2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.07.29 (Fri)

お兄さまにお会いしました

カズさんのルーツを訪ねるシリーズは、1回休憩。

昨日、湘南の海の家のライブハウスに行って来ました。
2年ほど前にブームになった【キマグレン】が、やってるトコです。
普通、彼らが出演するときは、当然メインアーティストなんですが
昨日は、前座。

だって、メインは湘南の若大将、加山U三さんですもの!!

しぁわせだなぁ・・・

実は私、1年前まで、
このライブハウスから歩いて1分のところに住んでいました。
他人事とは思えない、とても懐かしい場所なんです。
そして、加山さんといえば!!

カズさんのお兄さま、柴山好正さんが
バックバンドでギターを弾いているのですよ~~

懐かしさと興味に惹かれて、観に行って来ました。

ライブ前に、海の家で友達とビール。
ピクチャ 8

すっかり出来上がって、ライブハウスに向かうと。
入ってみてびっくり!!
あらー。病院の待合室みたいに、皆さんお行儀良く座ってる。
しかも、半分以上は、お爺ちゃんお婆ちゃん的な。

でまたビックリなのが、前座のキマグレンにも、手を振り、手拍子、
みなさまノリノリ。いいなぁ・・・

やがて、加山さんの登場。
あらー、みなさまスタンドアップ。
やんやの喝采。凄い盛り上がりです。
さて、お兄さまはどちら・・・

私、お兄さまのことを、まったく知らなかったんです。
でもきっと、見たらずぐにわかるという確信がありました。
それはまったく正しくて。

演奏が始まったら、むっちゃ見慣れた赤べこさんが
加山さんの右後ろにいました。
あーーーー!!カ、カズさん・・・いや、違うけど・・・

もうね、ちょっとした仕草が、クリソツなんですよ。
黒いニット帽をかぶり、黒×白カラーのストラト、
そしてなんと、
チェックのシャツをお召しでした。

いやん、似てるわ~~お兄さま。。。

お兄さまのスタイルも、カズさんによく似た「ねちっこ系」で、
ぐいんぐいんと、ソロをかましていらっしゃいました。
というか・・・

加山さんのバンド、けっこう激しい!!

まず、加山さんご自身のギターが、かなりぐいぐいです。
編成は鉄人バンドと同じ+ベーシスト1人の、5人編成。
楽曲は「蒼い星屑」から始まって「君といつまでも」まで
全て誰でも知っているようなナンバーでしたが、
なんというか・・・イメージなんですが
CDより、ちょっとテンポがはやいんじゃないかな?
うーん、なんか、ロックなリズムでした。
全然普通にノリノリになれました。

隣のお爺ちゃんがめちゃくちゃなリズムで手拍子をするので、
つられそうになりましたが(笑)。
いや、でも、ほとんどの方、きちんと裏打ちでノッてましたけど。

真ん中でプレスリーの曲を2曲ほどやったのですが
かっこよかったなぁ~

「海、その愛」では、一緒に歌ってください、と言われました。
「あ、でもサビだけでいいからね」とも(笑)。

お兄さまは、曲をしめる時、逆サイドのメンバーに向かって
大きくネックを振り上げて、タイミングを計って
じゃ~~~~~~んっ!!
と、振り下ろします。

きゃーーー!!柴山さーん!
と、手を振ってみたけど、きょとん、としたお顔をしてました。

加山さんのMC
「ここは、海の家のライブハウスってことで
お客さんみんな水着で見てるって聞いて
楽しみにして来たのに、なんだよ、着ちゃってるの、
ビキニじゃないじゃんみんな。」

加山さん、加山さん、それは、お婆ちゃんたちには酷・・・

そんなお話しを、後ろでニコニコして聞いているお兄さま。
いやーん、カズさんに似てる。
ギターを弾くときの、そのうつむいたお顔のほうれい線も。
見てたら、なんだか、懐かしい人に会ったようで
涙が出て来てしまった私って、
ホント馬鹿でしょうか!?

最後の曲は、昨年リリースした新しい曲。
「座・ロンリーハーツ親父バンド」。
正確には、この曲は加山さんのものだけでじゃなく
さだまさし、アルフィー、谷村新司などのメンバーを従えて
【ヤンチャーズ】を名乗っています。
でも、ほとんどはこの、お兄さまを含むメンバーで演奏し、
加山さんが個人で歌うことが多いはず。

お兄さまは、アルフィーの高見沢さんがフライングVで弾くパートを
弾いていました。(帰宅してから、つべで見たんですけど)
なんとなく、胸がきゅっとなりました。

加山さん、バンドメンバーを紹介してくれませんでした。
それだけがちょっと残念。
加山さんがイケてるのは、この生バンドの力も大きいのにな。
カラオケで歌ってたら、魅力半減だと思う。

ライブが終わって、その辺をしばらくウロウロしてみたんですが
(小さいハコなんで、時々出演者は気軽に外に出て来ます)
お兄さまはお見かけしませんでした。
もしお話しできたら、【JULIET】のアルバムに書いた
「ハイジ」という曲のことを、聞いてみようかと思ってました。
オールマンブラザースの空気が漂う、素敵な曲なんです。

ピクチャ 7


さてここで、数字に関するクイズです。
弟が<2>で、兄が<3>。これなーに?年齢じゃないですよ^^

答:柴山兄弟。弟は研、兄は雄と一緒です。

はい、おあとがよろしいようで。
スポンサーサイト
14:51  |  ---  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |