FC2ブログ
2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2018.09.29 (Sat)

前記事の訂正

夜中にラブレター書いちゃいけないのと一緒で
夜中にブログ書くもんじゃない、と言ってた友人がいたけど、名言。

前の記事のMEG-CDについての内容はすべて
妄想
でございました。

ああ恥ずかしい。
ワタシ、LIBRARYが店頭やタワレコでも販売していると聞いて
てっきり在庫があるのかと思っていたのですが
そうではありませんでした。
注文を受けて、その都度つくっているみたいです。

そ、つまりジュリーは許可はだしたけど
お金を出してるのは私達ってこと。
「ユーザー」は私達だったわけですわ、ちゃんちゃん。

なぜそれがわかったと言うと、某店頭売りのものを購入に行き、
30分待たされた挙げ句「機械が壊れまして、ちょっと遅くなります」
と言われ、時間がなくなりキャンセルした、という
悲しいお話が・・・

壊れるって。ミュージックグリッドさん。
しっかり頼みますよ。

でも
どんな経緯で今回MEG許可されたものだろうと、
1位の実績は誇らしいことには違いないのだ。
スポンサーサイト
21:00  |  ---  |  コメント(6)

2018.09.27 (Thu)

LIBRARY再発売

LYBRARY.png

過日、8月22日に再発売になった
EXOTICSのアルバム、LIBRARYのことなんですけど。

あの、
EXOTICSってスペルも覚えにくいですけど
LIBRARYはもっとやだ。
LYBRALYとかLIVRALYとかRYBRALYとか
もう永遠に間違えられる。と思いません!!??
LとRとか、YとIとか、B(Vと間違う)とか、A(Eと間違う)とか、
そんな文字しか使ってない!
腹立つわ〜まったく。

え、私だけ?

それはいいんですけど。
カズ友さんが教えてくれました。」
これって、MEG-CDだってご存知でした?

MEG-CD?なにそれ、可愛いの?

私も知りませんでした。
MEG-CDとは・・・(以下転載文)

廃盤・製造中止になったレコードやCDを、ジャケット写真、歌詞掲載など、当時のデザインをできる限り忠実に再現し、CDパッケージとして復刻する商品です。
権利を正式に取得した音源をお客様のご注文によりオンデマンドで製造し、お届けいたします。
(TOWER RECORDS ONLINE よくあるご質問ページより)

ええっ、オ、オンデマンド?
てことは、一枚から可能なの?
シロートのコレクションみたいじゃね?
しかも、なんでもできるっていうわけじゃなく、「権利を正式に取得した」ものじゃなきゃ
作れないって言うのがミソ。

ワタシ、実は何かあるような気はしてたんですよ、この再発。
だって、今、このタイミングに変じゃないですか、エキゾて。
ケンさんもびっくりですよ。必然性がない。

冷静になって調べてみました。
本来、MEG-CDとはどういう経緯で出来たものなのか。

MEG-CDのホームページがありました。
行ってみると、まあ、演歌が目立ちますか。
JASRAC等権利者の許諾があるというのが大きなポイントです。
キャッチフレ−ズは
「昭和初期のSP盤から近年のCDまで、これまで入手困難だった作品が
数多くラインナップされています。」(MEG-CDのHPより)
でもこれ、どこまで本当に入手困難だったものが揃ってるかわかりませんけどね。
だってジュリーのは1枚もないですから。

そこでここがキーワードになってくるのです。
「権利を正式に取得した」つまり元のレーベルが「許可した楽曲だけ」
MEGのリストに入れられる。
って、何を、許可?

二次販売です。
私は、もしかしてMEG-CDって、違法コピーCD取り締まり対策で
生まれたものなのかもしれないという結論に達しました。
それなら、「許可した楽曲だけ」になるのもわかる。
もう二次販売を元のレコード会社やアーティストが許可してるんだよね。
だから当然MEGのリストに沢田研二やザ・タイガースの名前はありません。
あ、スパイダースとテンプターズはあったよ。(だからなに)

でも、二次販売なんて目的にLIBRARYが果たして需要があるのか(失礼?)
だいたいこのアルバムはれっきとした沢田研二プロデュースな訳だし
これだけジュリーが許可するって言うのも変な話で・・・

エーイ、もったいぶるな、しょあ!早く結論を言え!
はいはい、私が思うにですね、この再発は、

ジュリーが自分のお金で作ったCDなんではないでしょうか。っていうこと!

レーベルはミュージックグリッド、つまりMEG-CDの製作販売元です。
ユーザーから注文を受け、オンデマンドでCDを製造販売します。
では、LIBRARYの場合、「ユーザー」って、誰?

ジュリーでしょ。他に誰か可能性あるかな?
私はジュリーが一番濃厚だと思います。
ジュリーが許可して誰か他の人が作る?あり得ない。

カズさんは、これ私の私見なんですけど、
その実力の割に、ギタリストの業界の中では評価が低いと思うんです。
それは「自分のアルバムを作ってこなかったから」
毎年ジュリーに付きっきりの35年(あ、だいぶざっくり言ってます)ですからね。
下山さんなどは、バンドだソロだと、珠玉のアルバムをたくさん作っています。
(でもジュリー時代に何枚作ったかまでは・・・不確定情報ですみません)

今回のEXOTICSのLIBRARYの再発は、
ずっと自分に尽くして来た、そんな欲のないカズさんを思ったジュリーが、
俺の相棒がアルバムのひとつもなきゃあかんだろうと
CDをつくってくれた・・・と考えるのはまた、妄想ですか?

カズさんがどんだけジュリーとやる事を優先して大切にしてきて、
そんなカズさんをジュリーが信頼して誇らしく思ってる事は
私にも、よーーーっくわかります。

でもね、でもね、じゅりー、いっていい?

らいぶらりーじゃなくてYOKOSUKA BAY(by JULIET)がよかった。
(カズラー4000万人の声)


閑話休題。
かつてのアルバムの再発もファンはもちろん嬉しいし、
可愛いカズさんを広く知ってもらいたいけど、
何より私はこのジュリーのふたり体制の偉業が
カズさんのギタリストとしての評価も上げる結果に繋がって欲しいと思うし、
また、そう語り継がれる価値のある音源も「新たに」残して欲しい。

そう思っています。


あ、ちなみにこの再発がMEG-CDだと教えてくれたカズ友さんからの情報。
MEG-CD部門で現在売上トップですって!
え?どこどこ?

RANKING.png

あったよ。
1位だ、まぎれもなく。


タワレコのサイトでも「売れている順」に並べ直すと、
でてくるにゃ〜ン。

MEGCDTOP.png
14:36  |  ---  |  コメント(2)

2018.09.23 (Sun)

名文

ユーヤさんが、希林さんが亡くなった5日後に発表したコメントが
近年稀に見る名文だと思う。
自分覚え書きとして、分析しておきます。

全文(引用)


最期は穏やかで綺麗な顔でした。

啓子 今までありがとう。

人を助け 人のために祈り 人に尽くしてきたので 

天国に召されると思う。

おつかれ様。安らかに眠ってください。

見事な女性でした




一読して泣ける。
簡潔にて全ての要素が満たされている。
名文です。

では、自分的に、なぜ名文なのか解析してみる。



最期は穏やかで綺麗な顔でした。

まずは最初に、故人の身内としての立場の俺が発言しますよ、と宣言されてる。
非常にその辺微妙な方ですからね(笑)。
この一文で、故人が生前は大変お世話になり云々の身内の挨拶も含め、
自分の立ち位置まで全部包括しちゃってるわけです。
しかも、柔らかい言葉で。
既に名文の予感。



啓子 今までありがとう。

ここで文体は突然故人に呼びかける、これ前半の最大の山場。
「啓子」、これに勝る愛情表現の言葉があったら教えて欲しい。
しかも手あかがついてない。人々は心にどっかんと来る。
重ねて素直な言葉「今までありがとう」って、普通!普通過ぎる!
ああ素晴しき普通。
斬新と普遍の組み合わせに、大抵はここでノックアウトされましょう。



人を助け 人のために祈り 人に尽くしてきたので 

コッレも絶妙な言い回しですね〜
故人の女優業の偉業を讃えているようにも聞こえ、
「俺を助け 俺のために祈り 俺に尽くしてきた」
とも読めます。



天国に召されると思う。

この方の心はピュアなんだな、というのが垣間見える一文で、
個人的には一番好きなくだりです。



おつかれ様。安らかに眠ってください。

いさぎ良く「あばよ」て感じがロックンロールですね〜
でも、深読みすれば「疲れたね、俺も早く眠りにつきたいよ」
なんてユーヤさんの心細いお気持ちも、裏にはあるような。
え、我が家だったら、「お前には本当に疲れたよ、もうずっと眠っててくれよ」
てな感じですか?(我が家ってどこだよ)



見事な女性でした

最大の見せ場、決めどころ。
ひとことで樹木希林さんという人の人生を、全てを言い尽くしてる。天才だと思う。
これをユーヤ語に翻訳すると「ロックンロール」ですね。
最後に、句点はありませんでした。



以上、勝手な戯言を失礼致しました。


ユーヤさんはご自身のことはどこにも書いていないけど、
ユーヤさんの心の痛みが十二分に伝わってくる名文。
やはり、ただならぬ才を感じます。

希林さんの見る目は、確かだったんだろうなあ。




11:38  |  ---  |  コメント(2)

2018.09.19 (Wed)

朝日の当たる家

徹子の部屋スペシャルで樹木希林さんがこんな話をしていらしたのを耳にしました。

徹子「あなた,亡くなる時にはご主人の曲を聞きながら息を引き取りたいとおっしゃったんですって?」
希林「ああそれはね、聞く人がそう聞くからそう答えざるを得なかっただけなんですけどね、」

(笑)
それはともかく。

希林「主人の歌う「朝日の当たる家」って曲が好きなんです」

ここで、ユーヤさんのハウスオブザライジングサンがかかる。
おおっ、懐かしい。。。
忘れもしない2009年、ドーム公演あけた二月、C.C.Lemonホールでの
『決めてやる今夜』公演で聞いた歌声を思い出す、そして

この時、カズさんがソロを弾いたのでした。

カズラーらしい情報でしょう、ふふふ。
え、そんなのもちろん知ってる?


あのときはユーヤさんはユーヤさんのバンドを連れて来ていたし、
ジュリーはもちろん鉄人バンドがしっかり脇を固め
それぞれ交互に演目を披露してたのだけど、
なぜか、朝日の当たる家では、ピンクのシャツを着たカズさんが
ズズズイとユーヤさんの前に出て来て、ソロかましまくったのです

それはなんでだったのかは未だにわからないけど。

スタンダードを弾くカズさんはどっしりしていて、小さな身体がおっきく見えました。

この後のギタリスト3人による、ジョニービーグッド合戦の話はまたの機会に。

徹子さんは
「この曲って、娼婦の家の曲なのよね」
と言いました。
あまりにスタンダード過ぎて歌詞を読んだ事もありませんでしたが
二通りの解釈があると知りました。

娼婦の家、と徹子さんが言ったのはボブ・ディランが歌う内容、
そうでないものに、アニマルズの歌が有名です。
どっちかっていうと、アニマルズのほうが、有名なんじゃないかなあ。
ニューオリンズの不良少年が大人になって、
他の土地で犯罪を犯して、また朝日の当たる家(刑務所)に戻る、という曲。

それより以前からあったもとの曲は、アメリカ民謡で
朝日の当たる娼館で、自分の半生を歌った歌。
曲調にはこちらの方があってる気がするのですが、


  その家はニュー・オーリンズにあって
  朝日楼と呼ばれてる
  そこはたくさんの哀れな娘が身を持ち崩したところ
  そしてあたしもそのひとり

  あたしの恋人はギャンブラーで
  ニュー・オーリンズにいりびたり
  ギャンブラーに必要なものは
  スーツケースひとつにトランクひとつ
  彼が満たされるときは
  お酒におぼれているときだけ

  妹よ、わたしのようになってはだめよ、あの、
  ニュー・オーリンズの朝日楼には近づいてはダメ




ユーヤさんの歌っているのは、おそらくアニマルズバージョンでしょうけど
(ロックンロールですから)


希林「人様の曲ですけどね、ヒット曲がないのが取り柄みたいな人ですから」

と笑いながら、ユーヤさんの声で、この曲が流れたときの
希林さんの優しそうなお顔が忘れられません。

ご冥福をお祈りします。
17:02  |  ---  |  コメント(4)

2018.09.17 (Mon)

安室奈美恵さんの引退について

念のため,私はカズラーであって、アムラーではありません。

安室ちゃんの曲も、CAN YOU CELEBRATE? と、SWEET 19 BLEUS と
TRY ME〜私を信じて〜 と、 NEVER END と、Heroと
まあ、そのくらいしか知らなくて、それって
ジュリーでいうと

勝手にしやがれと、時の過ぎ行くままにと
LOVE〜抱きしめたい〜と、TOKIOと、ストリッパーと、
まあ、そのくらいを知ってる程度のことで、

まあともかく、安室ちゃんにはわかったような事は言えるほど
何も知らない私ではあるんですけど、
感じている事を一言。

何で引退しちゃうの?

もちろん、いろいろ理由はあると思います。
ま、本当のところなんて、わからないとは思いますが、
印象として、

まだまだ歌えて、踊れて、
みんな歌を聴きたくて、安室ちゃんを見たい人がいっぱいいて、
「あたしの人生いつも安室ちゃんに勇気もらってきました」って
ファンの人みんな目を潤ませてて
なのに、なんのために引退を選んだの?

と、どうしても思っちゃうわけです。
一言で言えば「もったいない」。

何かつらい時に聞きたくなるようなパワーがあるのは、私でもわかる。
そして、わかんないのは、
何よりも、安室ちゃん自身が歌って踊るのが大好きなのに、
なんでやめちゃうの?
歌と踊り以上に、あなたの人生に大切なものがあるの?

一世を風靡した安室奈美恵も、40歳。
疲れて立ち止まりたくなったのかもしれないし、
美しいまま幕を引く美学も考えているのかもしれないし。

でも、引退はしなくていいんじゃないかなあ。
だって、安室ちゃんは、歌が好きなんだもの。
好きな事やらないで、何の人生だというのさ。
50歳の安室ちゃん、全然おっけー。
還暦の安室ちゃん、まだ踊りはキレてるね。
古稀の安室ちゃん、ヒット曲出してそうだ。

何よりあんなに求めているファンを置いて行くなんて
だめでしょ。
タッキーとかも電撃引退だけど、アレは、むしろ、彼がやりたいことへ
一歩踏み出す訳で、それならわかる。
ファンも納得して応援するよね。
歴史の中では山口百恵さんの引退なんかが有名だけど
彼女は三浦友和の妻になりたかったんだよね、心から。
それを貫き通したんだよね、ある意味すごい。
普通の女の子に戻りたかったキャンディ—ズ、
普通のおばさんに戻りたかった都はるみは、普通に飽きてしまって
結局戻って来たのは当然だと思う。

ジュリーは、一回も歩みを止めてないから
ファンは、ジュリーが歌っているのが当たり前だと思っているけど
これは、本当に幸せなことなんだよね。
自分さえ思い立てば、ジュリーは1年中(ほぼ)、どこかで歌ってるから会いに行ける。
ジュリーだっていろんな葛藤があって、山越え谷越え
ここまでやって来た意地もあろうし、
自分らしい最後を刻みたくて、このOLD GUYS体制に挑戦してるんだから
私は、何も言う事なんかない。
ジュリーがやりたいようにやればいいと思う。

何を迷う事があるのか。
ジュリーとカズさんが好きなら、見に行けばいい。
気にいらなきゃ、好きなタイプの音楽は他にいくらでもあるのだから
そちらを見に行けばいいだけだと思います。

ジュリーは誰がなんと言おうとかっこいい。
そして、私のスタンスとしては、
カズさんもジュリーに負けないくらいかっこいい。

話があっちゃこっちゃ行きますが
安室奈美恵さん、とりあえず今は一区切り、
お疲れ様でした。
これからの人生の舞台を、どこで何をすることに決めたとしても
そこに、あなた自身が一番好きなものが、あることと、
あなたを心から必要としている人々が、いる限り

安室奈美恵の輝きはきっと永遠に続くのだとおもいます。
05:40  |  ---  |  コメント(2)

2018.09.03 (Mon)

太田公演へ行ってきました

出遅れた私も、今年二回目の公演、太田市民会館へ行って来ました。
改修したての新築のきれいなホールで、
カズさんのよーく見えるお席で堪能してきました。
こんな良席は今年はもう最後かもなあ。

そしてそして。
ジュリーのなんと優しくて幸せそうだったこと。
大好きなカズさんとふたりでツアーを回れている喜びと、
それが次第にファンに受け入れられて来ている手応え、
そんな充実感に満ち満ちた輝きにキラキラ包まれていました。
そうか、クラウンの衣装はそういう意味だったのか。

もう、終始笑顔、カズさんのソロには、この上ない暖かい視線、
そしてなんと
私は「俺のカズを見るな攻撃」を一回も受けませんでした!
こんなことは初めてです。
「俺のカズだからどうぞみてやって」てなもんです、なにその余裕!

アンコールでカズさんを紹介する時
「歌ってて楽しいし気持ちいい」「素晴しい、相棒です」とジュリーが言った時、
不覚にも涙が出そうになりました。

「手軽に見えて重い事をやりたかった。
 それがギター1本でツアーを回るという事だった。
 そして僕はそれで歌えるんです。そのために50年やって来たんです。
 僕は楽器の中でもエレキギターが好き。
 その音を多彩に駆使できるギタリストと二人で回りたい、そう思っていた。」

 「和気あいあいより緊張感の中でやりたい。
 ギターも伴奏だけでなく、どんどん出て来て欲しい思った。
 けど、還暦の時に人気が増えてしまって,ファンじゃない「お方」がついてくるようになった。」
 (サインを欲しがるオタク、と呼んでいました)

(中略)
「だから古稀の時には好きにやりたいと思ってた。
 もちろん別の形も考えてみたりした。(←これは初聞き)
 でも,相手がある事だから、いちど
 岡山の隠微なバーで、僕はまあ、お酒を飲んでいたんですけどね、
 お酒飲んだからって、調子に乗ったりはしませんよ私は。・・・エッチになるくらいかな、少し。
 で、カズさんを呼んでね・・・・・・」

この後、エッチになったジュリーは、カズさんを隣に呼んで何をしたんだろうかと
妄想が頭の中を駆け巡り,ジュリーの話も聞こえちゃいない私なのでした。

01:17  |  ---  |  コメント(2)
 | HOME |