2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.11.23 (Tue)

<緊急発表>プリンス物語第三話「爺の贈り物」

広い・・・ここは、どこだ、
広い部屋、いや、違う、
部屋が広いんじゃなくて、俺が小さいのか・・・

爺「泣いても無駄でございます、若」
俺「ふぇ~~ん」

な、なんだ、俺は泣いているのか?
いや、これは、本当に俺か?子供じゃないか、まだ。

爺「若はまだお小さくても、霊界王朝の跡継ぎでいらっしゃいます。
  ボトルネック奏法くらい出来なくて、どうしましょう」
俺「でも、じい、ぼく、もうお指がいたい・・・」
爺「それは、若が間違った持ち方をしているからです」
俺「ぼくには、出来ないよぅ」

爺「・・・若」
俺「なぁに?」
爺「苦手な事を克服するためには、何が必要だと思いますか?」
俺「うんとね、がまんすること」
爺「違います」
俺「がんばること」
爺「間違いではないですが、その前にもっと必要なことがあります」
俺「わかんない」

爺「それは、勇気を出す事です」
俺「ゆうき?」
爺「そうです。やってみようと思う勇気。自分には出来ると思う勇気。
  わかりますか?」
俺「ぼくも・・・きれいにシュライド使えるようになる?」
爺「スライドですね。大丈夫です。信じる事です。やってみることです」


俺「・・・夢、夢か?」

ふっ、うたたねしていたらしい。小さい頃の夢を見ていた。
あれは、爺に子供の頃ボトルネック奏法の特訓を
受けた時の事だったな・・・。

爺、どうしているかな。
もうここへは来てくれないのかな。
霊界のプリンスの座を捨てて、沢田さんと鉄人バンドに
身を尽くす決意をした、こんな俺の事は
もう忘れてしまっただろうか。

ん?

これはなんだ?

気が付くと、見慣れないものが枕元にあった。
紅い、タンバリン・・・?
なんだ?これ?
おや、メモがある。

写真

じ、爺!
俺が寝ている間に来たのか!

・・・爺のくせに字が汚い・・・

まあそれはいい、なになに、
勇気が出るタン…バリン、だって?
なんだ爺、それは!?

勇気・・・?勇気が出る・・・

そうか・・・


そういえば今日はジュリワンの千秋楽だったな・・・


気が付くと、俺は、爺の紅い靴を履き、紅いタンバリンを胸に抱き
五反田ゆうぽうとホールへ向かっていた。
今日なら、今日なら踊れそうな気がする。
爺、遠くで見ていてくれ。
見事、霊界の舞いを踊りきってみせようぞ。

そうして、元・霊界のプリンス下山淳は
初めてダンサーとして舞台に立ったのであった。


* * * * *
なんだか、普通にいい話を書いてしまった気がする。



※コメントいただいた皆様、返信おくれていて、ズビバセン。
先に記事をアップさせていただきました。
今日の大宮から戻ったら、お返事致します、ごめんなさい。
(新たな事件がなければ、ですが、笑)
皆様の焦りマクリマクイスティなコメントが、
楽しくて仕方ない私で御座居ました←失礼。
スポンサーサイト
11:12  |  カズターパン&プリンス  |  コメント(7)

Comment

感動~

しょあさん素晴らしいレポ&プリンス物語ありがとう!!
昨日から感動に包まれております。
ジュリーとワンズの変わらぬ友情!鉄人バンドの熱い友情!いや~ん泣けてくる~~
DVDこちらを残して欲しかったわ~

大宮楽しんできてね~。
ジュリ友Y |  2010.11.23(火) 11:58 | URL |  【編集】

フッフッ

焦りマクリマクイスティ…って…
電車の中で読破して、又も含み笑いのド変態にしていただきありがとうございます。この便がまさに返信です。すっきりとド変態になり、仕事に行けるっちゅうもんでございます。本日便も楽しみにしてますゆえ、涌いてくる想いに浸って頂きたく。
イタカン |  2010.11.23(火) 11:59 | URL |  【編集】

素晴らしい!

素敵な物語を執筆してくださって、ありがとうございます。
いい話で良いんですよ!虚構の中に輝く真実がある物語って大好きです。
74年生まれ |  2010.11.23(火) 12:19 | URL |  【編集】

流石天才・・第3話プリちゃん物語

そうやったのね・・爺が紅いタンバリンを・ねv-25

今日も行くのかえ?大宮へ?楽しんできてね。

第4話まってるし・・・v-222
ケンケンジ |  2010.11.23(火) 12:41 | URL |  【編集】

なぁぁるほど

しょあさんの物語構想の様子(ジョッキ片手で) 目の前でちょっと拝見。
フムフム…。貴重な体験でした(^_^)v
ありがとうございます~~

出来上がった第3話、こうきましたか~。
う~~ん 柔らかい髪フワフワの小公子のようなちびっこプリンスが脳内で再生されました。
あのシャララ踊るプリンスのあの様子!
私には なんて言えばいいのかしら…だの ヘン…くらいしか表現できない(泣)から~
そうよそうでした! しょあさんの表現力には 平伏すしかない!
楽しかった~
『見せた~い!山形方面のプリンストに~』
と、きゃっきゃっヘラヘラ笑いながら、ついジュリーを見るのを怠りました。
で、あんなに弾けたプリンスは 今頃大宮で どんなんかな~???

でもプロフェッショナルですから 格好いいギター弾きに戻ってますね、うん。
りんだ |  2010.11.23(火) 17:55 | URL |  【編集】

愛と勇気と感動・・を本当にどうもありがとうございます~!

ぜひいつかカズさんから注入された永遠の若者エキスの話しなど書いていただけるとうれしゅうございます。
あん |  2010.11.24(水) 10:47 | URL |  【編集】

>ジュリ友Yさん

ついに私の妄想も、感動していただける域まで
たどりつきましたか。
心の岸辺に咲いた~紅い~タンバリン~♪


>イタカンさん

車内含み笑いは気を付けてください~
そんなに待ちかねていただいて、本当に光栄です。


>74年生まれさん

大宮のプリンスは、シュライドを華麗に弾きたおして
いらっしゃいました。
でも、お琴弾きがなかったのが残念です。


>ケンケンジさん

4話より、Qの一族をそろそろ執筆しようかと。


>りんださん

そうでしたね。ご一緒のときに
プロットが沸いて来たのでした。
小公子、そうそうまさに、そのイメージです。
さすがりんださん!!
しかし、りんださんもジュリーじゃなくて
プリンス見てたんですか?
かつてないくらい、ジュリーのダンスの注目率が
低いファイナルとなりましたね・・・。


>あんさん

プリンストさまに喜んでいただけて、安心しました。
しかし、カズさんから注入って・・・いや~ん。
そんな秘密、話せない☆

しょあ |  2010.11.25(木) 20:29 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |