2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2015.01.11 (Sun)

昭和90年のVOICE∞ その2

渋公2days、しょあの妄想解釈つづき。
ネタバレです。


【More・・・】




カズさんがYAMAHAのエレアコ、黒いAPXから、
いつもの赤いSGに持ち替えて、
『LOVE〜抱きしめたい』の次に来た曲は
生きシアの中から『明日』。

 明日はまたやって来る、時は焦りせまる
 ループしてる日々はOh、No!

と、いきなり力強く前へ進む宣言をしてくれました!

この曲を、初めて聞いた時、
まあ、なんてジュリーらしい歌詞、と思ったもんです。
ジュリーの作詞?

いえ、これがグレースなんですね。
実は今回、グレースの詞がとっても多いんです。
毎回、必ず鉄人バンドの作品は一曲ずつは必ずチョイスしてるジュリーですが
このお正月はザ・グレースワールド。それと、覚和歌子さんの曲。
グレースや覚さんの書く言の葉は,ジュリーの代弁者として
ジュリー自身が自分のことを書くより、的を得た仕上がり文句です。

 本音は言わない、しがらみ面倒
 だから愛想笑いもしない

ああそっか、この曲を二曲目か。この曲があったっけ、そうだよね。
歌われてみると、これ以上ないガチな曲でした。

 誤解は極力避けたいけど
 理解されるのもごめんさ

 希望という憂鬱、引き換えに現実
 キープしていくのもああ、リスキー。

ちょっと突き放したような、ちょっと冷たいような
ジュリーらしいフレーズが続いたあと、
最後のリフで、こう歌います。

 減速ははやすぎる、もう少しチャージして
 もうひとっ走りしよう、角を曲がり切るまで、MY LIFE

そうだよ、やめるとか言葉にするのははやすぎます!
もうひとっぱしりです!!

そして間奏。
両端の風神雷神がずずいと出て来て
二小節毎に交互にソロを弾きます。
そのくぁっこぅいいいぃいこと!!!!!!!!!
私なんかは交互に二人のギタリストに向かって、
頭上指差しGo for it!

・・・あ、良い子のジュリストさんは、こんなことをしてはいけません。
だって、この曲はジュリーと一緒に「おいっちに体操」が出来る
今回唯一の曲ですから。

この曲の醍醐味は、二番の歌詞です。

 あえて言うならば、僕らの日々は
 いつも誰かのためにあって
 すり減って行く自分の何かを
 時とともに感じてる

漠然と感じていた、ジュリーの傷ついた姿の意味。
生まれながらに選ばれし、芸能の道を神に定めらたひと。
ジュリーだって、ひとりの人間なのに、ただの凡庸な人間になることを
他ならぬ私達が決して許さない。
だってこんなに人を惹き付ける力を持った人、ほかにいないもの。
太ろうが老いようが、輝きは衰えない。
今回、本当に心からそう思いましたよ。

それに応えてジュリーは歌う。歌い続けてくれる。
それは、ジュリー自身の望みでもあるんだろうけど、
やはり、どこか、一人の人間としての何かを犠牲にしているのね・・・。

だからもう私は、これ以上理想とか、こうしてほしい、といった
自分の想いじゃなくて
ありの〜ままの〜ジュリー愛そうよ・・・少しもさむくないわ♪と、思う。

と、言うのも、まあ、ただのいち意見ですけど。
あまり偉そうに声高に言い広げると

「理解されるのはごめんだ」と言われてしまう。

それが、ジュリー。


そして、短い来場御礼の挨拶と、鉄人バンドをジングルつきで紹介して
(二日目は忘れてしまい、あとからごめんねごめんねと、3回くらい紹介、
ジングルも3回、それはそれで得した気分でした)

ジュリー自身の作詞で、平和を音楽で伝えたい想いを歌った『希望』、
次は覚さんの詞の『僕がせめぎあう』と続きます。

このセトリの流れに大興奮。
今日は、もしかしたら念願のあの2曲も聴けるかも・・・

『希望』では元気にLとVを掲げ、
『せめぎあう』では、カズさんと一緒に横揺れ。
テケテケテケテケ・・・とフレットを滑る指が
せくすぃーで、たまりましぇん!!

と、元気にピョンピョン跳ねてた私が、次の曲で
ジュリーの声と想いに、また号泣なんです。

つづく。
スポンサーサイト
09:37  |  ---  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |