2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.12.31 (Mon)

2012年、今年の思い出の1曲

今年は、ほぼ虎武道館にはじまり、
春にはなんと言っても横須賀のジュリエット。
6月にジュリーのツアーが始まってからは
ひたすら通った日々でした、
8月にはカズさんの還暦のお誕生日もありました。

カズ活に充実した1年でございました。

(べーつーのところ〜に、そのパーワーアー使え、とか♪←テーマソング)


慌ただしい大晦日ですが、
老後の楽しみに、今年の思い出ベスト5を
記しておこうと思います。

第五位 マンジャーレカンターレアモーレ(小平公演)

実はこの「ルネこだいら」は、忘れもしない4年前
カズさん墜ちした、思い出の会場なのです。

カズさん前の、よいお席でした。
爆音コーラスがよく聞こえました。
挑発的なカズさんのプレイにどきどきしてました。
そしたら・・・
プリンスが・・・

泰輝さんの後も通り越し、
ぐるっと上手を回って、こっそりカズさんの背後に・・・

でも、カズさんは気付かず、前を向いて会場に光線を飛ばしてる。。。

キャーカズさん、うしろ、うしろ、背後なんとかが・・・

ハタ、と気がついたカズさんは、驚くでもなく、くるりと振り向き、
ギターのボディをプリンスに向かい合わせてじゃかじゃかじゃ〜〜ン!
キャ〜〜〜カッコイイィ〜〜〜

こういうプレイって、小さいハコならともかく、ホールライブじゃ
珍しいと思うんですけど、そんなことはないのかな?
お互いのギターのネックがバッテンにクロスして
私は「あっ、超人バロムワンの変身シーンみたい!」と
思ったのでした。
kazzjun2s.jpg



第四位 Route66(横須賀 LIVE FOR MUSIC MASTER)

司会の人は言いました。
「みなさん、柴山さんですよ。眺めてください。」
カズさんが曲のためのチューニングをしてる時でした。
その言葉から、カズさんが、ここ横須賀で
どんなにアイドルだったか、推して知るべし、です。

カズさんは、キーボードの人たちに「Aで」と、にこやかに
キーを指定して歌い出しました。

何で爆音じゃないの(笑)

天使のような、柔らかな歌声でした。
もうこんなことに免疫のない私は、本当に倒れそうでした。
生きててよかった、神様ありがとう。

後半、JULIET(カズさんのバンド)のボーカルの大和田さんが出て来て
せっかくのリードをゆずっちゃうところも、カズさんらしかったです。
route66S.jpg



第三位 ストリッパー(町田公演)

うしろの壁から数列目だったにもかかわらず、とても舞台がよく見えて
楽しかった町田公演。
あのこぢんまりした、音がよく響く空間が好き。
ストリッパーのカズさんは、自信たっぷり。
オラオラオラって、迫ってくるの、きゃっ。

私はこの日初めて見ました。
「朝でも〜夜でも〜真昼でも〜」
ジュリーや客席が腕を左右に袈裟懸けするとき、
「俺は両手ふさがってるから〜」と、
左右に足を前に蹴り出すのを!
ギタープレイだけじゃなく、身体の随まで
ジュリー魂がしみ込んでるカズさんなのです。
stripperkazzS2.jpg


第二位 3月8日の雲〜カガヤケイノチ(前橋公演)

悲しいヤジがあったことで記憶に残ってるこの公演ですが
私は、そのヤジにおびえるような思いもしないで
この曲を聴けたことに感謝しています。
(席がヤジ主からずいぶん離れていたから)
中にはそのヤジの主の罵声に着席をよぎなくされ、
おびえながら、ジュリーの歌を邪魔した主に怒りをこらえて
時を過ごした方々がいます。
二度とこんなことがあってはいけません。
曲中の怒声は、十分退場に値する迷惑行為。
会場の係員の方の、迅速な対処を望みます。

ただ、これを二位にランクインさせたのは、
この事件とは、正直、別次元のことです。

私は、新曲に対してちょうどこの頃心が添い始めて来ていて
ここでピークをむかえたんです。
ジュリーが、何の思想も、目的もなく、
ただあの震災のことを悲しんで、自分の言葉で歌ってるのが
本当にまっすぐ、心に入ってきたんです。

 心ない言葉に、折れちゃいけない
 君を想うと
 折れないよと、折れないで

涙が止まらなくて、からだが震えました。
心が舞台とひとつになれた日、
この日、私ははじめてまっすぐに
ジュリーにエールを送ることが出来ました。

回数と時間が必要でしたが・・・
私はこの新曲が大好きになりました。
nanahushigi_6.jpg



第一位 星条旗(横須賀 LIVE FOR MUSIC MASTER)

その方は、地域のミュージシャンたちの頼れる相談役?いや違うな、
ボス、でもないし、マネージャー、いやいや、もっと違う、
古い言い方だと恩人?それも違うような、
つまり、上を目指すミュージシャン達にはいなくてはならない存在だったそうです。
コバヤシ楽器の遠藤さん、まあ、わたしみたいなシロートから見れば、
もう、文化そのものみたいな方ですよ。
その方が亡くなられて・・・追悼ライブとなりました。
ライブを企画した頃は、まだ闘病中だったそうなんですが。
ご冥福をお祈りします。
その方のところで買った、黒いストラトタイプのギターで
カズさんは、遠藤さんのために、ソロを1曲やりました。

The Star Spangled Banner、星条旗。アメリカ国家。
ジミヘンが、ウッドストックで演じた反戦パフォーマンス。
あえて丁寧に話すと、当時泥沼化したベトナム戦争への批判として
誇り高きアメリカ国家に交え、爆撃機が空襲を行いすべてを破壊する様子を
ギターの音で表現した、ジミヘンの伝説のパフォーマンスです。

技術的にも、感性的にも、そうそう人前でやることなどないこの演目を
私は、大好きなカズさんが、目の前で演じるのを見ました。
それは、奇跡以外のなにものでもありませんでした。
yokosukakazzS.jpg

カズさんが、ジュリーのことをどれほど大切にしていて
また、ジュリーの演奏をすることにどれだけのプライドを持ってるのかも
よくわかったうえで、あえて、思うのは、
もっと、ジュリー以外の自分の活動をして欲しい。
あなたの音を待ってる人がいます。
自分の活動が、ジュリーの音にも糧になる、
私はそう信じています。
生意気言って本当にすみません。

来年も、想像もできない新しいカズさんが、いっぱい見れますように。

今年もお世話になりました。
みなさま、よいお年をお迎えください。

しょあ拝
スポンサーサイト
15:18  |  ---  |  コメント(4)

Comment

いつも読み逃げすみません。
カルタ、何枚かプリントさせていただきました。丁度年賀状をプリントしてたのでついでに。(笑)
年が明けるとすぐ渋谷ですね。
よいお年を!
nekomodoki |  2012.12.31(月) 23:54 | URL |  【編集】

>nekomodoki さん

あけましておめでとうございます。
かるた、どうぞどうぞ、ご自由にプリントして
楽しんでいただけたら幸いです。
渋谷が待ち遠しい〜〜
はやく、お正月休みなんか終われ!って感じです。

今年もよろしくお願いします!!
しょあ |  2013.01.01(火) 12:06 | URL |  【編集】

あけおめことよろ~

何も変わらないまま年が明けてしまいました。
相変わらずなアタクシですが、呆れずに宜しくお付き合い下さいませ~

さて迫ってきた初日の前に、昨年の妄想夢うつつ度ベスト5を
1.ティアラ江東
2.小平
3.フォーラム
4.大宮
5.松戸

曲目ベスト3は
1.1989(大宮)
2.気になるお前(江東)
3.ラジカル(松戸)

全体的には町田がとてもよかったんだけど、端っこ過ぎて淋しかったので省きました
さぁ、今年はどんなライブを魅せてくれるでしょうか。楽しみ~
nemesis |  2013.01.02(水) 12:42 | URL |  【編集】

>nemesisさん

あけましておめでとうございます。

おお、ベスト5とベスト3ありがとうございます。
私とまったくかぶっていない!
というか、私の行っていない公演が3つもランクイン。
曲目に至っては、全部私が行ってないとこだという・・・
ナゼダ、ナゼナンダ。。。

今年は一回くらい一緒に並んで
いいお席で見たいですね。
強力な「みつけてね光線」で、
きっとカズさん黒コゲ・・・ちがうちがう。
しょあ |  2013.01.03(木) 11:19 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |