2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016.09.29 (Thu)

楽しや平日都内の小箱 その1

かつしかシンフォニーヒルズメモ。

カズ友さんにとってもらったチケットで、
カズさんのお顔も手元もよく見えるお席で堪能,感謝!!

初っ端のポラロイドGIRLの間奏のカズさんのソロが、
きゃーきゃーすごいことになってる。
カズ友さんと二人で、ここぞとばかりに大騒ぎ。
カズさんのエロドヤ顔が、半端なくかわいい。
生きていてよかった。

熱を渚で少し冷まして・・・

今日のカズさんは少し渋め。
うつむいた時の、ほうれい線がチャームポイント。
(カズさんかるたより)

MC。ジュリーは18時半のスタートを「こんなに遅く.眠くないですか皆さん」って。

片恋のカズさん「かぁ〜〜〜みさま!!」と叫ぶお顔がネコの威嚇顔。

ビンビンの歌詞を聞いてたら、カズさんのことみたい。
「君のカタチがキレイで・・・」「どんな仕草も罪だし・・・」
弾きながら「はあ、気持ちいい〜」って顔するカズさん、感じすぎビンビンです。

一転、今回のセトリで1.2を争う,爽やかに悲しい名曲「彼方の空へ」
カズさんより先に死にたいなあ、などとぼんやり思う。
先に虹の橋を渡って、出待ちしてます。

君をのせて。
前も書いたけど、ストロークが複雑で激しい。
そして今回は、そのストロークの動きに首が連動して動いてることを
発見致しました。なんかすごいな。

アルシオネ、最初にバンドメンバーにアイコンタクトをとるカズさん。
かっこいー、かわいいー。
12弦の音がいいよね。
ジュリーが最後にアールシオ〜ネ〜〜と二回繰り返すのが、
カズさんの高速ソロにかさなるところが好き。

ところで最近客席に、アクション真似子さんが多くないですか?
私もまあちょこちょこやりますけど、
「片手にーーピストルーー」
とか、恥ずかしくないですか?

でも、「届かない花々」で眠る神々と手をつなぐのは好きです。

最後にジャーン、と手を振り上げるジュリーのシルエットが
本当にsabaさんの描かれるジュリーにそっくりそのままでした。

窮状は、カズさんの可愛い鶴田浩二が見れますが、
だばだば歌いながらグレースもやってますね。
グレースとカズさんっていい関係っぽくてうらやましいっす。
依知川さんが、ベースの上に置いた右手でリズムを取ってます。
さすがリズム隊。

新曲のまえで、どの曲が誰の作曲か
ジュリーが紹介してました。はじめて?

「♪安全じゃない・・・ちゅうてるやろ!犀か象〜〜」
と歌ってたジュリーでした。

君の愛をそしる歌は最後首をゆっくり左右に振るのが
デフォルトになったんですね。

この日の若者よでは、あんまり笑顔がなかったなあ、カズさん。

後半のクライマックス、
某カズ友さんが「ビンビンよりエロいよ」と言ったマッサラ。
がっし!と踏み込むワウペダル。
スイッチひとつで〜真っ赤に燃え上がる〜〜〜
またまたソロでは「気持ちいいよぅ〜」って顔するカズさん。
まさにむさぼる快楽状態!!私もむさぼる〜〜!!
舌ベロがちらちら、どうしても出ちゃうのねえ。
え何か私エロい事言ってますか。

「お気楽が極楽」は、実はカズラーならもうお気付きでしょうが
カズさんの挨拶タイムです。
「俺の女」に視線を一人一人合わせに来てくれます。

SGが投入される時はこの曲からですが、この日はTVイエローのままでした。
他の曲はともかくTOKIOだけはきゅんきゅん鳴るSGがいいなあ、

ジュリーのきょうのTOKIOアクションは全く不明。
わかるひといますか。

「緑色のkiss kiss kiss kiss」イントロで、ジュリーだけでなく
バンドメンバーもみんなしてハンドクラップを煽ってくれますが、
カズさんが手のひらを斜めにクロスしてるのは
小指にスライドバーを装着しているからでしょう。

メモのつもりがこんなに長く。一回切ります
スポンサーサイト
23:11  |  ---  |  コメント(1)

Comment

ギネス記録参加お誘い

沢田研二さんとザ・タイガースとメディアの皆さんで行われている世界初のギネス記録です。

 ゲームの参加者を募集しております。参加のほど、よろしくお願い致します。

参加希望の方は、この   http://blog.goo.ne.jp/julie-guinness3  

  ブログにコメントをお入れください。
母ちゃんりんご |  2016.10.01(土) 18:27 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |