2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2014.07.20 (Sun)

三年想いよツアー初日渋谷感想文(1)ネタバレあり

今回のツアーは、両ギターがせり出てくるシーンが多くて、
嬉しいことです。
プリンスが一曲目から仁王立ち、カズさんは2曲目にして
ハゲしくハイテンションなもも上げステップ。

カズさんがあまりに出入りするものだから
渋谷ではローディーさんがカズさんのシールドを
ひっきりなしに直していたと、話題になっているようです。

カズラー的には、カズさんが足で直すのがごちそうなんだけどね。
(ぴょんたさん・談)

ギターはほぼSG、アームが必要な曲だけジャズマスターでしたね。
マックロクロスケには、真っ赤なギターが似合うのね。

一方のプリンスは、えらいたくさんギター変えてましたねー。
覚えきれないくらいでしたが、いつものブルーのストラトの
ピックガードがキラキラにマイナーチェンジしてたような?

その中でもメインに使ってたのは
“♪あの娘にブルースを聴かせる”ギター、ギブソンL6、
そして、コードレスでございます!
てことは、グレースの後を通って
カズさんの上手側にこっそり回り込むことだって可能なはず。
プリンス〜いつぞやの憑き物のように、
今ツアーも遠出して、泰輝さんやカズさんと遊んでね。

今回は、こんな感じにセトリ毎じゃなくて、気付いたことをばらばらと
書いて行こうと思います・・

最初に、やっぱり新曲のこと。

私の直前予想は見事に外れましたね。
まさか、ゴリンジャーからくるとは。
そして、F.A.P.P.で締めるとは。
そしてそしてその直後に、ひょっとこ顔で『世紀の片恋』で
せり出てくるとは!!←ここ一番重要
以前、それだけはやめてって言ったじゃないの。

でも、ジュリーの歌詞が際立つ演奏、という点では
正解だったかもしれませんね。

三年想いよ、のパートチェンジには(あえてチェンジと言おう)
びっくりしました。
だって、CDでは絶対(多分・・・)プリンスが弾いてるディレイのアルペジオを
カズさんが弾くんだもの。
うっそぉ〜、と、口を開けてカズさんを見ていたら、目が合ってしまいました。
(ということにしておいてください)

ディレイのアルペジオ??それっておいしいの?という方のために、
Loserバージョンの春夏秋冬的な、
恨まないよなんかもそうだし、
CDでは、1番のAメロ二回し目び「孫たち・・・」の「ち」から入ってくる
♪テッテッテケテケトコタコトコタコ・・・
って言うギターです。
確かに左トラックから鳴ってるんです。

ただ、ライブではここからは明快には入って来なかったと思うのです。
あれ?あれ?ディレイは?って思ったんですもん。
明確に聞こえてきたのは、もっと後、2番からだったと思う。
しかも、カズさんで!!!

・・・だから何、って話ですが、
カズさんの弾き方の方がパキっとしてるような
CDに比べ、全体的に力強く感じました。
(CDの儚げな感じも、それはそれで魅力です。)

CDとライブって、やっぱ違うんだな〜という面白さを
改めて感じたわけです。

ベースがいないという、変則バンドのスペシャリストたちの
繰り出す策の面白さ。技術の高さはもちろん、4人の個性。
それがかみ合った時に魅せる、彼らだけの「音」。
しかもそれは自分のためのものではなくて、ジュリーのためのもの。
ジュリーの曲と声を知り尽くして、正確に表現する職人。

『一握り人の罪』も、ただのアコギストロークと思ったら
二人の動きはちょっと違う。
同じストロークなのに、フレットの低いところを押さえて
じゃかじゃか大手を振って弾き下ろすプリンスに対して
ハイフレットをおさえ、一部の弦をミュートして、
小さいアクションで弾くカズさんとか。

そして、これはあらためて私が書かなくても周知のことでしょうけど、
『櫻舗道』で泣いたジュリー。
『三年想いよ』で駆けたジュリー。
声は濁り一つない、高い青空のようでした。

スポンサーサイト
02:05  |  ---  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |