2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2012.10.28 (Sun)

第二の楽器の名演奏

町田のジュリーは、ほんとうにロングトーンでした。
すごく、気持ち良さそうに、伸ばして、喘いで、
とっても情熱的でした。

それも、なんだかいい感じで、音が響いてた気がするんですよね。


実は『SPLEEN』の第一声 ♪君を見つけたのは〜
から、こんな音楽の造詣たるものに無縁な私でも、
「うっひゃっ、今日すごいエコーかかってる〜!?」と
感じてたんですよ。
あとで、音楽をやってるじゅり友さんもそう言ってたから
気のせいじゃないと思う・・・。

私は、音響システムの設定くらいに考えていたんですが
昨日,ハタと思い当たりました。
いや、ミキシングなんかじゃない・・・

あれは、機械で造ったものじゃない、
ホールが生む『残響音』だ、と・・・。

ジュリーも、気持ち良かったのかもしれません。
後半はもう、半分トリップ状態のようにのばす、のばす。。



ホールの残響音について、ちょっと調べてみました。

音は、(1)音源から何にもぶつからず届く「直接音」、

(2)壁やら天井やら床に一回ぶつかって、直接音から短い時間差で到達する
「初期反射音」(アーリーリフレクション)、

そして(3)いろいろなところにぶつかりまくって、大分時間差があって届く
「後部残響音」(リバーブ)、

の三つに大きくわけられるそうです。
リバーブ、って、ギターのエフェクターでもありますよね。

反射音や残響音が多すぎると、音が混じり合って汚くなる。
けど、何も混じってないのも味気ない。
そう、使い古したいい感じの油絵の具のパレットのような
音が理想なわけです。

チューブの絵の具のままじゃ、きれいすぎて堅いし、
かといって、混じりすぎたら彩度がどんどん落ちて、濁っちゃう。

ホールの設計で、理想的残響音と言われているのが
大阪の「ザ・シンフォニーホール」というところだそうです。
難しい計算式が存在するのですが、結論だけ言ってしまえば

『残響2秒』

なんだとか。
この条件が、パイプオルガンで奏でるバッハのトッカータとフーガニ短調と
沢田研二の六番目のユウウツと
一緒くたにして「理想的」と言っていいのか?という疑問はありますが。

でも、残響時間の違いにどんな効果があるのか、という話は
ジュリーの公演を複数聞いていれば
イメージくらいは出来るんじゃないでしょうかね?


この残響時間を決める大きな要素は

1.壁や天井に使う材料の吸音率

2.空間の大きさ、形

だそうです。

1については、一般に素材が固いほど、また2については空間が大きいほど
残響時間が長くなるとか。

何人収容規模なのか、何階まであるのか、天井は高いの低いの?
横長?縦長?三角形?四角?壁はまっすぐorギザギザしてる?



町田市民ホールのスペックを見てみました。
862席という小さな1階のみのホール、残響時間は・・・・

うーん、正式な記述がみつからない。
近くの、グリーンホール相模大野が、
やっぱり似たようなこじんまりしたホールですが
80%客席収容時で1.6秒とありました。
ジュリーがよく行くホールは、このくらいが平均ぽいですね。
そうそう、客席の埋まり具合でも、残響時間って変わるんです。
がらんとしてると、よく響きますよね、音って。

いろいろ調べてみました。
渋谷公会堂は、1.0秒。あら〜案外短い。
グランキューブ大阪、1.6秒。会議場と銘打ってる割に、長いですね。
神奈川県民ホール空席時1.8秒、満席時1.6秒、そんなに違うのね。

愛知県芸術劇場大ホール、1.6秒。
ここは複数ホールを造り分けてて、
「コンサートホール」は、クラシックコンサートを主にしてるので2.1秒に、
逆に小ホールは1.0秒となってます。

国際フォーラムA、2.04秒、おお、さすが〜。
千秋楽が楽しみですね〜。

大宮ソニックシティ、なんと、
残響可変装置なるものがあるそうです、すごい!
そりゃあやっぱり、バッハとユウウツじゃ、
違う方がいいよね、きっと。
ジュリーのときは、どのくらいに設定してたのかしら?

他にも可変装置があったのは、
ティアラこうとう、ルネこだいらなど。


そして、日本最長の残響時間を誇るのは
ジュリーの公演ではまだないと思うのですが、
福島県白石市の、ホワイトキューブというホールです。
私、昔RAG FAIRを見に行ったことがあるんですが、
ガラスばりのとっても美しいホールです。
ここでは、通常営業に加え、「吸音カーテン」なる設備を駆使すると
なんと、3.9秒の残響時間を実現!
もちろん・・・演奏内容は選ぶと思うけど、
ただむやみにお風呂場みたいに長くしたわけではなく、
絵の具が汚く混じらないよう、
建築素材、空間の大きさ、形、すべてに気を配って
作り上げた残響なんでしょうね。

ということで、最後に、
非公式ですが、町田市民ホールの残響時間を
ネットで拾いました。
公式な記載ではないので、あくまで、参考程度に聞いてください。

2.6秒だそうです。


・・・あの、小さなホールで、2.6秒!!??

ジュリーが、なぜ毎年町田に来るのか、
もしかして、この音が好きなんじゃないかな〜
なんて思ったりしたのです。

あ、でも、演奏するほうは、どうなんだろうね?
私、正直カズさんのギターはそんなに違いを感じなかったんですが
(普段から深いリバーブのエフェクトかけてるから?)
プリンスの『3月8日の雲』のアコギが、
印象が違う感じがしたのよね〜
ぐあんぐあん歪んだ感じがしたっていうか。
あと、グレースのバスドラが、ものすごいお腹に響いてきたのも
もしかしたら関係あるのかも?

泰輝さんの音は、違いをあまり感じれず。
『我が窮状』が、本当のグランドピアノだったらまた、違ったかも。
あと、窮状のコーラスがよかったな・・・
カズさんの眉間のシワがカッコよか・・・あ、これは関係ないっす。

いやいやいや、やっぱりなんといっても
ジュリーの伸びる声、に尽きます。もう、何度でも書いちゃう。

♪許し合い、

で、息をのみ、一瞬消える音、でも響いてる「い」の歯切れ音。
そして優しく強く包み込むように、

♪信じよう〜

泣くよ、泣きますよこれは。

『明日は晴れる』の吠え方は、うぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ぉおおおぉおおおおっぁふ〜〜〜〜ん。。。

と、ちぎれそうだったし。

ユウウツも、

♪ユ〜〜ウ〜〜ウツ〜〜〜だ〜〜よ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜んはぅうぅっ・・・・

って、本当にどこまでユウウツなの〜〜!?って感じで
びっくりしました。

短いハッ!ハッ!ハッ!も、がんがん響いて
フォッッ!フォッッ!フォッッ!みたいな

どこかの爺の笑い声みたいになってた。

ちなみに、オーディエンスの声も、とっても響いてた。
暖かい声援が、ますます暖かく大きく広がって
気分が高揚しました。

カガヤケイノチの合唱は今までの中で一番大きく
響いてました。

一応補足しておきますが
残響 時間の長さだけで、ホールの良し悪しは言えないです。
ただ、ジュリーの町田公演はとても気持ち良くて、
ジュリー自身も気迫にあふれたロングトーンの熱唱を誘ったのは、
ホールの残響、という、
隠れた第二の楽器の名演奏もあったのかもしれません。

そして、私たち観客も、服が音を吸い込み、
一人一人が残響に影響を与える存在だった、つまり
残響という楽器の奏者でもあった、
ということを
思い出に加えてもいいかな、なんて
都合良く思っています。


スポンサーサイト
22:07  |  ---  |  コメント(12)

Comment

勉強になりました(^_^)v

凄~い!しょあさん!研究熱心ですね!(b^ー°)残響に関する 考証…卒論のテーマになりそうです。町田は 座席が斜面になってて どこからでも 足元まで ちゃんと見えるので 前々から 良い会場だなァと思ってましたが 音響も良いんですね。だから ジュリーの声が より一層 伸びやかに艶やかに響いたんですね(*^o^*)
町田で お見かけした時、本名で呼ぼうか HNて呼ぼうか 一瞬迷ったの(?_?)次回からは 近づいて行って ご挨拶しますから~!(b^ー°)
ミルクティ |  2012.10.28(日) 22:34 | URL |  【編集】

起立~、礼~、着席~^^

しょあさん、しかと授業を拝見いたしました。
ふんふん、と頷きながら。

心地よい反響でしたよね。
専門的なことは全くわからないのですが、ジュリーの声が前から迫ってくるんじゃなく、
全身が声に包まれるようでした。

SPLEENの第一声の、水面に雫が落ちて跳ねるような瑞々しさと透明感、
感動で全身に鳥肌が立ちました。
ユウウツの伸び!!!息を止めて聴いてしまい、窒息しそうになりましたよ。

こんな幸せな経験をすると、また絶対行きたくなる!
今回、町田の発売の日、頑張ったのですが、仕事に行く時間になり、撃沈。。。
幸運なことに、お仕事で行けなくなった方に譲っていただけて参加できたのですが、
来年もあったら、まずは発売日を希望休にして臨みたいです。

町田もティアラも、ジュリーと見つめあいすぎた小平も千秋楽もはずせない。。。
なんて思っている現在、できることは・・・
節約して、来年のジュリー予算を確保することかしら。。。
としぽん |  2012.10.28(日) 23:40 | URL |  【編集】

為になるなぁ

私たちも楽器の奏者。
ステキな発想ですよね。

今日の札幌、
私ったら何も考えずに、
気持ちいいなぁとか、
幸せだなぁとか、
いやんステキすぎっっっとか、
ただただキュンキュンして帰ってきちゃいました。

年一回の貴重な時間は、いつも通り楽しかったです。

和彦さんの眉間のしわは勿論、
唇を噛み締めるような仕草も、
気持ち良さそうに天を仰ぐ表情も、
ノリノリのソロプレイも、
最初足だけ、徐々に全身に、最後は頭まで
段々とギターのみならず自身の身体まで楽器にかえて
リズムをとってた彼の存在全てを堪能しまくりでした。

今回、カズさんのコーラスの声が
いつも以上に際立って良く聴こえた気がしてる
(だからってジュリーの歌との調和が乱れてる訳ではなく、そこは寧ろ気持ちよく溶け合ってうっとりだった)んですが、
気のせい?それこそマイク&スピーカーの設定とか?
う~ん、わからない…

ジュリーのロングトーン、特にユウウツは
今日も、おぉぉぉ~と思う長さでしたが、
町田はもっとだったのかしら?
アレ、物凄く色っぽくてステキだったわぁ…

ところで、
ケーブル捌く脚を後ろに蹴り上げながら
マイクに飛びついてコーラスする
和彦さんが可愛すぎて、
父より年上なんてとても信じられない今日この頃。
還暦…ステキすぎませんか?

まだまだジュリーと柴山和彦さんと鉄人バンドの皆さんに
きゃーこら言い続けたい!!
(ので、これからも歌い続けて!お願いジュリー!)
という思いを今年も確認した2時間強でした。

毎年の事ながら長々とスミマセン。
you-ko |  2012.10.29(月) 00:34 | URL |  【編集】

すごい、すごいっ(=^▽^=)

こんなふうに気になったことを徹底して調べるから、いろいろご存知なんですね。
私も調べない方ではないけれど、しょあさん、凄すぎますぅ~≧∇≦

町田は毎回ツアー最小ホールじゃないかと思うほどこじんまりで、よくジュリーが来てくれるよなぁと有り難く思っているのですが。
(私が行き始めてから)初めて使われたのは5年くらい前だったかな?
メモを取っていないので定かではないけれど、小さいとか2階が無いとか言いつつも、完売満員御礼で大入り袋が出たと言ってゴキゲンだったんですよね。
で、昔よくあったホールの造りだと、木の床で…、こういうのが好きなんだみたいなことを言っていたんですよ。

だからホールの構造はもちろん、気に入ったホールで歌っている嬉しさや楽しさや気持ちよさが相乗効果となって、あぁいった素敵な響きとなり私たちを酔わせてくれたんじゃないかと思います。
来年からもずっと使い続けてほしいなぁ。
nemesis |  2012.10.29(月) 08:08 | URL |  【編集】

>ミルクティさん

研究熱心というより、シツコイというべきでしょうか(笑)
確かに、客席が急ガーブでせり上がっていて
下半身油断したパンツスタイルで行ったのに
舞台から全身丸見え・・・って
誰も見てないから~~~大丈夫~~~

こんど、せっかく本名で呼びかけていただいても
「あっ、ミルクティさん!」って
お返事しちゃったら、ごめんなさい~~~



>としぽんさん

つい、調べ出すと納得いくまで突き詰めてしまう、
ワタシの悪い、癖。(杉下右京ふうに)

町田は、そうでしたか。
でも、チケット譲ってもらえてよかったですね。
そうですねえ。発売日もお休みして臨まないと
ダメかもしれないですね。
ここは澤會さんが扱ってくれないし。

しかし、ティアラもこだいらも
どちらかといえば残響が長いホールなんですよね。
いやいやいや、もちろんそれだけじゃないですけど
でも「ホールがいいから行きたい」なんていう条件まで加わって、
こうやって、どんどん深みにはまっていくような気がします。
としぽんさん、今ツアー、何回いらしました?
私は・・・言えませーーーん。


>you-koさん

> 彼の存在全てを堪能しまくり
何と熱い言葉でしょう!!!
長く待ちわびた公演だったでしょう?
よかったですね~
マイクに飛びつくカズさん、キュート過ぎます!!!

you-koさんの、カズさんに対する愛にあふれた
コメントを読むたび、
遠いけれども、いつか、横須賀のカズさんを
見に来て欲しいなあ・・・、というか、
一緒に見に行きたいなあ、と、思うのです。
一緒にきゃーこら、言いたいのです。



>nemesisさん

町田市民ホールが、改装して
残響音が深くなったのが、
2008年頃、まさにnemeさまが行き始めた頃ですね。
大入り袋の話は、なんとなく、記憶にあります。
私はその頃は海の方に住んでいたから、
来てなかったけど。
今や準・地元認定?かな?
来年もまた来て欲しいです!!
しょあ |  2012.10.30(火) 22:24 | URL |  【編集】

カズさんの動画

初めまして(かな?)
いつも楽しく拝見しているので、私にとっては全然初めてという感じがしないのですけどね(笑)

きっとしょあさんはご存じだろうと思ったのですが、万が一ご存じなかったらと思い、カズさんのお声がきけるのを見つけたのでお知らせです。

「和さんと建さん ジュリーとバンドの話」とタイトルがついていました。

http://www.youtube.com/watch?v=FufulL9I5DM&feature=relmfu


いよいよファイナルですね。
本当にこのツアーはDVDにしてほしかった・・・
ココロとカラダとで味わいつくしましょうね~
スージー |  2012.10.30(火) 23:43 | URL |  【編集】

>スージーさん

こんにちは、はじめまして!
コメントありがとうございます。
いつも読んでいてくださったのですね、
気軽に突っ込みコメントなど、くださったら、嬉しいです!!

ご紹介いただいた動画、見て来ました〜
サエキケンゾウさんの番組ですね!
見たことはありましたけど、これはまた、
特においしい部分をアップしてくださってますね!!
いや〜、教えてくださって、感謝です。
私の記憶では、多分、カズさんがテレビで
一番いっぱい喋ってる瞬間ではないでしょうか。

この時、建さんとふたりで大笑いしてる
「DABADAの時さぁ、、、」
というのは、あの、夜ヒットの、
ジュリーがカズさんのお尻を触った時のことを
言ってるのでしょうか。
それとも、もっと何か、ハゲしいのがあったのでしょうか。
楽しそうですよねえ。

今回のツアーも
ジュリーが「鉄人バンド、鉄人バンド」って
繰り返し言ってたのよね、と
のちのちまで、語り継ぎたいです。
しょあ |  2012.10.31(水) 20:10 | URL |  【編集】

代わりに発表しましょうか~?

しょあさん、こんばんは。

>としぽんさん、今ツアー、何回いらしました?
私は・・・言えませーーーん。

ふふふ。
確認しちゃいましたよ。しょあさんの参加ライヴ。
レポ以外でも、コメントに足跡がありますもん。
私は言えますよ。かろうじて大台に乗ってませんから^^

しょあさんが参加されてて私が行ってないとこは数箇所。
で、私が参加でしょあさんがいらしてないのは一箇所だけ。
あ・の!ティアラで~す!ほほほほほ~(高笑い^^)

神奈川県民~ルネまでの日程のつまりは、休み取るのが難しすぎですよね。
ジュリーの様子は、色んなフログやツイッターで目にできますが、
こちらは鉄人さんたちの様子を伝えてくださる稀有な場所ですので、
来年は私が行けない詰まったとこを是非お願いしたいです!

>スージーさん
楽しい動画を教えてくださって、ありがとうございます。
建さんの、ジュリーはどんなツッコミにも必ず応えてくれるという言葉、
ニヤニヤして聞いてしまいました。
ジュリー、かっこいいー!!!

としぽん |  2012.11.01(木) 00:55 | URL |  【編集】

良かった!

しょあさん、としぽんさん、勇気を出して書いて良かった!(ワタシがUPしたわけでもないのに、ナンですけど)

こちらのブログのおかげで、コンサート中にバンドメンバーへも随分視線を送っている自分になりました(笑)
プリンス物語大好きです。

1/20ハズレ葉書が来て、泣いてるとこなので、喜んでいただけたことでちょっと凹みが回復です。
ありがとうございました。

スージー |  2012.11.01(木) 13:30 | URL |  【編集】

>としぽんさん

> 代わりに発表しましょうか~?

きゃ〜〜やめて〜〜〜!!!
でも、自分でも懐かしく振り返ってみました。
ほとんど毎回、イラストを描いてました!
ちょっとまとめてみようかな?

> で、私が参加でしょあさんがいらしてないのは一箇所だけ。
> あ・の!ティアラで~す!ほほほほほ~(高笑い^^)

ううう、なんか、一生言われそうな気がする。。。。
ティアラ〜憧れの未踏の地よ。




>スージーさん

同じです(T_T)...20日ラク選です、楽だけに。

でも、不幸のハガキには「のこりの公演は、第一希望でお取りできてます」
と、書いてありましたよね〜
ということは、私は初日は取れたみたいです(^O^)/
不幸の分、取り返した!!
スージーさんは?いかがでしたか?

ところで、スージーさんのHNはどこから?
実は、エキゾの頃、カズさんがやったラジオショートドラマ『次のデイト』で
相手役だった建さんの名前が「スージー」だったなあ、などと、
思い出してしまいました。
(ちなみに、カズさんは「トニー」・・・ぷぷぷ)
勝手にごめんなさいね。
しょあ |  2012.11.02(金) 00:25 | URL |  【編集】

酔ってるよね、kazzさん

あぁ今は亡きビデオテープ。
せっかくのお宝映像だったのに、デッキの中で巻きついて切れてしまって( ̄ロ ̄;)
観れないまま何年経ったでしょうか(T_T)
こうして一部でも観ることができて嬉しいです。

ところでしょあさん。
小姑のようで申し訳ありませんが、
「トォニィ~~」と迫っていたのはロージーさんですよぉ(;^_^A
nemesis |  2012.11.02(金) 18:06 | URL |  【編集】

>nemesisさん

あら〜ごめんなさい!!
お返事してませんでしたね。
千秋楽で盛り上がっていまして、すみません。

え?これ、カズさん、酔ってるんですかあぁ?
飲み会のシーンも確かこのあとありましたけど。
スイスイ、スーダラダッダって・・・

まだやんちゃな感じがもりもりですよね。
若いカズさんはもちろん、もちろんとってもステキなのだけど
今のおじカズさんの、
眉間のシワとほうれい線は、絶対無二のチャームポイントなのでしゅ。

ところで、
・・・そうだ、そうです、ロージィさんだった・・・。
スージーさん、ごめんなさい。
しょあ |  2012.11.04(日) 19:55 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |