2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.03.25 (Mon)

プリンスは南国が似合う男でした

lamama_prince2s.jpg

23日の土曜日に、ROCK'N'ROLL GYPSIESの
プリンスを見に行って来ました。

渋谷のライブハウス、La.mamaに行くのは、2回目。
舞台まで5mほどの近さの,小さなハコです。
ルースターズの「る」の字も知らないくせに、2回もよく行きます、
ホントすみません。

今回は,ジュリー関係のお友達3人と一緒です。

とっても楽しい対バンさん(「勝手にしやがれ」さんといいます)が終り、
ロックンロールジプシーズの4人が、舞台に登場したとたん
隣の友達がプリンスを見て「・・・透けてる」(笑)。

至近距離で,間近でライトを浴びるので
やはり正体が、・・・って、いやいやそうじゃなくて、
ふわふわの髪の毛が透けて,って、いやこの表現も誤解されそうだし、
うーん、つまり、まあ、
プリンス、この世の者離れしたカッコ良さでした!!

ジプシーズは,なんと言いますか、
いわゆる、ツンデレバンドっていうんでしょうか。
メンバーはほとんど客席を見ないし、ほとんど喋らない。
以前、セットリストと一緒に「完全MC付き」っていう
ブログさんの記事を見たことがあります。
(曲目の文字数より、喋りが少ないってことです、笑)

タテノリリズムでずっとひたすら演奏が続くんですが、
私自身も1回目より曲も覚えて、
こういうノリが、だんだん快感になって来ました。

プリンスが,首を右にかしげて歌う「黒の女」とか、
よくライブの最後にやるという「N.W.O」では、
嬉しくってノリノリでぴょんぴょん。
何気に,二日も経った今日、ふくらはぎが筋肉痛です。

今回は、プリンスの音がとってもよく聞こえて
なんだかドキドキ。あー、やっぱりわたし、ギターの音が好き。
喘ぐプリンスは、ちょっとジュリーの時と違うぞ。
手が届きそうな距離で、細くて長い指が舞っている。

ベースの市川さんは小柄で熱くて、いかにもカズラー好みのステキな方。
身体全体で、心地よいリズムを刻みます。
花田さんのES335は、カズさんのほど巨大じゃなかった(笑)。
池畑さんのドラムは、音も景色も圧倒的存在感。

そして、透けそうなプリンスの、華麗なプレイにとろけた
ジプシーズに魅せられた夜でした。



ところで。

この日のプリンスが,南国テイストだったことに
気付いてしまったワタクシ。

といっても、別に、ハイビスカスのレイをかけていたとか、
胸にギターを抱えていたとかではありません。

たぶん、胸元に光っていたのは,ハワイアンジュエリーじゃないでしょうか。
色は、シルバー。

二重にした短いほうは、おそらく、ネームペンダント。
四角いプレートに、三文字くらいの造作が見えたから,想像するに
「JUN」って、入っているんじゃないかな。

長い方は、「チューブ」と言われる、波が巻いた状態をモチーフにした、
ハイビスカス、プルメリアなどを彫り込んだ筒状のものを縦に通して、
その先にサーフボード型のペンダントトップを
下げている、ように見えました。

全然違ったらごめんなさい〜

実は私も、マウイやらオアフやら、
ハワイに数回サーフトリップに行った事があり、
ハワイアンジュエリーには、ハマったことがあるんです。
だから、見たときにアッ、と、すぐわかりました。

プリンスも、さすが霊界、じゃない業界の人だから
難しいアクセサリーを本格的なアレンジで
つけこなしてて、ステキです。

そう言えば、以前も
サメの歯か、くじらの歯か、そんなペンダントを
つけてる写真を見た事あるような気がする。
好きなのかしら、マリン系アクセサリーが。

プリンスは、本当に、南国が似合う男だったのね。


では次回、続けて
ジプシーズの対バンの「勝手にしやがれ」さんのことを
少し書きたいと思います。
とってもステキだったんですよ〜

カズさんのライブがないので、いろんなライブに行って
ちょこちょこ浮気している私を許してください。


スポンサーサイト
23:24  |  ---  |  コメント(2)

Comment

まあ、まぁ、しょあさん
ちょいと忙しくてブログのチェックを忘れていたら、いつの間にかわたしの為にご丁寧なレポートを!←別にそういうわけでもないっか!
気づかなくてすみませんでした。 m(_ _)m

それにしてもたった二回しか観ていないのに、なんて隅々まで良く見てらっしゃる事!
わたしなんか何度も観ているのに、そんなアクセサリーの事なんてなーんも知らないよ。
てか、もう素敵すぎて正視できないのよぉ〜。首かしげて歌うのくらいは知ってるけどね。^ ^
下山さんのあの、細くて長い指を見ていると、ハラハラと自分を見失いそう。
だけど、狭い箱でやっとのことで下山さんから目をそらしても、あのバンドには花田さんも居る!
また、クラクラ来ちゃうので天井仰いでぴょんぴょんしたり、下向いて頭ブンブン降ってみたり。。。
そんな小心者のわたしには、結局沢田さんの時くらいの距離が丁度いいですわぁ。
ところで、今回は「お座りの演奏」は無かったのかしらん♬

去年までは沢田さんライブお休み期間に、RRGとかグレースのライブとかいろいろ観れて楽しかったなぁ。
いくら下山さんが南国に憧れてるからって、わたしひとりでこんな南国まで来てしまって、早まった事を。
「Shimoyamaが観たい淳」に改名しようかしら。
あ、この次RRGの事書くときはぜひ、ぜひ花田さんのイラストにも挑戦してみてください(笑)
Shimoyamaになりたい淳 |  2013.03.28(木) 13:48 | URL |  【編集】

>Shimoyamaが観たい淳さん

うきは市のRRGは、遠かったんですかー?
RRGは、南国公演が多いですよね。
そんな事もやっと最近わかったきたしょあです。
そのうち、プリンスのほうから、淳さんの近くに
訪ねて行ってくれますよ、きっと。

あ、隅々まで見てるのは、
プリンスと、市川さんだけなんです〜
・・・なんて失礼なヤツなんだ、私。
だって〜、でかい兄ちゃんにはどうしても
興味がわかないのよ〜ごめんなさい〜〜

市川さん、小っさくってかわいいワン☆
前のめりな演奏フォームもキュート。
シャツの前ボタン、開け過ぎだわ、きゃっ。

と、カズラー達が、こそこそきゃっきゃしていたので、
プリンスがFBに市川さんのおさしんを
あげてくれたんじゃないかと、妄想しております(笑)。

今回は「お座りの演奏」はなかったですね。
スティール・ギターですっけ?
あれも、見たら描きたいです、ぜったい。
しょあ |  2013.03.29(金) 10:51 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |