2015年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2015.01.31 (Sat)

冷静になろう

ひとつ前の記事には
たくさんの拍手をありがとうございました。

ジュリーファンのみなさんが今回のことに
どれだけ傷つき怒っているかの数字ですね。

と、言うか、私達にとっての本当の事件は
昨年のツアーの千秋楽であって、
そのことは、もう、「LOVE〜抱きしめたい」からの一連の熱唱で
解決したはずだったんです。

最初、あの記事の、あらゆるでっちあげに腹が立ったけれど
次に、記事を読んだ一般大衆の反応にも
それ以上の憤りを感じました。

この国の人間はいつからこんなに思慮と自主性を失ったのでしょう。

悪意に満ちた,真実を見ようともしない大衆に拡散されて行く
ねじ曲げられた事実。

人の噂も何日、とはいうけど、
醜いばかりの、ヤフ—ニュースのコメント、Twitterのツイート。
見てると本当に具合悪くなるので、ほとんど見てませんが。

知らないネット上の人間だけならともかく、
身近な人に「ジュリーどうしたの?」と
訊かれてしまったジュリーファンがどれだけいるか。

そして、事態はさらに変な方向へ向かっているみたいです。

フジテレビが、このことをネタにした番組を放映するそうです。
日曜10時「ワイドナショー」にて、次回放送内容に
「沢田研二ブチ切れ問題」という文字があります。
そして、その検証のために、フジテレビが
ジュリーファンやブロガーに取材を試みたとか。
「本当はどうだったのか教えて欲しい」という甘い言葉で。

その中には、私の知人もいました。彼らは・・・

きっぱりと取材を断りました。

彼らの凛とした行動に同じジュリーファン、ブロガーとして感謝します。
だって、あり得ないでしょ、ファンがメディアでジュリーのことを語るって、
番組的オチなんて決まってて、それに都合良く利用されるだけ。

そりゃあ、日刊ゲンダイの記事には反論したいことがいっぱいある。
そこをついて来たフジテレビの汚さ。卑しさ。
でも、ファンがメディアに出て行ってジュリーを語るなんて
越えては行けない一線だと思います。
(どうか、利用されてしまったファンがいないことを祈るのみです)

だってジュリーは、
他ならぬジュリー自身は、
周りがなんと言おうとジュリーご本人は、

何も言わないじゃないですか。

ジュリーはこんな思いをして来たのですね。ずっと長い間。

『♪誤解は極力避けたいけど、理解されるのもごめんだ』


今回のことに、ジュリーファンはみんな傷つき、怒り、
ジュリーの素晴らしさが歪められることは
断固許さないと意思表示をしました。

私はそれが当然だと思ったけど、
このフジテレビ取材騒ぎで、その意見を翻すことにしました。

マスコミに利用されて、一番大切な物を傷つけないように、
私達ファンも、冷静でいるべきなんです。

一般大衆に、どんなにジュリーの素晴らしさを訴えても
どうせ聞く耳を持たない人には届かない。
解る人には言葉なんて、説明なんて要らないはず。
ジュリーの声さえあれば。

私は、ジュリーを非難したりネタにする人々を
むしろ気の毒に思います。
私はジュリーにこんなにいっぱいの幸せをもらえたのに。
それに気付かない人々に、もう、もはや、何をか言わんや。
私達は、私達の宝物であるジュリーを、ありのままのジュリーを、
強いHEARTで見つめ続ければ良いのだと思います。

ねえ、カズさんもきっとそうしてきたんだよね、ずっと。
ハレの日も、雨の夜も。
スポンサーサイト
02:15  |  ---  |  コメント(6)

2015.01.28 (Wed)

恥を知れ日刊ゲンダイ

私のような、趣味でブログを書いているだけの人間でも、
何かを批判したり、もの申す時は、「調べもの」をします。

自分の思い込みじゃないか、
自分の知らない事情が隠れてないか、と。

あの人達はプロですよ。
文章を書くことでお金を取っているんですよ。
それがあんないいかげんな、ろくすっぽ調べないどころか、
自分の意見ででっち上げたような噓取材みたいなことを
もっともらしく書きやがって。

もしかしてあの記事を書いた記者は、
本当にあの国際フォーラムにいたのかもしれない。
そして、確かにジュリーの発言に
目が点になった(古い言い回しやね、兄ちゃん)のかもしれない。
でも、それはあなたが「沢田研二」に対して
知識がなかっただけですから、それは仕方ない。
みんながみんな、ファンになれとは申しません。

でも、知らないことを利用して、仕事するなよ、恥を知れ!

少なくともあなたは、ブロガーじゃない。
公のメディアという影響力を持った立場にいながら、
その自覚もプライドもない。

何故書いたか。それは「沢田研二」だから。

有名な「沢田研二」の名前で書いてるだけ。
そこには、物書きとしての信念も主張もなく、
「沢田研二」が「キレた」のが「面白い」、という点にしか価値はない。

あの文章を書いた人は、自分がもっともらしく批判し諭した
他でもないその人に、実は助けてもらっていることに、
きっと一生気付かないだろう。
恥ずかしい、ああ、人として恥ずかしい。

ねえ、記者さん、考えても見て欲しい。
あの美しかったジュリーが、あのように変化され
(注;ここ突っ込むとこじゃないからね,笑)
それでもなお、国際フォーラムを埋め尽くす人気、いや
5000人規模は記者さんのような人が紛れ込むから、
3000人の渋公で十分なんだけど・・・、

そこに集まって来る人々が、いったいジュリーの何を見ているのかを
不思議にはおもいませんか?

日刊ゲンダイの記者さん、あなたにはそれがわからない。
そんな目でもの書きのお仕事してたら
きっと他にも、わからないこと、いっぱいあるでしょうねえ。

教えてあげる。それが人間が生きて行く上で一番大切な物なんだよ!!!

02:04  |  ---  |  コメント(7)

2015.01.22 (Thu)

カ〜ミガタ〜ガ〜、カワリマシタネ〜

ホーラム千秋楽S

お正月ライブ千秋楽、東京フォーラムヘ行ってきました。
カズさんの髪型が心無しか変わっておりました。
伸びた襟足は切って、ふんわり三角形のシルエットに。
どんな髪型でも可愛いですけど。ええ、たとえ角刈りでもね。

純粋ジュリストさんが、あの角刈り(悪名のときのこと)は
私達にはハードルなのよ、と昨日言っているのを聞きましたが、
そうとは知らなかったです。

えー可愛かったけどなあ、河内の極道ジュリー。
優しくて、一本気で、照れ屋で、女に甘くて、
ここ何年かの音楽劇のキャラクターの中では一番好きでした。

私はジュリーに恋してるのとはちょっと違うから
ジュリストさんより何かと気楽ではあると思う。
恋する人の一挙一動は、心を騒がすものですよね。

でもそれでも、
フォーラムでのジュリーのMC中に
会場からこの期に及んで掛け声がかかったときは
体中に冷水を浴びた気になりました。
「だまっとけ」「嫌なら帰れ」というジュリーの言葉が
心に刺さりました。

ジュリーが今の一触即発の世界状況を憂いて
オリンピックなんて出来るのか。コンサートなんかしてていいのか、
そう言った時に「歌ってー!」という掛け声でした。

普通に考えたら「何が悪いの?」という掛け声かもしれません。
でも、ジュリーのことを知ってる人なら絶対しない行為。
知らなかったからで、赦されるんでしょうか?
歌舞伎でめちゃくちゃな掛け声をかけて
「応援してるから」と演目中に舞台に花束を渡しに突進したら
普通つまみ出されるでしょうね。

これからもあるんだろうな、こういうこと。
全員の意思統一なんて無理。
それこそただ「無難」ですむようにと祈るしかできません。

ジュリーは一人一人が他人事ではなく、考える時が来ていると言いました。
私も、ずっとそう思っていました。
そして、そうして来ました。
自分の意見を言うことで、空気が悪くなったりもしました。
違う考えで去って行った人もいました。
でも、考えは発信することで、きっと成長するのだと思います。
未熟な考えでも、まずは発してみる。そうすると反応がもらえる。
ここで、自分が柔軟であれれば、自分の知らない考えを知ることが出来る。
難しい問題でも、答が出なくても、大好きなあの人とは違う意見でも、
自分の意見を持とうよ。そう思います。

ルールは、自分と違う意見だからとそれを潰そうとしないこと。
難しいけどね。



今年、ジュリーが「不言実行、不言実行」と
何かやろうとしていることはありありです(ある意味もう言ってるジャマイカと)

音楽ならついていきます。
ジュリーは、やったことをあとから謝るようなことはしないと信じています。
何か発信すれば、反対意見や極論団体に抗議攻撃される可能性は
十分わかってる人だと思うし、
芯のある主張は異なる意見にも屈しないで媚びないで、
ただただジュリー自身が納得出来る音楽活動が出来るよう、応援しています。

自分にとって今はジュリーと鉄人バンドの音楽を聴けることが
なによりの幸せとあらためてわかったお正月コンした。
お席は半分より前には行けなかったけど、
カズさんと、何度も「一緒になれた」3日間でした。

カズさんの遠視力がすごいのか、
私の妄想力がすごいのか。

A.C.B以降の曲の感想も、このあと書き上げます。
03:26  |  ---  |  コメント(2)

2015.01.20 (Tue)

明日フォーラムで

というわけで(何が)、
コメント欄に少し書きましたが
ワタクシ仕事でちょっとミスりまして

まあ、私だけが悪いわけじゃないんだけど
人の欠陥を指摘しあうより、自らを反省して、
再発防止へつなげなくちゃ意味がないので・・・
不良品を出してしまったのは事実です。

その回収作業に、関東圏の店舗を
巡回しまくりクリスマスじゃなくてバレンタイン・・・

何のことやらですみません、少し壊れています。
そんなわけで、ブログ更新する心の余裕もなく。

千秋楽を迎えてしまいましまリス。
(パクってごめんよAちゃん)

私がミスの後始末で駆けずり回っている間
ジュリーとマウンテンズも元気に名古屋、大阪公演を
大盛況のうちに終えたとの噂・・・

ジュリーの優しさ、誠意、色気、その卓越した才能と精神に
惚れ直した人続出とか。
そして、ジュリーのほうはどうだろう。
また、私達の前で歌いたいと思ってくれただろうか。

明日は、フォーラム。あの日と同じ、
たくさんの人がはいる、ということは、
いろんな人が来る、ということ。

ジュリーが心から気持ちよく歌える公演でありますように。
ジュリーと、私達が、
明日フォーラムで両想いになれますように。

カズさん、マウンテンズのみなさん、よろしく頼みます。


妄想解釈は、仕事が一段落したら、きっと最後まで書き上げます!
00:32  |  ---  |  コメント(0)

2015.01.14 (Wed)

慕ってます。

昭和90年の感想文の途中でしたが、
1本はさみます。

ギターマガジン発売です!!
..・・・表紙誤字のままですが。

(リット—ミュージックさんのホームページのほうに
謝罪文が出てます)

本文の方は大丈夫だから!!ほらっ!!

GM_jun.jpg

淳という名前は「里見弴」からいただいたそうです。
里見弴知ってるっさ?わたしゃ〜全然しらながあっだよ。(何語)

んで、ギターマガジンの記事ですが、
華々しいルースターズ時代の話もほとんどなく、なんとほぼ
ジュリーチルドレンンとしての切り口インタヴュー!!

これは〜〜〜〜〜〜カナーリ貴重ですよ。

プリンスが初めてジュリーの声をリハーサルで聴いた時のこととか。
「声がいいとか、大きいとか、そう言う次元じゃない」と、
ともかくびっくりしたとか。空間的に違うんだそうです。
さすが、霊界のおぼっちゃまは感覚が鋭い。

そしてカズさんのことを「唯一先輩と呼べる人」と・・・

・・・「慕ってる」そうです。
ゴロンゴロンゴロンゴロンゴロンゴロン←萌え転がる音。
いやんいや〜〜ん、でもいいわあ。

普段ツンデレなくせにさ〜〜
カズさんとどんなお話しするのかなあ。
何だかとっても嬉しかったです。

プリンス今年はソロも含め、ユニットの活動を増やすつもりだそうです!嬉しいな!!
黒の女のアコギバージョンとか、ひとり曼陀羅とか、
トッドラングレンとか、今年は何が飛び出すか、ズッゴイ楽しみにしています。

と、シモヤマニアの方に代わって代弁させていただきましたっ。
てへ。
03:45  |  ---  |  コメント(9)

2015.01.11 (Sun)

昭和90年のVOICE∞ その4

この妄想解釈レポが終わらないと、イラストに着手できません〜
なので、連続投稿。
無駄に長いけど、読んでくれたら嬉しいです。

あと2回で終らせる予定です!


22:52  |  ---  |  コメント(0)

2015.01.11 (Sun)

昭和90年のVOICE∞ その3

妄想解釈記事は続くよ、どこまでも・・・

一応5部構成くらいの予定ですが。


以下ネタバレ。


18:35  |  ---  |  コメント(0)

2015.01.11 (Sun)

昭和90年のVOICE∞ その2

渋公2days、しょあの妄想解釈つづき。
ネタバレです。


09:37  |  ---  |  コメント(0)

2015.01.10 (Sat)

昭和90年のVOICE∞、1月8日9日

「一曲目はジュリーから私達へのメッセージよね!」
「私達のことを歌ってくれたんだよね!」
「歌で随所にフォーラムのこと謝ってくれてたよね!」

ライブ直後に私がそう勢い込んで言ったら、何人かのジュリ友さんに
「いや・・・それは言い過ぎでは・・・・」
と、笑われましたが、それでもみんな否定しなかったのは
「ジュリーの、新たなる決意が感じられた」ということ。
あのフォーラムの「やめてもいい」発言を経て、今再び、

私の歌を聴きに来てくれるひとのために、
これからもありのまま、精一杯歌います。

という決意。

そして、聴いてくれるあなたを愛しています・・・とか言うとまた、
それは言い過ぎ、と突っ込まれそうだけど(笑)。
でも、
そう感じられた自分は「幸せ勝ち」だと思うけど♪

以下ネタバレです。

10:15  |  ---  |  コメント(2)

2015.01.09 (Fri)

『昭和90年のVOICE∞』初日に行ってきました

行って参りました,正月コン初日。
1階下手16列目と言う、良いお席で
ジュリーの歌と想いを「感じて」来ました。
今、私は倖せです。

ネタバレOKの方も・・・

出来たら今回はまっさらな気持ちで
セットリストを見ないで(見たこと忘れて?笑)
臨んだ方が、いいような気がします。

そのほうが、ジュリーの「想い」を
素直に受け取れるかも。

ジュリーの言の葉を受けとめる・・・

私、あの一曲目は
私達へのジュリーのメッセージのように思っています。

いえ、セットリスト全てが、ジュリーの今の気持ち・・・

そして、決意に満ちた最後の曲。

後ろで、いつもと変わらずに
そんなジュリーを支える笑顔の4人がいました。

また明日以降書きます。
08:32  |  ---  |  コメント(0)

2015.01.07 (Wed)

アンファンテリブルの次号は・・・

お正月ライブの初日の前日になんですが・・・

カズさんが載ったギターマガジンの次号は
カズさんが話題にしたAC/DCのアンガス・ヤング・・・

GM02.jpg

何となく、カズさんのノリににてる・・・

じゃなくて・・・・


まあ、それもそうなんですけど・・・

よく見て、表紙。。。

丸の付いたとこ。
GM02_2.jpg

この辺、え?よく見えない?


ズームアップ!!!

GM02_3.jpg


え・・・・・

え???
えええええええ?

下山「純」?


二重にびっくりだこりゃ。

ちょっとー!!リットーミュージックさーーーん!!!
プリンスのインタビュー掲載は嬉しいけど、
名前を間違えるなんて失礼すぎです。
発売日までに直ってることを願います。


じゃあ、霊界のプリンスとか言っているお前は失礼じゃないとでも・・・


しかし二号続けて、嬉しや、めでたやな記事でございます!!!

もちろんルースターズ初め「ロッカーな下山君」(カズさん談)のはなしもききたいけど、
鉄人の切り口の話も聞いてみたいのココロ。
あっ、カズさんのはなしとかも〜〜〜

発売日は13日!!
23:09  |  ---  |  コメント(2)

2015.01.05 (Mon)

カズさんLINEスタンプ

正月ライブまでの落ち着かないこの間を
なんとなくやりすごすために、
カズさんのLINEスタンプをつくってみた。

(って、本当に登録はしていませんが)

LINE_STAMP_KAZZ01.jpg

まだまだ出来そうだよ。
でも私、LINEやんないんだけどな。

02:54  |  ---  |  コメント(5)

2015.01.01 (Thu)

あけましておめでとうございます

2015nenga.jpg

毎年が、子リス年!!

本年もよろしくお願い致します。
10:57  |  ---  |  コメント(2)
 | HOME |