2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.10.09 (Thu)

三年想いよ 南相馬公演に参加して(1)


着きました、南相馬市。
あっけないくらいに普通に。

仙台から今年の8月に就航した南相馬行きの高速バスは
10名ほどのジュリーファンを乗せて、
収穫直前の黄色い稲穂のグラデーションを抜け、2時間弱で
南相馬の街に着きました・ ・・

・・・人が歩いていません。
車はそれなりに走っているのに。人影が無い。
たまにすれ違うのは、地図を握りしめたジュリーファンのお姉様ばかり(笑)。

商店街、と名のつくものはあるものの、店はほとんどが シャッターを閉めて居て、なかにはまだ、災害当時のままのような(?) 残骸のような建物も・・・
「街は前向き」と思ったのは間違いだったのでしょうか?
それとも夜になれば、飲み屋が開店して少しは賑やかになって、人も出てくるのでしょうか。

宿で休憩し、17時頃、再び表に出たら、
夕方の街は、ほのかにさっきより活気がありました。
そう,学校帰りの子供達の姿が増えて居たから。
ちょっとホッとしながら,別のホテルにいる友達と待ち合わせの場所へ。

実は私には、ライブ前に
大きなミッションがあったのです。

これ、南相馬を知るためにとても大切な話なんですが、
みなさん、ライブのレポが気になると思うので、後で書きますね。

私は自由に暴れられるよう、2階最後列の端の方をぴあで選んで買っていました。

某ミッションを達成し、充実感に溢れ、会場に乗り込みました。
二階の後ろ三列ほどは当日券だったようです。
でもそこもほとんど埋まって、ほぼ満席で開演です!!

はっきりと、他と全く違う空気を感じました。
皆さん,熱いんです。
まさに「この日を心待ちにして」いたような。
口々にかける声援、みたこと無いような手拍子の仕方。
そう、多分皆さん「そのキスが欲しい」と言う曲をご存じないでしょう。
でも、すごい盛り上がりなんです。
聞いたこと無いところで男性の掛声とか。もはやあれは新しい曲になってましたね(笑)。
プリンスのソロもちょっと新しい感じで。
あの熱をなんと伝えたら良いのか。もう、初っ端から胸がいっぱいになる私。
1階の前の方にいたおじいちゃんは座りっぱなしだったけど、本当に本当に楽しそうで。
みんなデリケイデリケイも、一生懸命言ってくださって
ジュリーは「だめだ…なにいってるんだか全然分かんない…タイミングずれてる人がいる」
何て言いながら、結構嬉しそう。

そういえば、南相馬の人は、声はあげてたけど、私語じゃなかった。
最初のMCで、「私が、沢田研二です」と言うと(そんなん言うの初めて聞きました)
男性が口々に「ジュリー❗️」「ジュリー❗️」と。
まるで「大向こう」ですよ。

そんな、楽しい、ノリノリの空気が一変したのが「海に向けて」。
その歌詞(ちょっと1番で2番混じっちゃいましたが)に、じっと聞きいる客席。
女々しくてもいいんだ…あたりでもう涙声のジュリー、でも、声は力強く。
海と言うキーワードが刺さる。私は顎まで濡らして号泣です。
でもみなさん、曲が終わると、口笛混じりの拍手喝采をくださる。
その熱さは次の「シット曲」へとなだれ込みます。

これほどシット曲が誇らしく嬉しかったのは,初めてです。

そして再び「そっとくちづけを」の悲しい歌詞。
ジュリーの声が怖いくらいきれいで、素晴らしい熱唱でした。
カズさんのスライドはいつも通り寄り添っていました。
そして今度は口笛混じりの拍手ではなく、拍手がいつまでもいつまでも止みませんでした。
「我が窮状」のイントロにかぶるくらい。
窮状の声もコーラスも素晴らしく、間奏で全て拍手が起きていました。
この曲で泣き声になったのを初めて聞いた気がしますが、
私の勘違いかもしれません。
「届かない花々」では手拍子が起きていました。

ここまでで、いつもと全く違う空気感のライブを
ジュリーと鉄人バンドがいつもと同じように務めているこの不思議が
伝わっているでしょうか?

そして、いよいよ新曲ゾーン突入です。

つづく
スポンサーサイト
03:36  |  ---  |  コメント(6)

Comment

伝わってきます

しょあさん、お疲れのところ
書いてくれてありがとうございます。
南相馬市での様子が浮かんで来るような
貴重なレポを
胸一杯になりつつ読ませていただきました。
続きを楽しみにしてますね。
まずは無理しないようお休み下さいませ。
swan |  2014.10.09(木) 08:33 | URL |  【編集】

レポありがとうございます!

留守番組の一人として 開演時間が近づくに連れ、あんなに心配で、気になってドキドキしたのは初めてです。
どうか無事に終わり、ジュリーの歌、気持ちが伝わりますようにと祈ってました。
しょあさんの臨場感溢れるレポのおかげで、リュックの中に一緒に連れて行ってもらった気分になれました。
ミッションも気になります~
ミルクティ |  2014.10.09(木) 09:14 | URL |  【編集】

ありがとうございます

「明日のこと」を読んで泣いてました
知らないって怖いことだなって思いました
私も南相馬に行きたかったです
しょあさん早いレポをありがとうございます
昨夜からじゅり風呂さんの南相馬のレポを見て何でこんなに泣けるのかなと思っていて
ジュリーの掛け声が多かったっていうだけで泣いちゃうんです
今朝のしょあさんのレポでナイアガラの涙です
南相馬の会場は熱かったのですね
いろんな思いの方がいらっしゃるでしょうが
いい雰囲気の南相馬v-345ジュリーを待っていてくれたのかなと思えました
続く新曲 ナイアガラ覚悟で待ってます

私もミッション気になります~

由菜 |  2014.10.09(木) 09:48 | URL |  【編集】

よかった・・

読んでて涙が出てきたよ・・
書いてて泣いてるなんて
初めてやわ。

雰囲気伝わってきました。
ありがとう・・ほんまにありがとう!

続い楽しみにしてます。
ケンケンジ |  2014.10.09(木) 11:38 | URL |  【編集】

南相馬で

初めまして。わたしはいわき市からの参加でした。9/15に再開通した6号線で北上2時間、仙台からと同じ時間ですね。
帰宅困難区域に入ると、胸が締め付けられるような、何とも言えない感じでした。家は点在してるのに、人の気配はもちろんなく、朽ち果てようとしている家もありました。コンサートで余計な事は言わずとも、熱い想い、哀しみ、怒り充分に伝わりました。行って良かった。忘れられない一夜でした。
さくら |  2014.10.09(木) 19:59 | URL |  【編集】

コメントお返事大変遅くなりました。
必死でレポを書きすぎて、キーボードに向かうのも気持ち悪くなってました(笑)ごめんなさい。

みなさんのコメント、本当に嬉しく拝見していました。

みなさんの言葉に励まされて、帰って来ました。
ありがとうございます。
・・・って、ただ見てただけなのに、何でしょうね大袈裟な。



>swanさん

コメントありがとうございます。
本当に、様子が浮かぶレポだったでしょうか。
カズさんは、とっても素敵な心からの笑顔でしたよ!

そうそう、ライブの夜、ホテルで書きづらいタブレットでレポを綴り、
夜更かししてしまったので、翌朝寝過ごしてしまい、
目が覚めたら、友達との約束まで1時間もない!

シャワーと朝ご飯、どちらを優先したかは、
ご想像におまかせします。



>ミルクティさん

コメントありがとうございます。
留守番組のみなさんが、同時刻に遠く南相馬に
念を飛ばしてくださっていたこと、感じていました。
きっとジュリーと鉄人バンドの力になったと思います。

南相馬のみなさんは、本当に大変な思いをされた方達です。
本気の言葉かそうでないか、誰よりも分かるんだと思いました。
私、F.A.P.P.があんなに素晴らしい曲だと気付いていませんでした。
恥ずかしいです。



>由菜さん

コメントありがとうございます。
実は「明日のこと」は、
南相馬に行く事を決意した2ヶ月前に
個人的に書いたものでした。
出発直前に、やはり公開していこうと思い、
今の気持ちと現状を加筆して載せました。

他の方のブログなど拝見しても
みなさんいろいろなルートで南相馬入りしたようですが
共通しているのは

「南相馬というところをちゃんと見て来よう」
「現地の人の邪魔にならないようにしよう」

という気持ちがあったんじゃないかなあ、と思うんです。

その結果、多分ジュリーを見に行った、だけではない
何か収穫を抱えて帰って来ました。
だからみなさん、渾身のレポを書かれています。
私もそのひとりとして、感じた事を忘れないように書き留めたつもりです。



>ケンケンジさん

コメントありがとうございます。
私も泣きすぎて脱水症状気味(笑)。

でもライブは、涙もあったけど、
笑顔もいっぱいでした。

ジュリーファンで良かったと思いました!
本当に!!



>さくらさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
いわき市にお住まいですか…。
南相馬の方々と同じように、お辛い思いをたくさんされたかと想像します。
今は不自由なくお過しなのでしょうか?

復興と風化は背中合わせだったりするのでしょうか。

お車で行かれたのですね。
ギリギリで開通したニュースを聞いて、
そのルートの方もいらっしゃるかなあ、と思っていました。

私も実は最初はレンタカーで行く予定でした。
地図を細かく見て、帰宅困難区域がすぐ隣接していることに、
あらためて胸を痛めました。
また、直前に「ガイアの夜明け」で
浪江町などの人の居ない街の映像を見ました。

知らないって、罪だ、と思いました。
ジュリーが教えてくれました。

行ってよかったという言葉を聞かせて下さって、
本当に嬉しいです、ありがとうございます。
しょあ |  2014.10.11(土) 10:56 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |