2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.09.14 (Fri)

八王子レポ改め感想文(2)朝食のご主人

えー、やっぱり、レポというのをやめて、
感想文に改めます。
それほど、固有の情報があるわけでもなし、
間違い、勘違いは突っ込んでくださいませ。
「そこのコーラスは、泰輝さんです」
の、ように・・・

(だってっ!ちょっと似てない?)

そして明日ははやくも、枚方なんですね。
西の秘密兵器のあの方から
レポが届かないかな〜と、期待しているのですが。。。


『3月8日の雲』

イントロのプリンスの、
じゃんじゃん、じゃんじゃん、じゃんじゃん、ぎゅいっぎゅ、じゃかじゃか、というのと、
グレースの、どんどん、どごどご、どんどん、どごどご、という
シンプルにしてハイテクニックな演奏が、もう、かっこいいの一言。

(※注:音楽的知識がないので、擬音で全て説明します)

でも、本当にかっこいいのは、
1番の途中から入って来て、間奏〜2番で暴れまくる泰輝さんのオルガン。

これが、一昨年の大運動会のインストを思い出させるような
ザ・タイキワールド。
♪おんなじ、時など、ひと時もない〜

このミニマムにしてベストな鉄人さんたちの魅力は
プラスとマイナスの妙という気がします。
急にアコギだけ、ドラムだけになって
ジュリーの声が際立ったところへ
また、ジャーン!と、ドラマチックに全員が入って来たり。
泰輝さんのボロロンだけで始まって、
だんだん人数が増えて来て
最後はちゅくぎゅんぎゅんぎゅんぎゅわんぎょーんとか…

(何だか全くワケ分からなくなって参りました)

ジュリーって、ヘドバンとエアギター好きよね。
あ、いえ、わたしも好きです。




『恨まないよ』

じゃら〜ん、と、最初に音程を取るのはカズさん。

その音に合わせて
み、ん。な〜

と歌い出すジュリーの第一声がいつも
涙声に思うのは気のせいでしょうか?

この曲を歌うジュリーは、本当に苦しそうで
見ていて本当に胸がつまるのだけど、
カズさんの間奏ソロが息苦しさを加速させます。
カズさんは、肩を持ち上げて、高まるように弾きたおします。



『F.A.P.P』

この曲で、ちょっとはらっとすることがありました。
前の曲が終わって、曲が始まるまでの“間”を
鉄人さんたちが、ちょっと間違えてしまったようで、
ジュリーがまだ「ありがとーね」と言いながらジャケットを脱いでいるのに
次のF.A.P.Pのイントロを始めてしまったのです。
あわててジャケットを脱ぎ、マイクスタンドに放り投げるジュリー。
それはそれでかっこよかったんですが・・・

バンド演奏って、あっ、と思っても
止めたり出来ないですよね。

ダッシュで、定位置に着くジュリー。
まにあった・・・のはいいけど、
動揺があったのか、ジュリー、
なんと、歌詞間違いならぬ、メロ間違い。
サビの、二度目の♪バイバイ原発は
「パツ」で上にあがらなくちゃいけないのに、そのまま平らに歌ってしまい。
ああ〜っ、どうなるの〜〜と思ったけど、
何なくキレイに作曲しちゃった。

それでなくても転調が多いこの曲、
なんだか聴いてる私が、本当のメロディがわからなくなってしまい、
「♪あんたがたタフマン」状態に。
(↑わかるひとだけわかってください)

でも、冷静なジュリーは、2番以降はちゃんと正しいメロディを
歌ってました。もちろん声もちゃんと出てました。さすが。
って、当たり前かな、
失礼しました。

まあ、なんどもある公演のなかには、
こんなこともあるでしょう。
生を聴いてる醍醐味です。

最後に泰輝さんが
メロディアスなフレーズを付け足すようになりましたよね。
ちゃんちゃんちゃ〜ん、みたいな。あれ、いいな。



『カガヤケイノチ』

私が新曲を前向きに聴けるようになったのは、
この曲のおかげです。
だって、いい曲じゃん!
プリンスが、前半じゃかじゃかやってるアコギを置いて
ストラトでソロをかましたとき、
全てが氷解しました。

かっこいいじゃないか!!

この日もジュリーがうしろから
「ウチの子の、イケてるソロを聴きたまえ」というように
プリンスをプッシュしていました。

このソロのあと、ジュリーの指揮で
みんな合唱するのだけど
どこか、4小節くらいでいいから
演奏をおさえてくれて、会場の声が響くように
してくれたらいいのにな、とちょっと思いました。
ほら、開会式のヘイ・ジュードのように。

演奏が終わったあと、カズさんもプリンスも
なかなかギターを置かないので
一瞬、もしかしてここでインスト復活!?と思ったけど
ただの、一瞬の気のせいでした。


〜休憩〜


『約束の地』

またもや二部もコーラスからのスタートです。
カズさんのうーうー声もステキ。

この曲、だいすきです。
大人のラブソング・・・
この曲で、ジュリーにもしみつめられたら即死ですね。

ああ、なのに、何故かこの曲の記憶なし。
うっとり聴いてるんだと思います。



『君をのせて』

この曲をやるときほど
泰輝さんがいてよかったと思うんですね(笑)。
いや、他にも泰輝さんがいなくちゃ困る曲は
いっぱいあるんだけど。
だって、やっぱり、ソロデビュー曲だもの。
それで、泰輝さんが、色んな音を出してる。

私は、一瞬だけの、間奏のカズさんのソロと
そのあとのピアノの音ががすきです。

カズさんは、よく泰輝さんをみつめてるよね。
お兄ちゃんの、弟ラブな感じがいいです〜



『我が窮状』

コーラスをするとき、カズさんは
右耳をおさえていることは、もう有名ですが、
今回は特に俯きかげんで、その姿は
朝食食べながら新聞よんでるご主人のようで
ますます素敵です。
kyuujoukazz.jpg
ね、こんな感じに見えるでしょ。

この曲は、いまジュリーのキーにジャストフィットっで
いつ聴いても本当に素晴らしい声の伸び、なんだけど
この曲の鉄人さんたちのコーラスも素晴らしい!!
よく、この曲と「君をのせて」は、
間奏で拍手が起きるのはなぜでしょう。
コーラスも、聴いてみてください。
プリンスが、意外といい声してます。



『時の過ぎゆくままに』

ずったんたかたん、
という感じだったでしょうか、八王子。

今回のツアーは、頭のドラムのフィルインが一拍多い、という
もっぱらの噂で、私もそう感じてました。
もうちょっと短い方がいいかなー、なんて、思ってた。
でも八王子では軽やかになってたー。ウレシイ。

これも、てってれ〜カズさんと、じゃかじゃかプリンスが
好対照で、いい感じ。
最後、もったいぶるように、大きなストロークで一弦ずつ

じゃ・ら・ら・ら・らーーん、

と流すカズさんがいいです。

もう、目をつぶっても演奏出来そうなこの曲。
カズさんらしい「こぶし」が聴けると思います。


さて、いよいよ盛り上がっていく・・・かな〜〜〜?


スポンサーサイト
00:12  |  ---  |  コメント(4)

Comment

ハハハッ

イラスト 雰囲気でてるわーv-218

ピンクの吹き出しに ちょっと妬けちゃうけどね
ぴょんた |  2012.09.15(土) 16:12 | URL |  【編集】

>ぴょんたさん

ありがとー!
ね、こうやって耳押さえてるよね?
こんど、窮状を見る時は、
朝食風景を妄想して見てくださいませ。
ピンクの吹き出しは、自分の声にしちゃえばいいのよ!!
しょあ |  2012.09.15(土) 22:23 | URL |  【編集】

こらえきれませんー!

はじめまして、で失礼します。

カズさんに堕ちてしまったかもしれません。
これまでもジュリーコンサートで
チラ見はしていたのですが、
河内長野で下山さん側のひと桁席で
ジュリーを見ると、その後方にカズさんがいて
どうしてもカズさんばかり見つめてしまいました。
気がつくとジュリーが下手まで来ていて…
慌てて目線をジュリーに、という事態が頻発しました。

もうカズラーかもしれません。
ジュリーは、尊敬の対象ですが
カズさんには恋に近いものを感じます。
どうしよう、父親と同い年くらいなのに~

で、コーラスの右耳おさえる姿に朝食風景を
妄想しながらみました!いいですぅ~
(ちなみにGraceさんも右耳おさえてはりました)

あとですね、ちょっとこう胸をそらして
上から目線で客席を見下ろしながらのギタープレイも
たまりません!!

一人で盛り上がってすみません。
こらえきれずにお邪魔しました。。。
BIS |  2012.09.19(水) 03:05 | URL |  【編集】

>BISさん

こんにちは!はじめまして。
ああ〜もう、すっかり重症のようですね。
そんな夜中に、こんなブログに書き込みしているようでは・・・
それは、もう恋ですよ。
立派なカズラーのいっちょあがり〜

そうそう、オラオラカズさんもいいんですよね〜
笑顔の可愛い子リスちゃんとは、ちょっと違う・・・
そして、人をその気にさせておいて、
くるりと帰る冷たい背中もたまりません!

うーん、カズラーはMッ気あるかもしれないです!

グレースは、カズさんゆずりのぬお顔といい
いろいろとよく似ていますね。

また、素敵なカズさんの様子を
報告に寄ってくださいね。
一緒に萌え萌えしましょう。
しょあ |  2012.09.19(水) 22:45 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |