2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.08.08 (Wed)

新曲のこと『3月8日の雲〜カガヤケイノチ』

そろそろ書こうかな。新曲のこと。

非常にチラ裏的な話で、面白くもなんともないと
思いますので、たたみます。
あくまでも、個人の感想です。

無駄に長文ですので、お暇な方のみどうぞ。


【More・・・】

このブログには、CDを聞いたあと、
「感想が書けません」と書いて、それきりでした。
結局ツアーが始まるまで
一回も聞き直しませんでした。

あまりにもテーマが重すぎて
消化しきれなかったんです。

小さいな,自分、とも、思いましたが、
理屈じゃなく,聞きたくなったら聞けばいい、とも考えてました。
音楽って,そういうものだと思うから。

さて、ツアーが始まりまして。
私はもう6回(そんなに!!)聞いたのですが。

3回目に聞いた千葉の公演で、
ジュリーの口から「曲が先」の解説がありました。

当時はほぼ虎ツアー中のこと、
「PRAY FOR EAST JAPAN」
のテーマを受けて、めいめいに書いた曲に
つけられた歌詞をみて、鉄人さんたちも、最初は
びっくりしたんじゃないかな・・・と想像します(笑)。
だって・・・

  情けないです こんな目にあうなんて

  みんな流され

  何を護るのだ国は

  逃げるのに必死だった

自分の書いたメロディに、こんな歌詞がのってきた。
私たちファンが最初びびったように
鉄人さんたちも、ジュリーのストレートさに
少なからず驚いたと思う。

驚いて、頷いて、納得して、
自信を持って仕上げた。
そこに,ものすごい信頼と絆を感じるのです。

私は最初、歌詞が先だと思ってました。
でも,考えてみたら、それは威圧的すぎる。
ジュリーは、自分の気持ちだけ押し付けるようなことはしないで
鉄人さんたちの個性を上手に引き出しました。

ハードロックに切り込んだ泰輝さん。

切なく鋭く、苦しみと慟哭に向き合ったGRACE。

明るく、どんどん転調させていったカズさん。

軽やかなワルツをかいた、東北出身のプリンス。


なんと素晴らしい才能のコンビネーションではないですか。
誰が欠けてもありえない、奇跡のバンド。

そして、この4人の素晴らしいところは、
誰も「俺が俺が」というのが、ないところだと思うのです。
そして、努力家。
カズさんは「出来ない」と言わない人だという話を聞きました。
彼らの辞書に「要領よく」はない。
そして「楽器やってりゃいいんだろ」というすかしもない。
コーラスが要るとなれば、首を傾けて耳を押さえて熱唱。

ジュリーが好きなタイプが
よくもまあ、揃ったものだと思います。

ジュリーがやっと手に入れた,そんな理想のバンドと一緒に
私たちにまっすぐ語りかけてくる,新曲。

私は,いつからか,新曲の間中、
ジュリーから目を離せなくなっていました。
それは私にとっては、すごくイレギュラーなことなんです。
いつも、カズさんを視線の中心に
置いている私にとっては。

前橋では、まっすぐに舞台に顔を上げたまま
大粒の涙が私の首まで流れ落ちました。
なぜだかわからない、理屈じゃないんです。
ジュリーの,伝えたいという「想い」がすごくて。
EAST JAPANという想いに限らず、
生きる苦しみ、すれ違う悲しみ、失うむなしさ、そんなものが
自分の生きて来た記憶にも重なって・・・
(そんなたいした人生じゃないですがね、笑)

後悔も、未練も、小さな希望も、決意も。
ジュリーの言葉が心に迫って来て、
涙があふれることを止められなかったのです。

   後悔ばかりです、優しさをもっと、もう、

   きっときっと、立ち直れるはずさ、

   BEY BEY 原発、HAPPINESS LAND

   頑張らないでいい、泣いていいのに


ジュリーはこの曲で,何かをしようとしてない。
何もしようとしてない。
脱原発運動をしてるわけじゃない。
ただ、自分の気持ちを伝えようと、歌ってるだけ。

それは、ただ「音楽」を演っているということ。
それ以上でもそれ以下でもない。
思想がらみの新曲だと思ったけど
実はそういうことからは一番遠い、
「あなたが好きです」と歌うラブソングと同じ、
ただ、ジュリーの心の表現のひとつだとわかりました。

素晴らしいアーティスト沢田研二と鉄人バンドに
四の五の言わず,酔いしれたい、と思うのです。

『3月8日の雲』のイントロで
プリンスの力強いギターに合わせて首を振ったら
すっと、ジュリーの気持ちに寄り添える気がする。
『恨まないよ』の、血が滲むようなカズさんの間奏ソロは
誰よりもなによりも、ジュリーの心を映していると思う。
『F.A.P.P』は、手拍子をしてみたら、
しないでいたときより、なにかを絶対みつけられるはず。
『カガヤケイノチ』は・・・

プリンスがギターをそっと持ち替えて
奏でるメロディは、
柔らかな心にしか聞こえないそうです。

私は、この曲を聴くために、後半も何度か会場へ足を運ぼうと思います。

ライブに行くみなさん全員が、この組曲を楽しめますように・・・
スポンサーサイト
23:04  |  ---  |  コメント(12)

Comment

カガヤケイノチについて

夜明け前、猫に起こされ眠れなくなりショアさんを訪ねました。そう、そうだよ曲が先だと確かに言っていた特にグレ-スさんの詩心は彼女のブログの中で繊細で居て、優しさに溢れた感性が添えられた写真と共にこちら側に伝わって来ます。あのダイナミックなドラマーとのギャップに気づいた私です。だから、きっと、ジュリ-の歌詞には驚きとかも有ったのだろうと想像しました。ショアさんのおっしゃる様に、今回のツア-ではジュリ-が冒頭にすべての被災された方々にと必ず言ってますよね。鉄人さん達の曲が始まると自然に身体がリズムを取り始めて居ます。結城の神席ではいつもの勘違い光線は一度も無かった。確かに目の前で渾身の想いを込めて、そして真っ直ぐ前を向き、汗だくで思いを伝えたいと唄う凄く重みの有る(体重の事では無くて)ジュリ-を見上げて、聞く事で精一杯でしたし。下山さんの故郷への想いは、と考えずに居られない、そんな貴重なコンサ-トツア-だって思います。はぴねすらんどとはけしからんじゃあ無くて。福島を直訳しただけ。色々と気付かされて、歌詞の中に沢山のジュリ-が伝えたい心が暗号の様に発見出来ます。福島のあの方に伝えたいなぁ~この感じをって思って居ます。話は変わりますが、ファイナルの国際フォーラムには何とか当選したらしくて、第2希望の八王子のチケットが届かなかったのです。なのでショアさん、八王子の様子はちょこっと教えて下さいね。
しのぶ |  2012.08.09(木) 05:00 | URL |  【編集】

しょあさんと同じ思いです

私も今年の春、新曲を初めて聴いた時 背中が凍りつく様な衝撃を受け、鉛を飲まされた様に 息苦しくなりました。
どうしてここまで 歌にするんだろう。特に二曲目は、実際に被災された当事者が聴いたら 辛すぎるのでは?と しばらく改めて聴く気持になれませんでした。
色んな方の解釈や感想を知るうちに だんだんと理解が少しずつ出来、受け入れられる様になり、ライブ前はCDを繰り返し聴いていました。
今回 しょあさんが書いてくださった事、一つ一つ同感です。私の思い 代弁してくれたわ~と嬉しくなりました。ありがとうございます。
トークショーのジュリーを堪能して来ましたが、コノアと10月までライブはお預けです。
ミルクティ |  2012.08.09(木) 08:35 | URL |  【編集】

>しのぶさん

「福島のあの方に伝えたい」
そうですね。私は,彼女のことはもう諦めているのも確かなんですが
ジュリーが「心ない言葉に折れちゃいけない
君を想うと、折れないよと、折れないで」
と,歌うのを聞くたびに、彼女のことを思い出しています。

ねえちゃんと、ギター兄弟の話をするのが好きでした。
私の気持ちやジュリーのことをわかってくれとは思いません。
ねえちゃんがが幸せなら,それでいいと思っています。



>ミルクティさん

なんだかまとまりない文章ですが、
以前に「無理」と言ったきりだったから、
いちどは何らかの形で
気持ちを書いておきたいと思いました。

背中が凍り付き、鉛を飲んだような息苦しさ、とは
リアルな表現ですね。
私も最初は本当にそんな感じでした。
否定してしまうのは簡単だけど
心の扉を開いて聞いてみたら、理屈抜きで、
その音楽の力にノックダウンだったということです。

10月,ちょっと遠いですね。寂しくないですか?
しょあ |  2012.08.09(木) 20:46 | URL |  【編集】

和さん

あのぉ~。和さんが27日に還暦を迎えられますが、ショアさん横須賀のゴンボさん辺りで何かイベントやら御祝い事等のウキウキ情報は有りませんか又あんな近くで和さんを拝見したいなと思っています。渋谷には行けなくも無いのですが、地元の利根川大花火とかぶって仕舞い、私には夏の記憶として欠かせないイベントなので渋谷は欠席なのです。毎日暑かったけれど立秋を過ぎたら、夜風が涼しく成りましたね。ジュリ-じゃ無いけど、日々の健康に留意して頂き又各地の会場へと向かえたら、毎日、色々有っても元気に成れますよね
しのぶ |  2012.08.10(金) 11:31 | URL |  【編集】

しょあさん
ああ!ついにこの日がやってきました。ってサッカーの最終戦じゃないですよ。待ちに待ったわたくしの初日。アルバムはすんなり受け入れられたけれど、ライブでどう演奏されるか怖くて今回あり得ない程少ない2回分しか申し込まなかった小心者のわたし。いい話はチラホラ聞こえてくるものの、直前までドキドキだったわたしの背中を押してくれるような、今回の記事にホント感謝です。
そうですか。曲先ね。わたしもてっきりあれは沢田さんから出された「宿題」と思っていたのでびっくりです。あの重いテーマに柴山さんの明るい曲を選んだ沢田さん、受け取った柴山さん。それぞれの思いを想像するだけでなんだかゾクゾクしてきちゃいました。そしてアレンジの段階でまたみんなの思いが交錯してどんどん変わって、仕上がっていったんじゃないかな?その辺りも凄そうね。
そしてしょあさんの「ただじぶんの気持ちを伝えようと、歌っているだけ」このコメント、とっても心に響きます。横浜の一住人沢田さんが何をしようとそれは自由だけど、アーティスト沢田研二にはやはり思いや気持ちを美しく伝えても、「運動」を押し付けるような事はして欲しくない。沢田さんの事が立て続けにメディアで取り上げるられるようになってから、ずっと毎日音楽の神様に沢田さん達を守って!とお祈りしてきたわたしですが、お願いが叶ったみたいでとっても嬉しいです。17時が待ち遠しいですよ。でも下山さん、普段なら絶対起きれない時間なので、今は正直そっちが心配。ダメダメ君になりませんように。よっぽど早く家に帰りたいのね、沢田さん!と思ったけど。すぐに、こりゃ終わった後に打ち上げ&ちょっと早い柴山さんの還暦お祝いの大パーティだな、って。まぁそういう事にしておきましょう。次は八王子かラストの東京フォーラムの当たった方という、またまたなが〜いブレイクに耐えられそうにないので、ぜひどっかでこぼれ球チケットをゲットしたいなぁ。。。
shimoyamaになりたい淳 |  2012.08.11(土) 08:01 | URL |  【編集】

実は…

横レス、失礼します。今日の私のお席は、2階の端でありながら、鉄人バンドが、よく見えるお席でした。shimoyamaになりたい淳さん、今日の下山さんは、ダメダメどころか、最高でしたよ!カッコよかったです!
もちろん、カズさんも素敵でしたが、その話は次回の記事で。ジュリー、最高!鉄人バンド、最高!
74年生まれ |  2012.08.11(土) 23:54 | URL |  【編集】

>しのぶさん

Part2までの期間、ご自身のお誕生日の頃、
カズさんは何かライブをされるのではないかと検索する日々ですが
残念ながら今のところ、そういった情報はないですね。
個人的には横須賀に遊びに行って、チーズケーキで
勝手にお祝いしようかなと思っています。
ゴンボさんにも、JULIETのビデオの存在の有無を
確認したいところなんですが。

暑い中、連日遠方へ出向かれての演奏で、
お疲れも知らないうちにたまっているかもしれないです。
ゆっくり身体を休めていただきたい、という気持ち半分、
還暦の記念に残る何かをして欲しい!と思う気持ち半分です。

利根川の花火、いかがでしたか?
花火大会が終わると,もう夏が終わる気配ですね。
年々夏が短く感じるのは年齢のせいでしょうか(笑)。



>shimoyamaになりたい淳さん

・・・あれ?HN何気に変わってません?
ま、いっか(笑)。

初日、おめでとうございます!!いかがでしたか?
淳さん大活躍だったでしょ?ジュリーの「ジューン♪」聞きましたか?
ぜひこぼれ球GETしてくださいな。
どこかでお会いできたら、鉄話に花を咲かせたいです。

shibayamaになりたいしょあより。



>74年生まれさん

良いお席だったんですね。
私は昨日はお留守番だったんですよ。
ですから、次の記事の更新はないから、
焦らさずに、ステキだったカズさんの様子を
どうかおしえてくださいm(_ _)m

以前、ワインのテイスティングレポートを書くときに
「“おいしい”は禁句」と言われたことがあります。
わたし的には“飲みやすい”も禁句なんですが。

なんのこっちゃ?と,お思いでしょうが、
つまり、もし出来たら「素敵」「カッコイイ」を禁句で
カズさんの魅力的なpart1千秋楽プレイを
教えてくださらないかなあ、などと
思ったりする訳です。ふふふ。
しょあ |  2012.08.12(日) 14:41 | URL |  【編集】

74年生まれさん
おっしゃる通りでした。このところずっと有り得ない程ゆるキャラ全開の下山さんばかり見ていたので、昨日は久しぶりにクールなギター男にドキドキしっぱなし。あまりに素敵で正視できなくて、なぜかと~くの柴山さんをガン見したり、わたしの位置からは見えるはずない泰輝さんを探してみたりと、前半の半分位のは目逸らしてましたよ。乙女心は複雑です、ホント。(^^; 
でもせっかくもらった至近距離の真正面。後半は目一杯楽しませていただきました。3/8のアコギかき鳴らす下山さんの姿が忘れられません。
昨日は「真ん中の方」も凄かったですね。新曲だけじゃなくて、ラストの「明日は晴れる」など圧倒されっぱなし。ちょっと長かったけど、MCも楽しかったし。もうヤケクソという名の大サービスって感じ??日本代表に感謝しなきゃです。
最後にお決まりの「ジジィ」って言った時、両手を目一杯沢田さんに向けて私たちと一緒に大きな
shimoyamaになりたい淳 |  2012.08.12(日) 14:53 | URL |  【編集】

もーやだ、iPad!!しょあさん、ごめんなさい、また編集パスワード入れるの忘れていたので、すみませんけどこの前の分、消去してください。m(_ _)m

で、続きは。
私たちと一緒に大きな拍手を送っていたGraceさんの姿がとても印象的でした。しばらくはゆっくり休んで後半また良いステージを見せて欲しいですね。
あの素晴らしい時間を共有していた方とお話しできて、嬉しいです。ありがとうございます。
ところで、しょあさ~ん!!お元気ですかぁ? \^0^

と、送信したところでしょあさんからのお返事があったわけですね。
ええ、HN変えましたよ。ずーずーしくも、「shimoyamaになりたい」などと。。。言ってみただけ。ふふふ。
「じゅーん」って沢田さんの声がした時はお父さんに呼ばれたのかと「はーい!!」って返事しそうになった勘違い野郎です。へへへ。
では、では、度々のご迷惑すみません。
東京を離れるまでにきっとまた何処かで。
shimoyamaになりたい淳 |  2012.08.12(日) 15:21 | URL |  【編集】

>shimoyamaになりたい淳さん

一つ、コメント消しておきましたよ。
しかし、shimoyamaになりたいって、なってしまったら、
ふたりしてshimoyama淳って、なんか妙じゃあ〜りませんか?

という話はいいんですが、
淳さんの初日、楽しめたみたいでよかったです。
でも、あまりに素敵で正視出来なくて、遠くのカズさんガン見って・・・(笑)
気持ちはわかるけど、モッタイナイ。
じゃああの、「そのキス」の、ぐいぐいへいへいプリンスや
「届かない花々」のじゃかこっくりプリンスは
まだ確認できてないのですね。
あ、形容擬音が一部わかりにくくてすみません。
ぜひどこかのこぼれ球拾って確認してください。
しょあ |  2012.08.13(月) 10:58 | URL |  【編集】

はい。何の事だかさっぱりわかりません。m(_ _)m
今更ながら、「なんで、カズさんなんか!!」ってなんの罪もない柴山さんに八つ当たりしてます。ごめんなさい。でも、おかげで柴山さんの後頭部にツノが生えていたのを発見。へ〜ん、しょあさん知らないだろう!
只今、お口をあ〜んぐり開けて、空からこぼれ球が降って来るのを待っています。
shimoyamaになりたい淳 |  2012.08.14(火) 07:42 | URL |  【編集】

>shimoyamaになりたい淳さん

なんですと?ツノ?とさかじゃなくて?
なんか、飼ってるひよこがもういっぱいいっぱいらしくて
時々とさかが飛び出してるんですって。

次の記事で、カッコイイプリンスを描いてみました。
しょあ |  2012.08.15(水) 11:57 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |