2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.06.12 (Wed)

バンド見どころ大予想(2)Uncle Donald

こんにちは。
新曲のバンド見どころ大予想、二回目になります。
今日のは、よりちょっとマニアックな感じなので
さらに大目に、生暖かく見守ってくださいませ。

●Uncle Donald

いやー、CD聞けば聞くほど
これは、プリンスサウンドですね。
泉谷の春夏秋冬 by LOSER アレンジ的な。←と、ここで言っても。
通称トッタカトコタカ♪と言うそうですが(カズ友Mさん談)。

これ、私にしては、かなりの大胆予想。
カズさんがCDとは異なり、アコギを担当するのでは?
と、考えています。

この結論に達するまでに、DYさまはじめ
いろんな方に意見を聞きました。
優しいDYさまは、決っして否定はしませんでしたけど
ま、大はずれしたら、皆さん笑ってねーあはは1

今年のお正月ライブの「無事でありますよう」。
カズさんがアコギでバッキングして
プリンスがエレキでソロをとってましたよね?
あの曲、実は以前は、逆で演奏してたんですよ。
2000年のお正月、大運動会。
他にもあるのかもしれないけど、私の所持品の中ではこれだけ。
カズさんが赤いストラトで、唇を尖らせながらソロを弾いて、
プリンスはゆらゆらと身体を左右に揺らしながら、アコギでバッキングしています。
二人のイメージからすると、このほうが自然な感じはしますが、
こんなパートチェンジもあることはあるんですよね。
今年は、その前の「あの日は雨」からの流れの関係だったと思います。

Uncle Donaldに話を戻すと、
CDでは、右側(カズさん)からは、
ずっとエレキのリズミカルなバッキングが鳴ってます。
ベースレスバンド、鉄人さん達がよく使う、低くてよく響く音です。

一方左側(プリンス)からは、アコギのストローク、そしてアルペジオ。
この音色がひかえめながら、とってもきれい!!
カズさんのエレキの鳴りと、とても美しく調和してるんです。

そして、サビから現れる特徴的なディレイの効いたエレキのトッタカトコタカ♪は、この曲の要。
それから、間奏のソロもエレキ。

プリンス大忙しです。
もしこのCDのトラックどおりにライブで再現するなら、
腕が少なくとも4本ないし6本ないと出来ないはず。

 「若、ちゃっちゃっと、霊力で弾いておしまいなさい」
 「爺、そんな、女を相手するようには上手くいかないよ」
 

サビから登場する、トッタカトコタカ♪、
これこそがプリンスワールド。
昨年の「恨まないよ」でも聞けたし
古いところでは、1999正月コンサートのアンコールの『Courage』で
聞くことが出来ます(DYさま情報)。
空間系のエフェクトが効いた単音の連なった音で
とってもきれい。これは絶対プリンスに弾いて欲しい。

じゃあ、プリンスは、アコギとエレキ、どっちを抱くの?
二人は同時に抱けないわよ。

「カガヤケイノチ」のときみたいに、持ち換える?
それは、無理でショー。
Bメロからサビへ0秒で持ち換え、間奏が終わったらまた持ち換え、
二番も同じことを・・・

そんなん霊力でも使わなければ無理っす。

 「若、だからちゃっちゃっと・・・」

DYさま説のように「エメラルドアイズ」型かな?とも迷いました。
あれも、CDはアコギエレキ混在なんだけど
ライブではカズさんもプリンスもエレキを持ちました。
ま、言えば、ライブでは、アコギの音を省略したんですね。

それもアリかなと思うんですけど・・・

けど、この曲のAメロBメロ部分なんかは特に、
エレキ×アコギで表現したい感じなんです!
エレキ×エレキじゃないんです!!
って、そんなんこだわってるの私だけかもしれないですけど。


でも、もし、カズさんがアコギを弾けば・・・
プリンスはストラトでバッキング→トッタカトコタカ♪→ソロ、
と、まあ、大忙しだけど、解決です!
カズさんが、プリンスの曲でアコギを弾くのは、
「あの日は雨」「Beloved」など、よくあること。

問題はCDで、低い音でバッキングしている、
カズさん自身の音をどうするかなんですけど、
・・・そこで、泰輝さんの出番です。

泰輝さんが定期的に低いリズム音を入れることで
なんとか解決しないものでしょうか?

この考え方は、CDの音源とパートチェンジするということだから
そんなことを実際にしてるのか、可能なのか、
シロートの私には知るすべもなく
正直自信はないです。

ただ、この曲からアコギの音を省略して欲しくない、という
気持ちからの大胆予想です。
”ミスタードナルドが失望しても、我々はあなたを敬っています。
3.11をわすれてはいけない”と
優しく歌うジュリーの言葉には、優しいアコースティックの音色が
一緒にいて欲しい。

優しいプリンスの曲を、カズさんに優しく弾いて欲しいの。



カズカズ…ごめんね…ちょっと…重くて…じゃま、かな…
acogi.jpg
カズきゃ、ぜんぜん気にしなくていいきゃ。


あ、それと、間奏。
鉄人のみなさんの「ルールゥー」というコーラス
に重ねてジュリーが低く呟く声。
「いぇーい」と喘ぐ声。
これ、むっちゃ色っぽくないですか?

え?ジュリーはいつも色っぽい?
今さら何を言う?
すみません、すみません、すみません。

つづく。
スポンサーサイト
23:45  |  ---  |  コメント(4)

Comment

なるほど!

今回も楽しい予想でした~。

一応僕はこの曲、「エメラルド・アイズ」スタイルのエレキ×エレキを予想していましたが、「この曲はアコギが聴きたい!」という気持ちはしょあ様と同じです。
エレキ1本だと相当忙しそうだなぁ、無理かなぁ、と考えていましたが、なるほど下山さんには霊力が(違)。
いやいや、一般人にとってはプロのギタリストの技は本当に霊力みたいなものです。下山さんなら涼しい顔でやってくれるでしょう!

でも、柴山さんがアコギだと、エンディングのジェット・サウンドが無しになっちゃうなぁ…それはちょっと残念です~。
DYNAMITE |  2013.06.13(木) 18:59 | URL |  【編集】

写真にキュンキュン♡

これは 2003年お正月ライブでの『愛しい勇気』かしら?
スライドバーを付けてアコギで♪キュィィーーーン♪な曲
この時のライブの前半は、カズさんとプリンスのツインアコギだったよね。
いつもはエレキで弾く曲も ツインアコギで弾くとやわらかな感じになって、
オリジナルとは違った雰囲気が楽しめて良いだわ~。

で、お題のこの曲で、アコギとエレキ、誰がどれを弾くのかは想像ができましぇん。
今の鉄人バンドは、オリジナルアレンジを忠実に
ストリングスやベースの音だって、キーボードやギターで軽々と表現してしまうプロ集団
4人だけでできる最善のパートで表現されるのは間違いないんですけどね。

鉄人バンドでは、アコギはプリンスが担当っていうイメージがあって、
力強いジャンカジャンカギターが頼もしくて好きだなぁ。
カズさんの弾くあたたかな音色も大好きよ♡
ぴょんた |  2013.06.13(木) 22:13 | URL |  【編集】

>DYさま
私、ひとつ間抜けてました!
プリンスはエレキギターを持つけど、
ストラトじゃないですね!
お前はLOSERでどこを見ていたんだと言われそう…
(だって、逆光だったんだもん)

この曲は、ギブソンL6-S、っていうんですか?
あの青いギターです、きっと。

追記:ち、違った、黒のムスタングだった。
LOSERのビデオ見直して、確認。
本当に、これでどれだけいい加減なこと言ってるかの
証明になりました。はい。
しょあ |  2013.06.14(金) 20:42 | URL |  【編集】

>ぴょんたさん

愛しい勇気かどうかは忘れたー
(以前にキャプったものなので)
でもそう、このライブ、前半が大胆なアコギアレンジなのよね。
ああいうアレンジコンセプトのライブも見てみたいわ~
私は基本的にギターはギターの役割をしてるのが好き。
カズさんがリードギターで弾く素肌に星を散りばめて、なんかは、
やっぱり彰くんがキーボードで弾くほうがいいと思うの。
・・・あっ、泰輝さんでもいいのよ、もちろん!!!
しょあ |  2013.06.14(金) 21:10 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。