2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.03.04 (Tue)

ジプシーズ特集

追記、今日3月4日は鉄人バンドの大山泰輝さんのお誕生日です!
おめでとう、泰輝さん!


HB_taiki_s.jpg


-------
ここから本文


コメント欄の「Shimoyamaになりたい淳」さんからのリクエストで
ロックンロールジプシーズの特集です。

ROCK'N' ROLL GYPSIESというのは、
鉄人バンドの下山さんがギターをつとめるバンドで
その元となるメンバーはTHE ROOSTERSという、よく聞くのは

「日本のロック・シーンに多大な影響を与え続けている伝説のバンド」

で、あります。
われらが鉄人バンドのプリンスこと下山さんは、
実はそのルースターズの,後期メンバー。
泣く子も黙る、ギター少年憧れのスーパーギタリスト。

まあ、ジュリー落ちする前までは、海でウインドサーフィンばかりして
ろくにライブにも行ったことないような私には,
知るすべもなかった分野でございます。

それが今では横浜の小さいハコの前の方で(さすがに最前はムリ)
ヘドバンかまして声援を送っているのですから、
ワンダイレクションじゃないけど「3年で人は変われる」って,ホントです。

7thRRG_junS.jpg
横浜セブンスでのプリンス。
手編み?のセーターをルーズに着こなして
ローウエストでベルトをしていました。
ほっそいなあ。
こんなにほっそくて、あんな激しいライブ、良く出来ると思う。
あんなに激しいライブをやっても、ちっとも痩せないジュリーと
同じくらい不思議。

閑話休題。

ジプシーズを見に来る人たちは、男女半々?
女子が少しおおいかなあ。
ジュリーファン系はほとんどいません。
いたら、知り合いだったり(笑)。

メンバーは、
ギター&ボーカル 花田裕之さん、
最初はこの人のソロプロジェクトからはじまったみたいです。
メインギターはES335。渋くて、背が高くて、
対バンのギタリストから「子供の頃の憧れの花田さん・・・」
と、言われてしまうひと。
ドラムス池畑潤二さん。マフィアのような迫力(!?)のあるひと。
この人の音が,凄くジプシーズを個性づけてるんじゃないかなぁ。
ギター&ときどきボーカル、下山淳さん、
ジプシーズのプリンスは激しくてセクシーでテクニシャンで
ツンデレです。
ずっと世紀の片恋でポラロイドガールで愛まで待てないみたいな感じです。
ベース、市川勝也さん,一部のカズラーの間では
「ジプシーズの子リスちゃん」と呼ばれています。

私が初めてジプシーズを見たのは,1年半まえの渋谷La Mamaでした。
その時の感想は,決して良いものではなく。
なんか,激しくて、みんな同じように聞こえて(当時、聞く耳がありませんでした!)
何より、超ツンデレバンドなんです。

昨日の横浜も、花田さんが発した言葉は3つ。
「雨の中、ありがとう」
「ベース、市川勝也」
「ギター、下山淳」

後はただひたすら演奏が続くのです。

しかも、客席のファンを見ない!!

視線を合わせないプロです、奴ら。

普通、小さいライブハウスって、お客さんと
絡みマクリマクリスティなんですけどね。

そんな私が、何故繰り返しジプシーズに行くようになったかというと、
LOSER(泉谷しげる)で、ジュリーじゃないプリンスを見て
プリンスをもっと見てみたくなったからなんです。

そして、ここからやっとレポです。

2月27日、下北沢Gardenで、山下久美子さんとのジョイントがありました。

仕事で1時間半も遅れて行った私は、
着いたとたん、久美子さんの横で青いストラトを弾いているプリンスが
目に飛び込んできました。

おおお、ジュリー仕様だ〜

久美子さんの曲に合わせて、ぱきっと明るい音が出るような
チョイスなんでしょうか。
間奏のソロで「ギター、しもやまク〜ン」
とか久美子さんに呼ばれてました。か、かわいい。
年齢、同じくらいなんでしょうか。

山下久美子さんは、凄く可愛かったです。
若い頃より、可愛いんじゃないかってくらい。
「いっぱいキスしよう」「赤道小町ドキッ」「宝石」なんかが聞けました。
名曲いっぱいですね。
声もとってもきれいでした。

久美子さんもルースターズも、九州出身なんですね。
ジプシーズと久美子さんは意外な組み合わせではなく、
花田さんと池畑さんが久美子さんのバックを
やっていたことがあるそうです。

それは,昔のファンは萌えますよねー。

ジプシーズファンは「下山さんがコーラスしてる!」と
びっくりしたらしいですが、
我が窮状のマイク食べプリンスを見たら、
もっとたまげるかしらん。

ジプシーズがツンデレの分、久美子さんがいっぱい手を振ってくれました。
私もいっぱい手を振りました。そしたら!
プリンスも帰り際にヨロヨロって、手を振ってくれたんですよ。
え?その擬音、変?


そして、二日開けて横浜7th AVENUEで、今度は対バンライブ。
ここは小さくて舞台が低くて、アーティストが身近に見える
お気に入りのハコなんです。
果たして。

舞台に上がる時、かっこいい花田さんが、思いっきりけつまづいて、
それを支えようとしたプリンスも、自分もつっかかってました。

すいません。どうでもいいこと書いて。

だって、下がるとき、客席に会釈した市川さんまでつまづくんだもの。

前のバンドは誰もつっかかったりしてないよ。

ハードな演奏をする彼らとなんか裏腹で、可愛くないですか?

演奏が始まった瞬間、その厚い音と張りつめる緊張感に
ものすごくドキッとしました。
うねるような音の波、ともかくその厚みというか、
塊の中に飲み込まれてしまったという感じです。
MCとか,要らないんです、確かに。
早く次の曲が,次の波に,巻かれたい,そんな感じ。

落ちちゃったなあ、ジプシーズの世界に。

後半は初めて聞く(多分)ような曲が連続しましたが、
飽きることなくあっという間の二時間弱でした。
もしかして,カバーもあったのかなあ。わからない。

私のお気に入りは,プリンスがボーカルをとるn.w.oなのだけど
つべでみつからなかったので、
もうひとつのプリンス曲「黒の女」をご紹介します。

http://youtu.be/H7pWewSjD-g


プリンスがジュリーのツアーに入っちゃうと、
ジプシーズの活動もしにくいのだろうなあ,と思います。
でも,ジュリーもジプシーズも,これからもずっと両方やめないでね。
どちらのプリンスもステキで、本当だとおもうから。

長々とカズさんブログなのに,プリンスのことを書いてしまいました。
でも,カズさんとプリンス、二人で鉄人バンドのギタリスト。
二人が一緒にいるのが好き。二人で,ジュリーを盛り上げて欲しい。
そう思っています。


この後、仕事が忙しくて,半月くらい更新出来ないかもしれません。
ジュリーのお芝居が始まる頃には帰って来れるかな?


スポンサーサイト
01:55  |  ---  |  コメント(2)

Comment

しょあさん
タイトルだけ見て涙。。。
でも、生まれて初めて飲んだ胃カメラの麻酔にあたってしまい、凄い脱力感と頭痛で1分とMacの画面が見てられません。また後日ゆっくり見せていただきますが、田舎者への暖かい愛情に心から感謝申し上げます。
軽い胃潰瘍だってさ。とほほ。。。
ああ。。。久美子さんソフィアやらなかったのかなぁ。大沢さん作の曲をジプシーズがやってくれたら、間違いなくわたしの胃潰瘍は1秒で完治するでせう。
shimoyamaになりたい淳 |  2014.03.06(木) 21:09 | URL |  【編集】

>shimoyamaになりたい淳さん

お身体の調子はいかがですか?
大切にしてくださいね。
淳さんに似て痩せなくてもいいんですよ。
シモキタでシャツを脱いで半袖のTシャツ1枚になった
下山さんの腕の細さに、心配になりました!
「かしてみ」とか、誰かに言われても、貸しちゃいけませんプリンス!!
自分のご飯は、しっかり食べましょうね〜

なりたい淳さんも、たまには時間作って、ぱあッと、遊びにきてくださいな。
気分転換が、一番ですよ。
あ、今夜のレポはなくてすみません。
さすがにちょっと敷居が高かったっす。
しょあ |  2014.03.09(日) 18:44 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。