2015年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2015.02.27 (Fri)

鶴岡へ行ってきました(プリンスふるさと凱旋ライブ第二夜

tsuruokajunemiS.jpg

↑二日目のプリンスと映美さんでーす。

映美さんの衣装は古布を重ね合わせた、民族衣装のような、摩訶不思議な服。
もっとボリュームある感じで、実物はずっと迫力があって素敵です。。
でもライブハウスには着替えるところがなく、
隣のとんかつ屋さんの座敷を借りて待機していたそうです(笑)。

さて、二日目も夜まで庄内にいることを決意した私、
急きょ夜行バスを手配したものの

ライブは19時開場19時半開演、
酒田から鶴岡へ移動しましたが、まだまだ時間はあります。
さて、どうしましょう。・・・観光でもするか。

実は酒田でも、友達と一緒に酒田のおひな様を見て歩いたりしました。
ライブついでにその土地を観光するのも、遠征の醍醐味。

ましてや、ここはプリンスのふるさと(え?霊界?ちゃうちゃう)
横須賀のどぶ板を歩いて、カズさんを作っている細胞を感じたように、
プリンスがプリンスたる所以となったルーツを感じる事が出来るかも!

クラゲ水族館・・・即身仏の拝めるお寺・・・
どれも面白そうだけど、どうせ今夜見れるしなあ。

(妙に納得。)

バスに乗って、手近に市内観光に繰り出しました。

まずは何と、黒いマリア像がおらせられるという、
鶴岡カトリック教会天主堂を見学。

201502272125512c1.jpg

とんがり赤い屋根が可愛いね。

♪「どうしました」「いいえべつに」

と言うピエロとマリアの会話はなかったですけど。
一人で静かに懺悔の時間を過ごしました。

tsuruoka03.jpg

鶴岡城址の公演を散歩し、

tsuruoka02.jpg

博物館など見て歩いていたら

昨日酒田ライブの打ち上げでお話しした、ルースターズファンの方にバッタリ!

そう、夕べはライブのあと、お客もスタッフもアーティストも
同級生もミッシェルも、みーんな一緒に参加出来る打ち上げがあったんです。

はい、目の前でプリンスが呑んだくれてました。。。

でも、プリンスが旧友と交流を深めているのに
その間に割り込むような無粋なファンはいなかったですよ。
みんな、少し離れたところから、チラ見しつつファンはファン同士でおしゃべり。
写真のおねだりや、プレゼントで迫る人もなく。
プリンスファンは、みなさんとっても、お・と・な・・・。

友達とリラックスした感じで談笑するプリンスいい感じでした。

私は、鶴岡の街中で再会したルースターズファンの方と、
角煮,天ぷら,刺身でプチ宴会して、
さて、そろそろ今夜のハコへ。

昨日も見ていた同じヤツがいると、やりにくいかな?

・・・なぁ〜んて,まったく要らぬ失礼な心配でした!!

昨夜ははじめてのふるさとでのライブに
どこか緊張と言うか、ナーバスな雰囲気を
漂わせていたプリンス。

それが今夜、まさに地元中の地元に帰って来たプリンスは

演奏もトークも、跳ねるように軽妙でキレッキッレ!
最初っから庄内弁で飛ばします。
客席には前日にも増して同級生がたくさん。

「一緒に⚪︎⚪︎で⚪︎⚪︎⚪︎したよな、・・・な、Hくん?」「名前呼ぶな!」
「どう思う、Sくん!」「いいから歌え!」

などと、ひっきりなしの応酬。
挙げ句の果てに、高校の時の彼女のことをバラされたり・・・

あっ、書き過ぎたかな?(笑)

セットリストは昨日と変わらずも、
たとえば、昨日は優しいアルペジオで弾いていたフレーズを
ピタっと音を切るようなカッティングに変えてきたり、と
全く違うような、今日はなんか、生き生きした印象。

なのに、プリンスったら
「みなさん、歌聞きたいですか?
このままワタシのタノシイおしゃべりでどうですか?」
なんて言い出す始末。

ここには書けないような内容も盛りだくさん。
庄内弁活用講座なども爆笑もので。

そして、ライブも中頃、ポロン・・・とギターを鳴らしながら
「最近の私はですね・・・」
と、語り始めたプリンス。
「沢田研二さんのバックをやっておりまして・・・」
と、まさかのジュリートークが始まったので、ビックリ!!

「新譜が3月11日に発売になるんですが、私も1曲書いていまして」
と、新曲の案内。そうですよね、今年はタイトル曲書いてるんですものね。

プリンス曰く
「おめもいっぎょく、かげ」と、沢田研二さんに言われ
「まだおれかがねばならんとですか?」ときいたら
「なしてや、いでねが」と沢田研二さんがおっしゃったそうです、庄内弁で。
(客席からうそだー、言わねー、の声、多数)

庄内弁のジュリーはプリンスの幻聴だけど、
“沢田研二さん” がこの、皆さんの同級生を、
とても深く信頼してるのは、本当。
と、鶴岡のみなさんに、ジュリコンでのプリンスの勇姿を
何故か私が自慢したくなったのでした。

そして「沢田研二さんの曲を書くのは・・・」
と、プリンスは、ここで急に語気を強くして
「あんたら出来る!?沢田研二さんの曲かくの!」
と、乗り出して来たので、またまたビックリ。
で…、で…、出来ませんけど、確かに。
そう言うプリンスも、毎回とってもとっても緊張するそうです。
謙遜だなー。またまた、ご謙遜を。

プリンスのジュリー名曲のカズカズ…じゃなくて数々を
急に聞きたくなりました。
精魂込めて書き上げたという新曲も楽しみです。

白崎映美さんが登場し、セッションも昨日とは
ちょっと違ったアレンジで楽しませてくれました。

映美さんが庄内弁で書いた曲「まづろわぬ民」。
従順でない、迎合しない民族、という意味だそうです。
苦難にめげない強い心を持った東北人への、映美さんの応援歌。
客席も一緒に声を揃えて歌います。

そのエンディングでプリンスは、なんと
エレキに持ち替え、グリグリなソロを披露。
ジミヘンやベンチャーズのフレーズも飛び出し、みんな大コーフン!!
いや、当然下山さんなら、その位朝飯前でしょうが、
プリンスがパープルヘイズやパイプラインを弾くなんて
見たことなかったから、何だか新鮮でした。

笑顔でアンコールを終えた後も拍手はやまず、
ダブルアンコールはROCK'N'ROLL GYPSIES <I>収録の
山口洋/作詞、下山淳/作曲「オールドギター」。

間奏のアルペジオが、泣けるほどきれいでした。
こうして、いつまでも終わらない夜はふけて行くのでした。

スポンサーサイト
23:41  |  ---  |  コメント(2)

2015.02.24 (Tue)

酒田ヘ行って来ました(プリンスふるさと凱旋ライブ第一夜)

下山さんの、ふるさと凱旋ライブに行ってきました。
21日土曜日,酒田市ブルースヒロさん、
22日日曜に、鶴岡市TRASH さん。
どちらも40人も入ったら一杯の小さなライブハウス。
プリンスのギターに密着です。

えーっ?酒田?鶴岡?遠くね?・・・って、
遠くないと言えば噓かもしんないけど、新幹線使えば半日で行けるし、
夜行バスに乗れば朝には着いてる。

それより、ふるさとでやるのを見に行く、っていう
この、他にはない、特別ななんともいえない・・・なんていうんですか、

まあ、一言で言えば珠玉の時間でした。

他では見れない、素敵なプリンスを堪能して来ましたよ。
行かなかったプリンスファンは一生後悔してね。うふん。(←意地悪)

ゲストには上々颱風の白崎映美さん。
上々というより、最近は東北六県ロールショーの主催が話題。

実は、私は彼女を見るのは3回目で、
最初は下北沢レディジェーンで下山さんと同郷競演、
二度目は下山さんの55歳記念ライブ、
何かとプリンスと縁がある七窪の地蔵さんプリンセスは
実は隣町出身同士なんですね。
お互いバンドをやっていたことから、高校生の頃から知っていた間柄。

「おっかねーぐで悪い“下山三兄弟”でのがおっでな」
(これで正しいかどうかわかりませんが、庄内弁は何かと音が濁ります)
「え、俺の弟、えみちゃんかわえぇーいっとったで」

そして客席にいるおじさま方。
しれっと座っていらっしゃいますが、実はプリンスの同級生だったり
元バンド仲間だったりするわけです。

初日,一番盛り上がったのは、ミッシェルさんの登場かな〜。
いや、登場っていっても、ただ客席で私の斜め後にいただけなんですが
え、フランスの方・・・じゃないですよ。
LAZYってバンドあったじゃないですか、あの影山ヒロノブ、
ミッシェルにちょっと似てたからついた、当時のあだ名だそうで、
いわゆるフツーのおじさまです。

最初映美さんが「ミッシェル、かっこえがったよね」と話を振り、
わかっていなかったプリンスが、映美さんに耳寄せ
「え,ミッシェルって、あの3列目の人?ミッシェルって、あだ名?だよね?」
「そうだよ、ごにょごにょごにょ」

そしてやっと確信が持て、大声で
「えーーーっ、ミッシェル,お前,ミッシェルか!あの、俺とバンドやってた!だよな??」

・・・と、30年ぶりにバンド仲間との再会。
やっとわかってくれたか、と嬉しそうに頷くミッシェルさん(あだ名)55歳。

「ミッシェル〜〜〜お前,顔変わんないな、歳くってもなぁ・・・でも・・・
見事にハゲちまったもんだなあ、おい!」
と、旧友の禿頭(スミマセン・・・)に大喜びのプリンス。

そのあともプリンスは、不意打ちの再会が本当に嬉しかったのか、
何かと言えばミッシェルさんに話を振り、
映美さんに「あんぢゃ、はやく歌さうだおうよお」
「それはうぢあげでやって」と、言われてしまう始末(笑)。

他にも子供の頃の打ち明け話とか、同級生の作った名曲(?)のこととか、
細かい楽しい話はあるんですけど、
それは、行ったものの心の中に。
だってプリンスも、地元だからした話もあるし、
そういうことを全部ネットで公開しちゃうのって、何か違うでしょ。

秘密にしてるわけじゃないけど、ブログではここまで。
もっと聞きたい人にはお話しするから、にごり酒でも呑みに行こう!

曲目はアコースティックギター中心に
ルースターズ時代の「鉄橋の下で」から「曼陀羅」まで。
ジプシーズでの十八番「黒の女」アコギバージョンや
ソロでしかきっとやらない「彼岸のほとり」、
このときはシーナの訃報にも触れ、「最近,納得出来ない別れが多過ぎるんだ;」と
つぶらな瞳に涙をいっぱい浮かべていたプリンスでした。

アンコールでは、大江ルースターズの名曲、「Do the Boogie」を。
このライブを企画して下さった同級生、
佐藤譲ジョーマモルさんとハモニカセッション!

実は下山さんと共通のお友達が亡くなられたことから
このライブが実現したとのことでした。。
お二人の,亡き友を偲ぶ演奏に胸が一杯になりました。

・・・わたしなんかがいてよかったんでしょうかね。(汗

と、言いつつ、行動は真逆で(笑)
私は最初酒田のみ参加で、日曜日は帰ってくる予定でしたが、
酒田の夜のあまりの楽しさと切なさに、
「夜行バス使って月曜の朝帰り着けば、仕事には間に合うじゃん?」と思いつき
急遽鶴岡参加も決意。

酒田から各駅停車で30分。
ゴトゴトと、二両のワンマン電車に乗って移動。

2015sakata01.jpg

2015sakata02.jpg

冷たく凛とした空気の中にある温かいもの。
車窓から見る、庄内の風景にひとり身を委ね、
プリンスを見るためにこんな遠くまで一人来てしまった自分を
「何やってんだ?私?」と思いつつ、
都会ではない、贅沢なひとときを過ごしました。

何となく、プリンスが何故あんなに美しくて切ないメロディを書くか
わかったような気がしました。

鶴岡編へ続く。

鶴岡ではまさかの○○トークが炸裂!
ちょっとだけバラしちゃおっかな?お楽しみに。
10:34  |  ---  |  コメント(5)

2015.02.19 (Thu)

ロックジェットさんありがとう!

でーぶーでを残さなくなって久しいスタンダードジュリコン。
虎でもなく、みそ汁にトマトでもなく(←懐かしい)
もちろんシェケナベイベーでもない
ジュリーと鉄人バンドのライブ。

それを「写真と記事」というかたちで
しかも「極上の記事」と「愛にあふれた記事」で
残してくれた雑誌、ロックジェット。

本当にありがとうございます!!!

ジュリーの写真はもちろんだけど、

やっぱ、そのジュリーはカラオケで歌ってるわけじゃないんだぞ、と
言わんばかりの鉄人さんたちの写真。

もう嬉しくて嬉しくて涙で前が見えなくて
なかなかブログを更新できませんでした。

・・・というわけではなく、そんな極上の写真を見て
畏れ多くも尊敬するsaba画伯と同じような気持ちに襲われまして、
「どうなってたか?肝心な細かいところを確認出来て」
嬉しくて描き直したくなり・・・

毎日仕事のあとによなべしてちびちびと、
5人を描いていたので、遅くなりました〜〜

まずは、もちろん愛するカズさん。

color_kazzs.jpg

やっぱり一番スイスイと筆が進むわ☆
最近は右足でギターを支えるようによくしているよね。
しかし、その可愛い口元は、どうやったら出来るのでしょうか。



お隣は泰輝さん。
color_taikis.jpg

キーボードが手抜きでごめんなさい〜
その代わり、いつもはつるっと描いちゃう頭を丁寧に描いてみ・・・
きゃーーーー、なんかビミョーになっちゃった!
たいきさんごめんなさい!!




グレース。
ロックジェットの写真、すごい可愛い。

color_graces.jpg


なははは・・・(笑って誤摩化す)、これもまたチョー手抜きな
ドラムセットでごめんなさい。。
でも、グレースの笑顔はそっくりに描けたかも!!!
グレースは、女の子ひとりでツアーでがんばってて
きっと大変なこともいっぱいあるだろうけど
でもそんなことおくびにも出さずにいっつもいこにこしてて、
本当に、芯のある笑顔には癒されます〜〜〜〜





そしてこれ結構自信作。


color_juns.jpg

指がにてるでしょ、指ッ!!
でも淑子さんが覗き込んで、「ちょっと素敵すぎじゃないの」とか
ひどいこと言って去っていったんですけど〜


そしてそして。

描いては見たものの、だめだーうまく描けないよー。
淑子審査員には「誰これ」の一言で終了でした。




↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓  


↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓  


↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓  


↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓  

color_julies.jpg

え?誰これ?
やっぱり?
エーン、そう言わないで。


むかーしに描いた虎じゅりで許して・・・
tgjulieS2_2015021904104967b.jpg


ロックジェットさん、60号(還暦号?)おめでとうございます。
これからもジュリーと鉄人バンドをよろしくです。
69号も楽しみです。え、ロックだから。

04:35  |  ---  |  コメント(3)

2015.02.11 (Wed)

バレンタインにいかがですか?

こんにちきゃ。
久しぶりのカズカズですきゃ。


valentinekazkaz01.jpg

「このそびえ立つものはなにきゃ。」

これは。。。しょあちんの作ったお菓子ですの。
いや,中身はお菓子やさんがつくったんだけどねえ、
箱のデザインをしたのよ。

「宣伝きゃ?」


せ、宣伝って,人聞き悪いわね,カズカズ。
自分のやったものが世の中に出るのは嬉しいじゃないの、、
だから、報告よ。


「なかはなにがはいっているきゃ?」


一口サイズのガトーショコラなの。
バレンタインデー用の限定発売ケーキ。


3pieces_img_2.jpg

ほら、こんなふうにして食べたらオサレでしょ。

味はプレーンなビター、オレンジピールを練り込んだオレンジ、
スライスアーモンドをトッピングしたアーモンド。



valentinekazkaz02.jpg


「こんなにいろいろあるきゃ」


あ、それはホワイトデー用のプチパウンドケーキ、
アップルと、ラムレーズンと、カカオシナモンなの。


「全部しょあちんが描いたきゃ?
カズおにいしゃんはどこにいるきゃ」



いや……かるたじゃないから……
全国のイ○ン・・・・の5%くらいの店舗の、
バレンタイン・ホワイトデーの特設コーナーに、おいてあるよ。


「5%って、少なすぎきゃ?」


弱小会社なもので、すいませんね。
『ケビンマルケッティ』という変な名前のブランドです。
一応,ルクセンブルクのシェフのレシピで作った、本格派のお菓子なんよ。

gateau_imgS.jpg



「クルミはないのきゃ?」


ない。
ホワイトデーではオレンジスライス入りも出る。

whiteday.jpg


実はネット通販でも買うことが出来るの。
このホームページもしょあちんが自分で作ったんよ。

http://www.goodies.co.jp/gy/km15/index.html



「なんだ、やっぱり宣伝きゃ」

そう言わずに…、もし何かに御用だてしてもらえたら嬉しいです……(^_^;)。

でも、しょあちんのお給料は変わらないきゃ。

そして今年も和おにいちゃんを追いかけるのに
そのお給料もいっぱい使ってしまうのきゃ。



10:03  |  ---  |  コメント(10)

2015.02.03 (Tue)

どうしても気になるの

というわけで2記事続けて更新します。
(追記:思うところがあり、ひとつ前の記事を消しました。
いろいろな見方があり、いろいろな情報もあります。
何を自分の意見として信じ、発信するかはとても難しいです。)

『日刊ゲンダイ』の記事に事を発した
ジュリーファンの心を千々に乱した事件も
そろそろ終わりにしましょ・・・

ちょっとまったあ!!!!!!!!

カズラー的にはちょっとまだもう一言
言っておきたいことがあるんですけどっ!!

このブログでもお知らせしました
ジュリーを事もあろうにネタにした番組『ワイドナショー』。
その内容は「かけ声」(後半は「野次」扱いへ変化)のほうが
空気を読んでいなかった,というスタンスで、
まあ,比較的好意的と言える解釈でしたけど。

でも,ネタにされたことには違いない。

YOUさんの「作らなくていいですよ〜」にはちょっと救われたけど。

いやいや,私が言いたいのは、そいうことじゃなくてですね。

stage.jpg

しょぼすぎるだろう,このバンド!!

ええ,事情解説に写真とか一切ないわけですから
裁判の法廷のようにイラストで再現、だったんですけどね。

なんじゃこりゃ〜〜〜
スカスカ〜〜〜〜
泰輝さんがいない〜〜〜
ドラムセットが描くの難しいからって
ジュリーで隠すな〜〜〜〜

あっ、もしかしてこれが「俺のグレースをみるな!」攻撃か!!

・・・んなわけない〜〜〜

R_G.jpg
カズさん。
ミョ〜なこのサラリーマンぽさはなんだ,しかも背でかいし。
あ、これもしかして,モニタの上に立ってるとか(ンなわきゃない)
使っているのはストラトですか,残念でした〜

だいたいカズさんはね、もっと客席見て
ラブラブ光線飛ばしてるんだからね。

L_G.jpg
ぶふわっ、吹いた・・・プリンス。
猫背だけあってる、でもそのレスポールっぽいシルエットは
プリンスには似合わない〜
若、どうされました、コスプレでございますか。

そうだ。カズさんと白い橋でもかけてみるか。

stage01.jpg

お,ちょっと雰囲気出て来た・・・

でも,橋の向こうにいる人があんなんじゃやだ〜やっぱり。


ん〜〜〜・・・
やっぱりジュリコンはこーでなくっちゃ!!

5pieces.jpg

これがホントの自画自賛。


01:43  |  ---  |  コメント(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。