FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2018.08.27 (Mon)

北とぴあ全曲レポ(最終回)

66BirthdayS.jpg

本日は、カズさんのロックンロールな誕生日(by DINAMITE氏)、
なんと御年66歳になられました、おめでとうございます!

新規ファンだと思っていましたが、いつのまにか
初めてあった頃のカズさんの年齢を、私も追い越していました。

これからも、カズさんのいる人生を送れる幸せを噛み締めて
ずっと応援して行こうと思います。

さて、ご生誕記念日をお祝いして、
ついに、最終回となりました、しつこい感想文。
八王子公演も終わったというのにまだ王子。


16. Don't be afraid to LOVE

ジュリーからカズさんに当てたラブソングに思えてしまう私は
もはや腐っていますか、そうですか?
でも、「お前なら」に続いて、テーマは
“怖れないで”
私、初日の舞台に立つ前、カズさんどんな気持ちだったかと。
そして、終わった後、銀次さんのブログで晴れやかなお顔を拝見した時の
私の嬉しさといったら‼︎

八王子に行かれた方のお話によると、カズさんも曲間やMCに
笑みが見える瞬間が多くなったらしいです。
だって、カズさんは笑顔が素敵なんだもの、みせてほしいよね!

それから、どれから、あっちこっちれから、私気付いたんですが、
この二人ぼっちスタイルを色々言う外野はいるけど、
何か不思議な事に,カズさんのことを、カズさん自身を、
悪く言ってる言葉を全く見かけない。
これって、ひとえにカズさんの人柄かな〜なんてね。

この仕事を受けたカズさんの勇気を,想像できない人もいないだろうし
(普通は躊躇する、かな。。。)
こんな仕事を受けられる人も、そうそういないってことだよね。
(できる自信があるから、受けるんだもんね。。。)

この曲ってストリングスのイメージですよね。
あんまりギターのイメージって、なかった。
今回は、その元のストリングスの演奏を
きれいにギターでなぞるような構成だったと思います。
出しゃばらず責務は果たす,でも終わってみたらその個性に魅了されていた、
そんな律儀なストロークを刻む演奏からは、熱い情感が溢れていました。

でも私、ひとつ発見しちゃいました。
それは2007年正月コンサート、ワイルドボアの平和。
これ、完全にギターがストリングスを凌駕しています。
こんな風にも出来るんだなあ。(詳細は下記)

▼この曲のおススメDVD:ワイルドボアの平和
これ、見てて笑ってしまうくらい楽しいです。
本来、殆どストリングスのアレンジの曲を
メンバーみんなで,力一杯弾きき合ってるの、それはもう。

最初こそノーマルに泰輝さんのストリングスから始まるんだけど
まず、その後に入ってくるグレースがでかい!
そしてサビ?からプリンス下山が、全霊込めたアコギで登場!
二番からは、満を持してカズさんが、エレキでソロをお弾きに!
あら、ストリングスどこ行っちゃった?
Cメロでは、曲のクライマックスへ向けて、
ツインギター爆音に加えドラムもクラッシュシンバルで盛り上がり
ストリングスもここは譲れないと入って来る。
こんな音のシャワーなのにバランスが取れてて、ジュリーの歌が引き立っている。
最後は、プリンスのキレイなアルペジオが残り、そして
何事も無かったかのように泰輝さんのストリングスで終わるのでした。

今回のカズさんのアレンジとは全く違いますが
これも面白いと思います。


MC
お待たせしすぎて帰ってしまった方もいるかも?
近所のスコットランドパブの店主、ではなくショーンコネリーやがな、
こういう格好も太さが必要です。私も昔は
♪あの時ぼーくは、細かった〜〜(ややマチャアキの真似入る)
このあと台風の風で飛ばされないよう気をつけておかえりください(どすん)
風でスカートがめくれちゃう〜ん(会場キャー!)
大丈夫、見せパンや。(ますますキャー!!)
タイガースから、30歳くらいまでの自慢話
売れなくなり始めた40くらいから何をしようかと考えて、やっぱりライブだと。
お洒落の先端みたいな所にいたけど、根っこは鳥取から出てきた田舎者で
皆さんが私の良さを余所で言う必要はなく、黙っているほど価値は上がる。
還暦で人気が出てしまったので、(還暦の自慢話、中略)、その後10年間
好きなギタリストと二人でやるという想いを実現させることが出来なかった。
でももう70歳になって好きにやっていいと思った。

そんな感じのお話だったかと思います。



17. ROCK'N ROLL MARCH

これは、私の想像ですが、
ジュリーはこの曲を第二の「彼女はデリケート」に
育てたかったんじゃないかな。

これはー、私には鉄人バンドの思い出が深い曲です。
楽器がそれぞれに印象的な役割を果たしてた。

GRACEのドラムソロから始まる高揚感あるイントロ、
重なるカズさんの力強いリズム。
泰輝さんのホーンセクションがさらに気持ちを昂らせる。
毎回違う下山さんの色っぽいソロと、カズさんの逞しいソロ。
Rock'n roll March は私にとって
鉄人バンドの象徴のような曲でした。

カズさんは、鉄人バンドのRock'n roll March が
完成されていた事も誰より分かってて
ジュリーの想いもわかってて、このアレンジに挑んだ!
もう、泣けます、男柴山和彦、最高です。
精一杯のHEY!HEY!HEY!で、応えました。
カズさんも、エンディングのソロて、応えてくれました。
もう、あふれる愛・・・
このソロは、カズさんが自由に気持ちを表現出来るところなんじゃないかな・・・

これからは、OLD GUYS の新しいRock' n roll marchを作っていけば
いいと思います。
ジュリーとカズさんの音を、私は楽しみます。

▼この曲のおススメDVD:2008年SONGS
DVDじゃないけど。
合唱団を従えて歌うジュリー。なにがいいって、スカートよ、スカート!
(💢だからキルトやがな)
これは、師走ロマンティクスで着た衣装で、下にパンツを履いているのですが
(いや、パンツは当たり前で(汗)ズボンという意味ね、スラックスか?)
ジュリーの可愛いくるくるターンも、見れます。
カズラー的にはもちろんカズさんの「ネコの威嚇顔」(中部地区カズラー様命名)
のへいへいコーラスが見どころ・・(^.^)
いや、ツインギターの雄のソロ合戦かな。



18. ヤマトより愛をこめて

この曲は、以前のキーボードレスの時代にも、
カズさんがギターアレンジしたことがありました。

でも今回とは根本的に違う。
なんでって下山さんがいたから。
カズさんがリード、下山さんがピアノ譜のアルペジオをひいたんです。
そりゃあ、切なげでドラマチックな演奏でした。
プリンス下山の音は、本当にピアノの音色の様な柔らかい音、
カズさんのギターは終始ギターらしい歪んだ音で、絶妙なメロディを
刻んでいたかと思いきや、いきなりエンディングでバイオリンに変身します!
恐るべしツインギター!
柴山和彦、下山淳のツインギターの17年は、ジュリーの宝です!

と、話が逸れましたが、カズさんにとっての舞台は
かつての盟友いやそれ以前の先輩からの積み重ねを
ひとつも無駄にも無下にもしてないと思うんです。
堯之さんへのリスペクトを感じる演奏、
トッポと同じスタイルのギターで臨んだほぼ虎、
そして、鉄人バンドの仲間たちと積み上げた19年?を経て
今,一歩新しく踏み出した今回のアレンジ。

この曲では、自分が弾いていたリードに重ねて
泰輝さんのピアノの音をアルペジオで弾くという
テクニックを魅せてくれています。途中グレースのドラムも表現、
クレッシェンド、ピアニシモ、その感情豊かな演奏に
涙が出そうになりました。

このスタイルは技術だけじゃできない。
知識だけでも、経験だけでも、
曲の理解だけでも、人柄だけでも、
勇気だけでも、努力だけでも、
これを全てまとめて、愛、と呼ぶのかもしれません。

そんな、絶対無二の役割をカズさんに与えてくれて
ありがとう、ジュリー。

カズさん、お誕生日おめでとうございます。
カズさんは、いくつになっても、
ギターのことを考えるのが大好きな、永遠のギター少年❤️なのですね。
そんなあなたをずっと見ていたいと思います。


▼この曲のおススメDVD:CROQUEMADAME & HOTCKES
上記のツインギターの妙が見れます。ぜひご一聴を!

これで私の感想文は終わりです。
最後までご清聴ありがとうございました。


スポンサーサイト
00:20  |  ---  |  コメント(6)

Comment

和さんの御誕生日おめでとうございます。

和さん66歳なんですよね。それで思い出したのですが、かなり昔にルート66と言うアメリカのドラマが有ってリーゼントのお兄さんが出て居たのです。何だか、今でもアメリカの国道ルート66号線には古き良き時代風のお店が有るのだと、TVでやってました。北とびあには行けなかったから、とても楽しく読ませて頂けてありがとうです。メモを取って、早速DVD見直すと言うか聞き直します。来年は渋谷公会堂も完成だろうし、何かを勝手に期待してますしょあさん、これからもお身体に無理の無い程度にブログお願いします。
しのぶ |  2018.08.28(火) 06:24 | URL |  【編集】

カズさんお誕生日おめでとう

しょあちん、レポありがとう😊
ホント、しみじみそう思う。
特に17-ソロ。
たまらんー
カオリー |  2018.08.28(火) 08:39 | URL |  【編集】

しのぶさん

ルート66!なんとなつかしい。
しのぶさん2012年の横須賀アンジェロ行かれてますよね?
ああ、もしかして、打ち上げの部は参加されなかったのでしたっけ。
カズさんが遠慮気に飛び込みで歌ったルート66。
途中から大和田さんが取り上げちゃって・・・あなたさっきさんざん歌ったじゃないのと言いたいところだったけど
酔っぱらいの同級生に笑顔を見せるカズさんに、またきゅん☆
何か懐かしい事思い出しちゃいました。


カオリーさん

ね、ルート66なつかしい・・って、そーじゃないか。
口からでまかせのレポ、最後まで読んでくれてありがとう。17ソロは、胸打たれます。はい。
しょあ |  2018.08.29(水) 20:02 | URL |  【編集】

ルール66

あ~アンジェロ。追悼のあの夜の事は今も鮮やかに思い出せます。あの大切な時間を共に出来たのも、しょあさんからの情報でした。私が幼馴染み3人と参加させて頂いて、遠距離だからと早目に帰宅後にそんな事が有ったとは!お店を、おいとまさせて頂く時には、渡辺真知子さんもいらっしゃるからと引き留められたのですが、返す返す残念な事でした。今回のジュリーと和さんのコンサートでファイナルの武道館辺りで、和さんの歌声を聴く事が出来たら最高なんですけどね。
しのぶ |  2018.08.31(金) 14:21 | URL |  【編集】

OLD GUYSの新しいRock´n roll march

しょあさん こんにちは。

初めて投稿させて頂きます。
かつて数年前、渋公ライブの帰り、しょあさんのギャラリーでカズさんモチーフの時計を拝見し、あまりの可愛さ、素敵さに感動し…。その時計は、今も何一つ壊れることなく、パラシュートカズさんはとびきりの笑顔でギターを抱えながら、我が家のリビングで時を刻み続けてます♪

いつも素晴らしいレポ、本当にありがとうございます。
毎回、うるうる、ゲラゲラ、キュンキュン、ふむふむ、ワクワクしつつ、感動を分けて頂いております。

アンジェロは行きたかった~~♪(涙大粒)

今回のライブ、武道館・君津・和光に参りました。
ひとちひとつ、楽曲・ジュリーの歌・mc・カズさんのギター(そしてフフッと笑う笑顔)を思い返し、「なんて愛あふれるステージ、Rockなんだろう…」と反芻しています。

私も、しょあさんと同じく、これからはOLD GUYSの新しいRock´n roll march、ジュリーとカズさんの音を楽しみたいと思います。

しょあさんもお身体、どうかお大切になさってくださいね。


サザンクロス |  2018.08.31(金) 16:47 | URL |  【編集】

しのぶさん

カズさんの歌声なら今でもきけてるじゃないですか。
ステキな「ホー」ってやつ(笑)
あとは HEY! HEY! HEY! も〜〜



サザンクロスさん

こちらでははじめまして。
そして、イラスト展ではお世話になりました!
もう3年も前になるんですね。
来て頂いて、時計をご購入頂いたのですね。
ありがとうございます。
ウチのカズが今も元気に時を刻んでいるとの事、嬉しいです。
私もひとつ、自分で使っています。ドングリを持っているりすのやつです。
カチコチうるさいですが、元気に動いています(笑)。

ブログの方は息絶え絶えでここまで来ましたが、カズさんの頑張りに、私も刺激されました。
好きなペースでのんびりしつこく続けて行こうと思います。
勝手なおしゃべり三昧ですが、よかったらまた遊びに来てくださいね。
しょあ |  2018.09.01(土) 22:44 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME |