2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.11.23 (Thu)

余熱チルドレン

♪12時半ちょうどの〜あずさ15号で〜
♪私は私は甲府コラニーホールへ〜
♪行ってきま〜したあ〜〜

ネタが古くて使い古されていて
面白くもなんともありません。
申し訳ございません。

甲府公演は、とってもいいライブになりました。

急に行けなくなったお友達の代打だったのですが
お友達に申し訳ないくらい楽しかったです。

7列目で見たジュリーは終始ご機嫌、TOKIOでジャンプするカズさんの
揺れるもりもりを目の前で見れて幸せでした。
驚いたのが会場のビビッドな反応。
最初のフィルムから歓声大。
50曲歌うという発言にもおおーと感嘆の声。
何より(各会場その傾向はありましたが)
時過ぎが始まったときの大歓声。さざ波のように寄せる拍手。
あー、この曲が一般的にはザ・ジュリーなのかなーと
今回のツアーで改めて思いましたね。
カズさんも弾きながら嬉しいんじゃないかなあ。
元祖より数ではもう俺だから・・・
そんな伝説のセリフも、もはや夢のようだと思い出します。
依知川さんのとグレースの寄り添うようなリズムワークが
下山さんのアコギのストロークを思わせて泣きそうになります。

コラニーホールは前の方が割とフラットで、立ち上がった瞬間に
当たり一面「頭の海」と言う感じでしたが
これは私が身長がそれなりにある(164cm)からで
背の低い人は埋もれてしまって「頭の山」かもしれません。
勝手にの壁塗りとか、ポラガのうぉ〜うぉ〜とか、
ロックンロールマーチのへいへいへいとか、
「腕の林」の中にカズさんは消えましたから。

で、今ツアー前半から比べると
カズさんの演奏もずいぶんリラックスして来た感じがします。
って、失礼なこと言ってますが、すみません。
でもね初日なんか、ほっそい糸が張ってちぎれそうな緊張感があったのよ。
青い鳥だって、あの弾き方マジかと思っちゃったし、
あ、それが今じゃ、あの縦移動の青い鳥、カズさんうまくなっちゃってるの。
それじゃタロさんと似てな・・・あ、いやなんでも。
せり出てくる時は、ほとんど目をつぶって、恍惚の表情で
手元なんかちらとも見やしない。
帰り際にこちらを0.5秒、そしてなぜかスキップで定位置へ帰るのね。
甲府公演の朝、AC/DCのギタリスト、マルコム・ヤングの訃報が伝えられたせいか
カズさんの濃いグレーのネクタイは弔意だったのかもしれないなんて思ったり。

ところで私、ちょっと可愛いジュリーを見ちゃいましたのよ。
♪あなたの写真を裏返し〜の曲のとき、
わりかし近くで♪あいらーびゅー、をやってくれたんですよ、
そうしたら、前の方のお姉様で飛びつくように「あいらびゅ返し」を
した方がいらして・・・その瞬間のジュリーの驚きよう。。。
「ひゃっ!こ、怖い!!」と飛び跳ねて去って行きました。
まるで少年のようでした。
わからなくもないけどさあ〜〜、ジュリー、そんな怯えなくてもいいじゃんね〜
ファンの方なんだからさ〜〜
と、おもわず吹き出してしまって、ごめんなさいです。

私の席の周囲は、私の前までが澤會席、
後ろからは多分主催者席だったんじゃないかと思います。
だって、私を境に後ろは全着席だったんですよ・・
げ、足利再び?
そう思って最初のうちはバラードは座ったりしたんですが
座ると見事に何も見えない。
つまり私が座ろうが立とうが後ろの人には関係ない。
後ろの方は、ジュリーのお姿が見たかったら立てばいいんです。
座ってても、声はきこえます。
その選択をご自分でされていたようで、
お化けは出ませんでした。

郷に入れば郷に従え、いや違うな
沢田に入れば沢田に従え、です。
初めてのレストランに行く時ドレスコードくらい調べるよね、
そういうことだとおもう。

コラニーホールは収容人数1989人、ジュリーが行く地方公演にしては
大きな会場のほうです。
ジュリーが思わず「2階3階の方〜」と言ってしまったのは
2階の上の張り出しの感じがNHKホールの3階席にちょっと似てるせい?
なんて思いましたが、その会場がいっぱいだったのも事実で
しかも反応ビビッドで、しかも変な合いの手とが、頑張れコールがない
(正確にはなくはなかったけど、いい感じにジュリーまで届かなかった)

最後ジュリーは、泣いていました(7列目調べ)。
たぶん。ホール満員のお客さんの前で歌える喜びで。
深々と頭を下げて、なかなか顔を上げなかった。

「私は1000人以上の大きなホールで、
一杯のお客様の前で歌いたかったんです。
それが高望みだったときもあったけど
年齢とともにすり減っていくものと戦いながら、
一生懸命やるしかなかった。」

・・・何度も聞いた話ですが、いつもより心にしみたのはなぜだろう。
ドームの余熱で9年間やって来たというのには、うなづきました。
ドームの年のお正月の「前夜祭」からの私は、まさに余熱チルドレン。
この9年間のこと、自慢できる私は、やっぱりジュリーが好きなんだな、と思いました。

なにをいまさらだよね。
スポンサーサイト
01:46  |  ---  |  コメント(1)

2017.11.14 (Tue)

愛と情熱のドラマー、GRACE

虹のグレイスS

ジュリーのライブのリズムを支えてくださっている
ドラマーのグレースさんのお母様が亡くなられたそうです。

ツアーで各地を巡るグレースさんは葬儀にも参列出来ず、
その夜も舞台でドラムを叩いたそうです。

おつらいでしょうね・・・

この後も北陸、九州と続くツアー。

グレースさん、どうかお身体は大切に、
ファンが何を言っても心は休まらないとは思いますが、

皆、あなたの音楽を心にしっかり受け止めます。
ありがとうございます。
14:05  |  ---  |  コメント(0)

2017.11.11 (Sat)

お出かけリュック

新しいお出かけリュックを買いました。

3泊くらいまでは行けそう、予定ないけど(T . T)


20171111103201fd9.jpg

荷物の見張り番、もりもりすくん。


20171111103159397.jpg

・・・にはならないようです。

10:36  |  ---  |  コメント(0)

2017.11.07 (Tue)

足利の奇妙な物語(2)

この記事は前回からの続きです。
足利公演で、意図せず着席を強要され、2曲目から
「座ってロックンロール」することになった、
しょあと友人のカズラー2人組。

しかも、静かな曲ではなく「君だけに愛を」で言われた故
もう「一生立てない」覚悟で座りました。

権利ってなんですか、思いやりってなんですか、自由ってなんですか。

その一帯は皆さん着席していました。
それどころか、手拍子もされない方が多かったです。
おしゃべり声も聞こえた。
でも、どうライブを見ても自由です。
ジュリーはそこに空席があるよりいい。
空席は一生ファンにはなってくれないけど、
手拍子しない人は、ある日立って手拍子始めるかもしれない、ジュリーの力で。
そのことに、ファンがどうこう言えない、言うことじゃないから。

そう頭で考えていたら、もう、テンションだだ下がり(笑)。
隣にいた友人曰く「しょあさん微動だにしなくなった」と。

すみません、私2時間半のライブを無事に乗リ切るために
薬を結構量飲んでいるんです。
座ってたらちょっと眠く・・・(えーーーっ??)

このまま終わっていいの?いや、イクナイ!!
私は決心しました。

カズさんとイチカワさんがせりで出る気配が見えた瞬間、
友人に一言「立つよ!」
彼女は再び立つなんて考えてもいなかったようで「えっ?えっ?」

私も確証があったわけでもなんでもなく、
ただ、ただ、

ストリッパーを座って聴くのは嫌だったたんです!!!

怒られたらその時座ればいい、それまで立とう、今まで我慢したんだもん。
ああ!立って身体を揺らすだけで、こんなに楽しいなんて!
友人と顔を見合わせて笑いながら、友達がいて良かった、って心から思いました。
左右に揺れる私達に、カズさんが真っ白な橋を架けてくれました。

後ろの奥様はなにも言いませんでした。

続くヤマトではすぐ着席したんですが、その時ふと思ったのです。
「後ろの奥様は、アップテンポだから立つ、スローバラードだから座る、
じゃなく、知ってる曲だったから、ジュリーのお顔が見たかった
そういうことじゃないのか?』

ポラロイドガールとか、とか、ロックンロールマーチとか、愛まで待てないとか、そのキスが欲しいとか、
そう言う曲で立たれても問題ないんじゃなかろうか?(ジュリーに失礼な発言かしら?)

そこで、「勝手にしやがれ」で立つのはやめてみました。

その後も立ったり座ったり。
友人から誘うときも、私から促す時も。
奥様から一切声をかけられなかったのは、呆れられたのか、我慢して下さったのか、
不安ではありますが。

カズさんはポラロイドガールで私達に「へいっ」てやってくれるし、
ジュリー全てお見通しのお顔で
♪君のきまぐれ、overexposure
と、「落ち込んだり張り切ったり大変ですなあ」と
笑われているようでした。
(都合よい妄想自由もジュリコンの魅力です)

今回、いつもとそんな状況ですから、
違う歌が心に染みました。
STEPPIN' STONES ジュリーの苦悩を思えば
お客のこんなストレスなんて、なんでもないことです。
本当に、ジュリーの長い苦悩に比べたら。
LOVE LOVE LOVE 愛こそすべて、なんですね。

でも学習はした(笑)。←チケットのこと
え、皆さんそんなの常識でした?

いやいやしかし、しかし。
もんのすごい四方八方に気を使ったライブでした、いろんな意味でもへとへと。
そして、さいごに「やらかして」しまったしょあ。
ここに激白します。

最後の最後、あの名曲、いくつかの場面で
安堵と疲労と薬の副作用と、あとなんだ、、、
ともかく言い訳はよいので事実だけ言うと、

寝ました、はい。

ごめんなさいごめんなさい、ホントごめんなさい、くたくただったんです心が。
本気で熟睡はしてないですよ、でも、
ジュリーの絶好調のお声も、カズさんのうつくしいひとりツインギターも、
記憶がなくはないんですけど、うっすら霧がかかった中で・・・。

人のことどうこう言う前に、お前が一番失礼なんだよって、
ホント思います、すみません。
いろんな気付きと思い出を残してくれた
2017年11月5日の足利公演、いろんな意味でずっと忘れません。
全ての人にありがとうございます。

あ、その後友人達との打ち上げでも、
サラダに髪の毛突っ込んで寝てたらしいですワタシ。以上おわり
12:23  |  ---  |  コメント(5)

2017.11.07 (Tue)

足利の奇妙な物話(1)

一昨日の日曜日、足利公演へ行って来ました。
その時、私は初めて奇妙な「アレ」に遭遇しました。
BGMは「世にも奇妙な物語」でどうぞ。

私の今期ジュリコンは5回目。
初日NHK、町田、前橋、静岡、と、だいたい月一ヶ月のペース。

澤會申込の時、私は入院していたので、
初日・町田以外は、後から一般発売で取りました。
少しでもいいお席を、と思ったので
このようなマイナーな場所(失礼)になったわけなんですが・・・。

昨日の足利で、初めて奇妙なアレに襲われて、屈してしまいました。

アレですよアレ。

座れお化け。


だって、いわれたの、ライブ始まって2曲目ですよ。
『君だけに愛を』でたつなって言われたら、もう立つとこないでしょ、
「もう一生立てない(←by友人のセリフ)」でしょ。

私と友人の席は、中央の通路を挟んでわりとすぐの上手寄り。
位置としてはジュリーもカズさんもとても見やすいお席でした。
ですが、そこは一般発売で取ったお席で、
周囲の客層は、あきらかにファンクラブ外のエリアとなっていたのでした。
ジュリーお初という不慣れな感じの人や、
地元風の年配の方達に囲まれ・・・

あ、地元の年配の方だから立たない、というわけではなかったんですけどね。
ひとりおじいさんで、ずーっと、MCもずっと、立って、
熱心に舞台を見ていらっしゃる方がいました。

ライブが始まり、いつものようにさあっ、とスタンディングの波がたつも、
目前の通路でストップ。
後方ブロックの人からは、座ったまま。
ワインに対して手拍子も見られません。

どこまでがファンクラブの人なのか、超わかりやすい(笑)。
いや、笑ってるばあいじゃなかった、その後方ブロックにいるんですから、自分たち。
でも、目の前に現れたカズさんの一ヶ月ぶりのシルエットに感動。
もりもりすくんにやっぱりそっくりだわ〜〜などと思いながら
いつも通りに立って踊り出す私達。
ところが、です。

2曲目のさなか、いきなり私はお尻をトンと触られました。
間違いかと思って、そのまま流していたら、もう一回、触られました。

「座ってくれませんか?見えないので」

は?
私は耳を疑いました。
今舞台ではジュリーがきみだけに〜、きみだけに〜、と
愛を振りまいて大盛りあがってるシーンなんですよ。

正直、隣の友人は「後列の人、座れって言いそう」と、開演前から予言(?)してました。
でも私は言われたら座ればいいや、と甘く見てました。
静かな曲の時は、座れば、と・・・

・・・甘かった。
きみだけに〜、きみだけに〜、で座れと言われたら
もうどんな曲がきても「一生立てない」じゃないですか!!!

言って来たのはご夫婦の奥様のほうでした。
お年寄り、というようなお歳ではありません。

「うっせー!お前が立てバーカ!!これがジュリーライブなんだよ、
ロックンロールなんだよ、こんな座高の低い椅子にチンタラ座って聴けるかぼけ」

なんて、言える訳もありません。

私と友人はくちびるを噛んで、着席しました。
ここで、座れ座らないで、もめて騒ぎになったらいけないという気持ちでした。

座ったから見えなくなるようなことはありませんでした(前も座っているので)。
でも、悔しい、悔しいくやしい。
涙出て来た。

ライブ開始の熱い空気の中、他ならぬ「君だけに愛を」で、
きゃあきゃあと手を振っていた(カズさんに)女達が
曲の途中でいきなり着席したので
小さな会場ですから、ジュリーも異変に気付いたかもしれません。
と、言うか、しばらくして気付いたんですけど、
その一帯だけが着席ゾーンだったみたいなんです。

繰り返すと、見えない訳じゃないんです。
ただ、座って聴くことがこんなに心地悪いって、初めて知りました。
いえいえ、あくまでもそれは個人の感覚です。慣れもある。
ただ、今の私は、今のジュリーのライブを座って過ごすのがつらかったです。

車椅子のひとだっているじゃないですか。
座ったら楽しめないなんてことはないんだよ、
頭ではそう思うんですが、心がいうことをきいてくれない。

自分の意志じゃなく、人に強制的に座らされた。
そのことが、心を傷つけてる。
そう自由ではないお金と時間と体力を工面してつくった
楽しみにしていたひとときを、ねじまげられたようで、
今にも泣き出しそうだったと言ったら、子供か!と笑われるでしょうか。。
後ろの方は、ジュリーが見えて満足でしょうか?

最初のMCで、ジュリーは
「会場一杯のお客様の前で歌えること、心より嬉しく幸せに思います」
と挨拶しました。
そうさ、そうね、ジュリーにとっては、私も後ろの方も同じお客様なんだもの。
私は消極的に、今日の自分の状況を受け入れることにしました。

さあ傷心のしょあどうなる!?
(2)へ続く
07:09  |  ---  |  コメント(0)
 | HOME |