2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2013.03.12 (Tue)

PRAY初聴き感想

praykazkaz.jpg


発売日の昨日、カズカズを連れて
ジュリ友さんと、タワレコまで買いに行きました。
ジュリーの新譜『PRAY』。

そのあと、カラオケに行って、みんなで一緒に聴きました。

昨年のことを考えたら、
一人で聴くのが怖かったんです。

あ、カラオケボックスすべてで可能かどうか知りませんが
プレミアDAM(ビックエコー)は、CDが聴けるんですよね。

結論、ジュリ友さんと一緒に聴いてよかった。


以下,感想&ネタバレありますので
視聴がまだの方はご注意ください。



↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  




昨年と違って覚悟してはいたものの
まず封を切り、盤面の海面に打ちのめされる。
昨年もケースに入っていた柄なのに。

一通り聴いて、二巡目、
自分でもびっくりするくらい、
ボロボロ泣いてしまいました。
こんな辛い歌、ライブで、聴けない・・・

たぶん、多くの人が胸を詰まらせたことと思います。
Deep Loveの歌詞。

「明日も探し続ける、君の髪一本を見つけたい」

その日の朝のニュースでもみました。
今日、未だ行方不明の人を、何百人という規模で再捜索していると。
なんだか、今日この日にまるでイベントみたいだ、と
見たその時は絵空ごとのように思ったけど、
ジュリーの曲を聴いて、気付いた。
大切なひとが行方不明のひとは、
たとえ、イベントでもいい、
探したいだろう、探して欲しいだろう、区切りなんてつけられない、
探し続けるんだろう、そうなんだ、って。

ジュリーに「忘れちゃいけない」と
言われたような気がしました。

それから、ジュリ友さんたちと、
いろんな話をしました。
自分は何が出来ているのだろうか。
これでいいんだろうかと。
話すうちに、ふと、こうやって話す機会を持つことが
大切なんじゃないか、と思いました。

一度涙を流したら、曲に向き合う勇気がでました。
帰宅して、ヘッドホンで何度も聴きました。
4曲とも、いい曲だと思いました。
何度も繰り返し聞きたいと思えました。


1曲目、まさかの、アカペラ。
これは、伊豆田さんの声?
ライブでは鉄人バンドが歌うのか、うわぁ・・・
なんだか、聖歌のようだなあ、と、思ってたら、
いきなり振って来るグレースの、そして鉄人バンドの大爆音。
これ、カズさんがぬおってますよね。
うん、カズさんだよね、この、狂気一歩手前の音は。
そして、冷静なプリンスのアルペジオ。
最後に残る、泰輝さんの穏やかな音。
みんなの顔が見える。

2曲目、すごくキレイな曲。
ギターの印象的なリフが、プリンスワールド。
どんなテーマでも、
透き通っていて、救いが感じられるのがプリンスの曲。
ライブでは、穏やかに横揺れして聞きたいと思いました。

3曲目、カズさんの曲なのに、ピアノの音から始まるのも
ちょっと意外な感じがしました。
そして、ああ、またしんどい歌詞を
カズさんが引き受けたんだな、と思ったのが第一印象。
でも、不思議と昨年のような拒否反応はない。
なんだか、力が湧いて来るような、
それが、ジュリーの想いなんだろうと、
強く感じ取れる曲。
聞くほどに、好きになりそうです。
終り近くのグレースがすごい。
泰輝さんも、絶対前傾してる。
私は、この曲を4曲目にしても良かったんじゃないかと思います。

4曲目、・・・やっぱりつらい。
イントロだけで、胸がぎゅうっとなります。
でも、この痛みが、このアルバムの意義なのかもしれないと考えます。
「薄情になんてなれない・・・」
胸に繰り返す。
何より、昨年と決定的に違うのは、
音を切ったあとも、自分が曲を口ずさんでいること。

ジュリーの歌詞すべてが消化できたわけじゃないけど、
少なくとも、また聞きたい、って思っていること。

帰宅して、実は一回、昨年のアルバムを聞き直してから
今年のこれを聞きました。
昨年の音は、大きなテーマに立ち向かう必死さのようなものを感じました。
今年の方がもっと気負いがなく、
言いたいことに素直に大声をあげているような、
そして、しかもそれが希有なテクニックに彩られた音だと思いました。

ライブで聞くのが,怖くもあり、楽しみでもあります。
この楽曲が持つ意味を考えると、簡単に「楽しみ」なんて
言葉を使うこともはばかられるけど、
ただひとつ,言えることは、
考えることを忘れちゃいけないと思うから。
スポンサーサイト
15:39  |  ---  |  コメント(10)

Comment

たしかに。。。

ぬおってますね。

前に出て、ぬおる気がします、
きっと、ぬおるに違いありません。

どの曲も、好きです。

カオリー |  2013.03.12(火) 23:36 | URL |  【編集】

>カオリーさん

ええ、CDで、既に、むっちゃぬおってますよね。
ライブでは、きっと
前に出て、赤く染まって、ネックを立てて、
狂気の音を唸らせるに違いありません。

今からもう、正気を保っていられる自信がありません。
しょあ |  2013.03.13(水) 00:04 | URL |  【編集】

前に出て。。。

赤く染まって、ネックを立てて、爆音でもって
ぬおるでしょうね。

しょあさん、
そんなとき、正気でなくなったとき、
あなたなら、どのギターを抱いていてほしいですか。

私は、
アームがついた、あの黒い
レスポールなの?
カズなの? チャーなの?

みたいな。
あのギターを抱いた姿を見せてほしいわ。
カオリー |  2013.03.13(水) 00:56 | URL |  【編集】

>カオリーさん

何を抱いていて欲しいかって、
そりゃあ、ワ・タ・シ…というのは置いておいて、

遠藤さんのところで買った、あのギターですか。
ジミヘンをやった、あのストラトだよね?
それはとっても素敵かも。大賛成。

同じじゃつまらないから、
私も,うっとり妄想してみました。

私は,アームなしで
ゴールドトップのレスポールに
ドスの効いた(?)エフェクトをかけて
ガンガンに歪ませて弾いて欲しいと思います。
お顔もしわくちゃに歪ませて・・・

でも、SGもいいと思うんだ。
DEEP LOVEの2番、
高音域での速弾き、叫ぶようなフェードアウト、
小さなSGの、フレットの上で華麗に舞う
カズさんのきれいな指を夢に見そうです。
しょあ |  2013.03.13(水) 10:52 | URL |  【編集】

いえいえ


遠藤さんのジミヘンは、ストラトタイプでし。

ではなく、ロッカビリーみたいなアームがついてる
レスポールなの? どーなの?
ってヤツです。

しつこくスビバセン~
カオリー |  2013.03.13(水) 21:21 | URL |  【編集】

>カオリーさん

あれ?いつ使ってたギターのこと?
わからんちんで、ズビバゼン・・・
しょあ |  2013.03.13(水) 22:07 | URL |  【編集】

横入りでズビバゼン

グレッチ?
nemesis |  2013.03.14(木) 01:15 | URL |  【編集】

>nemesisさん

お久しぶりです~
ヒントありがとう。でも思い出せない私は
いよいよ危ないか!?
グレッチって、ブライアン・セッツァーのギターだよね?
カズさんがいつ使ってたのか、まったく記憶がありません。
カズラー失格ですね。
しょあ |  2013.03.14(木) 09:34 | URL |  【編集】

なんか

スビバセン~

nemesisさま、
グレッチのようでグレッチじゃないらしいんです。

2~3年前のツアーで、はじめのうちだけ抱いていた黒いヤツ。

DVDだと、「ROYAL STRAIGHT FLUSH」で抱いていまっす。
「光線」のソロが、たまりましぇん~、と思って確認したら、
それはチェリーサンバースト!

黒いのは「THE VANITY FACTORY」で抱いていますだ。
けど、アームなし?

いえ、生で確認したときは、アームありだ~
と思ったけどぉーi-230

って、新譜の話はどこにぃ~、ス、スビバセン~



カオリー |  2013.03.14(木) 22:48 | URL |  【編集】

>カオリーさん

RSF見て来た〜。このギターのことを言ってたのね。
確かにグレッチっぽいけど、Fホールがないね。
これはなんなんでしょうね。
うーん、私コレをナマで見た記憶がありましぇん。
あるとしたら、プレプレツアー?
あーん,でも覚えてない〜(泣)

新譜は毎日激リピです。すっごい好きかも。
しょあ |  2013.03.14(木) 23:31 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |