2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.09.10 (Sat)

初日、行って来ました

あ”あ”あ”~~~~~~
づっがれだ~~~~~~
ボロボロだったわ、昨日は。

8日はフンコーしすぎて、すっかり打ち上がっちゃったものだから
昨日はヨレヨレになってました。
なんで平日にやるのよ~~初日を。。。

でも、もう、思い出すと顔が緩んでしまふ・・・

ああ、カズしゃん、すき。
やっぱり、すき。大好き。
あなたのギターと笑顔と、そのスピリッツが
世の中のなによりも大好きよぉおお~~~~~~~

すっばらしいライブでした。
タイガース最高!!!!!!!、お客さんも最高!!!!!!
やっぱり、ジュリーは、絶対裏切らない。
やっぱり、ジュリーがいたから。
サリー風に言えば
「沢田が歌い続けていてくれてるから」
みんなこうして集まれた。みんなの気持ちがひとつになれた。
みんながタイガースに帰って来る場所があったのだと思う。

8人が事情と気持ちを合わせられるなんて,奇跡です。
あの舞台には,一ミリの違和感もない。
そういや、今は奇跡3年だっけ。
奇跡は続くよ、どこまでも。

そして,誰より一番嬉しそうだったのは
他ならぬジュリー自身だもんね。
よかったね、よかったね、本当によかったね、ジュリー。

そんなジュリーを嬉しそうに見守る、
100万ドルじゃもはや買えない、
円高なカズさんの,笑顔。
歳を重ねるほど、素敵になるのはなぜ。

それはきっと、酸いも甘いも
憎しみも愛も
評価も信頼も
孤独も仲間も
乗り越えて受け止めてなお、笑ってるから。

カズさん、わたし、そんなあなたを
明子姉ちゃん(飛雄馬姉)のように見ていますから。

いやね、もうね、10倍×42mm口径の
ニュー双眼鏡が大活躍よ!!
もう,細っかな表情やら柄やらまで
まるで「トチリ席」にいるかのように
手に取るようにわかるんですもの。

大切なことだから、今日も言っていい?

双眼鏡って、
遠くのものを大きく見るものじゃないのね。
遠くのものも、目の前で見てるみたいに鮮明に見る道具なの。

最初にプリンスを見たとき、ひっくり返りそうになりましたよ。
爺も今回は奮発したわね~
霊界の花園を映したスーツとは。

仕立のよさそうな濃いグレイのスーツに身を包んだカズさん。
ギターはセミアコES335。久しぶりに見た、忘れてました。
グレッチかと思っちゃった、最初。
大っきかったよねー。ギターが(笑)。
隣のタローさんのバランスと比べて・・・

随分伸びた髪の毛は、うっすらブルーに染めて
それが、ライトによって微妙に色が変わって見えました。
てっぺんがとんがっていて、なんだかキュート。

あの曲で紅いライトに染まってソロを弾き倒す
「赤いカズ」が、今回のカズラー的クライマックス。

でもね、弾いてない時の、引いてる鉄人バンドが
よかったのよ。
あの曲で踊らなかったカズさん。
あの曲で会場に背を向けていたプリンス。
鉄人バンド4人の、ピーにたびたび寄り添うような
温かいアイコンタクト。

きゃーーっ!私のこともそんな優しい顔で見てぇぇええ~~~~

カズさんは、思ったより前にいて、
コーラスにも初っ端からがっちり参加していていましたが
決して目立たず、でもまぎれもないバンマスとして
音とメンバーをまとめていました。
そして、タイガースのメンバーが、それを信じて
なんとのびのびと演奏していたことよ。

ま、おいおいレポを書きますが、
今日はこれから
『リボルバー』を見に行って来ます。


初日を終えていま、これだけは書いて行こう。

これからのツアー、
誰に見てもらっても恥ずかしくない、と思う。
初めての人、異分野のひとにも、堂々と自慢出来る。

これが私の好きな沢田研二の世界よ!!

スポンサーサイト
09:22  |  ---  |  コメント(3)

Comment

こんにちは。いつも読ませていただいて、時々コメントさせてもらってます、Vegetable Heavenです。
2日間必死にネットを捜しまわっていたのですが、やはりしょあさん、あなたが一番に書いてくれましたね。そう、あの日の鉄人さん達は本当にすばらしかった。正にサポートの鏡。16列目とはいえ柴山さんサイドの一番はじっこ。岸部さんが前に立っちゃったら、あーあ、下山さんのなんと遠いこと。柴山さんもPAの横から
見えたり見えなかったり(泣き)。今回は本当にみなさん目立たず動かずで。でも沢田さんのこのライブに対する思いをちゃんと理解しているのと、彼らのザ・タイガースに対するリスペクトが充分に伝わるお仕事ぶりでしたね。あの主役の方々のしあわせそうな演奏を観ているといかに、安心して支えてもらっているのかが判ります。そんなおじさま方を観ていて私たちも更にしあわせになる、そんなライブでした。最初は瞳さんのあまりのパワーにさすがの鉄人バンドもドン引きしてるのかと思ったけれど。このメンバーがツアーを重ねるうちにもっとまとまっていったら、ブドーカンはそうとう凄い事になりそ。どうぞ、どうぞ一番後ろでもいいから当たりますように。(お互いにね)本当にドーム以来の胸がいっぱいになるライブでした。にしても。。。どーして、世の中の人はあれを「サワダは息を切らしながら唄っていた」とか「子供のようにはしゃいでいた」とかしか表現できないんでようかねぇ。。長くてごめんなさい。私もまだワナワナ来てます。
Vegetable Heaven |  2011.09.10(土) 11:42 | URL |  【編集】

あっ、ページトップの絵が変わっている。

>決して目立たず、でもまぎれもないバンマスとして
>音とメンバーをまとめていました。

この言葉が何よりも嬉しいです。
ぴょんた |  2011.09.10(土) 22:21 | URL |  【編集】

> Vegetable Heavenさん

お久しぶりです、コメントありがとうございます。
そうなんです・・・どこを見ても
「4人が」って書いてる。
どうして・・・?どう見たって、8人いるのに。

同意してくださる、ヘブンさん(勝手に読んですみません)のような方の
コメントが、とっても嬉しいです。

でもきっと、鉄人さんたちは、自分達がカウントされないことを
別に気にもしてないと思いますけど。^^
そして、そんな彼らを信じてる、
タイガースメンバー、特にタローさんが、また素晴らしい方だと思いました。



>ぴょんたさん

トップのイラストは、今回カズさんが使っているギターですよん。
久々の、セミアコです。
SGに比べて、おっきいおっきい。
ギターがカズさんを持っているのかと・・・
プリンスはいつもの空色ギターでした。

しょあ |  2011.09.10(土) 23:46 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |