事は、なんて素晴らしいことなんだろう。

もう、初日の武道館まで、10日を切りました。



ああ、それにしても、やっぱりあとからこう、調べてわかるより
目の前のポールの音の意味がすぐに分かったフリークのみなさんが羨ましい。
rusty_2stundS.jpg
お前はいったい何枚ラスティの絵を描いたんだと。
01:24  |  ---  |  コメント(0)

2013.11.16 (Sat)

新しいお友達

shiroshiro.jpg

うわっ!!た,大変!!!
カズカズの毛が真っ白になっちゃった!







kazkazup_20131116150444614.jpg しょあちん、それ、ぼくじゃないきゃ。


・・・あれ?ち、ちがうの?



shiroshiro_kazkaz1.jpg 君、だれきゃ?


shiroshiro_kazkaz4.jpg

僕はシロシロっていうんだ。
僕を見たしょあちんの友だちが最初にそう呼んだから。

ふうん、シロシロ,顔大きいね。

ほっとけ!


shiroshiro_kazkaz3.jpg

シロシロは,ギターが弾けるのきゃ?
すごいきゃ、かっこいいきゃ。


shiroshiro_kazkaz5.jpg

そんなわけで,これからも,シロシロとカズカズのことを
よろしくね!!



shiroshiro_kazkaz6.jpg
・・・と言ってる間にドングリ奪取きゃ!!
・・・はむはむはむ。


あっ、まてこらカズカズっっっ

15:43  |  ---  |  コメント(10)

2013.11.14 (Thu)

じゃかじゃかプリンス

実は,ジュリーの渋谷ファイナル前ライブを挟んで、

11月3日には高円寺ジロキチで、
11月9日には吉祥寺ROCK JOINT GBで

プリンスのライブを見て来ました。

prince_backS.jpg

上の絵は,9日のROCK'N ROLL GYPSIES のときのプリンス。
ジプシーズは,硬派なバンドです。
ひたすらタテノリで,音に身体を委ねて来ました。

プリンスの恍惚の表情を間近で見ちゃったぜーーい!!

プリンスは、ぬお顔はしないのだけど、
音に入り込んでいくと,身体がネックのほうにッキューンって傾いて
頭をぶんぶん,左右に振ってヘドバンします。

鮮やかで、情熱的なギターテクニック!!

花田さんのうしろから、ベースの市川しゃんとアイコンタクト、
そして,ニコリ。なんちゃって!!
客席にはニコリどころか,視線ひとつ投げないくせに。
でもそれがまたカッコイイ〜。

市川しゃんは,ちょっと小柄で,くりんとしてて、
笑うとキュートで、ほんのりカズラー好みなベーシスト。
ドラムの池畑さんは,ドスがきいてて痺れる!!
この日も真っ黒な衣装に真っ黒な帽子で、マフィアのごとくの存在感、、
キレのある音がビンビン。

え、花田さん?
・・・ごめんねー、私デカイにいちゃんに興味はないのよ・・・

と、いいながら矛盾してますが、
3日のkyOn淳ROULETの、Dr.kyOnは、ステキでした〜〜〜!!
いや、kyOnさんって、でかいんですけどね。
ステキなものはステキです。

このバンドは渋かった〜
ロックンロールというよりも、フリージャズというか、フュージョンというか、
ものすごく大人の下山さんがいました。
剣の舞やら,ビートルズやらルースターズやらをアレンジ。
どんなときでも歌う,宮殿の大浴場では,ミラーボールが周り。o(≧▽≦)o
大きな枠は決まっていても,細かいパートは自由に弾いてる感じで、
ちょっと即興っぽいところもあり,
カズさんがやってた,トリヴァンドラムを思い出しました。

トリヴァンのカズさん、好きだったなあ。またやって欲しいなあ。

Dr.kyOnは、キーボーディスト。でもギターやアコーディオンや、
いろいろ演っちゃう、マルチで超カッコいいアーティスト。
私が初めて好きになった、でっかい兄ちゃんかもしれない。
でも、kyOnプリ、左右に立っているので、どちらを見てイイか悩むのです。
で,ふっと見る正面のドラムの三原重夫さんがまた、よかったのでして。


しかし,この二日のプリンスは,それぞれちょっと違う味わいで
どちらも本当にステキでした。

3日の余韻をひきずってか、4日の渋公の舞台でも
ものすごく熱いプレイでしたね。
『サムライ』のときのプリンス、見ましたか?

「片手に。じゃがじゃっ!! ピストじゃがじゃがじゃっっ!
こころにじゃがじゃっ! 花たじゃがじゃがじゃじゃじゃっ!!!!

激しくてかっこよかったですよー。

そういえば、渋公で,ドナルドのとき、
いつものムスタングじゃなかったのは、
JIROKICHIで使っていたからだと思われ。

ジュリーの舞台では,静かにバッキングしているプリンスのイメージですが、
この一週間で,テクニカルでドラマティックでドラスティックで,デリケートでセンシティブで
イノセントでスピリチュアルでフィジカルなプリンスの顔を
見せていただきました(ただカタカナ並べただけだろう,お前)。

そういえば、吉祥寺では100円ライターを使ってスライド、
高円寺ではギターを寝かしてお琴みたいにする「スチールギター」を
弾いてましたっけね。
小さい頃から爺に特訓されただけあってさすが・・・
あ,いやいやこれは私の妄想ストーリー「プリンス物語」の話でした。

moveprinceS.gif

いや〜〜,バンドって、ほんっっっとうに、いいものですね。
00:07  |  ---  |  コメント(10)

2013.11.11 (Mon)

prayツアーの思い出、つづき。

<6公演目>
9.7 渋谷公会堂
(上手29列目)

行く予定ではなかったのだけど、チケットがあるよ,と,お友達に誘われて
ジュリー,ごめんなさい,唯一定価割れの代金を支払って見に行きました。
ところが友人は急にどうしても行けない事になってしまい、
どうしよう,席も後だしなぁ・・・
と,迷いながら行った公演が,今ツアーの私的ベスト公演になるのだから
本当に運命ってわからない。

カズさんが、とってもとっても、情熱的で
何度も白い橋を架けて、最後列の私に会いに来てくれました。
kasadankazzS.jpg

<7公演目>
福岡市民会館
(上手11列目)

九州のお友達に会いにいき、
懐かしいお友達に再会し、
新しいお友達も出来た,楽しい旅行でした。

福岡市民会館は,とても古い会館(1963年築)。
でもとてもモダンなつくりで、
客席は急勾配になっていてとても見やすかったです。

ジュリー達は,鹿児島、熊本と続いた九州ツアーの最終日。
美味しいものイッパイ飲み食いしたんでしょうか。

yamakasakazkaz.jpg



<8公演目>
府中の森芸術劇場どりーむホール(下手14列目)

THE TIGERSのホワイトクリスマスが,発売になった頃でした。
いろいろ噂はあったけど、結局あれは、ほぼ虎ツアーのときの
パシフィコ横浜でのパフォーマンスの音に,トッポがコーラスを重ねたもの、
とゆーことでFAなんですよね。

どりーむホールは広くて見やすくて、席も千鳥配席で、傾斜もあって、
会場のお気に入り度合いでは,ここがいちばん好きです。
残念ながらカズさんと反対側だったんだけど・・・
これが、意外な事に、かなり、すごく、よく見えたんですよね。
対角線も悪くない☆愛さえあれば。

そういえば、この日は府中の神社でお祭りをやっていて、
帰りは屋台で生ビール&モツ煮と,ご機嫌なアフターでした。
wakamonoyo.jpg


<9公演目>
ハーモニーホール座間
(2列目上手)

待ちに待った、地元認定神チケット。
いま私は倖せです。
雨に降られても愛の熱で乾くから平気。

実はこの日,舞台に近い事も十分意識して
以前,大先輩の方から頂いた「ALWAYS Tシャツ」を着て行ったんです。
唯一、カズさんが載ってるTシャツ。
そうそう,タイガースのTシャツ@トッポデザインの
文句言ってる方,贅沢ですわよ。
あんな「鉄人バンドTシャツ」があったら・・・私ぜったい着ます!!

で、ちなみにALWAYS Tシャツは、
ジュリーから,チェックされたような気がしなくもなくもなく?
・・・いや、わかりません。

目の前にカズさんがせり出て来るから,もう夢心地。
Deep Loveのきゅるきゅるを最後まで目の前で弾いてくれて,胸いっぱい。
さよならを待たせてを,すごく丁寧につむいでくれました。

対角線のプリンスの、おかっぱ頭のヘドバンもよく見えました。
kirinsan03.gifrisusan.gif




<10公演目>
11.4 渋谷公会堂
(二階20列目下手)

いや〜、渋谷聖地伝説を見たり。
何ですかあの盛り上がりは。
遠くからでしたが,ライブ感を楽しんだ,という意味ではいちばんの公演だったかも。

愛まで待てないが,狂気の沙汰でしたね。
カズさんのACBも180°!!!
新曲は本当に厳かに響き渡って,染みいって、
シット曲は王者の風格。
greenboyでは、少年のジュリーがいました。
最後はさよならを待たせてで、このツア−におわかれです。

ああ,さよならを僕から言えたら,迷わせずにいかせてやるのに・・・

笑顔でずっとずっと手を降ってくれたカズさんには
ずっと迷わされっぱなしの私です。
また二ヶ月後、再会を誓って。

最後に気持ち良さそうに,ソロを弾くカズさんを見るのが、
本当に幸せなツアーでした。
kazz_colorS.jpg


ダブルアンコールに出て来た時、カズさんて、あらためて小っさいなあ、と
萌えころがりました。
そして,歩き方が背筋がしゃん、とのびて、かっこいい。
1/3本締めの姿勢もキマってて、あれなら
高倉健さんも納得でしょう。
つむじの先からつま先まで,大好き、とつくづくみとれていた
私なのでした。おわり。


11:08  |  ---  |  コメント(0)

2013.11.06 (Wed)

Prayツアー終了!!!

昨日の大阪フェスティバルホールの公演で
(私は行っていませんが)
ジュリーのPrayツアー、ついに、千秋楽をむかえました。

なんだか,今年はいつもにもまして、
(ジュリーは嫌いな言葉ですが)おつかれさまでした!という
きもちでいっぱいです。

全員健康で,事故もなく、トラブル・・・・は少しあったけど
むしろそれに当たった人は羨ましい〜、くらい。というのも
それも全て,ジュリーが全力で、心から、
客席の私たちの事を考えてくれているから。

ありがとーサンキュー,ありがとーね,は、口だけじゃなくて
ジュリーが心から思っている言葉なのですね。

こちらこそ本当にありがとう、ジュリー、
カズさん、プリンス、泰輝さん、グレース。

また来年の新譜とライブ、楽しみにしています。

私は,今年もまた行きに行ったり,気がついたら10公演に参加していました。
その思い出をまとめてみました。

<1公演目>
6.28 国際フォーラム(8列センター)


初めての初日良席に、まるで夢の中。
ともかく,初日は,プリンスの「霊力」で
アコギが宙に浮いたことに、もう、驚愕!。
なのに、それに気付いていないじゅり友さんがいっぱいいた事に,
さらに驚愕!!!
と、アフターの飲み会が大盛り上がりでした。
じゅり友さんサイコー。
testujin_kibasenS.jpg
このイラストはツアー開始前に描いた予想衣装。当たらずしも遠からずじゃない?



<2公演目>
6.30かぶら文化ホール(19列センター)


プリンスの霊力を確かめたくて,当日券目当てに駆けつける。
かつて行った中でも一番の辺鄙(スミマセン)な場所。
じゅり友さんのヘルプなしではたどり着く事も,帰って来る事も、
出来なかったかもしれません、ありがとう。
こぢんまりしたいいホールでしたが、着席ゾーンのど真ん中で
立てずに悶絶、
プリンスの鮮やかな二本弾きをしっかり確認。

Uncle_DonaldS.jpg


<3公演目>
7.27静岡市民文化会館(2列目上手)

ジュリ友さんが,カズさんの前のスペシャル席をプレゼントしてくれました。
カズさんが、目の前でTOKIOジャンプ左右バージョンをぴょんぴょん。
左右バージョンを見たのは、ここだけだなぁ。
帰りの静岡駅で,カズさんに出会えた幸せなおまけつき。
tokiostep.gif


<4公演目>
7.28神奈川県民ホール(17列上手壁際)

足の悪いお友達のお母さま(70代後半)に、2階1列目だった席を譲って
1階壁際席で観覧。
でも,カズさんはよくみえました。
この頃から,カズさんのA.C.B.あおりが話題になって来てましたね。
ACB_no_kazzsan.gif



8.23 行ってないけど高槻現代劇場

伝説となりそうな、停電トラブル&生歌ヤマト。
話に感動して絵を描いちゃいました。

TEIDEN_kakinaoshi.jpg




<5公演目>
8.29 茅ヶ崎文化会館(6列下手)

カズさのお誕生日の二日後。心でお祝いしました。
お席は見事な対角線。
なので,必然的に目の前のプリンスを見てたら(今年のプリンスかっこいい☆)
チェックインで「こっちをごらん」と、
カズさんに呼ばれました、きゃっ。(苦情は受け付けていません)
でも,カズラー的に音がとっても良くて,
カズさんのギターも声も,息継ぎさえも、
すっごくよく聞こえたので、大満足でした。
sayonarawomatasete02S.jpg


やっと半分。つつく。
09:55  |  ---  |  コメント(0)
 | HOME |