2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014.11.25 (Tue)

アコギなSS IN 小田原

SS小田原003

アコギなSS
SHIGERU(仲野茂・元アナーキー)+SHIMOYAMA(下山淳・元ルースターズ)による
アコースティックでドラマチックなバンド。
SSの「S」は、SHIMONETAの「S」かもしれない。

しばらく更新しなかったうえに、カズさんのネタじゃなくてごめんなさい。
プリンスの演奏を至近距離で聞いて来ました〜

鉄人バンドのバラ売りライブそれぞれあれど、
この「アコギなSS」が、一番ジュリーファンの指向から
遠いかもしれないです。

だってアナーキーですよ、直訳すると無政府状態、
漢字で書いたら亜無亜危異ですよ、
ちょっと気軽にジュリー友さんはお誘いしにくい・・・

とは、思うんですけど、私には何だかとっても楽しかった。
エロネタ差別ネタ、どんとこい。みんなジョークだし。
(でもちょっとここには書けない、笑)
それより茂さんの熱いボーカルを支える、
下山さんの七色の音色を醸し出すギターが、夢のように素敵でした。

たった1台のギターなのに、何であんな音を奏でられるの???

至近距離で見る下山さんは、骨皮筋衛門で(←古い
思わず「下山さん、死なないで」と祈ってしまったという・・・

失礼な事言ってズビバセン。
いや〜、あまりの激やせに、
なんか、ロクに食べてないんじゃないかという噂もあるけど、
いやいや、かなり持久力も体力もありますよあの方。
茂さんのMCによると,SSで高知に行った時

  高知っちゃあ、カツオのたたきだろ?
  店の人が「何にしますか」とかオーダー取りに来るのさ、
  もう顔中に[鰹]って書いてね。なのに、コイツ
 「ニラレバくださーーーい」とか、平気で言うわけよ!!

下山さん・・・ニラレバ食べるんだ・・・

何だかとても安堵したのでした。

いつものSSレパートリーもよかったけど、
泉谷をやったのが、またかっこよかったなああ。
演奏は一人[国旗はためく下に」。
二人即興「火の鳥」。

ふたりっていうのは、ゲストがいたわけでもなんでもなく、
つまりこういう↓わけ。
下山さんがチューニングしてる間、ギターを弾けない茂さんが
ふざけてポロロン、とやっていたら、いきなり下山さんが

「Am!」と叫び、戸惑う茂さんに
「いいからそのままAm続けて!!」と弾かせ
自分は複雑な単音弾きで入って来て、火の鳥のイントロが始まった時は
カッコ良過ぎて倒れそうになりました。
即興だったそうで。

いろいろあるので、淳不動ですがつづく。
スポンサーサイト
20:37  |  ---  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |