2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2017.07.26 (Wed)

夏の新作

夏バテしております。

ジュリーやカズさんの心配をしている、この私自身が、です。
やれやれ。

午前中あまり暑くならないうちに銀行周りを、と思ったら
既に相当暑かった。倒れそうになりながらやっとの思いで帰宅。
そのまま昼寝突入。
なんだか一日寝ていたような。
なので、夜寝れないという悪循環です。
夜は夜で,身体がむずむずして2時間おきに起きてしまうのです。

非常に良くない状態なので、直すように努力しなければ。
睡眠が乱れると、身体って乱れてくるのですね。

ツアーが始まったばかりのジュリーご一行さまも。
みなさん元気に働いて、食べて、寝て、
活力を養っていることお祈りしています。

願いを込めて、天然石で、パワーストーンのブレスレットを作りました。
minneで販売中です。

SAZARE_logo_7086正



さざれ石の間に小粒のパールをあしらった、夏に似合うデザインです。
さざれ石はぎゅっとつめて、お花のようなボリュームを出しました。

グリーンの石はペリドット。
本来の自分の魅力を引き出してくれる石です。
ネガティブな気持ちを取り除き、ポジティブなエネルギーをもたらしてくれます。
暗闇の中で、希望の光を差し入れ、導いてくれるので「太陽の石」とも言われます。

♪太陽のよに〜〜うぉおうぉうぉなれ〜ない〜〜
(「太陽」より)

ペリドットは、8月の誕生石でもあります。
ペリ_ムンストブレス4_7674

白い石はムーンストーン。
内部の層が光を乱反射することで、乳白色の帯状に輝くのが月の光のように美しい石。
古来から「月が宿った石」と言われ,女性の美しさや魅力を引き出すことや、
愛と絆を深めるお守りとして使われています。

♪月の姿は〜〜うぉおうぉうぉ君だよ、うぉおうぉ〜うぉ〜〜
(ハイ渾身のソロ)

ムーンストーンは、6月の誕生石でもあります。

そんな縁のある石で作ったパワーストーン。

効果的には(パールも含めて)癒し要素が強いです。
金運アップ,お仕事バリバリ,という方向ではないかも。
でもいま、また体調を崩してしまった自分が
「癒されたいなあ」と思うのは、
癒し▶元気になる▶▶仕事も製作も人付き合いも前向きに
なるための基本中の基本という気がするのです。

ペリ_ムンストブレス1_7072

ペリ_ムンストブレス2_7059

サイズはアジャスターで調整可。
脱着はマグネットで簡単!

そして、お気付きの方はいらしゃるとおもいますが、
8月6月はカズさんとジュリーの誕生石の組み合わせ。
癒され度は抜群だと思います〜なんてね〜^^

あっ、ご自分の誕生石とジュリーの組み合わせ、なんて需要あるかな。
さざれ石があれば,の話ですが。
07:53  |  ---  |  コメント(0)

2017.07.20 (Thu)

50周年記念ライブNHK初日其の壱(ネタバレあり)

昨日書いた、

「私にはわからない、高度なカズさんの創意工夫のカズカズ」

なにきゃ?


・・・が、証明される事実が
早速、粘着質なファンの手により 違った、
ジュリーを愛するブロガー様達の、記憶・研究・知識・観察・等々により、
明るみに出て参りましたので、ご紹介したいと思います。

今日からいきなりネタバレになりますので、ご了承ください。


このイラスト、覚えてますか?

tarokazzS.jpg


完虎を終えたあと、2014年お正月ライブ『ひとりぼっちのバラード』
初日のアンコールでのMCのこと。

「ほぼ虎のとき、タロさんがカズさんに、ギターのことを教えだすから
「タロさんやめて!」って言ったの。」

的なニュアンスのジュリーの発言があったんですよね。

まあ私はカズさんをかばうジュリーの図、っていうのに萌えて
絵を描いたりしたもんだから覚えてる、という、
ほんの、MCの一部分の、戯れ言ですよ。ここだけの話的な。

内容的にはですね、カズさんがエフェクトを効かせた音でかっこよく弾いていたら
タロさん的には、タイガースの時は、そんな音はなかったと。
もっとぼくとつで、飾りない演奏だったと、言いたかったのだと思います。
でも、
その時は、あくまでもジュリーのライブに “ゲストで来ていた” タロさんだったから
ジュリーは、今のやり方を否定しないで、って言う意味でカズさんの立場をとった。

確かそんな感じだったと思います。

でも、ジュリーも、タロさんの言うことも一理あると思っていた訳です。

このときのことを、カズさんは、覚えていたんだと思うんです。
(しょあ的思い込み)


ほぼ虎でも『青い鳥』のあのイントロは、タロさん担当でした。
タロさんはいつもつっかえつっかえで
ハラハラしたものです。
それまでのジュリコンのカズさんが弾くそれは、
そりゃあ、滑らかできれいな音で。

それがですよ!!

今回のこの50周年記念ライブ初日に於ける『青い鳥』のカズさんはですね、

なんか、つっかえつっかえ(ごめんなさい)。

え?なんで?
カズさん、調子悪い?
あさはかにも、私なんか心配しちゃったりしてたわけです。

カズラーはみんな同様の違和感を感じたようで
ここには書けないようなブラック発言で笑わせてくれたカズ友さんもいたりして。


其の謎は、じゅり風呂界の期待を背負ってたつ、
音楽には造詣が深くて、妄想&思い込みも深い(失礼な)、
ジュリ愛あふれる楽曲ブログ更新中の DYNAMITE氏の記事の中 に
答がありました。

ギターのコード運指の縦移動と横移動の違い。
縦移動の方が理にかなっていて、今まではそうしていたカズさんが、
タロさん方式の横移動で弾いていた、というのです。

タイガースの音、は、きっとそうだから。

きっとタイガースファンの人は自然とあの頃に
連れていかれたことでしょう。

すごくなーい?

こんなこと、カズさんじゃなきゃ考えないでしょ。
カズさんはホントにサポートに徹したサポートのプロ。
ジュリーの信頼は長い年月や、テクニックにあるのではなく、
この絶え間ない前向きな創意工夫にあるのだと、
改めておもいをふかくしているしょあでした。

ほかにも、いっぱいあるんだよ、きっと。
11:13  |  ---  |  コメント(2)

2017.07.19 (Wed)

カズさんかっこいい

世の中は親切にできいていて
もう50曲のセトリが順番にながれてきました。
それを眺めていると、あのNHKの夜の感激がよみがえってきます。

老後の楽しみに、人様の調べたセトリ拝借して、
流してレポっちゅーか、感想を記しておこうかなあ、と思ったり。

考えるに、セトリのネタバレとは、行った人の思い出のためにあるのかな、と。
セトリがあがった時、結構嬉しかったですもん、私。
決して予習のためだけにあるものではないのです。
知らない歌は知らないと受け入れる。それが等身大の自分とジュリーの付き合い。

というか、ジュリーファンなら知らない歌(ほぼ)ないし〜、今回。
まあホント今回はネタバレしないで行った方が楽しいと思います。
でもこの情報社会、どっかからなんかしら洩れ聞こえてしまうのは防ぎ難い。

それに「知りたい」という自分自身の気持ちもあるし・・
究極、どんな悪い席だろうと、初日に勝る宝なし、ってことよね〜ん。。

・・・あっ、今、大勢の人を敵に回した気がする。

いやいや、それぞれの初日がございます。
どうか自分にとって、最高に楽しい初日をおむかえくださいね。
ある意味、これから初日なんてうらやましい!

私は初日は、ギターに付いての見逃しが、ぼっこぼこです。
もう一回やりなおしたい見直したいと思うことがいっぱい。
元々基礎知識もないんだけどさ、
フェルナンデスにも気づかなくて、ホントもう情けない。
カズさん、ごめんにゃしゃい。
あなた様の苦心とか努力とか創意工夫とか、すごいプレイ、
ほとんど理解出来ていませんごめんなさい見逃しています。

でもその笑顔はみのがしてないからねっ!

いつもジュリーの歌のために、最良最大限の努力をするカズさんを
尊敬しています。
ずうっとツインギター体制で来た楽譜のカズカズを
アレンジし直すことの大変さは,とても私には想像し切れません。
ちょっぴり泣ける時もあります。
でも、カズさんがやることに、間違いないと信じてます。

かっこいいよー!カズさーーん、だいすきです。

50周年記念ライブ初日に参加して、カズさんへの想いを
ついっと募らせたしょあなのでした。
12:05  |  ---  |  コメント(2)

2017.07.17 (Mon)

初日 ! 50周年記念ライブ NHKホール

NHK_SHIBAYAMA_S.jpg

行って参りました、NHKホール!
もういろいろ倒れそうです。

とりあえずこの記事はネタバレしないでおきます。
コメント欄はその限りではないので、ご覧になる場合
ネタバレが含まれる可能性もご承知くださいね。
という訳で、コメントはご自由に頂けたら嬉しいです。

てか、これから行かれる方、
ネタバレしないで行った方がいいですよ、今回、ぜったい!
ねー。あれとか、あれとか、まさかあれがあれなんだとか。

二階席から見るカズさんは若々しくてかっこよくて
ライブが進むにつれ、どんどん若返って行きました。
久しぶりに10人の弟登場でした。
ソフトクリーム巻上げ型リーゼントの先っちょがピョンピョン揺れて
シルエットはエキゾのカズさんそのものでした。

ああ、こうやって初日のことを思い出して絵を描いてるときって
至福のときです、本当に。
sabaさんとか、Nasiaさんとか、ジュリーを描くひとはもっとですよね
細かいディテールが違ってるかもしれないと思いながらも
あのシーンを描こう,いやアレの中のあれも、とかねちねち考えて。
カズさんについては、ちょっとカジュアルなシルエットのスーツで、
一曲をのぞき、SGで通してくれたのも何か嬉しい。

あ、その一曲のためのその一本、なんでしたか、わかる方いますか?
私、てっきりボディの印象からスタインバーガーだと思ってたら。
ヘッドあったみたいですね。
相変わらず注意力散漫な私なのでした。

実は、セトリも途中まで何曲目か数えていたのですが、
ジュリーとの最初の答え合わせで既に狂ってることが判明してから
やる気がなくなりました。

素晴しい50曲を駆け抜けた夜でしたが、
下山さんがいたらいいのに、いて欲しいのにと
昨年の正月から思わなかったことは一瞬もない
ツインギターファンのカズラーなのです。

13:47  |  ---  |  コメント(5)

2017.06.27 (Tue)

あなたは河童をみたことがありますか

カズさんは、河童みたことないそうです。

なんのこっちゃ。


一昨日、横浜のライブハウスかもめで
大澤さんのライブ(毎年お馴染みの全国をさすらうツアー,名前もSASURAI TOUR)
があり、ゲストにカズさんが登場するというので
カズラー雁首そろえて見にいきました。

大澤さんは絶頂期には多人数バンドでがんがんやってましたが
今小規模編成で、弾き語り中心、部分的にカラオケを使ってのライブとなります。

何曲か大澤さんがソロを演ったあと、狭いステージと客席の間をすり抜けるように
カズさんと、ツアーのオリジナルメンバー登場!
かもめの狭いステージ前

(久しぶりに描いた絵がこんなんですみません)

やっぱりカズさんは華があるんですよね〜〜
たとえカラオケミックスだとしても、あの至近距離でぬおぬお〜〜されて
狭い客席には笑顔爆弾どっかんどっかん投下、
MCでも可愛いおしゃべりされたらもう、もう、もう、
ああぁ〜〜ん、もうどうにでもして・・・

以下、カズさんが登場してからのセトリ

◆DEEP SLEEP
◆5分後のエロス
◆I want you (圧巻!!カズさんのソロ満載エロいよ〜〜)

〜MC〜『河童との出会い』

◆新曲(GET DOWN…かな?違ってたらすみません)
◆This Old Heart of Mine(カズさんの笑顔の視線に直撃ちゅどーん)
◆Go Go Heaven(このソロはやっぱりカズさんよね)
◆恋にJust can't wait

<アンコール>
◆ラヴィアンローズ

〜MC〜『100歳まで歌う宣言』←優しく拍手するカズさん!!きゅんきゅん

◆そして僕は途方に暮れる
◆ガラス越しに消えた夏
◆新曲(Over the Centuries~君のために生きる~)

(二回目のアンコールはカズさん不出演)


そう、河童は最初のMCで、出て来ます。
今明かされる、河童トークの真実!

* * * * * *

大澤さん「ツアーの途中で河童見に行ったんですよ」

カッパ見たことない
カズさん「河童みたことない」



大澤さん「池からぶくぶくぶくって河童でてきt(以下河童の説明延々)
・・・んで、そこには天狗もいるんですよ。」

てんぐも見たことない
カズさん「天狗もみたことない」


大澤さん「逆さ吊りになってるんですよ、天狗が」

ぐんてになってたんだね
カズさん「軍手になってたんだね」


* * * * * *

カズラー、椅子をばんばん叩いて 萌えマクリマクリスティ。

すみませんそれだけのことです、はい。
この公園だと思うと、検索の女王が検索してくれました。
http://guide.travel.co.jp/article/6474/

あと、ジャスキャンウェイのイントロがカラオケだったときの
カズラー一同の慌てよう。
音はすれどもカズさん弾いてないじゃん。近いから見えちゃうのよ。
そしたら、なんとベースラインで入ってきました。
なるほどー、大人の事情もカッコよくこなしてしまうカズしゃん!!

ずっとツアーについてるわけじゃないからね。

セトリだけ見るとさほど前と違わないんだけど、
この充実感は、初っ端3曲の良さかなあと
そこに河童話だからノックアウト仕方ないでしょう。

ライブが終わって外に出たら、楽屋口にカズさんが
知り合いの方と談笑しているのがみえました。
カズ友Mちゃんと思わず一緒ににじりよっていったら
笑顔を向けてくださったので、握手だけしていただきました。
(図々しくも・・・カズさん、すみませんでした)。
どうか、どうか、身体だけは大切にして一日も長い間
私をそのギターの音色で夢中にさせていてください。
09:50  |  ---  |  コメント(4)

2017.06.15 (Thu)

あと5日

IMG_5598.jpg

ブレスレットの重ねづけ。
ちょっとおしゃれに見えるでしょうか。
(ブレスは私の新作です)

* * * * * * * *


昨日、池袋の東京芸術劇場へ大悪名を見に行ってきました。

きれいな劇場だよね、客席も舞台セットの一部みたいで〜。

海老名以来の二回目、
正直一回目はなんかよくわからなくて、舞台に人がいっぱいいて、騒がしくて
雑然としたお芝居だなあ、と少し疲れたのだけど、
様子が分かってる今回は、すごく楽しめました!

お席は二階のカズさん側。
赤いふんどしが相変わらず邪魔だったけど
双眼鏡でみたら、ユニオンジャックの(多分)ロンTに
黒っぽい薄手のジャケットかシャツを羽織ってるのが見えました。

暗闇でももちろん、頭はもりもり!

一階席のように首を上げないですむので、
楽器隊ばかり見ていてもそんなに目立たないし。

楽しかったでーす!

もちろんお芝居もしっかり見て入り込んで
二部なんかほとんど顔面滝涙でした。
ジュリーのベッドシーン・・・いや、ラブシーンじゃなくて
病院シーンという意味ですが、これはやっぱりちょっとつらかった。

そしてなんと言っても土居裕子さんの歌にはもう
涙・涙でした。ぼんち、見てるはずなんだけどなあ、私。
こんなに歌の上手な方という認識がありませんでした。
舞台の合唱(ゴスペル?)シーンは大感動でした(そのあとの麻雀が長いよ)。
このお芝居、土居さんセンターで、過言じゃないです。

でも、キャラクターで好きなのはダントツお絹さん。
この人の複雑な立ち位置を許せてしまうのは、ひとえにいしのさんのキャラづくり。
夢で朝吉さんを迎えにくるシーンが大好きで、これまた顔面華厳の滝。

あと、清次さんの奥さんがいい感じに馴染んできてた。
最初に見たときは、なんかな〜泣きの演技ばかりが気になったのだけど
いい感じで清次さんへの愛情が育っていたようで,好感度アップでした。

もちろん、すわさんのギターシーンも見どころ。
やっぱりドリフは楽器が弾けないとね、とアフターでカズ友とハートをとばす。
カズラーはギターが弾ける人には、基礎点+30で見てますから。

小ネタも進化していて
討入りのシーンでcobaさんが流れ弾に当たって倒れる仕込みが(笑)。
その時、カズさんにも倒れて欲しいと
全国4000万のカズラーは思いました。

大千秋楽まであと5日となり、客席も盛り上がりつつあるようで
なんとカーテンコール三回!
あれ、いつからなんでしょうね、これから行く方、
コール2回で終えちゃダメですよー。

最後にカズさんに向かって一生懸命カズ友と手を振ったら
にっこり笑って振り返してくれた!ような気がした!ことにしておく!

お芝居としては本編の悪名が大好きな私、
この大悪名はまあ、ご祝儀のつもりで見よう、と思ってたけど、
結局十分楽しませてもらいました。

私の観劇は昨日が最後。
最後まで無事盛り上がっていきますように。
朝吉親分とお別れの時を迎える清次さんの気持ちをかんがえると、
なんかなきそうになります。
08:29  |  ---  |  コメント(13)

2017.06.11 (Sun)

マルシェありがとうございました

大感動の大長文の記事を書きました。
アップロードしようとしたら、ネットがつながってなくて

みーんな消えた。


もう書き直す気力は有馬記念。
要約すると来てくださった方、気に留めてくださった方、
皆さんに心から感謝です。いろいろありました。以上。


それと
ギターバッヂはまたつくります!
ギターってね、とってもかっこいいんですよ。
作ってみて、つくづくおもった。
もう、元々カッコいいものをコピーしてつくっても
あたしの入り込む余地ないじゃん。

ちょっとそう思って尻込みしてしまってました。
特にグレッチはイケメンだったねえ〜

でも

求めてもらえるのってホントありがたいことです。
勝手に「入る」とか「余地」とか、変な限界きめないで
なんかちょっとだけ、あたしらしく、あたらしく

ネオギターブローチ、つくってみます。


宇宙のどこかに消えた名長文に合掌。
21:05  |  ---  |  コメント(9)
PREV  | HOME |  NEXT