2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015.02.24 (Tue)

酒田ヘ行って来ました(プリンスふるさと凱旋ライブ第一夜)

下山さんの、ふるさと凱旋ライブに行ってきました。
21日土曜日,酒田市ブルースヒロさん、
22日日曜に、鶴岡市TRASH さん。
どちらも40人も入ったら一杯の小さなライブハウス。
プリンスのギターに密着です。

えーっ?酒田?鶴岡?遠くね?・・・って、
遠くないと言えば噓かもしんないけど、新幹線使えば半日で行けるし、
夜行バスに乗れば朝には着いてる。

それより、ふるさとでやるのを見に行く、っていう
この、他にはない、特別ななんともいえない・・・なんていうんですか、

まあ、一言で言えば珠玉の時間でした。

他では見れない、素敵なプリンスを堪能して来ましたよ。
行かなかったプリンスファンは一生後悔してね。うふん。(←意地悪)

ゲストには上々颱風の白崎映美さん。
上々というより、最近は東北六県ロールショーの主催が話題。

実は、私は彼女を見るのは3回目で、
最初は下北沢レディジェーンで下山さんと同郷競演、
二度目は下山さんの55歳記念ライブ、
何かとプリンスと縁がある七窪の地蔵さんプリンセスは
実は隣町出身同士なんですね。
お互いバンドをやっていたことから、高校生の頃から知っていた間柄。

「おっかねーぐで悪い“下山三兄弟”でのがおっでな」
(これで正しいかどうかわかりませんが、庄内弁は何かと音が濁ります)
「え、俺の弟、えみちゃんかわえぇーいっとったで」

そして客席にいるおじさま方。
しれっと座っていらっしゃいますが、実はプリンスの同級生だったり
元バンド仲間だったりするわけです。

初日,一番盛り上がったのは、ミッシェルさんの登場かな〜。
いや、登場っていっても、ただ客席で私の斜め後にいただけなんですが
え、フランスの方・・・じゃないですよ。
LAZYってバンドあったじゃないですか、あの影山ヒロノブ、
ミッシェルにちょっと似てたからついた、当時のあだ名だそうで、
いわゆるフツーのおじさまです。

最初映美さんが「ミッシェル、かっこえがったよね」と話を振り、
わかっていなかったプリンスが、映美さんに耳寄せ
「え,ミッシェルって、あの3列目の人?ミッシェルって、あだ名?だよね?」
「そうだよ、ごにょごにょごにょ」

そしてやっと確信が持て、大声で
「えーーーっ、ミッシェル,お前,ミッシェルか!あの、俺とバンドやってた!だよな??」

・・・と、30年ぶりにバンド仲間との再会。
やっとわかってくれたか、と嬉しそうに頷くミッシェルさん(あだ名)55歳。

「ミッシェル〜〜〜お前,顔変わんないな、歳くってもなぁ・・・でも・・・
見事にハゲちまったもんだなあ、おい!」
と、旧友の禿頭(スミマセン・・・)に大喜びのプリンス。

そのあともプリンスは、不意打ちの再会が本当に嬉しかったのか、
何かと言えばミッシェルさんに話を振り、
映美さんに「あんぢゃ、はやく歌さうだおうよお」
「それはうぢあげでやって」と、言われてしまう始末(笑)。

他にも子供の頃の打ち明け話とか、同級生の作った名曲(?)のこととか、
細かい楽しい話はあるんですけど、
それは、行ったものの心の中に。
だってプリンスも、地元だからした話もあるし、
そういうことを全部ネットで公開しちゃうのって、何か違うでしょ。

秘密にしてるわけじゃないけど、ブログではここまで。
もっと聞きたい人にはお話しするから、にごり酒でも呑みに行こう!

曲目はアコースティックギター中心に
ルースターズ時代の「鉄橋の下で」から「曼陀羅」まで。
ジプシーズでの十八番「黒の女」アコギバージョンや
ソロでしかきっとやらない「彼岸のほとり」、
このときはシーナの訃報にも触れ、「最近,納得出来ない別れが多過ぎるんだ;」と
つぶらな瞳に涙をいっぱい浮かべていたプリンスでした。

アンコールでは、大江ルースターズの名曲、「Do the Boogie」を。
このライブを企画して下さった同級生、
佐藤譲ジョーマモルさんとハモニカセッション!

実は下山さんと共通のお友達が亡くなられたことから
このライブが実現したとのことでした。。
お二人の,亡き友を偲ぶ演奏に胸が一杯になりました。

・・・わたしなんかがいてよかったんでしょうかね。(汗

と、言いつつ、行動は真逆で(笑)
私は最初酒田のみ参加で、日曜日は帰ってくる予定でしたが、
酒田の夜のあまりの楽しさと切なさに、
「夜行バス使って月曜の朝帰り着けば、仕事には間に合うじゃん?」と思いつき
急遽鶴岡参加も決意。

酒田から各駅停車で30分。
ゴトゴトと、二両のワンマン電車に乗って移動。

2015sakata01.jpg

2015sakata02.jpg

冷たく凛とした空気の中にある温かいもの。
車窓から見る、庄内の風景にひとり身を委ね、
プリンスを見るためにこんな遠くまで一人来てしまった自分を
「何やってんだ?私?」と思いつつ、
都会ではない、贅沢なひとときを過ごしました。

何となく、プリンスが何故あんなに美しくて切ないメロディを書くか
わかったような気がしました。

鶴岡編へ続く。

鶴岡ではまさかの○○トークが炸裂!
ちょっとだけバラしちゃおっかな?お楽しみに。
スポンサーサイト
10:34  |  ---  |  コメント(5)

Comment

裏山ーーーー!

レポありがとうございます!
ちらりちらりと当日の様子は伺っていますが、あー行きたかった!!地元でさらにゆるりとした良いライブだったのでしょうね…。

何となくシーナの訃報に立ち直れない自分がいて、こうやって偲んでくれているのが嬉しかったりします。

2日目のレポも楽しみにしてますi-179
Jess |  2015.02.24(火) 11:02 | URL |  【編集】

>Jessさん

ええ、カズラーの私にはモッタイナイくらいのライブでした。
下山さんの優しい(エロオヤジ的な?)一面も垣間みれ、楽しかったですよ。
50代の友人の訃報が多い、と、その大きなお目目に涙が一杯。。。
というか、下山さんの瞳ってつぶらだったんですね。
今回初めて知りました。
ちょっと太られた、かも?いい感じに生気がありました。
下山さんこそ一回ご病気されてるし、健康に留意していつまでもギターを弾いていて欲しい、そう思いましたワン。
しょあ |  2015.02.25(水) 01:06 | URL |  【編集】

プリンス、下山(げざん)..?

しょあさん、山形遠征、お疲れさまでした。何気にシモラ―でもあるしょあさん、エネルギッシュ!
地元ならではの充実ライブだったのですね。
人間味たっぷりのプリンスエピソードを、ありがとうございます(この日は下界に降りてきたのね)。
鶴岡編も楽しみにしています♪
(しょあさんの妄想の世界で遊んじゃいました。いつかにごり酒をご一緒したいです☆)
Gin Rickey |  2015.02.26(木) 18:25 | URL |  【編集】

そうねぇ〜
下山さん少し、太って元気そうに見えましたね♡
悔しいから、ふ〜〜〜んだ!!
って、スルーしたいけど。
でもやっぱナンカ言いたい、わたスでした。
Shimoyamaになりたい淳 |  2015.02.27(金) 16:17 | URL |  【編集】

>Gin Rickeyさん

おおお、上手い!
人間界に下山(げざん)されたプリンス殿は
二日目の鶴岡は、エロおやじギャグ全開でした。
それと裏腹な繊細でキレのあるギターがまたなんとも
魅了するのでありました。

・・・ギター弾きって、ギター弾けるってことだけで
なんかこちらはもうビハインドな感じで
ずるいと思う。



>shimoyamaになりたい淳さん

あっ、出てこないと思ってたら、いじけてた?
あなたは素敵な、あの台風の夜の
福岡ソロにいかれたでないの。
そうそう、福岡セトリがこのライブのベースに
なっているような気もしましたよ。
でもまた映美さんに
「山形出身のくせに、メンタイロックとか嘘じゃん」
と言う何時ものネタで突っ込まれてました!
しょあ |  2015.02.27(金) 21:14 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |