2017年03月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2017.01.10 (Tue)

今思うこと。

コメント返信をしているうちに、自分の気持ちがはっきりしてきたので、
記事ひとつ起こしておきます。

時間が経つにつれ、自分がとんでもない
素晴らしいライブに立ち会った実感がして来た。

ジュリーはいつだって時代の先駆者だったけど、
こんなライブを決行したアーティストがかつていたでしょうか。

スポーツ新聞各紙の記者さん、恥ずかしく無いですかご自分の感性が。
歌詞忘れ土下座が、あのライブの中でそれほど大切なことですか。
まあファンにとっては萌え転がる出来事ではありましたけど。

天災そして人災で傷ついた人々の気持ちを
自分のことのように悲しみ、怒り、問題提起を、
自身の芸で表現する、というジュリーの、
その勇気と感性を、ファンとして誇らしく思います。

ファンの中にも「楽しい気分になれなかった」的なことを
ネットで人の目のつくところにわざわざ書いている人もいますが、
楽しい気分にしてくれるアーティストはたくさんいますから、そちらへどうぞ。
誤解を恐れず言うなら、普通のラブソングが聞きたい人は
家で昔のジュリーのビデオを見ていればいいと思います。

それとひとつ前言撤回します。
これら震災曲との5年間の思い出がない、ファン歴浅いひとには
きついライブかも、と書いた自分ですが
そんなことを勝手に私なんかが言うことじゃありませんでした。

ジュリーの曲の主張の内容が全て素晴しいと言ってるわけではないんですよ。

確かにつらい気持ちになる曲も多いです。
でも「絆」なんてぬるい言葉で被災者を援助した気になってる
自己満足とは違う、骨のあるロックが聴けます。
こんなこと(批判も恐れず)する人は他にいません。
見に来て頂く価値は私の言葉では語りきれないほどあります。

もうひとつ。

見に来て欲しいひとたちがいます。

それは。



ジュリーがこういう曲を歌うようになって、
ジュリーからはなれて行った・・・「元ファン」のひと。

あの方も、あのひとも、あの子も、
ジュリーの今を見に来て・・・欲しいです。
あなたの人生の価値観とは異なっていたとしても
少なくとも、絶対唯一無二の漢ですから。



スポンサーサイト
22:02  |  ---  |  コメント(6)

Comment

同感です

しょあさん、こんばんは。
私も、自分がとんでもなく素晴らしいライブに立ち会ったと思っています。被災者の心情に寄り添っていなければ、あんなに具体的で、リアルな言葉を連ねていくことはできないです。直球ですよね。思いを込めた直球です。批判を恐れぬ直球です。強くて優しい直球です。
Oka |  2017.01.10(火) 22:44 | URL |  【編集】

いつも考えなしにライブに出かけいるワタクシ。

「祈り歌LOVESONG特集」

家に帰って改めてチケットを見て、
今回のセトリは、ココに書いてあるではないかー、と、
あー、そっかー、と声に出してしまいましたよ。
カオリー |  2017.01.10(火) 23:00 | URL |  【編集】

Okaさん

直球ですね。
希有な存在の方なのだと、改めて思います。
誰でもできることじゃないし、ファンも、それを全部受け止めようなんて思わなくてもいいと思いました。
以前高知の新聞が書いてくださったことがありましたね。
ああいう視点をスポ—ツ新聞に求めるのが無理なんでしょうか。

ちょっと強めの口調の記事になってしまいました(笑)
すぐにいただいたコメントが嬉しかったです、ありがとうございます。


カオリーさん

そう、ほんとうにそうです。後になっていつも気づくのです。
そうこうして10年目です。
「皆さんも一緒に10歳としをとっているんですね」とジュリーは言いました。
私たちは少しは変われたのかな?成長できたのかな?
ずっとともだちでいてくれてありがとう。
もっともっとこの時間が続くように願います。
ジュリーともカズさんとも、みんなとも。
しょあ |  2017.01.11(水) 08:57 | URL |  【編集】

“究極のラブソング”

「時間が経つにつれ、とんでもない素晴らしいライブに立ち会い」、これ以上ない究極のラブソングを聴かせてもらったことに気づきました。
しょあさんも同じ頃、同じことを感じていらっしゃったことを知り、驚くとともに、嬉しく、agree、agree、agreeと連打しそうになりました。

被災者、救助に携わった人々、大切な人をなくした方、、、フクシマ出身の私には、他人事ではありません。
すべての人々の気持ちに想いを馳せ、悲しみ、怒り、声を上げ続けるジュリーに感謝し、誇りに思います。
ブログに書いてくださったしょあさんにも、感謝です。

フォーラムでお目にかかれると良いですね。

(1/9のコメント、「un」が抜けていました。意味が逆になっちゃいますね)
某じゅりすと |  2017.01.11(水) 18:34 | URL |  【編集】

しょあ様
こんなライブ、ジュリーにしかやれません。
しんどいかな?と最初は思いましたが、最後まで引き込まれてしまいました。やっぱりすごい人です。
カズさんのギターも今回特にすごかったです。

それと、ギターのピンバッチ私も欲しいです。


nekomodoki |  2017.01.11(水) 22:58 | URL |  【編集】

某じゅりすとさん

本当に、時間が経たないと気づかない自分に全く呆れます。
(あ、某じゅりすとさままで巻き添えにしてすみません!)
ジュリーがどんな想いでこのセトリを組んだか、
容易なことではなかったのは、
「お休みになられる方も・・」なんていう発言からも
推して知るべし、ですよね。

で,ジュリーもそうなんですけど、
私は夕べ、カズさんの気持ちを考えて
胸がきゅうっとなりました。
これから、不安じゃないだろうか。荷が重過ぎはしないだろうか。
「出来ない」って絶対いわないひとだって、聞いたことがあります。
頑張って、頑張ってかずさん、と夜中に布団の中でつぶやく
気持ち悪い女になってました(笑)。

フォーラムでお会い出来たら嬉しいです、ぜひに。


nekomodokiさん

最初は私も同じ気持ちでした。
それがぐいぐい引き込まれて
自分の凡人ぶりを目の当たりにしたライブでした。
(あっ、nekomodokiさんまで巻き添えに・・・すみません!)
下山さんの影を探すと同時に、
ここまで1本のギターで、、、と、
改めてカズさんの気概に小さな胸がイッパイに・・・

ギターのピンバッヂ、お作りして,フォーラムにはお持ちしますね。
しょあ |  2017.01.12(木) 19:00 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。