2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.09.08 (Fri)

『いくつかの場面』に寄せて思うこと

今回の50周年ツアー、駆け足の50曲のアレンジについて
色々思うことは多いけれど、楽しんでいます。

一回目は胸が痛くなり、
二回目は、そうか、と腑に落ち、
三回目は、もっと聴きたくなりました。

私は鉄人バンドのファンでした。
だから、下山さんのいない演奏は100%の満足には至らない。

でも、同時に鉄人バンドが「バンド」じゃなかったこともわかってる。
彼らは「サポート」であって、ジュリーの舞台を完成させる「プロフェッショナルな集まり」だと、
あの4人だけでコンサートを開くことはないのだと。

下山さんがいた時の編成の演奏と同じくらい、依知川さんのベースが効いた演奏に
十分酔いしれています。
でも、ファンとして満足ではないということ、ただそれだけでこだわってきた。
でもそれももう、やめにしよう、

やっとそう思うことが出来そうです。

でもね、人間ですから、
♪出来るならもういちど、ぼくの周りに集まって来て・・・

この歌詞に思い重ねて,毎回涙しているバカがここにいます。

人は生きているので、環境は変わって行きます。
いろいろなターニングポイントがあって、
止める決心、続ける決心、いや自分の意志に関わらず、選ばなければならない道、

そんな時を通り過ぎて、それでも前をむいて、自分の好きなことを続けているのは素晴しい、
そういう人を目の当たりにしていま、あらためてそう思うのです。

一度の人生だもんなあ。

「いくつかの場面」のアレンジは、ジュリ—祭りで大きく変わりました。
それまではタイキさんが主メロを弾き、下山さんがアコギでバッキング、
カズさんがリードギターでメロディアスなフレーズを弾きムードを出す、という
マルチな演奏でした。
それが、一番がピアノオンリー、間奏からドラムが噛みこんで一気にツインギターがハモるという、
鉄人バンドならではのダイナミックなアレンジになっています。
以前のアレンジは郷愁感に溢れ、あれはあれで良かったと思いますが、
このアレンジになってから、ドラマティックさが増し、
歌の主人公が、今もまだ現役で前を見ている感が,私には伝わって来ます。

カズさんは、そのアレンジを残してくれた。

ひとりで、ふたり分のギターを弾いてる。
ひとりで1本のギターをハモらせて。

下山さんと二人でやっていた時は苦もなく迫力の音になった。
今はひとりで、苦心しても限界のある音にしかならない。
でも、優しく肩たたき合う場面が、見える。そんな演奏。
それは、誰よりジュリーのことを考えた演奏。

過去を前に、前向きに。
そんな演奏を毎回涙目で見ている私なのです。

*******

今日は金曜日なので、アクセサリーも新作アップしてます。
よかったら見て行ってください。
IMG_8403_1.jpg

【天然石シルバーネックレス】アメシスト4way
スポンサーサイト
07:34  |  ---  |  コメント(7)

Comment

諸行無常ですものね、シモヤマさんがいないこと受け入れなくては、と思いつつ…まだまだしょあさんの悟りの境地には入らないでいます。

ですが、いくつかの場面、福井のコンサート前のコメントで、しょあさんがおっしゃってたこと、福井と今日の岸和田で体験してきました!
シモヤマさんが、カズさんに取り憑いて、じゃなくて、憑依して、どっちもおんなじか(笑
いやー、カズさん凄すぎです。ってか、あのアレンジがよすぎて、ジュリー「カズ、いける?」カズさん「やってみる」って流れ?なのかとも思うし、しょあさんの言うように、カズさん自ら憑依されちゃったのか…

それよりも、「…数々の思い出が…」が、「カズカズの思い出」に変換されてしまい、ジュリーったらそんなにカズさん好きなん?って言うのと、え?!それって…(◎_◎;)なこと頭をよぎったりで、またアタフタしてしまったじぇらでした。

岸和田では、カズさんの笑顔もみられて、ちょっと慣れてきたのかな、なんて思ったのでした。不機嫌とか体調悪いとかじゃなくてよかった。ただ、ただギター🎸一本で二本分カバーするのは、いかにハードなことかってことですよね。

カズさん、サイコーって声出したかったよ❤️✨
じぇら |  2017.09.08(金) 23:50 | URL |  【編集】

じぇらさん

「カズカズの思い出」が気になる境地まで来たじぇらさんは
カズラーの才能あり!(プレバト風)。
渋カズさんにも萌えるけど、
やっぱりカズさんには笑顔が似合いますよね。
じぇらさんの思いの丈をこめて
どうぞサイコー、って叫んできてくださいね〜〜
・・・ジュリーの次にね(^_-)

そのうち、マンジャーレでも、自慢のカズがいるー、ってきこえる日は近い?。
しょあ |  2017.09.10(日) 09:25 | URL |  【編集】

しょあ様
おはようございます。

「鉄人バンド」はあくまであの4人のバンド。
たとえサポートであっても、ジュリーがそう呼んだ時から、グループ名、というより「ジュリー祭り」という修羅場(?)をともに乗り切った「絆」に付けられた名前だったのかな、と今は思います。
今回「いくつかの場面」のイントロを聞いた時オリジナルの間奏に戻る、という発想が無くて、
(ツィンギターの片方はピアノかな?ベースでのカバーかな?)
と思っていたらカズさんまさかの一人ハモり。
どーしてもこのアレンジでやりたかったんだな、と。
下山さんの憑依、しかと見届けました。
nekomodoki |  2017.09.11(月) 10:12 | URL |  【編集】

いくつかの場面、、、。

読んでいて、うるうるしちゃいました。今午後3時からNHKのBSプレミアムで加山雄三さんが歌って居て、そうです、その後ろに、和さんのお兄様がね、チラチラ映ってギターの持ち方が、似ている様な気がします。ジュリーの和さんは、今迄も、これからも、ギターで語ってくれるのでしょうねそんな、ジュリーと和さん達をずっと見続ける為にも、健康で居たいと思うこの頃です。
しのぶ |  2017.09.12(火) 15:59 | URL |  【編集】

nekomodokiさん

鉄人バンド、史上類を見ない・・・な名前でしたね。さすがジュリーならではのセンス、あいえなんでも。
印刷物などに書かれるようになった頃は、オイオイ、正式に命名かよ⁉︎と、焦ったりもしました。
いつしかその名前は自然と心に入り込み、これほど絶対無二のバンド名はないと、いとおしく思うようになりました。
nekomodokiさんのおっしゃる通り「証」ですから、形はなくなっても、ジュリーにはこの最強のバンドがいたこと、ずっとみんなの心に残っていると思います。


しのぶさん

初日のフォーラムの二階で、アンコールの時に異常にダダ泣きして怪しまれていた、それは私です。
あっお兄さまのことですか?実は1年前、横須賀アンジェロにお兄さまを見に行って以来、隠れ兄ラーと化している私なのですよ。超絶テクニシャンというか、メローで深いというか、うーん、なに言ってるか全くわかりませんがともかく、もう酔いしれマクリマクリスティ、、、チョーカックイイんですわ!
あっ、オマエはまったくカズなの兄なのと言われそうなのでこの辺で。
しょあ |  2017.09.13(水) 00:12 | URL |  【編集】

50年

しょあさん、こんばんは。

行ってきましたよ、静岡市民文化会館!
ワンコーラスとはいえ50曲・・・さすがに疲れました(笑)
でもね、珍しくオープニングに映像使って、派手な照明に今までにない気合を感じましたよ。
個人的にツボだったのが「MON AMOUR JE VIENS DU BOUT DU MONDE」の後で、”Merci 僕、僕~♪”でした(^^
歌は相変わらず異常に上手い。
カズさんはヘアもりもりで演奏に徹してらっしゃる。
依知川さんは2001年に焼津市文化センター以来、16年ぶりでした。
ゲレースさんも泰輝さんもお変わりなさそうで。
メンバー紹介の時、カズさ~ん!て叫んでいる方もいらっしゃって、それを聴いた私のまわりのお客さんたちもザワついていて、カズさん人気に密かにほくそえんでおりました。
終盤、「渚でシャララ」の映像はジュリーご本人は、「私しか映らないように・・・」と、おっしゃってましたが、加瀬さんを挟んだ映像があったのはジュリーの優しさであり胸にグッと来るものがありました(^^;

75歳まで歌いたいと言っておられたので、カズさんにも頑張っていただきたいですね。
これからも応援して行きたいと思います。
ののすけ |  2017.10.01(日) 22:09 | URL |  【編集】

ののすけさん

この会場のどちらかに、ののすけさんもいらしているんだろうなぁ、と、思いながら見てました。
はい、実は私も行っていたんです、静岡市民文化会館。
「あしだまなだお」には「???」だった私です。

静岡はお客さんの反応がよく、ジュリーも嬉しそうにみえました。

カズさんは後半に行くほど、ノリノリでアツくなっていきましたねー。私は「そのキスが欲しい」のソロに痺れました!かずさんと叫ぶ声の方、静岡公演にいつもいらしてますね。のべつまくなしに騒ぐわけでなく、カズさんがコールされた時に叫んでるんですから問題ないですよね。私は声が小さくて叫べないけど、あんな声援が聞こえたらきっとカズさんも勇気百倍でしょうね。
75歳までの入口となる来年古希のライブがいまからドキドキですね、ふふ。
静岡公演がまた週末に当たりますように、祈ってます。
しょあ |  2017.10.03(火) 06:12 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |