2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2014.12.14 (Sun)

永遠のアンファン・テリブル

ギターマガジン01

「おはようございまーす」

[あっ、柴山さん、おはようございます!
今日はよろしくお願い致します」

ギターマガジン02

「こちらこそ、お願い致します(キリッ」

・・・なぁ〜〜んて感じの取材だったのかどうかはわかりませんが

12月13日発売、ギターマガジン2015年1月号(リットーミュージック)に
我らがカズさんのインタビュー記事が、ななななんと5ページにわたり
掲載されております!!!!!!

チェックのシャツとパンツとコートとマフラーと・・・って、
もうなに言ってるかわかんなくなってきたけど、
ともかく全力で本屋さんへGO!!


表紙はこれね。

GM20151.jpg←表紙にもカズさんの名前が!!(え?見えない?)


記事はここに載せるわけにいかないけど、
どんな雰囲気なのか、チラ見せ。

扉(ヤバい!!!可愛すぎる!!)

R0013355_2.jpg

インタヴュー記事(こんなにみっちり全部カズさん!!)

R0013353_2.jpg

カズさんギターコレクション(永久保存版!!!!!)
R0013354_2.jpg

全国5000万人のカズラー祭りでございます。
いやっ、ジュリストの方にとっても読み応え十分!!

●初めて沢田さんに誘われた時、どんな気持ちでした?

●柴山さんから見た沢田研二はどういう人ですか?

なんて、ツボを押さえた質問がポンポン。
またそのカズさんのお答えが、悶絶もの。
是非本を買ってじっくり堪能してください。

シモヤマニアにとっても
「下山君はロッカーなので、自分の芯を持ってる人」
なあんて発言に胸きゅん。

もちろんカズさん自身の音楽の好みの話や、エキゾ時代のエピソード、
そうそう、ひとつ私がブログに書いた過ちを謝まらなくてはいけないのは
カズさんも実はハンダゴテ持ってパーツを変えたり、
ギターの中をいじるのが大好きなんですって。
プリンスとは別の意味で、そのギターは原型をとどめていないらしいです。
先日の「シバヤマとシモヤマ」に書いたことは
ちょっと違っていましたね、ごめんなさい。

そして、最後には、胸がいっぱいになるようなメッセージも・・・

これ以上もったいないお言葉はないと思います。もう本当に感激です。
そこの一文だけお届けしちゃいます。

  60歳を超えてからギターを弾けてる喜びがじわじわ来て、
  ギターの音を追い求めてるのと同時に、
  聴いてる人たちと共感したいっていう意識が
  すごく強くなってきたんですよ。一緒になりたいっていう。
  (中略)
  共感を得られるのはすごく幸せですね。



うわーん、幸せなのはこちらですぅう。。。
これからも一杯、カズさんに拍手をおくろう。
カズさんのギターが大大大好きです。



※アンファン・テリブルって、Enfant terrible =「恐るべき子供たち」だと
友達が教えてくれました。ジャン・コクト—?でも何で?
カズさんの可愛い子供のような笑顔と、スーパーハイテクニックなギターを
そう表現したのかな。
スポンサーサイト
05:41  |  ---  |  コメント(9)

Comment

しあわせ~

あっ、私より1000万人多いww

写真も、インタビュー内容も、ギターコレクションも
どれもこれも すっごく嬉しかったわ~
そして、最後のカズさんのメッセージ に感涙しました。

私も言っちゃおう。
カズさんのギターが大大大好きよぉーーe-266
ぴょんた |  2014.12.14(日) 20:56 | URL |  【編集】

>ぴょんたさん

あれ?カズラーは全国4000万だっけ!?
自分で言ったのにわかんなくなるようじゃ、
私も老人の入り口・・・

あの、老人の入り口発言は 「若者よ」で、さんざっぱら
「♪俺たち、老人!」ってコーラスさせられたせいだと思うのよ、ねえ。

でも私達、そんなカズさんも大大大大好きよ、ねえ。
しょあ |  2014.12.16(火) 19:22 | URL |  【編集】

お久しぶりです♪

しょあさん、こんばんは♪
ギターマガジン教えてくださりありがとうございました。

あの表紙のおじさんの顔を頭に叩き込み←(きっと超有名な方なんでしょうが、ごめんなさい)吹雪なんかものともせず、ソッコー本屋さんに激走してきました!

ありました!買ってきました!読みました!
かずさんステキですね。
あの笑顔は反則ですよ~
今思ってること聞けて嬉しかったです。
そして、読んだあとこちらまで幸せな気持ちになりました。。。



かずのこ |  2014.12.17(水) 21:25 | URL |  【編集】

笑顔

この笑顔を見ると口角上がる!つられてニコニコ。

ページめくって目に入った一瞬、
ぴょんぴょん弾んで演奏するバイオリニスト N?と錯覚したりして
(^^ゞ
帽子がお似合いです~~
りんだ |  2014.12.18(木) 02:17 | URL |  【編集】

買いました~!(b^ー°)

しょあさん 激押しの一冊(^_^)vホント ジュリストも 絶対読むべし~!
カズさんにとっても、ジュリーは ものすごく近くて遠い存在なんですね~カズさんの生きざまがわかる素敵なインタビューですね!
ますます魅力を感じます(*^o^*)
扉のカズさん メチャ可愛いくて まさにテリブル アンファン(^_^)v
ミルクティ |  2014.12.18(木) 19:00 | URL |  【編集】

>かずのこさん

吹雪の中、無事に記事に辿り着くことが出来て良かったです。
関東でも、連日北海道の厳しい降雪が報道されてます。
気をつけてお過ごし下さいね。
もっともわたしも、爆弾低気圧より強力な「笑顔」に
やられちゃいましたよーん、ズキュン☆
昔のお話もされていましたね。かずのこさんが大好きだったカズさん。
あの日のカズさんはずっと今に繋がっていて、そして今は
幸せ、って言葉がスルリと出てくるカズさんで、
よかったです・・・
しょあ |  2014.12.19(金) 01:26 | URL |  【編集】

>りんださん

お返事の続きか遅くなってしまいました、ごめんなさい。

りんださんも買って下さったの?
ありがとうございますう〜〜〜(≧∇≦)
バイオリニスト?どなたでしょうか?
思い付かなくて申し訳ないですが、
公式の場では珍しい「お帽子」のせいでしょうか。
凛々しいお衣装にこれ以上ない笑顔、
もう最高の組み合わせ、負け知らずです!



>ミルクティざん

リットーミュージックに成り代わり、
ご購入ありがとうございます!!
そうなの!
近くて遠いジュリーの存在、って、わかる気がします。
カズさんにさえそう言わせるなんて、やっぱり
それが、ジュリーの持つ絶対無二の存在感なんでしょうね。

また、カズさんが自分の役割を忠実に尽くす方だったからこそ、
これだけ長く続いた関係なのかなとも思います。
それは謙虚ざでもあり、情熱の所以でもあり。

ホント、ますます好きになってしまう、カズさん・・・どうしましょう(笑)。

しょあ |  2014.12.20(土) 10:25 | URL |  【編集】

enfant terrible

しょあさん、こんばんは!
こちらには、たまに寄らせて頂いていますが、
こんなビッグなカズさん情報があったなんて・・・

と言うわけで近所の書店に走りましたが、発売から
少し経っていたのであるかどうか心配でしたが、ちゃんと2冊ありました!
今後はマメにこちらに寄らせてもらいます。(^^;

長くなるので感想は書きませんが、内容はとても興味深く貴重な証言も多く、ギタリストとしての思想、スタンスには確固たるものがあり、カズさんの「人となり」、「息遣い」まで伝わってくるような、そして何よりも沢田さんに対するリスペクトに胸が熱くなる想いでした。
何回でも読み返したいインタビュー記事でした。
しょあさん、ありがとうございました。
それでは失礼いたします。



ののすけ |  2014.12.20(土) 20:27 | URL |  【編集】

>ののすけさん

ギターマガジン、在庫あってよかったですね!
当ブログにとっても、10年に一度あるかないかの大ニュース・・・って
まだこのブログ始めて6年ですけど(^^;;
普段は白い橋だのカズカズと動物バンドなど
くだらないことしか書いていませんから、
「たまに」でイイと思います、ハイ。

カズさんがジュリーをリスペクトしてるのはわかってはいたけど、
ああやって言葉にしてくださるとまた
感無量ですよね〜
しょあ |  2014.12.21(日) 22:20 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |