FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2018.08.21 (Tue)

北とぴあレポ(3)

なんでだろ〜、なんでだろ〜
なんでだなんでだろ〜〜

ジュリーのライブ予定が来るたび台風も来る〜〜
(なんでだろ〜)
洋服変えるとそんなに降らない
なんでだろ〜〜(なんでだろ〜〜〜〜)

レポ書いてると絶対一回は全文消しちゃう
なんでだろ〜〜〜〜

というわけで、レポというか、感想文は続きます。



* * * * * *

06. 風は知らない

唯一のアコギ登場曲、出だしのがソロとっても
きれいな音でした。
ヤマハのエレアコAPXです。

エレアコって、アンプにつなぐ事を主の考えられた構造のアコギで、
純粋なアコギとはまた少し違うものらしいです。
これはたぶんだけど、
下山さんは、純粋なアコギを使う事が多かった。
柔らかい生音が活きるアコースティックならではの演奏。

それに対して、アコギでもソロパートが多いカズさんは
アンプを通して音が映えるエレアコをチョイスしていたのではないでしょうか。

そう言う何気ない気遣いのチョイスを、
贅沢に聞いていた訳です,私達は。
そして,それに加えてのもちろん素晴しいテクニック。
以前に、ギターをプロで弾いてるカズラーさんに会った時に、
「カズさんのアコギは、和音のストロークも一音一音立っていて
ものすごいきれいな音だ」と言っていたのを思い出しました。

今回のこの曲、何か変わったリズムで弾いていませんでしたか?
原曲アレンジのイメージだったけど、原曲ともちょっと違った気がします。
歌のバッキング部分も、ストロークだけじゃなく
アルペジオ入れたりいろいろ変化持たせていました。

▼この曲のおススメDVD:ジュリー祭り
原曲のアレンジを離れて下山さんがやりたい放題やってる映像です。
泰輝さんとグレースはタンバリンでお休み、カズさんが優しくバッキングで支える
ギタリスト2人のプレイです。
ここでしか見れません。ほぼ虎のときは原曲アレンジで弾いています。


07. 雨だれの挽歌  

やばい、この曲こんなにいい曲でしたっけ。

私、この曲の音源を持っておらず、音楽劇の時が初聞きでした。
ジュリーの声は素敵で、大人のバラードって感じでしたけど、
この時のピアノアレンジ、あまり印象に残らなかったんですよね、、、

後日YouTubeで若い頃の音源を聞いて、
あれこんな曲だったのとびっくりしました。
音楽劇で聞いた時より、全然ドラマティック!ちょっと昭和(ほめてます)!
歌メロより、火曜サスペンス風なイントロ間奏が衝撃的で。
この曲これがキモですよね!
それで、曲の主人公がめっちゃ冷たい。良ちゃんか、ってくらい。
♪あなたのすすり泣き聞いてる、って、なんて冷たい。突き放すような。

そして今回。
悲しい〜〜いい曲〜〜泣ける名曲ジャマイカ!とプルプルしちゃいました!!
ひたすら雨が降り続くような、退屈なくらい規則的なギターのストローク。
前奏間奏に、穏やかな中にもどこか乱れる心のようなアルペジオ。
淡々とした演奏が,逆に心揺さぶられました。

今回は、1978年の原曲のメロディには忠実なんだけど
マイナー調が映えるギターの音が、より歌の世界を浮き彫りにしました。
そこに慟哭のような表現力豊かなジジィーの歌声。
その二つがミックスされて、ひとつの新しい名曲となりました。

いや、理屈はいい。なんて、なんていい曲なんだ〜〜〜〜


08. ISONOMIA

この曲が始まった時に、私
楽器が増えたような感じがしたんですよ。
会場の空気もどこかホッとしたように感じました。なんででしょうね。

もうね、やったらグレースの事しか思い出しません。
まっすぐ手を伸ばして,手拍子をあおってくれた1年間。
依知川さんもそうだったよね。
リズム隊のお二人。
「来年からは,皆さんがリズム隊ですよーよろしくねー」
そんな風に,今なら聞こえるのですが。

CD音源のこの曲を聴き返してみると、
昨年1年間ツアーで聞き慣れた、カズさんのギター1本の音の方が
いろいろ足してるCDより、心躍ります、むしろ。

ジュリーはツアーで曲を作っていく人なんですね。



09. 我が窮状

この曲をやるのね、、、と
すこし寂しい想いになったことは正直白状しておきます。
いえいえいえ、カズさんの演奏やジュリーの取り組みを、
決して否定してるわけではありません。ただ、
泰輝さんのオハコのこの曲を、泰輝さんがもうやることもないんだなぁ、と、
そう思っただけです。

この曲を歌うために九条の会に呼ばれた時、
わざわざ泰輝さんを連れて行ったジュリー。
いつも、ちょっとした場面でさりげなく対応してくれた泰輝さん。
クリスマスイブイブに、ホワイトクリスマスを弾いてくれたのも、
みんなで想い出の渚を歌いましょう、とジュリーが言った時に合わせてくれたのも、
停電の時ヤマトをグロッケン(小さなモッキン)で弾いてくれたのも、
カズさんの誕生日にハッピバースデーをひいてくれたのも、
ピアニスト大山泰輝でした。

歴代のキーボーディストの中でも、決して派手な方ではないと感じるのは
シッティングスタイルのせいかもしれません。
それは、泰輝さんがピアニストだったからに他なりません。

またふらっとゲストに現れて弾いてくれたらいいなと思います。
ステキなピアノ曲も、たくさん書いてくれた泰輝さんに感謝、
そして、ピアノ曲にも果敢に挑み続けるカズさんのことを、
これからも応援し続けます。

カズさんの窮状も、荘厳でとっても素晴らしかったです。
ピアノの運指音をギターで弾くのは大変そうですが、
すばらしかったのは「荘厳さ」が何ら変わりなかった事。
ジュリーは,気持ち良く歌えたでしょうか。

残念なのは、もう鶴田浩二が見れないことくらいかな。

▼この曲のおススメDVD:2008年SONGS
DVDじゃないけど。
合唱団を従えて歌うジュリー。泰輝さんがグランドピアノで前に位置するレイアウト。
他のメンバーを引っ込めず、定位置でコーラスさせてたのが印象的でした。



鉄人バンドありがとう的ブログになって来ちゃった事は気にせずに、
次は新曲コーナーです,続く。
スポンサーサイト
11:05  |  ---  |  コメント(4)

Comment

なんでだろ~♪

こんにちはー(^o^)
まずは、なんでだろ~♪なんでだろ~♪を久しぶりに歌いました(振り付きで)(笑)

体調はもう大丈夫そうですね(^-^)
元気になられてほんとよかったです♪
レポはなるほど~!の連発でめっちゃ楽しく読んでいます。
もう、かずさんの「技」には出る言葉もない。素人のあたしには聞き取れてないコウモリレベルの音も出してるんだろーな。
次のライブではコウモリになって18曲聴いてきたいと思います。
ではでは、新曲のレポも楽しみにしていま~すo(^o^)o






かずのこ |  2018.08.22(水) 14:21 | URL |  【編集】

かずのこさん

すみません、ご心配をおかけしました。
元気になりました。
体調に気を付けて、これからもカズさんを応援して行きます。

コウモリ音、出てるのでしょうか!?
じゃあ、次で確認してきて‥‥(ナイナイ)
次の分のチケットがそろそろ発送されてるらしいですね。
いいお席が届きますように!
かずのこさんが神席だったら、コウモリのように
ぶら下がって付いて行こうかな‥‥(ナイナイ)
しょあ |  2018.08.23(木) 06:38 | URL |  【編集】

いまのところ...ですがー

このたびは、アコギのアレンジが いちばん好きです😊
カオリー |  2018.08.28(火) 20:02 | URL |  【編集】

カオリーさん

おお、そうですか。
これやっぱ、原曲とリズム違ってました?
しょあ |  2018.08.29(水) 20:04 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |