2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011.06.16 (Thu)

傷だらけの相棒

我が家では、いま、
遅れて来た『相棒』ブームです。

BS、CSが見れるようになったので
毎日のように再放送があり
片っ端から録画して、毎日2話ずつ見ているんです。

一徳さんがいいのよねえ。

寺脇くんシリーズより
私はミッチーのほうが好きかな~。

で、右京さんこと水谷豊さんなんですが、
なんと、カズさんと同い年なんですね。


kazz-s.jpg sugishita-k.jpg
そういや、老け感、
あ、いやいやいや、そうじゃなくて
貫禄がちょっと似てる気がします。

ちょっと背も低いですし。ウフ(小さい人好き)

水谷さんも、名作『傷だらけの天使』で
「あ~にき~」
なんて言ってた頃は、可愛い弟キャラ系でしたが
今演じる杉下右京警部は、経験豊富で優秀な切れ者、
しかし、一匹狼的で、ポジションとか出世、組織には縁が薄く、
腕ひとつで勝負しているという役柄・・・

うーん、まさに、カズさん!!

実は私、いままで、水谷豊さんがいいと思ったことは
一度もなかったんですが、
昨日見たSeason1第10話『最後の灯り』で、
右京さんが、寺脇くん演じる亀山に
“おんぶ”されるシーンがあるんですが、
それを見たら、なんだか、きゅんとなってしまいました。

海辺・・・砂浜で、こめかみから血を流し、
座り込んでいる右京さん。眼鏡は割れています。

omaezaki.jpg
どうやら、犯人に殴られて気を失った間に
連れて来られたようです。
しかし、足を怪我しているようで、歩けません。
そこで、相棒亀山くんが背中を差し出します。

右京さん「なんのつもりですか」
亀山「なにって、おんぶですよ」

最初は抵抗する右京さんでしたが・・・


ommbu.jpg
亀山「以外と軽いっすね」

なんだこのベタな台詞。
なのに、なぜこんなにドキドキするんでしょう?

右京「こんなことになるなんて思いませんでした。
・・・君に背負われるときが来るなんて」

ommbu2.jpg


そして、キャラに似合わず、はしゃぐ右京さん。
右京「亀山くん」
亀山「はい?」
右京「海がきれいですよ」
亀山「…俺からは、見えないっす」
右京「それは残念ですね」
亀山「はいはい、残念っす!」
右京(亀山の肩をばんばん叩いて)「海がすごくきれいです」
亀山「わかってますよっ[m:68]」

しかし、『相棒』のストーリーからは
まったく必然性のないシーン。
雰囲気も、なんかこの部分だけ、浮いている。
社会派ドラマですからね、基本。


翌日、ネットでぼんやりと「右京さん おんぶ」で
検索してたら、そのひっかかりの、謎がとけました。

「・・・ああっ!も、もしかして傷天最終回!?」


こんなこと、本放送当時にもう話題にはなったでしょうけど、
私は今見たので、まるで新ニュースのように話しますが(笑)。

そう、さっきも出て来た『傷だらけの天使』1974年~75年制作。
チンピラ、アキラを演じていたのは若き水谷さん。
その時の“相棒”=兄貴、は、ショーケンでした。

伝説の最終回。
風邪をこじらせて死んだアキラ(水谷豊)を
おんぶして歩く修(ショーケン)。

「まだ墓場へは行かねえからよ!!新宿の○○○でも
川崎の○○○でもよ、俺、今晩いっぱいおごってやっからよ!!」

子供心にも涙した名台詞です。
そして、次のシーン。
修は、アキラの亡骸をドラムカンに入れて、
リアカーで海(夢の島)に捨てに来るのです。

「あああっ!ここは!!」と、私は息をのみました。

yumenoshima.jpg


右京さんが、足を怪我して
座り込んでいた場所じゃないですか。

いや、実は違います。
当時は夢の島。
今のロケ場所は、御前崎かな?という予測です。
だってもう、夢の島にはこんな荒涼とした砂浜なんかないもの。

でも、思わす「あっ」と声を上げてしまうほど
アングルが似てる。


右京さんを見つけた亀山は、走りよってこう、声をかけます。

亀山「右京さん?・・・ですよ、ね?」

すると、右京さんはこう答えるのです

右京「はい。亀山くんですね、
・・・傷だらけですねえ


おおお、確信!!

理屈じゃなく、ときめいた自分に
説明がついた感じ。


shoken.jpg kamesugi.jpg
(左)アキラを捨てて坂を上って来る修  
(右)亀山に背負われて坂を上がってくる右京



25年経って、スタッフの手によってよみがえったアキラ。
右京さんのお顔が、ふと甘えん坊な
弟キャラになってる気がしました。
ommbu3.jpg




カズさんも、ふと、そんなシーンが
日々のライブの中にあるのかしら。

(そういえば、昔ジュリーがカズさんを
肩に乗せたことがあったんでしたっけ)

時を越えてよみがえるものって、
みんなのあこがれなんですね、やっぱり。

スポンサーサイト
15:30  |  ---  |  コメント(4)

Comment

最後の曲が・・

あんとき、流れてた曲が「一人」。
デイブさんが歌ってた。
尭之さんの曲ですよね。好きやねン。
LP持ってたのに・・今は。(悔)

私も「相棒」は遅れてファンになったから
今見てるよ・・(笑)一徳さん良いよね。
ケンケンジ |  2011.06.17(金) 10:27 | URL |  【編集】

>ケンケンジさん

そうそう、♪夢のような~過去は消えていく
ってやつですね。

右京さんと官房長対談、みたいなのがあって、
水谷さんが傷天の話をしていて
「あの挿入歌がよかったんですよね~」
と言ったら、一徳さんが

「あ、それ作詞したの、僕」

と言われて、びっくりして思わず
「官房長ーーーーーっ!!」
と叫んだ・・・、かどうかは知りませんが。
ネットでひろった話なので、
確証はないです(笑)

さっき、名前を入れずにお返事しちゃった、
ごめんなさいね。
しょあ |  2011.06.17(金) 12:17 | URL |  【編集】

おおっ!

すごい発見ですね!!感動!
今思えば、よく中1?くらいであんなエロい番組を見てて、怒られなかったなぁ、と思いますが、
ショーケンが好きで見てました。
豊さんはアキラのイメージが強すぎて、(本人も困られたようですが)
熱中先生にはしばらく違和感がありました。
右京さんも、話し方が好きになれずに見てません。
どうしても、最初に観たイメージが強烈なんですよね。
私もあの曲、大好きです。切ないですよね。
「ままりんご」に感じが似ているかも?
「傷だらけの天使/太陽にほえろ」のサントラを持っていましたがいい曲ばかりでしたねぇ。

toko |  2011.06.20(月) 01:02 | URL |  【編集】

>tokoさん

 > すごい発見
そうでしょう~!?(笑)
ま、私がイチから気付いたわけじゃないですが。
ネットで「おんぶは傷天のオマージュ?」と
書いてあったのを見たのがきっかけです。
水谷さんが「傷だらけ…」と
発言してるのに気付くに至り、間違いない!と。

スタッフ役者ぐるみのお遊び、そして
それに気付くファン、素敵です。

ままりんごの歌、似てますかね?

テンポというか、空気感というか、
高度成長期の日本の、華やかな世界の裏の
哀しみを抱いた人の感情に寄り添うような
メロディですよね、どちらも。

そういえばデイヴさんが亡くなられて
もう2年以上経ったんですね。
亡くなった人は、立ち止まったままですね。

生きていれば、どんなに悲しくても
明日は来るのですから
そこにはきっと、新しい喜びもあると信じて。

何言ってるんだか(笑)。

今、TVKで傷天の再放送をしているのですが
あんなエロい番組、やっさんや淑子さんと一緒に
見れませんわ、恥ずかしくて。
しょあ |  2011.06.20(月) 10:59 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |