2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2011.09.11 (Sun)

(1) 沢田研二LIVE 9/8 国際フォーラムレポ

では、カズラー視線による、
元タイガースメンバーをゲストに迎えた
ジュリーのこの秋のライブツアーの初日レポを
何回かに分けて綴ります。

一応、ネタバレに配慮して、たたみますが
コメント欄は、ネタバレ禁止ではありませんので
ご自由に、メッセージをくださいね。
お読みになる方はその点ご了承ください。

検索で、初めていらした方へ。
わたくしは、熱烈な柴山さんのファンで御座居ます。
どーしても、そちら側からの見方になります。
どうか、それをお楽しみ下さい。

【More・・・】

最初にまず。

私も所詮、新規だったわ。
敗北を素直に認めます(笑)。
「ラヴ・ラヴ・ラヴ」は、見事にラストでした!!

そんなベタなことはしない、1曲目でどうだ!
などと予想していた私、まだまだ修行が足りません。

セットリストはこちら。

<オープニング>

 G.S. I Love You(BGM)
(沢田研二アルバム『G.S. I Love You』より)


<第一部>

 Mr.Moonlight(ビートルズカヴァー)
 Do You Love Me(コントワーズカヴァー)
 Time is on My Side(ストーンズカヴァー)

 MC

 僕のマリー
 モナリザの微笑み
 銀河のロマンス
 坊や祈っておくれ

 MC

 Because(デイヴ・クラーク・ファイブカヴァー/タローボーカル)
 SATISFACTION(ストーンズカヴァー)
 Justine(ドン & デューイカヴァー/ピーボーカル)


<休憩>


<第二部>

 淋しい雨
 風は知らない
 散りゆく青春
 花の首飾り
 割れた地球
 怒りの鐘を鳴らせ
 美しき愛の掟

 MC

 青い鳥
 シーサイド・バウンド
 君だけに愛を
 誓いの明日


<アンコール>

 MC(メンバー紹介)

 シー・シー・シー
 落葉の物語
 ラヴ・ラヴ・ラヴ


<Wアンコール>
 挨拶


一応、他ブログさんでも確認とりましたが、
カヴァー元については、調べたりしたのもあるので・・・
まあ、どれもタイガースがよく歌っていたもの(らしいそう)で、
ファンにとっては、オリジナルみたいなもの。
ロックンロールの基本中の基本みたいな曲ばかり。

と言いつつ、私
ドゥーユーラブミーとビコーズは
すぐタイトル出なかったです。
(ドゥーユー~については、デイヴ・クラーク・ファイヴのカヴァーと
言うべきなのか)

で、いきなりジュリーのボーカル、
しかも絶叫「♪ミスターーーアァァア・・・・」で
この夢のライブの幕があいた、と
みなさんおっしゃっているようですが・・・

ちょっとまったぁ!!

最初に流れた音はなんでしたっけ?

そう、1980年発売のジュリーのアルバム、
『G.S.I Love You』の、タイトル曲。
バンドはAlways。

イントロに流れる、ギターストローク、
じゃーんじゃがじゃが、じゃんじゃんじゃん、じゃーんじゃがじゃが・・・

これ、カズさんじゃね?(当時28歳)

(もしかしたら、沢さんかもしれないね、という指摘はこの際、受け付けません)

はいはいはい、そんな事を言うのは、私くらいなもんですよ。

でも、あのイントロで「きゃー!!」と言ってしまった私なのでした。
深いぞジュリーってば。
これからまた行く機会のある方は、「ああ、これ、カズさんなんだっけ」と
ちらりとでも、思い出して聴いてみてくださいね。


1曲目、ミスタームーンライトは、拳を振り上げてノルような曲じゃないし、
さっそく、ニュー双眼鏡で一人ずつ、チェーーック!!

カズさん・・・やだ、すごい笑顔(きゅん、きゅん、きゅん)。
でも何か今日、ギターが大きい。縮んだ?(んなわきゃーない)
あれれ、SGじゃない!!あれは???なんだっけ?
・・グレッチ?(違うから)

ライブ終わるまで、ずっとグレッチだと勘違いしてました。
だって、このあいだつべで、ブライアン・セッツァー見まくったから。
fホール(ボディにあいたfの形をした穴)が、似てるじゃない。

ギブソンのセミアコ、E-335でした。
久しぶりにみたー。前から、カズさんが使っていたものなんですが・・・

もうひとつ。
トッポがこのギターだったと、記憶しています。


さて双眼鏡を左へ動かす。
タローさんはストラト。

背が高くて、かっこいいわ。
メンバーは色違いのスーツです。
タローさんは、グレーレンジャー。

その後ろ、一段たかいところに泰輝さん。
今日もトラディショナル。
帽子がなかったですね。何気に控えめ。

ジュリーは、アオレンジャー。
いやん、ちょっとメッシュな長めの金銀ヘアー。
これ、かなり、いいです。

サリーはチャレンジャー(茶レンジャー)。
うおぉおお、渋い、サリー!!
ジュリーがMCで「官房長」と呼んでいました。
どんだけテレビっ子。
「いや、今日はサリーで、お願いします」と、官房長。

そしてこれが、バイオリン型のベース、カール・ヘフナーね。
のっぽのサリーに、小っさなベース、
カズさんとES-335の比率と、あまりに違い過ぎて・・・

あ、しつこかった?カズさん、ごめんなさ~い。

さて・・・お次ぎは

出たーーー!!!
アカレンジャー、ピー先生!!

神妙な面持ちで現れたピーがはじけ始めるのに
そう時間はかかりませんでした。
いやー、元気元気。
ペース配分が心配になるくらい。
最初の3曲でもうジャケットを脱いじゃってました。
でも、赤がお似合い。

そんなピーを、常に見守るグレース。
グレースのタンバリンは、ずっとピーを向いていました。
おそらく、リズムキーパーの役割をしていたのでしょう。
ずっと立っていることを意識したのか、
裾に花柄の入っているワンピースがキュートでした。

そして一番下手にいるのは、

ぶわはぁあっっっ!!!(吹いた)

プ、プリンス・・・

全身花柄の、光沢きらっきらシルバースーツ!!
あまりの派手さに、倒れそうになりました。

しかし、彼にスポットが当たることは、ほとんどなく、
はっきり花柄が見えたのも、ニュー双眼鏡のおかげだったので
アフターに会ったじゅり友さんは
「プリンスは地味な服だったわね」
などと言っていました。
さすが霊界パラドックス。。。

プリンスはずっと頭を下げて弾いていましたが、
本編最後に、確かめるように顔を上げて
会場を見回してました。

カズさんにくらべ、本当にスポットもほとんど当たらなかったけど
プリンスのリードやバッキングなしでは
成立しなかった曲がいっぱいありました。
彼は静かに静かに燃えていました。
霊界の花園のスーツが、炎となりプリンスを包んでいました。
「若、ご立派でございます」
爺も感涙だったことでしょう。

このライブの意味をしっかり理解し
目立たず、しかし、完璧なサポートをした鉄人バンドにも
どうか、拍手を。
スポンサーサイト
11:24  |  ---  |  コメント(8)

Comment

みんなカックイ~過ぎるぅ~

しょあ組長

と言っていたのを思い出し、使ってみました。


お見事でござる、組長。


カズさん、プリンス、美GRACE、泰輝さん、
組長が言うとおり、ホントウに完璧なんだわー!!!


にしても、あー、スゴカッタ、ほぼ虎。。。
いえ、ザ・タイガース!

こんなにキャーキャー叫んだライブは、
初めてッス i-237


カオリー |  2011.09.11(日) 16:35 | URL |  【編集】

>カオリーギター番長


と言っていたのを思い出し、使ってみました。

すごかったですよね、タイガース。
こうやって振り返っているだけでも
まだどきどきしてる。
すぐにでも、もう一回行きたい。

これを止められたら、いやだなあ。
当時のタイガースファンの人は
親や先生に非難され禁止され
つらかったろうなあ、ましてや
そうこうしてるうちに、解散なんて・・・

今、これが思いっきり見れるワタシタチは
幸せですわね。うん。
しょあ |  2011.09.11(日) 20:27 | URL |  【編集】

 G.S. I Love You(BGM)

今回のライブ、最高なんだけど・・・。

オープニングのBGMを、鉄人バンドの生演奏に変えてくれたら、もっと良かったのに~!



なっちゃん |  2011.09.11(日) 23:12 | URL |  【編集】

>なっちゃんさん

鉄人さんたち寄りのコメントをありがとうございます^^
でも、今回はいいんですよ。
大多数は、タイガースメンバーを観に来てるのだし、
焦らし役になってしまうのも。ねえ。
ドームのオーバーチュアでさえ
「長いわねー。ジュリーまだかしらー」
的な声は悲しかったもの。

また、あるべき機会に、彼らのインストが聞ける日を楽しみにしています。
その時は、一緒に立って声援を送ってね。

G.S.I Love Youの時の、ジュリーの声、だいすきです。
しょあ |  2011.09.13(火) 02:18 | URL |  【編集】

おひさしぶりです

フォーラムでは会えなくて残念でした…

お顔あんまり覚えれてないので…へへ;
すれちがってたかもなんですが

じゅりわんの時もそうだったんですが、
全員みたいので目が足りません!

8人分ほしい
(私はいいけど向こうからみたら気色わるい?
そうですね)

カズさんには何回もピンクの光あたってたよね?(泰輝さんには白い光?)
へアスタイル可愛かった♡(演奏中の顔も)

プリンスにもっと光を!!
もうちょっと前に位置して!
むり? そう…
(下がりすぎて暗いとこやったし~)
きれいな服は双眼鏡でしっかりみたけどー

鉄人バンドに拍手しますとも!(千手観音並みに)


ほぼタイは

ぎゃーー  でございました  はーはー ぜーぜー

昔ファンになって
今コンサート行けて
ほんとうに幸せです







はあちゃん |  2011.09.14(水) 17:59 | URL |  【編集】

>はあちゃんさん

お返事遅くなってごめんなさい。
ほんとうに、幸せ、という言葉が
ぴったりのライブですね。
次回はどちらへ参加されますのん?
私はも~う、待ち遠しくて待ちきれません~~~

カズさんは、ピンクじゃなくて
「赤いカズ」です。
カズさんには、赤が似合います。
そして、プリンスには暗闇が・・・
耳を澄ませばほら、暗闇から美しいアルペジオが。
それは霊界の花園から、ほぼ虎たちを見守る先人たちの声。
プリンスは、いまこそ使者として
あちらとこちらの架け橋に・・・

あ、いい加減にしろ?

とかね、いろいろ妄想をふくらませて、
鉄人さんたちを楽しんでみてくださいまし。
しょあ |  2011.09.15(木) 21:27 | URL |  【編集】

カズさんのネックの辺り

が、Gキューブのお席でした。カズさんがよおく見えましたが、ほんとに黒子に徹していましたね。タローと何度も目を合わせては、にこにこしていましたよ。小学生の頃、テレビの中でしか見られなかったタイガースは、感動でした。私が唯一うるうるしたのが、「落葉の物語」に入る前にサリー、ジュリー、タローで歩幅を合わせてマイクの前に進んできたときでした。8人の「落葉の物語」はキューンとしました。今のジュリーがタイガースをするなら、鉄人バンドなしではありえないことと思っています。トッポが最初から参加してもこのままで、という気持ちが、終わってなお感じています。そうそう、なんせ、カズさんのネックのあたりのお席ゆえ、プリンスがほんとにサリーの右肩越しにがっつり見えるのみで、まさに「背○霊…」いやぁたまりませんでした。あのスーツはプリンスしか着られないですよね。「青い鳥」の時でしたか、プリンスが前のめりになって最後までタローを見つめつつ、プレイしているのですが、こちらからは首から上のお顔しか見えず、なにやらお笑いのピースの又吉クンっぽく見えてきて、何度も見直ししておりました。。「ビューティフルコンサートでは、タローの声で何度も泣いてたくせに、「青い鳥」とプリンスを台無しにしてる」と絶賛叱られ中です。「G.S.…」が流れた瞬間、黄色い声が出た(はず…)、さすが、ジュリーだわ。
イタカン |  2011.09.24(土) 15:07 | URL |  【編集】

>イタカンさん

いいお席だったんですね。
老虎たちとカズさんの笑顔、堪能されてきましたか?
しかし・・・
プリンスのことを、みんなして霊、霊言ってひどいわっ!
・・・て、私が言い出したんだった、てへっ。

今回の霊、いつもにも増していい働きしてます。
なのに、三回転半ジャンプもしないで
暗がりで静かに弾いているから、ますます霊っぽ・・・あ、失礼。
タローさんとアイコンタタクトする
前のめりのプリンスかわゆしです。
カズさんとプリンスとタローは三位一体です。
(ん?使い方間違ってる??)

俺が俺が、と主張せず、
お互いが譲り合って尊重しあって、
一番いい音のために、ベストなパート担当をしてるのでしょうね。
ぶっちゃけタローさんは、いくつかの難易部分を
「俺じゃなくて、カズ(か下やん)のほうがいい」
と、譲っているようにも見えます。
もっとガンバレ、タローさん、という人はいっぱいいるけど、
でもこれって、自我を捨てて、冷静かつプロの判断をしているわけで
逆にこういうことは、誰にでも出来ることではないと思うのです。

だから私は最初に「タローさんってすごい人だ」
と、書いたのです。
グループには、絶対必要な人です。
タイガースって、本当に絶妙の人材の集まった
奇跡のグループだと思います。
しょあ |  2011.09.25(日) 14:20 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |