2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2017.12.22 (Fri)

永遠に

じゅりすと様の間では「猫耳」なる物が愛でられている事を
やっと知った、違う空間に生きるカズラーと言うものです、こんにちは。
もりもりすくんのリーゼントタワーだって負けないぞーん。
ぞーんて・・・(閑話休題)

ジュリーの今ツアーも残り1桁公演を残すのみとなりましたね。
いよいよ秒読み。
そんなあたりでそろそろこの曲のことを書いておこうとおもいます。
本割最後の曲、初日に客席をあっと言わせた曲。

読み方は「えいえんに」でいいのですよね?
「とわに」じゃないですよね・・・・(自信なし)

君、君、とジュリーがまるで詩をリーディングするように歌う
最後のお約束、ピロートークバラード、って呼んでるんですけど、私は。
ここで我らが(誰のだ??)カズさんは、おもむろにギターチェンジします。
このライブただ一回のチェンジです。
ここでカズさんや、カズさんの演奏に興味がある人なら誰でも思うこと、

「その曲は、今までの赤いギターじゃ弾けないの?」

だって48曲、マリーからニーナからジェニーからマレーネから
みーんなその赤いの1ッ本でイカしておいて、最後の1曲前で変えるなんて、

その白いのは、どう違うの、赤いのじゃ出来ないの?って、思いませんか?
え?思わない?だって音が違うよって、
ええ、それはわかるんですけど、深く響いて長く伸びる音。
でもエフェクターで出来るじゃないですか。赤いのでも。
なんでわざわざ変えるの?

ちなみにあの白いのは、フェルナンデスというギターなんです。(お約束)
ジュリー祭りでもただ一曲、「いい風よ吹け」のためだけに登場したギター。
名ブロガーDYNAMITE氏曰く、世界の昆虫図鑑に載ってるという(載っていません)。

♪少し背の低い〜あなたの音に耳をたて〜
 あーまーい匂いに誘われた白いカブトムシ〜

この「フェルナンデス」を検索していたら興味深い記述が出て来たんです。

http://guitar-hakase.com/984/

ここのサイトの「サスティナー」の項に注目。
そういや、ギター番長カオリーさんが「ロングサスティーン」ていってた気がする。
自分が止めるまで、それこそ「永遠に」止まらない音。

え?とまらない音を出すギターって、どうやって弾くの?って
このツアー中ずっと思ってました。

上記のサイトに、参考にU2の動画が載ってます。
(なんとなく下山さんを思い出してしまう音です^^)
確かにずーっと鳴ってる音がある。
でもじゃあ、メロディラインはどうやって弾いてるの?

ツアーも終わりに近づいたこの間のリリアで、カズさんの手元を凝視してて
やっと少し、その「永遠に止まらない音」を
駆使する弾き方がわかったような気がしました。
同じ弦を使って、フレットを横に移動しながら同じ弦を抑えれば、
音はどんどん変わっていく、つまりこれがメロディライン。
残したい音だけ別の弦で弾いて、あとはその弦を触らなければその音は
「永遠に」残っていると言うわけですよね?
あ、こんなことわかってました?

この横移動とかいう言葉も[青い鳥」の件で
DYNAMITE様にご教授頂いた言葉です。

CDの「永遠に」を聴いてみました。
もう、良明さんがサビで、これでもか!ってばかりに音を重ねまくって、伸ばしまくって、
ぐわんぐわんな音が渦巻いてる音源。
このイメージを損なわないで一人で演奏してるカズさんって、すごい。

最初にジュリーに「永遠に、で行こと思とるんやけど、カズ、どや?」
とか言われて、かずさんはもちろん「出来ない」とは言わない人です。
この「永遠に止まらないギター」で音を重ねたら効果が出せるはず、と
永遠のアンファンテリブルはここぞとばかりに、
いたずらっ子が何か仕掛けを考えるように、秘策を繰り出したんじゃないかと。
(妄想)

私からみると、もうカズさんだけの晴れ姿というか晴れ舞台というか
そんな演奏にも思うのですが
(最後にグレースのシンバルが効果的に一発鳴ってます)

たくさんの人の手によって造られて来たジュリーの音楽。
この曲は、ソロデビュー曲「君をのせて」のコンビ、
作詞:岩谷時子、作曲:宮川泰なんですね。
調べるまで知らなかった、そういう所無頓着なんです、自分。

今はもう叶わない人たちの手による作品。
それを忠実に、工夫と情熱でいま再現し続けるカズさん。
たくさんの「元祖」がいるけど、ひたすら「数」を重ね続けるカズさん。

そんなカズさんこそが「永遠に止まらない音」そのものだという気がします。
ジュリーも、職人としてカズさんを讃えたい、
そんな一曲なのではないでしょうか。

ただね、いつも思うんですけど
Bメロの♪ちろりろん って言うのあれ、何か笑っちゃうんですけど
あれのために、カズさん一回手をはなしてすごい一手間だと思うんですけど、
ちろりろんにも手を抜かないカズさんが好きです。
スポンサーサイト
08:57  |  ---  |  コメント(2)

Comment

永遠に

会場が暗くなり、ジュリーの歌声に寄り添う様に和さんのギターの音色が、歌詞を依り深く心に伝えてくれます。まるで私一人だけに歌ってくれて居る様な気持ちにさせて頂ける大好きな曲です。青い照明も美しくて好きです。私もジュリーのシングルCDを取り出して来て、あらまぁ!と、ジュリーの美しさ!メイクも髪型もいいわよね~。って思ったのですが、そう言う自分も体重を減らしたく努力しても実現出来ずですからね。Dynamiteさんのブログは凄いですよね、尊敬しちゃいます。今年の見収め聞き納めはパシフィコ横浜です、京都迄は行けませんが、来年は色々考えて下さって居るとの事でジュリーと和さん達の健康も心配ですが、私達も健康管理をして会場に足を運びましょうね。
しのぶ |  2017.12.22(金) 12:29 | URL |  【編集】

しのぶさん

> まるで私一人だけに歌ってくれて居る様な

そう! ジュリーってそう思わせる天才ですわよね。
いい意味で言ってますよ〜
カズさんもよく、私一人だけにきゅいーん、きゅっ、ってやってくれますから、はい。・・・すみません言わせといてください(笑)。

ご一行様の仕事納めは京都ですね。
京都まで呑み喰いのために行くのは明白ですね。
今年の厄を無事におとして、来たる新しい年のために
精をつけて来て欲しいです。
しょあ |  2017.12.22(金) 23:15 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。