FC2ブログ
2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2018.09.19 (Wed)

朝日の当たる家

徹子の部屋スペシャルで樹木希林さんがこんな話をしていらしたのを耳にしました。

徹子「あなた,亡くなる時にはご主人の曲を聞きながら息を引き取りたいとおっしゃったんですって?」
希林「ああそれはね、聞く人がそう聞くからそう答えざるを得なかっただけなんですけどね、」

(笑)
それはともかく。

希林「主人の歌う「朝日の当たる家」って曲が好きなんです」

ここで、ユーヤさんのハウスオブザライジングサンがかかる。
おおっ、懐かしい。。。
忘れもしない2009年、ドーム公演あけた二月、C.C.Lemonホールでの
『決めてやる今夜』公演で聞いた歌声を思い出す、そして

この時、カズさんがソロを弾いたのでした。

カズラーらしい情報でしょう、ふふふ。
え、そんなのもちろん知ってる?


あのときはユーヤさんはユーヤさんのバンドを連れて来ていたし、
ジュリーはもちろん鉄人バンドがしっかり脇を固め
それぞれ交互に演目を披露してたのだけど、
なぜか、朝日の当たる家では、ピンクのシャツを着たカズさんが
ズズズイとユーヤさんの前に出て来て、ソロかましまくったのです

それはなんでだったのかは未だにわからないけど。

スタンダードを弾くカズさんはどっしりしていて、小さな身体がおっきく見えました。

この後のギタリスト3人による、ジョニービーグッド合戦の話はまたの機会に。

徹子さんは
「この曲って、娼婦の家の曲なのよね」
と言いました。
あまりにスタンダード過ぎて歌詞を読んだ事もありませんでしたが
二通りの解釈があると知りました。

娼婦の家、と徹子さんが言ったのはボブ・ディランが歌う内容、
そうでないものに、アニマルズの歌が有名です。
どっちかっていうと、アニマルズのほうが、有名なんじゃないかなあ。
ニューオリンズの不良少年が大人になって、
他の土地で犯罪を犯して、また朝日の当たる家(刑務所)に戻る、という曲。

それより以前からあったもとの曲は、アメリカ民謡で
朝日の当たる娼館で、自分の半生を歌った歌。
曲調にはこちらの方があってる気がするのですが、


  その家はニュー・オーリンズにあって
  朝日楼と呼ばれてる
  そこはたくさんの哀れな娘が身を持ち崩したところ
  そしてあたしもそのひとり

  あたしの恋人はギャンブラーで
  ニュー・オーリンズにいりびたり
  ギャンブラーに必要なものは
  スーツケースひとつにトランクひとつ
  彼が満たされるときは
  お酒におぼれているときだけ

  妹よ、わたしのようになってはだめよ、あの、
  ニュー・オーリンズの朝日楼には近づいてはダメ




ユーヤさんの歌っているのは、おそらくアニマルズバージョンでしょうけど
(ロックンロールですから)


希林「人様の曲ですけどね、ヒット曲がないのが取り柄みたいな人ですから」

と笑いながら、ユーヤさんの声で、この曲が流れたときの
希林さんの優しそうなお顔が忘れられません。

ご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト
17:02  |  ---  |  コメント(0)

2018.09.17 (Mon)

安室奈美恵さんの引退について

念のため,私はカズラーであって、アムラーではありません。

安室ちゃんの曲も、CAN YOU CELEBRATE? と、SWEET 19 BLEUS と
TRY ME〜私を信じて〜 と、 NEVER END と、Heroと
まあ、そのくらいしか知らなくて、それって
ジュリーでいうと

勝手にしやがれと、時の過ぎ行くままにと
LOVE〜抱きしめたい〜と、TOKIOと、ストリッパーと、
まあ、そのくらいを知ってる程度のことで、

まあともかく、安室ちゃんにはわかったような事は言えるほど
何も知らない私ではあるんですけど、
感じている事を一言。

何で引退しちゃうの?

もちろん、いろいろ理由はあると思います。
ま、本当のところなんて、わからないとは思いますが、
印象として、

まだまだ歌えて、踊れて、
みんな歌を聴きたくて、安室ちゃんを見たい人がいっぱいいて、
「あたしの人生いつも安室ちゃんに勇気もらってきました」って
ファンの人みんな目を潤ませてて
なのに、なんのために引退を選んだの?

と、どうしても思っちゃうわけです。
一言で言えば「もったいない」。

何かつらい時に聞きたくなるようなパワーがあるのは、私でもわかる。
そして、わかんないのは、
何よりも、安室ちゃん自身が歌って踊るのが大好きなのに、
なんでやめちゃうの?
歌と踊り以上に、あなたの人生に大切なものがあるの?

一世を風靡した安室奈美恵も、40歳。
疲れて立ち止まりたくなったのかもしれないし、
美しいまま幕を引く美学も考えているのかもしれないし。

でも、引退はしなくていいんじゃないかなあ。
だって、安室ちゃんは、歌が好きなんだもの。
好きな事やらないで、何の人生だというのさ。
50歳の安室ちゃん、全然おっけー。
還暦の安室ちゃん、まだ踊りはキレてるね。
古稀の安室ちゃん、ヒット曲出してそうだ。

何よりあんなに求めているファンを置いて行くなんて
だめでしょ。
タッキーとかも電撃引退だけど、アレは、むしろ、彼がやりたいことへ
一歩踏み出す訳で、それならわかる。
ファンも納得して応援するよね。
歴史の中では山口百恵さんの引退なんかが有名だけど
彼女は三浦友和の妻になりたかったんだよね、心から。
それを貫き通したんだよね、ある意味すごい。
普通の女の子に戻りたかったキャンディ—ズ、
普通のおばさんに戻りたかった都はるみは、普通に飽きてしまって
結局戻って来たのは当然だと思う。

ジュリーは、一回も歩みを止めてないから
ファンは、ジュリーが歌っているのが当たり前だと思っているけど
これは、本当に幸せなことなんだよね。
自分さえ思い立てば、ジュリーは1年中(ほぼ)、どこかで歌ってるから会いに行ける。
ジュリーだっていろんな葛藤があって、山越え谷越え
ここまでやって来た意地もあろうし、
自分らしい最後を刻みたくて、このOLD GUYS体制に挑戦してるんだから
私は、何も言う事なんかない。
ジュリーがやりたいようにやればいいと思う。

何を迷う事があるのか。
ジュリーとカズさんが好きなら、見に行けばいい。
気にいらなきゃ、好きなタイプの音楽は他にいくらでもあるのだから
そちらを見に行けばいいだけだと思います。

ジュリーは誰がなんと言おうとかっこいい。
そして、私のスタンスとしては、
カズさんもジュリーに負けないくらいかっこいい。

話があっちゃこっちゃ行きますが
安室奈美恵さん、とりあえず今は一区切り、
お疲れ様でした。
これからの人生の舞台を、どこで何をすることに決めたとしても
そこに、あなた自身が一番好きなものが、あることと、
あなたを心から必要としている人々が、いる限り

安室奈美恵の輝きはきっと永遠に続くのだとおもいます。
05:40  |  ---  |  コメント(0)

2018.09.03 (Mon)

太田公演へ行ってきました

出遅れた私も、今年二回目の公演、太田市民会館へ行って来ました。
改修したての新築のきれいなホールで、
カズさんのよーく見えるお席で堪能してきました。
こんな良席は今年はもう最後かもなあ。

そしてそして。
ジュリーのなんと優しくて幸せそうだったこと。
大好きなカズさんとふたりでツアーを回れている喜びと、
それが次第にファンに受け入れられて来ている手応え、
そんな充実感に満ち満ちた輝きにキラキラ包まれていました。
そうか、クラウンの衣装はそういう意味だったのか。

もう、終始笑顔、カズさんのソロには、この上ない暖かい視線、
そしてなんと
私は「俺のカズを見るな攻撃」を一回も受けませんでした!
こんなことは初めてです。
「俺のカズだからどうぞみてやって」てなもんです、なにその余裕!

アンコールでカズさんを紹介する時
「歌ってて楽しいし気持ちいい」「素晴しい、相棒です」とジュリーが言った時、
不覚にも涙が出そうになりました。

「手軽に見えて重い事をやりたかった。
 それがギター1本でツアーを回るという事だった。
 そして僕はそれで歌えるんです。そのために50年やって来たんです。
 僕は楽器の中でもエレキギターが好き。
 その音を多彩に駆使できるギタリストと二人で回りたい、そう思っていた。」

 「和気あいあいより緊張感の中でやりたい。
 ギターも伴奏だけでなく、どんどん出て来て欲しい思った。
 けど、還暦の時に人気が増えてしまって,ファンじゃない「お方」がついてくるようになった。」
 (サインを欲しがるオタク、と呼んでいました)

(中略)
「だから古稀の時には好きにやりたいと思ってた。
 もちろん別の形も考えてみたりした。(←これは初聞き)
 でも,相手がある事だから、いちど
 岡山の隠微なバーで、僕はまあ、お酒を飲んでいたんですけどね、
 お酒飲んだからって、調子に乗ったりはしませんよ私は。・・・エッチになるくらいかな、少し。
 で、カズさんを呼んでね・・・・・・」

この後、エッチになったジュリーは、カズさんを隣に呼んで何をしたんだろうかと
妄想が頭の中を駆け巡り,ジュリーの話も聞こえちゃいない私なのでした。

01:17  |  ---  |  コメント(2)
 | HOME |