2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015.08.18 (Tue)

2015年ツアー、開演!!

oma_parakazzS00.jpg
行って参りました、ジュリーの待ちに待った初日、東京フォーラム。
いよいよ、今年のツアーが始まります。

カズさんのメインギターは、YAMAHAのSGV。
お顔を歪めて、爆音コーラスをしているシーンを描きました。
あっ、これでもう大きなネタバレ大ヒントですね、すみません。

でも今回はネタバレして行っても
楽しみに変わることはないと思います〜

YAMAHAのSGV、カズラーのみなさまならもちろん覚えてますよね。
ジュリワンで使ってた青いギター。
加瀬さんのYAMAHA12弦ギター、SG-12Aの
弟分みたいなやつなんですよね。。。

当時の加瀬さんのブログの写真
http://blog-imgs-35.fc2.com/w/i/l/wildones/DSC05065.jpg

「カズは僕と同じヤマハのギターを、5年
前から持っていたけど、使う機会がなく
今回ようやくワイルドワンズの曲の時に
使うチャンスが来たと・・・・」


と加瀬さんは書かれています。

ギターで加瀬さんを追悼するカズさんが好き・・・・と言ったのは
カズラーのPさん。
いや、私もそうおもいましたよ。
でも、最初に舞台にSGVが置いてるのを見たとき
遠目でプリンスのストラトに見えて
(全然違うし。だいたいプリンスは楽屋から
ギター掛けて出て来るから、舞台には置いてないし)
えっ、えっ、立ち位置変更!?・・・と
早合点して焦っていたことは内緒です。

カズさんは、TPOでギターを選びますよね。
トッポ不在のほぼ虎の時のES335とか。

SGVの音がまた聞けて嬉しいな。
またいつか『情熱の渚』ききたいなあ。



グレースは元気に笑顔を見せてくれました。
ジュリーの紹介に、会場からは大きな大きな拍手。
あんまり長く続くから、ジュリーが一言「泣いちゃうよ」と。
そう言いながら涙声だったのは、
他ならぬジュリーだったと思うんですが(笑)。

最初のMCではジュリーから、初日が遅れたお詫びと、
こうして変わらず集まってくれた人へのお礼、
そして、残念ながら日程が変わったことにより、来れなかった人には
「今言っても聞こえないんですけど」と自嘲しながらも、
「念を飛ばして」お詫びしていました。
大きなことだったと思います。8公演の振替,2公演の中止。
でもジュリーは、少し声を振るわせながら、

「この選択に間違いはなかったと思ってます」

その言葉に、また会場からあたたかい拍手。
そしてグレースと鉄人バンドは、
その言葉通りの、素晴らしい演奏とコーラスを見せてくれました。

あの、一言言っていいですか。
なに、この雰囲気のよさ(笑)。
前回二回のフォーラムでのケチは、憑き物がおちたようになくなり
8月17日のその空間には
悲しい気配のかけらもみえませんでした。

加瀬さんが悪い物から護ってくれていたのかも知れません?


以下ネタバレです。

【More・・・】



それにしてもああ、
このセトリ。今年こそDVDに残して欲しいと思いませんか?

<オープニング>
僕たちほとんどいいんじゃあない

<本割>
01 危険なふたり(以下無印は全てYAMAHA SGV)
02 恋は邪魔もの
MC
03 許されない愛
04 死んでもいい
05 白い部屋
06 追憶
07 あなたへの愛
08 胸いっぱいの悲しみ
09 おまえがパラダイス
10 夕なぎ
MC
11 泣きべそなブラッド・ムーン(Gibson SG)
12 涙まみれFIRE FIGHTER(SG)
13 こっちの水苦いぞ(SG)
14 限界臨界(SG)
15 ウインクでさよなら
16 バイバイ ジェラシー
17 甘いたわむれ
18 恋のバッド・チューニング
19 ねじれた祈り
20 きわどい季節(SG)

<アンコール>
MC
21 TOKIO(SG)
22 気になるお前(SG)
23 海にむけて


開演前に所縁の曲を流すのは、
加瀬さんの演出だったと思います。
ジュリーのソロコンでは初めて聞きました。

流れてきたのは
「僕たちほとんどいんじゃあない」。
不意うち食らって、今日はうるっとしたんですけど・・・

もうこの曲がかかるとわかった次回からは、
手拍子でもして、明るくメンバーを迎えませんか?
これ、アフターで飲んでた時に、カズラーのKさんが
言ったことの受け売りなんですけど。
(受け売りばかりのブログですみません〜)

だって、考えてもみてくださいよ、
フレンドシップじゃなく、あえてこの曲ですよ。
リリース当時,みんなが頭を抱えた・・・
口直しが必要とまで言われた・・・
加瀬さんやっちゃったね的なこの曲・・・

加瀬さーん。
ここだけの話、この曲ってジュリーのこと書いたの?
時効だから、おしえてよ。

明日のスポーツ新聞は、ジュリーがライブで加瀬さんを追悼、と
美学的な書き方をすることでしょうね。
まあ、悪いこと書かれるよりいいけど、

「加瀬さんはまだ死にたくなかったと思うんですけど」
この言葉も大きく取り上げられるんだろうな・・・
確かに、ジュリーじゃなきゃ言えない言葉で、胸にひびいたけど、

どこかのメディアに気付いて欲しいなあ。
加瀬さんの曲だけで、こんなにロックな、充実したライブになることを。
鉄人バンドの構成力、歌い重ねてなお伸びるジュリーの声、
若い日の曲を難なく歌いあげるジュリーの表現力の深さ。
加瀬さんのドラマティックな曲のカズカズ。

加瀬邦彦は素晴らしいプロデューサーで、
沢田研二は素晴らしい表現者で
鉄人バンドは素晴らしいサポーターで
そんな物を見る事が出来る私達って本当に素晴らしい・・・・(^^)

どの曲も印象的だったけど、
昨日の『おまえがパラダイス』の、カズさんの熱唱は忘れないと思います。
私にはカズさんが泣いているのではないかと感じたんですが、
45列目からだから気のせいかも・・・わかりません・・・(笑)
28歳でジュリーのバックに参加したばかりのカズさんを
加瀬さんは可愛がってくれたことでしょう。
ただならぬ感情移入を感じたコーラスに、胸がいっぱいになりました。

そして、昨年のツアーではないてばかりだった『海にむけて』を
ほとんど涙声にならずに、歌い上げたジュリー。
朗々と響く歌声の裏には「絶対泣かない」という
ジュリーの決意が感じられました。・・・きっと。

あーあ、朝になっちゃったので、今日はこの辺で。
次回は子リスホールに参戦です。

スポンサーサイト
06:59  |  ---  |  コメント(4)

Comment

最高でしたね(≧▽≦)
いつも読み逃げすみません。
イラスト展 楽しみにしています!
nekomodoki |  2015.08.18(火) 11:30 | URL |  【編集】

>nekomodokiさん

ありがとうございます。
その件は、次の記事で詳細お知らせさせていただきますね。
どうぞよろしくお願いいたします。
しょあ |  2015.08.19(水) 05:20 | URL |  【編集】

幸せがあふれちゃう♪

しょあさん、こんばんは~♪
始まりましたね\(^o^)/

じゅり枯れ期間は、何度もしょあさんの「走るジュリー」をエンドレスで再生させてしのぎました。感謝。

カズさんの爆音コーラス、嬉しくてキャアーって言っちゃいましたよん。
ツアーが進んだら、ツインボーカル再現してくれるのではないでしょうか?

としぽん |  2015.08.19(水) 23:38 | URL |  【編集】

>としぽんさん

はじまりましたね〜枯れ枯れでしたね〜〜
やっとやっとという感じです。

走るジュリーを描いたのも、
もう随分前という感じがします。
今回描くとしたら、あの動きかな、ほら、
左右にけつまづきそうになりながら
ひざまづくアレ・・・

カズラーの立ち場でも「きゃーかわいい」と
言ってしまいましたよ。

ツインボーカル,私の脳内では、再現されております、既に。
しょあ |  2015.08.20(木) 09:47 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |