2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2015.11.04 (Wed)

かっせさん♪

新曲に入る前の短いMCのとき、
天井を見上げてジュリーがそうつぶやいたときから、
もうずっと涙目でした。

ファイナル,国際フォーラム,行って参りました、
澤會様からいただいたお席は,なんと8列!!・・・の9番。
それは、
ジュリーが定位置に立つと,カズさんが左手とギターヘッド以外
全て消え失せるという、「全編・俺のカズは俺のもの席」
でございました。

じゃあプリンスはさぞ近かっただろうとお思いでしょうが
私の前お二人は結構な身長の方で(いえ、背が高い低いは、ご本人には何の責任もないことです)
なんと、こちらもよく見えず。

グレースのお顔の部分にちょうどシンバル。イエーイ!!

たいきさん、は,確かに他の3人に比べたら見えたけど。
でもマイクがこちら側からお顔を遮っていて
表情などは遠くて全然見えず。

ここへ来て、まさかの4鉄封じ込み御席を引き当てる私って・・・
はっ、もしやこれが噂に聞く,加瀬さんのいたずら・・・
ほら加瀬さん,若い子が好きだから・・・え?それ関係ないでしょって??

・・・すみません。
でも,鉄人さん達の渾身の演奏はしっかり心に届きましたよ〜。

新曲ゾーンは前の方がお座りになったので,密かにプリンスを堪能しました。
限界臨界のソロがすごくよかった。
そしてそのあと、ずっとグレースの方を向いて弾いていたのですが、
なんだろう、もうグレースの迫力がすごかったのなんのって・・・

そうなんです、バンドファンとして,一言書いておきたいのが,
この日のグレース嬢の熱演です。
ジュリーの素晴らしい声がさらにドラマチックに響いたのは
グレースのドラムが,もう,いつにも増して、熱を帯びていたから、という一因も
あると思います,絶対!!

ドラムって,個性の出にくい楽器だと思ってました.大間違い。
身体ごと全てをぶつけられる,一番ストレートな楽器だって気がつきました。

気になるお前のすごい迫力のドラミングは,アフターでも話題に。

何故だかおまえも気にして、こっちをふりむく
だ・だ・だ・だ・だ・だ・だだっっだ、どがっしゃ〜〜〜ん!!!
(クレッシェンド⇒⇒⇒⇒⇒⇒)

こういうのはテクニックは当然として,曲への理解と愛情、
そしてご本人の健康とテンションの充実なしでは
ありえない!ことだと思うのです。

グレースさま,大変な年でしたね,身体も,そのあとのプレッシャーも。
でもやりきった!本当に素晴らしかった!!尊敬します!!!
そしてジュリーの決断は、間違っていなかったですね、やっぱり。

歌い終えて、頭を下げるジュリーに、
後から拍手を送るグレースの美しかったこと。
(立ち上がったグレースの顔だけが、よく見えました)
優しく微笑む、きれいな横顔でした。

そしてジュリーが携帯を取り出し、小芝居を一発打ってから
何か一曲歌ってくれることは、予想がつきました。

加瀬さんに捧げる何かを歌ってくれるだろう。ここでFRIENDSHIPかな?・・・ナンテ。

ジュリーは,もっと純粋でした。
半泣きの消え入るような声で
「加瀬さんを偲んで・・・みんなで想い出の渚を歌いましょう」
ジュリー,大好き。
もう、なみだがあふれてきました。
こういうひとなの、そう、こういうひとだからすきなの。

後ろでグレース嬢が「ええっ?」と,身を乗り出したように見えました。
(違ってたらごめんなさい)
たぶん、鉄人さん達とも打ち合せしてなかった進行だと思いました。
(たいきさんと「Eで」などとキーの打ち合せを簡単にして、
 そのまま即興で伴奏するたいきさん,素晴らしい〜〜)

自分が作った何か「捧げる曲」的なものではなく、
加瀬さんを思い出す,加瀬さんにちなんだ曲を一緒に,歌おう。
ジュリーの素直な気持ちに泣けました。

加瀬さん,加瀬さんはかなり幸せ者ですよ。

ジュリーファンはみんな、想い出の渚の歌詞をちゃんと知ってました。
これもすごいことだぞ。
鳥塚さんと島さんが登場し、涙声になり支えられるジュリーの向こう、

・・・ちらり、と
マイクに向かって真剣に歌うカズさんの姿が見えました。
おお、ここでやっとカズさんの話題登場,しかも以上。
本当にどんだけカズさんが見えなかったか(泣)、
様子が解る人はコメント欄でレポお願いしますね。

かっせさん、
これからもジュリーのそばで,ジュリーを見護っていて下さいね。
私達の心の中にも,あなたの御姿はその偉業とともに、ずっと生き続けています。


スポンサーサイト
11:27  |  ---  |  コメント(8)

Comment

国際フォーラム 「かっせさん♪」

昨日はお忙しい中、お話し出来て嬉しかったです\(^o^)/和さん時計は今私の部屋で時を刻んでおりますよ。大切にします。今年のツアーは大好きなお兄様を亡くされた弟の様に涙もろいジュリーに、私も何度涙目に成ったか分からない程です。ジュリーの黒いガラケーも見れたし、涙で歌えなく成ったジュリーに駆け寄り歌ってくれた本家のワイルドワンズの島さんと鳥さんには感激でした。客席のピー先生は太いボーダーが目立っていましたね。下山プリンス側の私にはプリンスのピョンピョンやユラユラが良く見る事が出来、ギタリストの指さばきをしっかりと双眼鏡で確認出来ました。23列8番の私からも和さんは遠かったですが、ギターに照明が当たりその反射光が私にも当たりました!ちょっと嬉しかったです。照明の加減なのか、和さんの髪が金色に見えましたよ。加瀬邦彦さんの偉大さを改めて知らしめて貰えたジュリコンでした。良い曲や歌詞は思い出と共にず~っと歌い継がれて行くものですよね。来年迄長いお預けですが、体調管理しましょうね。
しのぶ |  2015.11.04(水) 12:44 | URL |  【編集】

完走しましたね~

行けなかった私達の心も しょあさんに託して 無事に終わるのを祈ってました!
予想外の素晴らしい千秋楽になり 去年のトラウマは消え去り、フォーラムがジュリーの聖地となりましたね!(b^ー°)
熱いレポをありがとうございます。
感動的な千秋楽のお裾分けいただき、感謝しますパネルの向日葵Graceも、いつも微笑んで、元気くれてますよ(^_^)v
ミルクティ |  2015.11.04(水) 15:44 | URL |  【編集】

あらら。。。

ジュリーの立派なお身体が、カズさんとの白い橋を遮っちゃいましたか。。。
16列センターからも障害物ありで、80%はお隠れになってました(^_^;)

ただ、ジュリーが万歩計の歩数を発表したとき、カズさんが菩薩顔の微笑みで見守ってたことを報告しておきますね♪

ホントに、幸せと感謝に包まれた空間でした。
としぽん |  2015.11.04(水) 23:58 | URL |  【編集】

>しのぶさん

混雑の中探していただいてすみませんでした。
本当に,ジュリーが語る加瀬さんの思い出話に
泣き笑いのツアーになりましたね。
今の私の興味の中心は「ジュリーと加瀬さんが柱によじ登って見た,ストーンズパリ公演の映像」です。
「ジュリーのライブはストーンズと同じロックコンサート」と
いっこまえの記事に書いた私としては,確認せずにはいられません!!(笑)

金色の髪のカズさん,私も見たかった。
ギターの反射の光が当るって,すっごくわかります!!
嬉しいですよね、カズさんからの必殺技、ウルトラビーム!!
ああっ,撃たれて死にたい・・・イヤイヤ死んじゃダメ。
健康留意で来年まで元気に過ごす約束ですものね、ジュリーとの。


>ミルクティさん

はい、向日葵のように凛と美しいグレースでした。
グレースのドラムからは本当に、力をもらえる感じがします。

あの悲しい木枯らしが吹いたフォーラムから1年。
同じ季節とは思えない、暖かな日差しが降り注ぐ一日でした。
お留守番組のミルクティさんにも,そのあたたかさが届いたなら,よかったです。

ジュリーファンって、すごいドラマチックな経験させてもらってると思います。
上がったり,下がったり,泣いたり笑ったり怒ったり。
生きてる実感。ありがとうジュリー.ありがとう加瀬さん。
悲しいのや腹が立つのはいやだけど、それも考え方ひとつだし、
なんにもないこと考えたら、すっごい幸せですね,私達。


>としぽんさん

菩薩顔はジュリーがカズさんを見るときだけじゃなかったのかーー!!
逆もあったのね!!
ありがとう、としぽんさん。
あああ、想像つくわ〜〜,やーン見たかった。。。

でもね〜〜実はね〜〜〜
最終的には橋かかった・・・と思う。
ほとんど,本当に殆ど見えなかったけど、
音はちゃんと届いていたもの。
カズ友さんからは
「土建屋しょあ組は、どんな施工困難な場所にでも 迅速に橋を設置できるのね。」との
お褒めの言葉を頂きました!

それにそれに、
近くからならではの、ジュリーの素敵な表情も見ちゃいましたよん。
詳細は,待たれよ更新!


しょあ |  2015.11.05(木) 13:14 | URL |  【編集】

かっせさん♪

しょあさん、こんばんは。

レポ、ありがたく拝見させて頂いております。
色々な方々の、様々な想いが交錯した最終日だったのでしょうね。
私はエキゾ世代なので、アルバム”S/T/R/I/P/P/E/RⒿ”
から「バイバイジェラシー」「テーブル4の女」「テレフォン」を繰り返し聴いて、かっせさんを悼みました。
自分の音楽の原体験と言っても良いくらい当時のジュリーにはハマリました。
来年のツアーには参加出来るといいな。

それでは、失礼いたします。
ののすけ |  2015.11.05(木) 21:48 | URL |  【編集】

>ののすけさん

来年はぜひ❗️何処かの公演に行けるといいですね。
私のレポは斜めからですから、こんなのは
ジュリーファンの方からすると、ん?と思われることも
きっといっぱいあるんですよ。
でも、私も今回つくづくジュリーが好きだ❗️って再自覚しました。
私も、アルバムで1枚、と言われたらG.S.I Love Youあたりかもしれません。近いですね(*^^*)
ののすけさんのような方に、2015バイバイジェラシーを聞いていただけなくて心残りですわ❗️❗️
でもきっとジュリーは来年も加瀬songsをセトリに入れてくると思います、予感!
しょあ |  2015.11.06(金) 10:19 | URL |  【編集】

大フィナーレ

レポありがとうございます!

感動的な大フィナーレだったのですね。
多分その場にいたら私も泣いていたでしょう。
だって、しょあさんのレポ読んでるだけでも泣きそうなんですもの。仕事場だから(オイオイi-229)泣けないけど…。

本当にこのツアーは映像で残して欲しかったですね。
Jess |  2015.11.06(金) 13:05 | URL |  【編集】

>Jessさん

正直なところ、最後に思いっきり泣けて
気持ち
はちょっとスッキリしました.
悲しみばかりが胸に渦巻いて、たまっていって、苦しかった。
でも泣けなかった。
ジュリーも、泣くわけにはいかなかった。
そんな決意で歌い続けたツアーの最後に、
ジュリーが自ら、一緒に泣く場所をくれたんだ、
・・・いまはそう思っています。

お留守番組のJessさんにもその様子が届けられたなら、本当によかった。

映像は残らなかったけど、何よりも深い「想い出」は心の中に。
ジュリーとジュリーファンは、幸せ者だと思います。
しょあ |  2015.11.07(土) 11:21 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。