2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.06.21 (Fri)

バンド見どころ大予想(4)Deep Love

とうとう最後の一曲まできました。
歌詞の内容や、曲の意味に触れずに、
バンドが何をやるか、に特化してお送りしてきました。
しかも茶化しながら。失礼なブログですよね、ごめんなさい。

でもわたし、この曲を、CDを買ってから
本当に何度も聴いています。楽しんでいるのです。

最後に真面目なことをちょっとだけ書いておきますが
ロックンロールというものは、どこかに反骨精神と言うか
「このままでいいのか!」「俺の考えはこうだ!」というスピリッツの
もとにある音楽だと思います。
ジュリーは、自分が思うことをテーマに曲を作っただけで、
それを押し付けてもいないし、
それで何かムーブメントを起こそうともしてないと思うし、
ただ、曲を聴いて欲しいんだと、私は受け取ってます。

だから私は、自分の興味ある聞き方で、曲を聴く。それだけです。
ジュリーが作った曲を、楽しんでます、好きです。それだけです。

それでもね、やっぱりこの4曲を聴いたあとは、
被災地のことに心を馳せて、
特に最後のこの曲は、ライブでは涙なしには聴けないかもしれない。

先日あった友達が言ってたことなんですが、
この社会では、すぐには解決しないこと、自分が関わるには難しいこと、
そういうことを「なかったこと」「知らなかったこと」にして
辻褄合わせて、自分を正当化するような生き方をしてる人の、なんと多いことか、と。

どきっとしました。
私はどう?そりゃあ、好きな人、大切な人には優しくなれても、
知らないひとの、知らない悲しみを、知らないふりをしてないだろうか。

知らないのは、罪だ。
知らないふりをするのは悪で
でも、一番いけないのは、
知ろうとしないことじゃないだろうか。

君の髪一本をみつけたい。
そんな彷徨う想いがあることを
「原発事故で死者はいない」などと発言する政治家は
決して知ろうとしないのだろうと思う。

私だって、何も出来ていない。

でも、だからこそ、何も出来ない無力な自分であることを忘れないでいよう、
そして、理想論とか正論の前に、
まず人の気持ちに寄り添うことを忘れないでいようと
その、前出の友達とも話しました。
それは、
ジュリーの作ったこの4曲を聴いて、私が思ったことと同じでした。

ジュリーがやりたいことを、聴いてみよう。
聴かせてください、今はそんな気持ちで
新曲を聴くのをワクワクしているんですよ。

ひとつだけお願いがあるとすれば、
間を空けず、「世紀の片恋」を続けないで欲しいです。
ひょっとこ顔で首を振りながら
前にせり出てこられても、急についていけないので。



----

●DEEP LOVE

もう泣く!この曲、泣く!!
悲しすぎる。一番歌詞が心に入って来る曲です。

が、実はこの曲が4曲の中で一番楽しみだったりします。

最初のグレースのフィルインが、カッコイイ!
そしてイントロから、カズさんがソロでぬおりマクリマクリスティ。
イントロはサビのメロディです。

この曲は前のFridais Voicesのコンビネーション的プレイと好対照、
個人プレイが光る曲です。
それぞれの魅せどころに、是非注目してクダサイネ!

Aメロは、激しいイントロから一転して、泰輝さんのソロピアノが
ポロロン、と、抑えめに、ジュリーの声と歌詞を引き立てます。
そこから一人ずつ増えていく「涙色の空」形式再び。
Bメロから入って来るグレースのハイハットと、プリンスのアルペジオ。
私このBメロがキレイで結構好きです。
プリンスと泰輝さんのピアノの音が
一音ずつ呼応するように、流れます。
それはまるでデュエットするようにとてもロマンティックなのです。
カズさんはまだここでは入らず、五木ひろしのように、
こぶしでリズムを取っています(多分)。

サビから入って来るカズさん。
ここはちくぎゅんなしで(理由は後述)、
渋い顔で(多分)響く歪んだ音を刻みます。
重なるジュリーの声、♪薄情になんてなれない・・・
慟哭のような歌声
そして、私が今回の新曲の中で、一番キタ歌詞。
「君の髪一本もみつけたい」
そのあと再びAメロ、静かな泰輝さんとプリンスのデュエット演奏。

このあとの間奏は、カズさんの、このライブの一番のみどころになるかもしれません。
CDでも、聞くたびに胸がいっぱいになる、間奏。
ずずずぃ、と、前に出て来るカズさん(多分)。
さっき、ちくぎゅんがなかったのは、ここで一気に放出するためです。
いきなり!!ちゅくぎゅん、きゅぅきゅぅくんくん、ぎゅいいぃ〜〜ん。
きゅうっっきゅ、きゅいきゅいきゅい、きゅるるうるるるるるる・・・・・・

渾身の思いを込めて弾くソロ。
ジュリーのそばにずっといるカズさん。
ジュリーのために、ギターを弾くために生きているカズさん。
海が・・・見えます、きっと、カズさんの背中に。
すべてを奪い、すべてを与える大きな海が。
そこへ重なる、ジュリーの♪薄情になんてなれない・・・

・・・ちょっとセンチメンタルすぎましたかな、てへ。

ところが、クライマックスはこれで終りじゃないんです。
♪君の涙を瓶に集めたい〜、の部分で
今まで優しいアルペジオを奏でていたプリンスが一歩前に踏み出し(多分)
いきなり、俯いた首を左右に振りながら(多分)、
ジュリーの歌声に合わせて、泣き声のようなソロを弾き出すんです(きっと)。


kazzjunS.jpg

ギター兄弟のアイコンタクトが大好物。



そう、つまり、
曲中(サビ)と、イントロ&間奏で、
カズさんとプリンスがソロを分けるだろう、というのが、私の予想です。
これは、CDの音の振り分けがそうなってるからです。
このことは、DYさまも書いてましたが、
私も最初に気付いた時はびっくりしてしまいました。
あ、これ、Lじゃん、って。

音は、似てます。けど、これはプリンスだと思うんです。
この意外性は、どきっときましたね。
こういうのが、バンドファンには、きゅんとくる。

バンド演奏のことはまったくのシロートだから
こういうとき、CD音源はともかく
ライブでのセオリーとしてはどうなのか、私にはわかりません。
ただ、曲の意味も込めて、鉄人バンドは、
ソロを分けて弾くような気がするんです、どうかな。

カズさんは、ジュリーにとって大切な人、
そう言うジュリーファンの方はたくさんいるけど、
プリンスだって、ジュリーがどれほど信頼し、ゆだねているか。
いなくちゃダメなんです、プリンスじゃなきゃダメなの。
泰輝さんも、グレースも、鉄人バンドはすべてジュリーの大切な人。
じゃなきゃ、こんな曲たち、そう作れないって。

Deep Loveはやっぱり、キーは泰輝さんの渾身のピアノですよね。
泰輝さんはこの曲、他の音は一切出さずに、純粋ピアニストです。
カズさんのソロが印象強い曲ではありますが、
随所に出て来るピアノソロ部分はもちろん、
サビどころでの、鍵盤連打が効いています。
ピアノの音って、人間の心を直に揺さぶる感じがします。
最後はジュリーの、願うような声を引き立てるように
泰輝さんのピアノが優しく寄り添います。

私は泰輝さんがピアノの音を出してる曲が好きです。
ピアノとギターの融合したロック、それが
今ジュリーの特徴のように思います。

とてもバランス感覚のよい、ジュリーにとって理想的な
鉄人バンド、ここにありという演奏が
聞ける4曲になると思います。

おわり。
スポンサーサイト
23:54  |  ---  |  コメント(4)

Comment

感謝!

バンド見どころ大予想、全曲完走、お疲れ様でした!どれも素晴らしく、特に、この記事でのしょあさんのお考えには共感します。私も自分の興味ある聞き方で、楽曲を聴きます。実は、私、初日のお席は、1階ギリギリ前方列なので、運が良ければ、ギター兄弟のアイコンタクトが見られるかもしれません。しょあさんの記事で予習して臨みたいと思います。
74年生まれ |  2013.06.22(土) 19:14 | URL |  【編集】

>74年生まれさん

なんかいいかげんなコトばっかり書きましたが、
読んでいただいてありがとうございます。
人の五感とは不思議なもので、
興味のあるものには、より鋭い観察眼が働くんですよね。
74さんもフォーラムで何か楽しい発見をされたら、
私にも教えてくださいね。

さて。いよいよ一週間切りました。
私は美容院も行って、もう準備万端ですよっ!!
しょあ |  2013.06.22(土) 22:30 | URL |  【編集】

出遅れました~

しょあ様

反応が遅くなりすみません~。

いよいよ明日ですね。
僕も明日歌われるこの曲で一番注目しているのは、リードギターをCD通りの2トラック…つまり柴山さんと下山さんの2人で分担するシーンがあるのか、ということです。
ただ…僕は初日、あまり良いお席ではないのです。しょあ様命名の「あさきゆめみし」席…もしかするとリードギターの分担まで肉眼で見分けることが出来ないかもしれません。

そこはもう、しょあ様の鉄人バンド眼に託しましたよ~。

それでは明日会場で!
DYNAMITE |  2013.06.27(木) 19:49 | URL |  【編集】

>DYさま

しょーもない記事に、いっこいっこコメントありがとうございました。
あまりコメントしがいのあることが書けなくてごめんなさい(汗)。

そうなんです、DYさまはここ、CDのトラックは迷われたわりに、さらっと、
「ライブでは多分柴山さんが両方弾くんでは」と書かれていましたよね。
そういうセオリーみたいなものが、私にはわからないんですよ。
なので,無知を傘に,別の意見にしてみました。
もちろん、ガン見して来て,ご報告しますね。

でも、あさきゆめみし席でも
案外いろいろ良く見えるかもしれないですよ。
会場はそれなりに工夫してあるものです。
では明日、お互い、楽しみましょうね!!

しょあ |  2013.06.27(木) 21:54 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |