FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2018.11.01 (Thu)

清水マリナートだぜい

台風何号だか忘れてしまいましたが
東日本JR初の計画運休にぶつかってしまって
中止となってしまった静岡公演(以上ジュリーのMCより)
の代替公演、清水マリナートへ行って参りました。

ジュリー、正確にはJR東海ね、ここいらへんは。

ジュリーは、静岡が中止になった事をとても残念に思いながら
嵐の夜を過ごしたと言ってました。
できたんじゃね?とも言いたげな勢い、いや言ってたかな?
・・・できないできない。
なんかやっぱ、普通の人と判断基準が違うわジュリーは(笑)。
私は静岡のホテルで停電もくらって、翌日自宅に戻ったら
駐車場に車ではないものが停まっていました。
どこかから突風で吹っ飛んできた物置きともいうそうです。

物置


そして、静岡ではなく清水に替わったわけですが
「ホールも新しいし、いいとこじゃあ〜りませんか。
清水マリナートだぜい!」とジュリーは言いました。

・・・絶対夜は刺身三昧の飲み会だな。
清水は港町なので、おいしい寿司や魚介どんぶりのお店等が
いっぱいありました。
いえ、私は抜歯後で食べていませんけどね。

そーなんですよ川崎さん。
私、数日前から突然襲ってきた歯の激痛、
正確には歯の根っこの先が化膿してハレルヤ〜〜
だったんです。
しかし意を決して、清水前日に抜歯。
口の中に膿みためてるより、すっきりしました。
抜歯痛なんてロキソニンで抑えて、意地でもやって来たわけです。

というのも、私ったら三回連続でおあずけくらってたんです。
静岡、たまアリ、そしてその間には、これはあくまでも私用なんですが
時間がなくて、どうしても横浜アリーナに行けなくなるという不幸もあり、
3公演も流していたんです。

カズさん・・・
あんまり長い事会わないと、あなたの髪の毛が真っ白になっていそうで・・・

もうとっくに真っ白ですけど何か。

真っ白なブラックジョークは置いといて、
新幹線が止まらない清水まで在来線で、
夕暮れの赤富士をゆっくり堪能しながら、向かう。

まあ、いろいろありましたが、
万障繰り合わせて愛する人に会いに行くって
とっても幸せな事です。

そんな気持ちをわかってくれた澤會さまは
元々の静岡のチケットが4列目だったのに、一列前進の3列!
カズさんの蛇のように動く指先までしっかり見えるじゃあ〜りませんか。

わりといつもカズさんの左手(コードを抑える手)を見ていた私ですが、
昨日は逆でした。右手のマジック(弦を鳴らす手)に悩殺。

実は私、ウクレレを始めたんです。
まだまだへたくそですが、結構ハマってて、
そしたら永遠のギター小僧、別名うんちくのおじさんD氏が
ジュリー曲のウクレレ楽譜をくださったんです。
で、早速練習してみたのが
「風は知らない」と「雨だれの挽歌」。
よたよたですが、あのイントロのアルペジオもどきが
カズさん風に弾けるんです。もー、楽しくて楽しくて。

そして改めて先生(カズさん)の演奏を聞いて、どっひゃーーー!!!

メリとハリ、流れ、リズム、強弱に情感。
この世のものとは思えない表現力。
えっ、本当にそこにあるのは6本の弦だけなの??

アルペジオ←→ストロークの切り替え、ミックス、
弦の鳴り、響き、共鳴、いやいや、そんな陳腐な言葉では言い表せない深い音、
指の使い方、腕の振り方、前から知っていたはず見ていたはずなのに
えっ、そのドラえもんの手はなに?とか
もうホントシロートでごめんなさい。

カダラ斜めにして魔法使いの技に魅入られていたら、
ジュリーに「俺のカズを嫌らしい目でみるな!」と
カズさんとの間に仁王立ちされてしまいました。

ごめんなさい〜〜ジュリー。
正確には「カズさんの右手」を見ていたんだけど。

そう、もちろんジュリーもよく見えた3列目。

気付いたんですが、もしかしてジュリーの衣装、
ピエロ(クラウン)は後半 “お坊さんの袈裟” に変身してるのではないですかねえ?
肩を脱いでいるのが左右逆ですが
(本物の袈裟は右肩を脱いでいる:ジュリーは左肩)
クラウンのボタンの丸いポンポンが、袈裟の梵天みたいに・・・
後ろ姿を見ると、完璧に袈裟です。
これも前方席だから気付いた事。
反対サイドに行く時、意外と後ろ姿が良く見えるんです。
というか、私がそう感じただけですが。
もしそうだとしたら、
ジュリー僧侶は誰を弔っているのでしょう。

あと、3列目だから見えた情報をひとつ。
見ていた私自身、解せないんですけどね。
ジュリー、マンジャーレの途中から泣いてた・・・?かも?

近くに来た時に、右の瞳にキラッと光るものが見えたので
「うわっ。少女漫画みたい」
と、思ってよく見たら、両目に涙がたまっているように見えて。
え?なんで?泣く理由はなに?
と思っても見当つかず、見間違いかなと思っていたら
そのうち目鼻が赤くなって、明らかな泣き顔になってきました。
涙こそこぼさなかったけど。。。

アンコールのMCのときに、
「鬼籍に入られた方々がお見えになってるかも」
と言いまた「私にははっきり誰だか見えてるんですけどね」
言い切っていました。

ジュリーの歌声。カズさんのギター。本当に気持ちよかった。
以下思い出す事ランダムに。

FAPP>
なんだかもうすっかりバラードポジションですよね。
手拍子する人はなく、身体を揺らす人さえいました。

あなただけでいい>
この曲に入る瞬間に声が変わってる事にいつも驚きます。
ちょいちょい歌詞抜け追っかけ歌いがありましたけど
それもしのぐ、あぁ〜〜〜ん、の大迫力!!
ところで、カズさんの演奏がスローだと言う話をよく聞くのだけど
全然そんな事はないと思うけど、この曲に限っては
前より遅くなっているような気がする、さすがに。

核なき世界>
ジュリーが最初に手拍子を煽るんですけど、
4拍子で・・・えーと、
すみません、それは表ですか?
ちょっとなんか間が抜けたような感じがして気持ち悪かったのですが
あの曲はやっぱり裏ですよね。
というか私は8拍子で叩きたいくらい、裏とか表とか考える間もなく。

ACB>
2018年クタばってなかった〜って普通に歌ってましたが、これがいいと思いました。
ちなみに、私、この曲で自分の身体が熱くなって舞い上がるのを感じました。
この辺の曲が好きなんだなあ。2000年以降の曲。

マンジャーレカンターレアモーレ>
「ダダダダダダ・・・歌ってくれや!」と言われました。
あの、これ、私からのささやかなご相談なんですけど
♪そうさ、マンジャーレ、カンンターレ、アモーレ、のあと
「ベラヴィータ!」って客席で掛け声入れません?
あそこなんもないと、何か足りない気がしちゃって。
一人で頑張ってみましたが、かき消されてました。
そして、この曲のカズさんの歌声が大きくて幸せだった〜〜〜

Rock'n roll march>
最初の頃正直ちょっとクエスチョンで聞いていた
アレンジだったんですが、もはや違和感なくなりました。
でね、友達が言ったんですけどカズさんのソロを聞いてる
ジュリーが、すっちー&吉田の「終わんのかと思たら、こっち終わらへんのかい!」
みたいだっだと。。。何だそりゃ(爆笑)
耳まで真っ赤にして弾いてたカズさん、ギターは最高にキレッキレだったけど、
どんなお顔してたかは、ジュリーのみぞ知る。。。
優しいお顔で笑ってました。
あ、この曲もカズさんの歌声が大きくて幸せだった〜〜〜
その他>
・アンコール前に引っ込む時に、ジュリーは「着替えて来まーす」と言って引っ込みました。
・投げキッスはありませんでした。
・「♪愛してるとひとこと言えなくて・・・って、言えよ!お前。ダメもとじゃん!」と、
昔の歌詞にツッコミ入れていました。
・たまアリの事を「内々の問題で何の混乱もなく収集していたのに・・・」とおっしゃいました(笑)。
・「こんな服も持っている、というのを見せたくて、私は出て行きました」会場和みマクリマ大爆笑。
・ジュリーが、こんな自分を「厄介」だと思いますと言ったら、前の席のお姉様が「はい」と大きな声で御返事していられました。
・これからの僕らには「引退」はない。倒れるまでカズさんとふたりだけで。
・根っからのギターマン、柴山和彦さん。

この挨拶のときのカズさんがすごくカッコよくて素敵で
たてがみ王子でした。
逆立て王子




帰りの電車の中で、暇に任せて今日の思い出、
まぶたの裏のカズさんを書きました。
岩爺-01
出て来た瞬間友達と「高っ!」と声を出してしまいました。
ギターチェンジの邪魔にならないように少し右に倒した毛先は
内側にチューブを巻いていました。

どこかで見た事あると思った後頭部は、他ならないカズカズでした。

後ろ姿のカズカズ02
スポンサーサイト
02:22  |  ---  |  コメント(0)
 | HOME |