2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.11.24 (Sun)

ポールに会って来ました。

3312866_2022769468_221large.jpg

東京ドームに、ポール・マッカートニーを
見に行って来ました。

私はそんなに、ビートルズファンというわけでもなかったけど、
私が好きなミュージシャンの方々のルーツでもあり、
この機会を逃しちゃもったいない!と言う気持ちでもありました。

果たして。

今もまだ、ポールの海から離れられないでいます。

リアルタイムからのビートルズフリークのように、
当時の事を思い出して涙ぐむような事はなかったですが、
(リアルタイム・・・と言う意味では、ウイングスの曲を意外に知ってました。
自分では逆だと思っていたので、びっくり)
・・・と、いうよりですね、
71歳のポールはバリバリ現役で、決して懐メロ歌手ではなかったわけで。

極端な話、Yesterdayを知らない人が行っても、
楽しめたライブだったと思います。
いちばん古い曲は1964年のAll My Loving、そして
それと同じステージで2013年のNEW ALUBUM、NEWから演奏された曲が
何の違和感もなく、同じように、輝いていたんです。

貫禄あれどキュートで可愛らしい。
かつ、この曲を今、生で聞いてるの?という奇跡感もあり。

私の行った21日は、タイガースメンバーやプリンスも来ていたみたいだけど、
みんな、ポールの前では、ただの音楽好きないち少年。
一緒に赤いサイリウムを振りました。
(ポールにはサプライズで、5万の観衆が全員で一斉にYesterdayで、
配られたサイリウムを振ったんです)

sairium.jpg


で、カズラーのみなさんには、ご報告。
ワタクシ、こんなステキな方との出会いもありました。
rusty_1jumpS.jpg
この方は、ポールのバンドメンバーのギタリスト、
ラスティ・アンダーソン氏です!!

下手のほうにいた、黒髪のその方に、私はEight Days A Week から
既に釘付けになってしまいました。
だってね、動きがね、カズさんと一緒なんですよ。
ぴょんぴょん跳ねたりぶんぶん腕を振り回したりしながら、本当に楽しそうにギターを弾く。
rustypaulS.jpg
こんな風に、ポールと向き合ってじゃかじゃかやったり。
(ポールとだと、バロムクロスが出来ませんね・・・)

可愛さに悲鳴をあげてしまったのが、007の時に
アンプの前で、自分のフィードバック音に撃たれてバッタリ倒れるところ。
で、その後、コーラスのために
ダッシュで起き上がってマイクに駆けつけてました。
(お約束なんですって、コレ・・・)

rustybackS.jpg

このバンドメンバーとポールは、2002年からツアーではずっと一緒だとのこと。

おや、どこかの誰かさんみたいな。

ビートルズメンバーではないけれど、ビートルズの曲を、ビートルズメンバー以上にこだわって
音源に忠実に、熱い演奏をしてくれました。
そんなとこも、誰かさんのバンドメンバーに似ていて。

ポールは途中、ジョンのために、アコギ1本でHere Todayを、
ジョージのためにウクレレでSomethingをやりました。

後一ヶ月後、同じ場所で誰かさんは
かつての仲間と全員揃って、ライブをするんですね。
それはもう、奇跡なのだと思う。
それが出来る事は、なんて素晴らしいことなんだろう。

もう、初日の武道館まで、10日を切りました。



ああ、それにしても、やっぱりあとからこう、調べてわかるより
目の前のポールの音の意味がすぐに分かったフリークのみなさんが羨ましい。
rusty_2stundS.jpg
お前はいったい何枚ラスティの絵を描いたんだと。
スポンサーサイト
01:24  |  ---  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |