2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.03.03 (Sun)

Bird's Eye View

検索の女王ぴょんたさんが、
びっくりする情報をみつけてきてくれました。

Bird's Eye View(バーズアイビュー)。
初めて聞く名前ですが、カズさんがこのバンドのメンバーとして
舞台に立ったことがある、という事実を
私は初めて知りました。

カズさんの経歴を語るときに聞く名前は
横須賀時代のジュリエット
泉谷さんのBANANA
ジュリーで、ALWAYSEXOTICS
その後のジュリー抜けの時期はいろんな方のバックをつとめられてたけど、
主に大沢さんのバックでオージンズとかエルタバスコスとか。
でジュリーに戻って、Kris KringleJAZZ MASTER
名無しバンドを経て、今は正式名称になった鉄人バンド

ざっと振り返るとこんな感じでしょうか。

なかでも、ジュリエットからBANANAにかけては
あまり資料もなく、謎な時代。

そのなかに、Bird's Eye Viewというバンドで
舞台に立っていたことが証明される資料を
何度も書きますが、検索のネ申、ぴょんたさんがみつけてくれました。

なんたって、写真があるんだから。
コチラ。
http://urawarocks.net/archive/75tajima4/birdseyeview.html
(モノクロ写真の右下にカーソルを合わせると
nextという文字が浮き出るのでクリックすると、
次の写真が見れます。上の帯の中のnextは効きません)


白っぽいチェックのシャツの、テレキャスらしきギターを
持っているのが、多分カズさん。
「チェックのシャツをチェックです」←カズさんかるたより

で、このバンドはなにかというと。

名ギタリスト、元四人囃子の森園勝敏さんのバンドなんですね。

四人囃子といえば、日本のロックバンドの創世記に於ける伝説のバンド。
さらに私にとっては、森園さんの名前は
ジュリエットのアルバムにも参加している
名ギタリストという認識です。

で、森園勝敏/バーズアイビューで検索すると
カズさんの名前ではなくて・・・
ジュリエットの、他のメンバーの名前がヒットするんですね。
ベースの秋元良一さんとドラムのぱっさん(相良宗男さん)。
ESCAPE(1980)をはじめとする、バーズアイビューのアルバムには
カズさんの名前はない。

だってこの頃カズさんが何してたかと言うと
もうALWAYSでジュリーに頭ガシガシ、やられてたのだから。

だから、このリンク先の写真は、
カズさんがバーズにいたという、とっても貴重な証明になるのですね。

時と場所は、1975年、田島ヶ原野外フリーコンサート。

あの、郡山ワンステップフェスティバルの翌年であり、
ジュリエットの唯一のアルバム「YOKOSUKA BAY」が
リリースされる前年のことです。
カズさん23歳のこと。

・・・23歳かぁ(ほわん。。。)

しばし、妄想。

あ、ジュリストの方はあまりご存知ないかもしれないけど、
ジュリーも出演した伝説の屋外ロックフェス、郡山ワンステップの舞台に
カズさんも、ご自分のバンドで立たれているのですよ。
DVDには残念ながら収録されていませんが、
森園さんの四人囃子は見れますね。

そんなジュリエットと四人囃子は深い繋がりがあって
こうやって、クロスオーバー(?)なバンドが存在したんだ。


こんなポスターもみつけた(笑)。時代を感じる。
http://urawarocks.net/history/crnlgy/740722p.html

この頃って、「何年」か、記さないのね。調べたら
7月22日が月曜日だったのは1974年でした。
四人囃子のライブのゲスト的な2つのバンド。
ジュリエットともうひとつの、スモーキーメディスン。
これ、調べたらなんと、Charのバンドでした!!

森園、Char、そして柴山和彦・・・

あぅあぅあぅ・・・
豪華すぎて倒れそう。




話をバーズアイビューに戻しましょう。
先の田島ヶ原のページの「memo」によると、バーズとしての活動は
1985年いっぱいは、ライブハウスなどで続けたらしいです。

そんな昔の資料を追いかけていると、
森園さんの実力と評判は言わずもがなだけど
当時のカズさんの評判も、ぴかぴかだったんだろうなあ、なんて
思いめぐらしたりします。

  いいギタリストがいるのを、知ってるかい?
  ああ、あのヨコスカの。小っさいヤツだろ?
  うん、小っさいけど、ねちっこい音を出すヤツ。
  それに、美少年だよな。

  
そんな感じで、泉谷さんやジュリーに呼ばれたのかしら。

この頃って、カズさんはどんなことを考えて生きていたんだろう。
還暦すぎても、髪の毛ツンツン立ててぐいんぐいんギター弾いて
客席の女の子(・・・間違えました、女の人)を
きゃあきゃあ言わせてる、なんて、想像したかしら。

カズさんは、昨年の今頃に取材を受けた横須賀タウンニュースで
ジュリエット時代のご自分を振り返って、こんな風に答えてます。
「音楽で生きていくことしか考えていなかった」

ファンの私なんかが言うのは生意気で失礼かもしれませんが、
きっとその後も迷ったりしたこともなく、
正しくは「音楽で生きて行くこと以外、考えた事は一度もない」
なんだろうと思います。

バーズアイビューの写真がでてきたことで
いろんなことを考えてしまいました。
こうして昔のカズさんのことが、今もいろいろわかるのは
ひとえに、いつも一途に「ギタリスト」だったからなんだ、と思います。

Bird's Eye View(バーズアイビュー)。
鳥の視野って、とても広いんですってね。
真後ろと足元以外の、ほぼ全周囲が見渡せるそうです。
カズさんは、まあるいパノラマを見渡しながら
行き先を迷うことなく一直線に、
雨の日も晴れの日も同じように
羽ばたいて来たんだなあ、と思います。

そんなまっすぐな軌跡に、ふと、縁あって交わることが出来た自分を
幸せだと思います。




※ぴょんたさんも、このことを見つけた経緯を
ブログに書いてくれています。
コチラ。
スポンサーサイト
20:57  |  ---  |  コメント(5)

Comment

えっ? Charも?

おぉーー、あの写真から更に色々調べてくれたのね!

しかし、74年の7月に そんなライブに出演されていたとは…。
昨年末に発売された「レコード・コレクターズ」の日本のギタリスト名鑑(112名)に
Charも 森園さんも カズさんも 書かれているギタリスト。

カズさんは21歳、森園さんはカズさんの2歳下の19歳、
Charは3歳下の18歳。
今から40年近くも前に、この3人が同じステージに立たれていたのね!
想像しただけで 鳥肌が立ちそう。

私たちが知らなかった時代を、ネットで調べて知ることが出来るって
凄く幸せな事なんだなぁと 改めて思っちゃいます。


ぴょんた |  2013.03.03(日) 23:26 | URL |  【編集】

>ぴょんたさん

これからは、例の定型文は
「チャーなのカズなの森園なの?」
と言うことになりましたので、よろしく。
(意味わからない方、すみません)

私たちのブログって、マニアックすぎで
ぽかんかしらね?(笑)
いや、マニアックというか、ミーハーなのよね。

スモーキーメディスンは、ボーカルが金子マリさんなんだけど
そういや私、2年くらい前に
シモキタで、金子マリさんと演る森園さん
見たことあるわ。
しょあ |  2013.03.04(月) 10:39 | URL |  【編集】

お久しぶ~り~ね

カズさん参加のバンド列伝に加えてね。
ジュリー抜けの時期に鈴木さえ子さんのバックをしてましたのですが、
そのバンド名は「東京マザーズ」ですのよ。
同時期白井良明さんと組んでたユニット名は「ステレオブラザーズ」ですわ。

ガロや五木ひろしさんのバックを勤めたこともあるそうですけれど、
それはジュリエット時代にバックバンドとしてヘルプに入った時のことだそうですの。

松尾清憲さんのバックを白井さん、彰くんとともになさってた時、
バンド名だかユニット名だかあったような気はするのですけれど・・・・何でしたかしら・・・・。
ごめんなさいまし、思い出せませんわ~、ワタクシとしたことが・・・

つか、あったかな・・・・・? あかん、わからへん。すまんです。

オマケ情報。
UP-BEATのデビュー30インチシングルがカズさんの初プロデュース仕事って私ゆうたかしら?
その次が久宝瑠璃子のアルバムやってゆうたかしら?

若カズさん情報の記憶があやしい今日この頃です。やべっ。
ちゃちゃ |  2013.03.09(土) 21:55 | URL |  【編集】

ごめん

30インチてどんだけでっかいねん!!
それをゆうなら30”センチ”やろが・・・・。

これぞ関西人のひとりボケツッコミ。
ちゃちゃ |  2013.03.09(土) 22:02 | URL |  【編集】

>ちゃちゃさん

お返事遅くなってすみませんでした。
私もイマイチ曖昧な知識でして・・・省略してしまってすみません。
その時期はカズさんはいろんな方と演っていらしたんですね。
鈴木さえ子さんの時の「リアル・緑のカズターパン」(←勝手にそう呼んでる)とか
小林克也さんとのザ・ナンバーワンバンドとか
つべでちょこちょこ見て知っていましたが
松尾さんのバックは、私まだ聞いたことないんですよ。
ちょうど、その辺の話を、ぴょんたさんが書いてくれてますね。

なんと言うか、・・・上手く言えないんですけど、
バーズ・アイ・ビューって、
誰かのバックとかサポートじゃなくて
自分のバンドで、自分のやりたいことをやっていた時期なのかな、というか・・・
いえ、いいとかわるいとかの事じゃなくて、
ジュリエットは、カズさんのバンドだけど、
バナナは、カズさんのバンド、ではない、
その中間にあったのが、このバーズなのかなあ、なんて
想いを巡らせて、このブログを書きました。
実際はどうだったのかなんてわかりませんけどね。
しょあ |  2013.03.12(火) 01:47 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |