2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.04.01 (Mon)

ロックだな、

先日の渋谷、ロックンロールジプシーズのプリンスを見に行って、
対バンの「勝手にしやがれ」さんを知りました。

YouTubeとかで「勝手にしやがれ」と検索すると
ジュリーに混ざって、黒スーツ黒ハットの男性管楽器集団が出て来ます。彼らがそう。
なかなか、ステキでしたよ〜
スカパラに、もうちょっと不良っぽさというか、パンクテイストを加味した感じ。

リーダーの武藤さんは、ドラムたたきながら歌います。
「罠のような午後」とか、いい曲なので、聞いてみてください。
ちょっとサッカーの三浦知良に似てる気がするw


実はね、ライブの中程で
勝手さん達の、新曲を聴いたんですが
それをご紹介したかったんです。

CDなどの音源はまだ録ってないそうです。
ライブで何回か演奏しただけ、とのこと。

歌詞がこちらに載ってるので、是非読んでみてください。

http://syoheiroom.blog23.fc2.com/blog-entry-3217.html


この曲、一言もそうは書いてないけど、
反原発ソングだよね。

ジュリーのファンでいると、
原発、震災、復興、を口にするミュージシャンに
敏感に反応してしまいます。

ミュージシャンの原発反対運動、またそのテーマを取り上げる事に対しては
冷ややかな声も多くあるけど、
私は、もっといろんな表現があっていいと思っています。
むしろ、少なすぎるとさえ思っています。


それって「ロックとは何か」という命題でもあると思うんだけど。

話は勝手さんから少しそれますが、
おとといの土曜日、横須賀美術館まで
こんな催し物を見に行きました。

momm70.jpg

70年代カルチャーの力、魅力。

実はカズさんの姿を展示の中に探したのですが
もうちょっとのところで、残念ながらみつかりませんでした。

プリンスがルースターズで、売店で販売していた写真集の中にいました。

ジュリーは3人いました。
華やかなる招待のポスター、雑誌・深夜放送ファンの別冊、太陽を盗んだ男のポスター。


実はお目当てはこの日のトークショー。
GARO大野さんと小坂忠さんの対談を聞きに行きました。
トッポのミュージカル「ヘアー」の話から始まり、
ガロのデビューは、最初は中井さんが声をかけたのだとか、
いろいろと興味深いお話がありました。
ああ〜でも、ジュリエットの話は出ず。(がっかり)

でね、このとき、小坂忠さんがとてもいい事をおっしゃったのです。

  表現とは、表に現れる、と書く。
  それは中に持ってるものを表に出す事であって、
  表面を取り繕うことじゃない。

  音楽もそう。
  アコースティックギター使ってるからフォークで、
  エレキだからロック?そういうことじゃない、

  大切なのは、中に何を持ってるかだ


私はその言葉を聞いて、ジュリーの事を考えていました。
ジュリーは、何も、特別なテーマで
曲を作っているわけじゃないんだ、と思いました。
ジュリーにとっては、わざわざつらいテーマを選んでいるのではなく、
この事を言い続けるのが、当たり前の事なんだと思うのです。
それが、ジュリーにとっての「表現」、であり「音楽をやること」なんだ、と。

70年代は普通にミュージシャンたちはやってたことじゃなかったのかなあ、
とも、思いました。

それが、いろんな常識や社会の規律や秩序が
誰かを傷つけるかもしれない、ということに、敏感にさせてしまったのかもしれない。

勝手さんとか、2年経った今、この曲を発表したのは
考えて、考えて、自分の意見はこれだ!って答えが出たのかな、と思います。
それはとてもロックだな、と思います。
スポンサーサイト
23:57  |  ---  |  コメント(4)

Comment

横須賀美術館

横須賀美術館、好きです海が見えて併設のイタリアン系レストランも美味しいし目の前の道路を渡った京急ホテルの、あの海が見える席に、和さんとジュリ-が座ったんですよね~~。そして今の重鎮の和さんに成って居るそしてあちらのブログ見て来ましたよ。人類が触れては成らない物質を研究開発して仕舞った事が、不幸の始まりだったと思います。地球以外では生きていけないのにね。放射能で遺伝子が変化して、近い将来人類や動物達が減少するのでは無いだろうかとも感じます。小さな想いでも私はこれからも原発反対です。
しのぶ |  2013.04.02(火) 19:07 | URL |  【編集】

>しのぶさん

横須賀美術館と、観音崎京急ホテルは観光コースのセットですよね〜
この日も、海鳥がVの字編隊を組んで、海の上を舞っているのを
美術館のレストランから、ぼんやり見ていました。
ホテルでは、お約束の「じゅりカズごっこ」をするのが
ジュリスト、カズラーの、正しい楽しみ方で御座います。
じゅり役のヒトが「・・・実は、バンド組んで欲しいんだ、数練習できるバンドを」
と切り出すのがルールです。

勝手にしやがれさんの武藤さんのブログ、
読みに行ってくださってありがとうございます。
私には武藤さんの「考えようぜ」というメッセージが
ストレートに伝わって来ました。

自分の意見を持つ事が必要なんだ、と思います。
それぞれの立場で、いろんな意見があるでしょうが、
私も、未来に責任を押し付けるような選択には反対です。
しょあ |  2013.04.03(水) 22:18 | URL |  【編集】

行ってみたい!

横須賀美術館と京急ホテル(*^o^*) 行ってみたいわ~
しかし 我が家からは かなり遠過ぎる~( ̄○ ̄;)
友達が横須賀に居るんですが…
今、横須賀美術館のサイトに行き スケジュール見ましたが、『70年代…』は載ってないのですが、もう終わっちゃったのかしら?
本当に人類は恐ろしい物を発明してしまいましたね。自分の時代で、責任の取れない、負の遺産を後世に残すなんて酷い話です。それを最近まで 良く知らなかった自分にも 責任を感じます。
ミルクティ |  2013.04.04(木) 22:18 | URL |  【編集】

>ミルクティさん

お返事遅くなってごめんなさい。
まだやってますよ、横須賀美術館の70年代展。
ポスターにも書いてあるのが読めます。
4月14日、来週の日曜までです。

同館内のイタリアンレストランで食事をすると、
入館料が200円ディスカウントされますから
お時間に余裕があれば、ぜひぜひ。
お天気がよければ、表のテーブルでも気持ちがいいかも。

最近までよく知らなかった、そうなんですよね。
でも、もうそれでは済まされない、
知らないよくわからないは罪になるんですよね。
しょあ |  2013.04.06(土) 20:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |